秋葉原(アキバ)は、サブカルチャーの中心地として知られているが、その一方で世界的な電脳街でもある。何軒ものパソコンショップ(PCショップ)が軒を連ね、レアなアイテムと格安なパーツを求めてアキバの地を訪れるPCユーザーも多い。

アキバに各店舗は、他店との差別化を図るために価格競争やイベントなどを展開しているが、その中でも根強い人気を誇るのがPCパーツのジャンク品だ。

ジャンク品は保証がないぶん、恐ろしいほどの安価に入手することができる。時には、タダ同然で投げ売りされていたり、難の問題もない製品がジャンク品として売られたりしているのだ。

そこで今回は、PCパーツのジャンク品を賢く購入ためのノウハウを紹介しよう。

■ジャンク品を嗜む7つの心得
原稿執筆にあたり、店頭のジャンク品の取材をさせていただいた「あきばおー」のスタッフによると、「最近、ジャンク品の意味がわからずに、購入されるお客様が増えてきました。」とのこと。まずは、ジャンク品を購入する心得から話しておこう。
あきばおーのPCパーツのジャンク品

新しい萌えキャラが誕生!ばるくちゃんをアキバでお披露目」でも紹介した、リンクスインターナショナルは、コンピュータ関連製品の代理店だ。同社では、「リンクスアウトレット」というPCジャンク品を扱ったネットショップを運営している。
PCジャンク品を扱ったネットショップ「リンクスアウトレット」

「リンクスアウトレット」では、ジャンク品を販売するにあたり、ユーザーに対して下記の「ジャンク品を嗜む7つの心得」を提示している。

その壱、ジャンク品は動作保証がなきことを覚悟すべし
その弐、ジャンク品は自己責任で利用すべし
その参、ジャンク品は「JUNK」の記載で判別すべし
その肆、ジャンク品の状態説明は主な原因や状態のみと知るべし
その伍、ジャンク品は返品・交換できぬことを肝に銘ずべし
その陸、ジャンク品に関する質問は回答できぬことを理解すべし
その漆、この六つの心得なき者は、ジャンク品を購入するにべからず
ジャンク品を嗜む7つの心得

宝くじが当たらなかったからといって、文句を言う人はいないだろう。ジャンク品は、メーカーや店舗の保証がないぶん、安価に購入できる。

時には、パッケージの中にメーカーの保証品が入っていることもあるが、それは「運が良かった」と考えたほうがよいだろう。

■ジャク品と中古品との違い
あきばおーのスタッフの話しでは、ジャンク品と聞くと、中古品と勘違いする人がいるようだ。

ジャンク品は「ジャンク品を嗜む7つの心得」で説明したとおり、動作保証がなく、返品や交換ができない商品だ。
店頭の段ボールに入ったジャンク品

一方、中古品は一度使用したものをいう。ジャンク品よりは高いが、新品より安く、動作保証がある。
動作保証がある中古品

ジャンク品と中古品のほかに、箱破損品がある。箱破損品は、文字通りに箱が破損したものだ。中身は新品であり、筆者は箱を捨てる派なので、格安にかえるぶんお買い得な商品といえる。
箱破損品(箱のこすれ)


ジャンク品は、ガラクタのように思っている人がいるかもしれないが、見る人が見れば、宝の山だ。実際、ジャンク品から貴重な部品を取り出し、ネットオークションで儲けている人もいる。

アキバが遠い人には、「リンクスアウトレット」のように、ジャンク品をネットで販売しているショップを利用するとよいだろう。ちなみに、「リンクスアウトレット」では、年末処分セールを実施中だ。

年末年始の休みを利用してパソコンを組み立てたいと考えている人は、ジャンク品を使って賢くPCを組み立ててみては如何だろうか。

■取材協力:あきばおー
リンクスアウトレット