携帯電話端末市場では、スマートフォンへの急激なシフトがグローバルに進んでおり、今後も特に海外において、着実な成長が見込まれる。そういう状況を踏まえ、パナソニックは、2012年3月から、欧州市場にスマートフォンの投入を開始することを明らかにした。欧州を足掛かりにグローバル展開を進め、2015年度には海外市場でスマートフォンの販売台数900万台を目指す。

同社は、グローバルモデル第1弾としてスマートフォン1機種を開発し、2012年3月より欧州市場への投入を開始する。
グローバルモデルの主な特長は以下のとおり。
1.超薄型でも持ちやすい “スリム Dシェイプ”デザイン
2.狭額縁で美しく見やすいQHD 4.3インチ大画面OLED(有機発光ダイオード)
3.防水・防塵設計で安心

本機をリファレンスモデルとして、2012年度中にはラインナップを拡大し、欧州においてスマートフォン150万台の販売を目指す。さらに2015年度には、欧州・アジア・中国・米州で900万台、日本国内600万台(内、スマートフォン500万台)と合わせ、グローバル1,500万台の販売を目指す構えだ。


パナソニックは今後、同グループ内の技術資産はもとより、生産・販売拠点や開発リソースの徹底活用を進めることで、開発・生産・販売体制を強化し、商品力強化とラインナップ拡大、販売拡大を加速していくとしている。

欧州市場にスマートフォンを投入 携帯電話端末事業のグローバル展開を開始
パナソニック

ITライフハック
ITライフハック Twitter

■パナソニックに関連した記事をもっと見る
「エコナビ」搭載で、最大約7%節電!パナソニック、ドラム式洗濯乾燥機 プチドラム 2機種を発表
落下や水、埃に強いAndroid端末!パナソニック、TOUGHPADの受注を開始
高品位ボディに高画質・高性能を凝縮!パナソニック、デジ一眼「DMC-GX1」の魅力
情報セキュリティ強化も可能!パナソニック、Androidタブレット端末「BizPad」の魅力

【エプソン純正インク】インクカートリッジ 6色セット IC6CL50【エプソン純正インク】インクカートリッジ 6色セット IC6CL50
エプソン
販売元:Amazon.co.jp
クチコミを見る