三菱重工業は2011年9月19日、同社のコンピューターがウイルスに感染しているとの一部報道に対し、正式にコメントした。

同社の発表によると、8月中旬にウイルス感染の可能性が判明し、その後ウイルスの特性により情報漏えいの危険性も判明したことを受け、その旨を警察当局に報告、相談するとともに、以後、外部の専門家と共同で調査、対応を進めているとしている。現時点では、ウイルス感染による被害拡大は止まったものと考えている。

また過去に社内一部のコンピューターのシステム情報(ネットワークアドレス等)が流出した可能性があることは判明しているものの、同社の製品や技術に関する情報の社外へのデータ流出は現在確認されていない。

同社は、これまでウイルス駆除などの被害拡大防止策を講じているが、今後とも引き続き調査を進め、対策強化をはかっていくとしている。

本日の一部報道について
三菱重工業

ITライフハック
ITライフハック Twitter

■セキュリティに関連した記事をもっと見る
不正取引の被害が発生!三菱東京UFJ銀が異例の注意喚起
スマホに悪影響およぼすウイルス!マカフィー、8 月のサイバー脅威の状況を発表
Lionユーザのセキュリティ対策のススメ
Googleが狙われた!大手認証局がハッキングされ、偽SSL証明書を発行

体系的に学ぶ 安全なWebアプリケーションの作り方 脆弱性が生まれる原理と対策の実践体系的に学ぶ 安全なWebアプリケーションの作り方 脆弱性が生まれる原理と対策の実践
著者:徳丸 浩
ソフトバンククリエイティブ(2011-03-03)
販売元:Amazon.co.jp
クチコミを見る