外付けハードディスク(HDD)は、デジタルカメラやデジタルムービーのデータを保存するのに便利なPC周辺機器だ。最近では、薄型テレビに接続できる製品もあり、何かと便利に使うことができる。というのも、外付けHDDに対応した薄型テレビでは、そうしたHDDを接続するだけで、テレビ番組をHDDに手軽に録画することができるからだ。

こうしたHDDは、いったいどのくらいの価格で売られているのか。気になる人も多いだろう。
そこで、テレビにも繋げられ、パソコンの周辺機器としても使える外付けHDDの売れ筋ランキングと、最安値を調べてみた。

●売れ筋 TOP 5
1位:バッファロー「HD-CB2.0TU2」 8,800円
2位:バッファロー「DriveStation HD-LB1.0TU2」 5,880円
3位:IODATA「HDC-EU2.0K [ブラック]」 8,980円
4位:PLANEX「PL-35STU3-2RZ」 8,960円
5位:IODATA「AVHD-U500Q」 4,500円
※2011年4月17日、価格.com調べ。価格は最安値であり、常に変動する。

売れ筋 TOP 5を見ると、いずれも1万円を切る製品ばかりだ。
1位のバッファロー「HD-CB2.0TU2」は、2TB(テラバイト)のディスク容量がある。これは500GBの約4倍の容量に相当する容量だ。本製品はパソコンに繋げられるほか、シャープ製液晶テレビや東芝製ハイビジョンレコーダーの録画用HDDとしても使うことができる。

2位のバッファロー「DriveStation HD-LB1.0TU2」は、5千円台という購入しやすい価格が魅力だ。ディスク容量は1位の「HD-CB2.0TU2」に比べて半分の容量となるが、厚みがわずか4cmで、縦置きと横置きの両方に対応している。これなら置き場所にも困らないだろう。東芝製やシャープ製のテレビに対応している。

3位のIODATA「HDC-EU2.0K [ブラック]」は、2TBのHDDだ。東芝製の薄型テレビやハイビジョンレコーダーに接続することができる。

4位のPLANEX「PL-35STU3-2RZ」は、1位や3位と同じく、2TBのHDDだ。USB3.0対応で高速転送できるほか、HDDの使用量がわかるLEDインジゲータが付いている。東芝製の薄型テレビやソニーのプレイステーション3、トルネに対応している。

5位のIODATA「AVHD-U500Q」は、4,500円という安さが大きな魅力だ。シャープ製液晶テレビ「アクオス」、東芝ハイビジョン液晶テレビ「レグザ」、東芝ハイビジョンレコーダー「ヴァルディア」、東芝レグザチューナー、LG Electronics Japan製液晶テレビ「INFINIA」からの直接録画に対応している。


少しずつではあるが、購入しやすい外付けのHDDが登場してきた。1TBの大容量でも5千円台、2TBが8千円台というリーズナブルな価格だ。

外付けのHDDをサポートしている薄型テレビがあり、内蔵HDDの録画時間が足りない人は、HDDを増設して録画時間を増やしてみてはどうだろうか。


価格.com

ITライフハック
ITライフハック Twitter

■パソコンに関連した記事をもっと見る
ワンクリックでPCを高速化!PCを高速化する便利アプリ5連発
ビジネスユーザー必見!仕事に役立つエクセルの技 5連発
パソコンを手軽に節電するPC技!誰でも簡単に使える節電ソフト「Optimal Green」
YouTubeを家の大画面テレビで見よう!多機能メディアプレーヤーを無料でゲット

Transcend SDHCカード 8GB Class10 永久保証 TS8GSDHC10Transcend SDHCカード 8GB Class10 永久保証 TS8GSDHC10
トランセンド・ジャパン(2010-03-05)
販売元:Amazon.co.jp
クチコミを見る