去る2011年06月30日、コーレルは 都内 時事通信ホールにおいて、プレス関係者向けに新製品発表会を開催した。同社は、創造力と想像力を追求し、自然なペイントとイラストワークを実現する、デジタルペインティングソフトウェアの最高峰「Corel Painter 12」を8月5日より発売する。

Corel Painterシリーズといえば、アナログの描画を再現する、世界中のプロのアーティストやデザイナー、イラストレーターらから熱い支持を集めているペイントソフトの最高峰のひとつだだ。

今回の新製品では、どこが変わったのだろうか?

簡単にまとめてみた。

■パフォーマンスの向上でストレスフリーに
最大の特長は、Painterシリーズとしては初めてWindows 64bit OSをネイティブサポートした点だ。マルチコアCPUに最適化し、ブラシパフォーマンスが向上した。

ブラシ設定で有効/無効の変更が可能だ。また、大容量サイズのファイルの拡大/縮小/回転などの操作が1.5倍~3倍高速化した。これらの改良により、ストレスフリーな作業環境を実現した。
大容量サイズのファイルの回転がスムーズになった

■より使いやすいワークスペースを実現
「Corel Painter 12」は、ユーザーインターフェースを一新した。ブラシサイズ変更やカラーホイールは、キーボードのショートカットでキャンバス上に簡単に呼び出すことができる。

拡大/縮小/回転時の表示画質を向上させたことも、大きな改良点だ。アンチエイリアスの使用でジャギーのない高画質状態での作業が行える。
アンチエイリアスの使用でジャギーのない高画質状態での作業が行える

■よりリアルになった水彩/油彩ブラシ
新しく追加されたリアル水彩ブラシは、乾燥させるタイミングを自由に調整することができるようになった。乾燥前にさらに塗り重ね、同時に乾燥させ色を混ぜるなどの描画が簡単にできる。

また、ブラシコントロールを使えば、水分量の調整や乾燥時の風力量など水と色素が用紙上でどのように反応するかを指定することもできる。

最新版となる「Corel Painter 12」では、パフォーマンスを大幅に向上させた。さらに、ユニークなデジタルブラシ、アート素材とテクスチャ機能に加え、ユーザーの皆様からの要望に応え、画質やインターフェースを改善している。

加えて、リアル水彩やリアルウェット油彩など新しいブラシを追加するとともに、万華鏡ツールなど新規機能も搭載した。

イラストレーターだけでなく、イラスト好きの人にも、魅力的なアプリケーションと言えそうだ。

コーレル

ITライフハック
ITライフハック Twitter

■パソコンに関連した記事をもっと見る
ファイル整理やデータ納品時に一工夫!フォルダ構成をテキスト化する技
業界をリードする最新技術を満載!GIGABYTE マザーボードの責任者が新製品の魅力を語る
世界初のサンプル出荷開始!エコで薄型のメモリを実現するTVS積層技術とは
PCだけじゃないHDDの賢い活用!8千円台でTVの録画時間を伸そう

SANYO USB出力付きリチウムイオンバッテリー (専用高容量リチウムイオン電池使用) KBC-L2BSSANYO USB出力付きリチウムイオンバッテリー (専用高容量リチウムイオン電池使用) KBC-L2BS
三洋電機(2010-10-21)
販売元:Amazon.co.jp
クチコミを見る