地デジテレビが好調な販売だった11月は、パソコンの販売も順調だった。電子情報技術産業協会(JEITA)が調査した11月のパーソナルコンピューター国内出荷実績の結果から明らかになった。

11月はPC出荷台数が69万8000台で前年同期比103.8%と増加している。内訳はデスクトップPCが21万9000台、ノートPCが48万台と、ノートPCが68.7%という結果になった。このように出荷台数は引き続き好調で、15カ月連続で前年同期比を上回っている。
法人向けは一部OS提供が終了したことで駆け込み需要で前年の2倍以上の出荷となった10月の反動があったが、前年並みの出荷は確保している。

個人向けには地上デジタルチューナー搭載モデルが、7万7000台と前年同期比180.1%と大幅に伸びている。内訳をみると、デスクトップPCが6万1000台、ノートPCが1万6000台と、地デジ非対応のパソコンと違い、デスクトップPCが圧倒的に強い。

エコポイントはパソコンを対象としていないため、ポイント半減の駆け込み需要と地デジ対応パソコンの伸びは関係はないが、来年のアナログ放送の停波にともない、地デジ対応パソコンの需要が高まっているということなのだろう。

JEITA

ITライフハック
ITライフハック Twitter

■市場調査関連の記事をもっと見る
驚きの販売台数!過去最高を記録した、11月の地デジ対応テレビ
光の道がカギ!ブロードバンドが全世帯の7割にまで普及
Androidが予想以上に急拡大!2012年には半分がスマートフォンに


はじめてのパソコンで地デジ―Windows Media Center対応 Windows7版 (BASIC MASTER SERIES)はじめてのパソコンで地デジ―Windows Media Center対応 Windows7版 (BASIC MASTER SERIES)
著者:大澤 文孝
秀和システム(2010-03)
販売元:Amazon.co.jp
クチコミを見る