CEATEC JAPAN 2009で展示された、東芝の次世代テレビ「CELLレグザ」


CEATEC JAPAN 2009の東芝ブースで初披露された次世代テレビ「CELLレグザ」は、来場者からため息が出るほどの美しい映像を実現していた。

東芝では「CELLレグザ55X1」を商品化して12月上旬より発売を開始するとのことだが、ヨドバシカメラ マルチメディアAkibaでは、4階のテレビコーナーにおいて一足お先に東芝「CELL REGZA 55X1」が先行展示されているのだ。

「CELL REGZA 55X1」は、単に映像が美しいだけでなく、14個のデジタルチューナーと3テラバイトの大容量ハードディスクで、最大8チャンネルを丸1日分録画ができるため、過去一日の放送を常に視聴することができてしまうのだ。

秋葉原へ行く予定がある人は、現時点で史上最強とも言われる液晶テレビ「CELLレグザ」の勇姿を見てみては如何だろうか。

ITライフハックがブログでもオープン
ITライフハック Twitter

マルチメディアAkibaに東芝「CELL REGZA 55X1」が先行展示! - ヨドバシカメラ
ヨドバシカメラ
■関連記事
超解像はダテじゃない!CELLレグザが今までの液晶テレビと違うところ【最新ハイテク講座】
ため息が出る美しさ!東芝、次世代テレビ「CELLレグザ」を初披露【CEATEC JAPAN 2009】
CELLレグザも今年中に!東芝、液晶テレビ「レグザ」発表会