去る2013年9月22日、愛知県名古屋市栄にてニコニコ町会議が開催され、その模様がニコニコ生放送で中継された。この日は全国8カ所(当初は10カ所を予定。2カ所が雨天により中止)で開催されたニコニコ町会議ツアーの最終開催であり、当日会場となった久屋大通公園に約2万人を動員。「歌ってみた」や「踊ってみた」などで活躍するニコニコ動画の人気ユーザーが勢ぞろいし、得意のパフォーマンスでイベントを盛り上げた。また、ラストにはメインステージに⼩林幸⼦が"降臨"し、会場とニコ生視聴者から大歓声を浴びた。

■ラスボスという響きが大好きなもので - ⼩林幸⼦
ニコニコ町会議は、4月に幕張メッセで開催されたニコニコ超会議の地⽅版イベント。地域のお祭りと併催して地⽅を盛り上げようという趣旨で、7月14日から9月22日まで全国各地で開催された。まずオープニングに登場したのは、愛知県知事の大村秀章⽒。会場に詰めかけた観客を⾒て「すごいなこれ!」と大興奮の大村知事は、「こんなに人が集まるのは初めて。秋晴れのもと、名古屋の町を盛り上げていただきたいと思います」と挨拶した。

さらに、昨年に引き続き名古屋市⻑の河村たかし⽒も姿を⾒せ、「名古屋は税⾦が安い!」といきなりのアピール。「燃えよドラゴンズ!」をニコニコ動画の替え歌で歌い出したり、MCの百花繚乱に「⼩林幸⼦と⼋代亜紀の区別つく?」と突然質問したり、⾃由奔放な⽴ちふるまいで会場の笑いを誘っていた。

そんな名古屋市栄の町会議では、最後の開催地ということもあり、多数のニコニコユーザーが出演した。「歌ってみた」「演奏してみた」からは、ニコ動出身アーティストで構成され今や人気メジャーグループとなったROOTFIVEから、ぽこたとkoma'n(こまん)、さらに、ふに(妹)、事務員Gらが出演。メインステージで開催された一般来場者参加型企画・のど⾃慢ステージに登場して、集まったファンから大きな歓声が飛んでいた。

一⽅で「踊ってみた」からは、同カテゴリで活躍するユーザーで構成されたダンスチーム「ギルティハーツ」と足太ぺんた、わたが登場。こちらも
来場者参加型による「踊ってみたレッスン」を会場内の広場で実施し、その後メインステージにて練習の成果を披露。短時間ながら息のあった
ダンスで会場からは大きな拍手が送られていた。

このほか、町会議では恒例となった、イラストレーターのせらみかる、五月病マリオによる来場者の似顔絵描きや、湯⽑、ガッチマン⾚⽯先生、茸によるゲーム実況、DJ'TEKINA//SOMETHINGa.k.aゆよゆっぺによるボカニコライブなどが⾏われた他、メインステージでは一般来場者が登壇しての「名古屋あるある」コーナーや、地元有志による名古屋市の名物紹介コーナーが開催。ゆるキャラやご当地ヒーローの登場に、会場は大盛り上がりとなっていた。

日が落ちて、町会議もいよいよ終盤へ。エンディングでは運営からニコニコ動画のバージョンがこれまでの「Q」から「GINZA」に変わることが発表され、その後は出演者と観客全員による「紅蓮の⼸⽮」の大合唱が⾏われた。

通常であれば町会議はこれで終了となるところだが、この日はラストに⼩林幸⼦が登場し、会場とニコ生コメントはこれまでにない盛り上がりを⾒せた。きらびやかな⾐装に身を包んだ⼩林幸⼦はまず、『風といっしょに』を歌い上げ、続いて町会議のテーマソングでもある『ぼくとわたしとニコニコ動画』を、はっぴを着用しての盆踊りスタイルで熱唱。

また、⾃身がネットで「ラスボス」と呼ばれていることについては、「ラスボスという響きが大好きなもので……よかったらラスボスコールをお願いします」とノリノリで、会場から沸き起こったラスボスコールに笑顔を⾒せていた。

全国8カ所を巡り、最後に大物も降臨した町会議は、秋空に響き渡る⼩林幸⼦の歌声と共に大団円を迎えた。

niconico

ITライフハック
ITライフハック Twitter
ITライフハック Facebook

niconicoに関連した記事を読む
倍速とスロー再生を追加!ニコ動とニコ生を楽しむiPhoneアプリ
2020年夏季オリンピック関連の公式番組の視聴者数がのべ100万人を突破
消費税5%据え置き希望が多数 niconicoの「ネット世論調査」200秒で約12万6千人が回答
明日と明後日にAKB48板野友美と秋元才加のAKB48卒業公演をニコ生で生中継
噴火の瞬間を目撃できるかも! ニコ生で桜島昭和火口の様子を24時間生中継