エクスプローラーを表示すると、たくさんのフォルダーが表示されるが、どれも同じアイコンだから、目的のフォルダーを見つけるのにはちょっと時間がかかったりする。よく使うフォルダーはすぐに見つかるように、“ちょっと”目立たせてみよう。

■知っ得No.289 フォルダーのアイコンを変更する
通常、フォルダーはファイルケースのようなアイコンで表示されている。このアイコンは自分で変更することもできるので、よくアクセスするフォルダーのアイコンを変更しておけば、すぐに目的のフォルダーにたどり着けるはずだ。

●フォルダーのプロパティをカスタマイズする
エクスプローラーで、アイコンを変更したいフォルダーを右クリックし、[プロパティ]を選択する(画面1)。[カスタマイズ]タブを開き、[フォルダーアイコン]の[アイコンの変更]をクリックしよう(画面2)。
画面1 アイコンを変更したいフォルダーを右クリックし、[プロパティ]を選択する。

画面2 [カスタマイズ]タブで、[フォルダーアイコン]の[アイコンの変更]をクリックする。


アイコンの一覧が表示されるので、好きなアイコンを選び、[OK]をクリックする(画面3)。
画面3 アイコンを選択し、[OK]をクリックする。


プロパティでアイコンが変更されたのを確認し、[OK]をクリックすれば設定は完了だ。エクスプローラーを見てみると、フォルダーのアイコンが変更されている(画面4)。
画面4 フォルダーのアイコンが変更された。


これでよくアクセスするフォルダーがひと目でわかるようになった。フォルダーを選択するのもスムーズだ。

なお、Windowsに標準添付されているもの以外でも、アイコンファイル(*.ico)ならば使用可能だ。自分で作成することもできるし、Web上にはフリーのアイコンを提供しているところも多い。標準添付されているアイコンで気に入ったものがない場合は、探してみるといいだろう。

編集部:池田利夫+岡本奈知子(ジャムハウス)
制作編集:エヌプラス
Copyright 2012 livedoor. All rights reserved.
■PC便利技が満載!「知っ得!虎の巻」ブログ

ITライフハック
ITライフハック Twitter

の記事をもっとみる
Excelで支社名のリストを手早く連続入力する
最近使ったファイルを素早くスタートメニューから開く
先頭行を固定したままスクロールするには?--今さら聞けないExcelワザ
WordやExcelでよく使うコマンドをワンクリックで実行する
ウィンドウを閉じることなくデスクトップのアイコンを操作するマル秘ワザ