ライブドアは2011年03月12日、同社が運営している無線LANサービス「livedoor Wieless」のアクセスポイントを一部無料開放した。

今回の措置は、東北地方太平洋沖地震の影響で各種通信網に一部影響が出ている事を受け、3月12日、13日を目処にアクセスポイントから無料シグナルを提供するというもの。

接続について認証は必要ないので、IEEE802.11b/g対応の無線LAN搭載のパソコン、スマートフォン、その他モバイル端末を所有していれば、エリア内で交通機関情報や、本災害に関する情報取得に活用することができる。

■無料開放シグナル
SSID : free-online-ld
暗号化:無し

提供エリア:livedoor Wirelessエリア  http://wireless.livedoor.com/map/
※一部エリアではご利用できない場合もある

提供期間:3月12日、13日を予定

※本サービスは一人でも多くの人に利用できる様、暗号化・認証を施していないので、利用には注意が必要。迷惑メール送信等の不正利用には決して利用しないこと。

万が一、「free-online-ld」接続後に認証画面が表示されてしまう場合、以下のいずれかのIDとパスワードでログインを行う必要がある。

ログインID : 01@free@lw
パスワード : livedoor

ログインID : 02@free@lw
パスワード : livedoor

ログインID : 03@free@lw
パスワード : livedoor

東北地方太平洋沖地震を受けての一時無料開放につきまして
livedoor

ITライフハック
ITライフハック Twitter