面白ければ何でもアリ。笑う門には福来る、テキスト系妄想メディア「ワラパッパ」で笑っちゃお!

いままで、北斗の拳でマッチョ美学を学びモンハンでの報酬トラブルを解消したワラパッパが、フライヤーを作成したのだ。

何のフライヤーかというと「討ち入り」だ。あの忠臣蔵だ。メインゲストはもちろん、大石内蔵助と吉良上野介で決まり。フライヤーを片手に吉良邸に集合だ。

さぁ、みんなで「ワラパッパ」の世界を楽しもう。

忠臣蔵「討ち入り」フライヤーを作成する
忠臣蔵をご存知でしょうか。小さい頃はよく話が分からなかったのですが、大石内蔵助の討ち入りの時の太鼓(陣太鼓)が、なんとなく楽しそうと思っていたものです。今日はこの江戸の一大イベント「討ち入り」をフライヤーにしてみました

本を100倍楽しむ6つのポイント
リヤカーブックスの店長をしております木村と申します。本って、同じ内容でも読み方次第で何倍も面白くなるって知っていますか?

社長カワイイ・ケミストリー
こちら弊社代表取締役社長、出澤のブログでございますが、出澤の執筆ペースが芳しくないので、本日も社員のスエヒロが代打で「会社」や「社長」について書かせて頂きたいと思います。

『死のグループ』を作ろう(前編)
何かしなければと焦燥感に襲われるも、何せすることが何も無い。それでも「何か」と考えた時に浮かび上がったのが『死のグループ』という単語である。

『死のグループ』を作ろう(後編)
私はさらに『死のグループ』らしさを高めたくなった。そこで今度は大会を進めてみることにした。

大喜利募集「駄目RPG」
皆様お疲れ様でございます。本日は大喜利の新しいお題のお知らせでございます。こぞってふるってご投稿ください。


ワラパッパ

ITライフハック
ITライフハック Twitter

■【ワラパッパまにあ】の記事をもっと見る
マッチョは美しい!?北斗の拳に学ぶ男の美学
モンハンのトラブル解消?これで報酬もガッチリ
デスノートがノートでなかったら違う物語が広がりそう!
御社のモビルスーツの性能を拝見させて頂きます

忠臣蔵―赤穂事件・史実の肉声 (ちくま学芸文庫)忠臣蔵―赤穂事件・史実の肉声 (ちくま学芸文庫)
著者:野口 武彦
筑摩書房(2007-11)
販売元:Amazon.co.jp
クチコミを見る