東日本大震災により電力不足が深刻さを増している。原子力発電所の全国的な停止で、夏は危機的状況になるかもしれない。節電がこの夏のキーワードであることは間違いなさそうだ。

どうすれば節電できるのか、困っているあなたに朗報だ。東京電力や東北電力の「電力使用状況メーター」の設置や電力の使用状況を予測し、効果的な節電の一助となることを目指した「電気予報(ベータ版)」の公開など、節電の呼び掛けを行ってきたYahoo! JAPANが、具体的に何をすればどれだけ節電になるのか、節電の参考プランを作成できる「節電プラン作成ツール」を公開した。

家庭用では、エアコン、冷蔵庫、照明、テレビ、温水洗浄便座器、ジャー炊飯器、待機電力の全10項目が並び、それぞれ実践していることをチェックすると、どのくらい節電できるのかが分かる仕組みだ。
たとえば、室温を28度に設定する(設定温度を2度上げる)で電力を10%削減、冷蔵庫の設定を「強」から「中」に変えるで2%削減(扉を開ける時間を減らす、食品をつめこまないとの組み合わせで)、日中は照明を消す、夜間もできるだけ消すで5%削減など、できることを組み合わせるだけだ。

エアコンの控えすぎでは熱中症などの危険もあるため、できる範囲ではあるが、身近なところから気軽にできる節電に挑戦してみてはいかがだろうか。

月刊 節電ガイド(Yahoo! JAPAN)

ITライフハック
ITライフハック Twitter

■節電関連の記事をもっと見る
みんな扇風機が欲しい!2011年夏の節電を乗り切るには
夏のボーナスはデジタル家電で決まり!薄型テレビが人気だがスマートフォンも急上昇
節電したいけど強いられるのはイヤ!約7割が電力不足の長期化に不安
90%以上が日常で節電を意識!今年の夏は電気を使わずに涼しく過ごそう

節電エコタイマーET55D節電エコタイマーET55D
販売元:リーベックス

販売元:Amazon.co.jp
クチコミを見る