以前は株式や国債などの市場動向をチェックするには証券会社の店頭に足を運ぶか、専門誌や専門テレビ番組を見るのが当たり前だった。しかし現在では、そうしたこと以外にも株式や為替なら各種ポータルサイトや新聞のサイトで確認できるものの国債や商品先物までサポートしているサイトとなるとそう多くない。

最近では国家債務(ソブリン)危機で国債価格や金利に世界の注目が集まり、原油などの商品価格も一般人の生活に影響を与えるようになっていきてる。これらの情報への需要は高まる一方だ。株式から為替、国債、商品まで、幅広い銘柄の動向をチェックする上でオススメなiPad用アプリが「Bloomberg for iPad」だ。
■株式から為替、国債、商品まで
「Bloomberg for iPad」は無料アプリである。入手可能な情報はニュース、株式の各種インデックスとその先物、為替、商品先物、国債、ポッドキャスト情報だ。

画面構成は英語なのでニュースを読んだり、ポッドキャストを聞くのは英語が苦手な人にはやや厳しいかもしれない。「My Stocks」では、気になる株式銘柄の動向をリアルタイムで見られるので、保有、または売買予定の株式銘柄の証券コードを入力して登録しておくとよいだろう。もちろん海外市場の銘柄も登録できる。

■情報はやはり株式中心
株式以外の為替、商品先物、国債のリアルタイムの動向も把握できるが情報量の多さでは株式には及ばない。株式では、現在価格、前日比、当日と直近52週間の高値・安値、チャート(1日、1カ月、6カ月、1年、5年)、関連ニュースなどが閲覧できるのに対し、為替、商品先物、国債ではチャートはなく、直近値、変化率、変化幅のみだ。

それでも、金やWTI(ウエスト・テキサス・インターミディエート)原油先物、小麦先物(シカゴ商品取引所)などのリアルタイム値を簡単に見られるのには重宝することだろう。

■もう少し為替、国債などの情報充実がほしい
便利なアプリであることは間違いないのだが、開発元のBloombergには、為替、商品先物、国債などの情報をさらに充実させてくれることを要望したい。とくに、チャートが見られないことには変化が把握できないので、これは強く望みたいところだ。

このアプリは、画面デザインは異なるもののほぼ同等の機能でiPhone、Androidスマートフォン、同タブレット、Blackberry、Nokia向けにも提供されている。投資に関わるユーザーに有益なことはもちろんだが「できるビジネスパーソン」になるためにも役立つアプリだと言えるだろう。


大島克彦@katsuosh[digi2(デジ通)]

digi2は「デジタル通」の略です。現在のデジタル機器は使いこなしが難しくなっています。
皆さんがデジタル機器の「通」に近づくための情報を、皆さんよりすこし通な執筆陣が提供します。

ITライフハック
ITライフハックTwitter

デジ通の記事をもっと見る
英語の音声認識で英会話練習 自分の発音を客観的に知る方法
日経新聞のiPad専用アプリが登場!新聞の読み方はどう変わるのか
かなり使えるiOSの音声認識!使ってみたい新しいiPadの音声認識機能
SSDのフォーマットに注意が必要 eSATA対応外付けケースを活用 続インテル SSD 520をMacに装着 (中)
eSATAによる外付けに方針転換!「隠れSATAポート」を利用せよ 続インテル SSD 520をMacに装着 (上)