東北地方太平洋沖地震に伴う、福島の原子力発電所の事故により、放射線を気にしている人が多いのではないだろうか。

原発に関するQ&Aまとめ」や「放射線レベルを詳しく解説」など、今まで原子力発電所や放射線について解説されたものを紹介してきたが、またひとつ放射線をわかりやすく解説した資料が登場した。

「福島原発の放射能を理解する」と題された資料は、カリフォルニア大学サンタバーバラ校(UCSB)物理学科 Ben Monreal 教授による資料を、高エネルギー加速器研究機構/東京大学IPMU 野尻美保子 氏、東京工業大学理工学研究科 久世正弘 氏、琉球大学理学部 前野昌弘 氏、理化学研究所仁科加速器研究センター 衛藤稔 氏・石井貴昭 氏・橋本幸士 氏によって、翻訳されたものだ。

放射能、放射線障害と健康、メルトダウン(炉心溶融)で何が出てくるか、どこへ出ていくか?、何を心配すべきか?、疑問に思っていることの数々を、福島原発の放射能について詳しく学んでいない人でも理解できるレベルで、わかりやすく解説している。


なお、サイトには、素粒子原子核分野の研究者/院生に向けて、『皆さん、これを利用して自分の周り(家族、近所、学校など)で国民の不安を少しでも取り除くための「街角紙芝居」に出て頂けませんでしょうか。』とのメッセージが付け加えられている。

放射線が気になる人は、資料を一読してみては如何だろうか。

福島原発の放射能を理解する

ITライフハック
ITライフハック Twitter

【東北地方太平洋沖地震】に関連した記事をもっと見る
東日本大震災!Googleの提供する消息情報が32万件に
その大震災情報はホンモノ?最初のつぶやきはGoogleで分かる
伝説の節電職人を目指せ!節電できるアナログゲーム「#denkimeter」
地震後に「ガソリン」「灯油」が不足!日常生活品とともに燃料が深刻な状況
人体への影響は?Newton 放射線の記事を無料公開

放射線と放射能 (図解雑学)放射線と放射能 (図解雑学)
著者:安斎 育郎
ナツメ社(2007-01)
販売元:Amazon.co.jp
クチコミを見る