パソコンは仕事でもプライベートでも使う生活に必要なアイテムとなっている。日中だけでなく、深夜に利用しるケースも少なくない。家族が寝静まった家では、マウスのボタンを「カチカチ」と押す音(クリック音)は意外と大きいものだ。家族から「カチカチ」うるさいとクレームをもらったりするので、自然と気を遣ってしまう。

「カチカチ」と音がうるさくないマウスがあれば………、あるわけないよねぇ、とか思っていたら、あったのだ。

それが、これ、リンクスインターナショナルの「静音マウス」だ。
ひょっとして、パソコン好きには、が画期的な大発明かも? というわけで、さっそく試してみた。

■好みで選べる2タイプのマウス
静音マウスには、「USB接続無線タイプの静音マウス」と「USB接続有線タイプの静音マウス」の2種類がある。それぞれの特徴を見てみよう。

●USB接続無線タイプの静音マウス
本製品は、USB接続する無線タイプの静音マウスだ。ボディカラーは、ホワイトとダークグレーの2色。価格は、3,480円(税込み)。

最大の特長はサイレント構造により、静かなクリック音を実現した点だ。
実は、マウススイッチを根本から見直した新設計を採用しており、クリック感を実現しながら、通常のマウスで発生する「カチッ」というクリック音がしないのだ、これが不思議。
新設計により、「カチッ」というクリック音がしない。

実際に使ってみると、普段使っているマウスのような「カチッ」というクリック音が本当にしないのだ。これなら深夜の使用時に静かなだけでなく、図書館や会議など、静かにしないといけない場所でも、まわりを気にせずに安心してマウスを使用できる。

無線タイプは2.4GHz帯を利用しているので、USBミニレシーバーから最大約10mの範囲で安定した操作ができる。またレシーバーは、本体に収納できるので、携帯して持ち歩くのにも便利だ。
レシーバーは、本体に収納できるので、携帯して持ち歩くのに便利だ。

マウスパッドとの接触面には、テフロンを施したプレートを採用。プレートのおかげで、摩擦を抑えて、静かながらスムーズに操作することができる。

本体サイズは、58.5×89.5×35.7mm、重量は52g。対応OSは、Windows 7/Vista/XP、Mac OS X 10以降。製品保証は1年となっている。

「USB接続無線タイプの静音マウス」製品情報


●USB接続有線タイプの静音マウス
本製品は、USB接続する有線タイプの静音マウスだ。ボディカラーは、ブラックのみ。価格は、2,480円(税込み)。
USB接続有線タイプの静音マウス

本製品もマウススイッチを根本から見直した新設計を採用し、クリック感を実現しながら、通常のマウスで発生する「カチッ」というクリック音がしない構造だ。
新設計により、「カチッ」というクリック音がしない。

手にジャストフィットする最適なボディサイズを実現した点も見逃せない。マウス本体が手にしっかり馴染むので、長時間の作業でも疲れにくく、快適な操作ができる。

マウスカーソルが反応する解像度(DPI)は、好みに応じて4段階に調整することができる。DPI切換は、マウス上部のスイッチにより素早く切換が可能だ。

本体サイズは、74×110×40mm、重量は52g。対応OSは、Windows 7/Vista/XP、Mac OS X 10以降。製品保証は1年となっている。

「USB接続有線タイプの静音マウス」製品情報



「静音マウス」は、現代版のコロンブスの卵とも言える画期的な商品だ。「静音マウス」を使えば、深夜や図書館で、パソコンを利用しても、家族や周りの人からから文句を言われずに済みそうだ。

リンクスインターナショナル