USB3.0対応で大容量!高速バックアップでしかも安全!WDの「My Passport」シリーズ』『WD、ポータブルHDD「My Passport」シリーズの最新モデルを発表』という記事で紹介したように、米Western Digital傘下のWDは国内向けに様々な種類のストレージ製品を提供している。そんな同社に新たな展開があった。

WDは2015年7月16日、都内 秋葉原のUDX カンファレンスルームにおいて、報道関係者向けにコンシューマ向けパーソナルクラウドストレージ「WD Cloud」の発表会を開催した。価格はオープンプライス。市場想定価格は、6TBモデルが6万2,800円(税別)、4TBモデルが4万4,800円(税別)、3TBモデルが3万4,800円(税別)、2TBモデルが2万5,800円(税別)。7月22日より順次出荷を開始する。

近年におけるスマートフォン、タブレットなどの多様なモバイルデバイスの普及に伴い、写真、音楽、動画といったデジタルコンテンツの活用が進んでいる。これらは日常生活や趣味において利便性を高める一方、飛躍的に増加したコンテンツデータの保管や共有、バックアップ管理は煩雑になり、安全性の確保も課題になっている。

今回発表した新製品「WD Cloud」は、これらの問題を解消し、生活をより充実させる新たなツールを提供するものだ。



■より使いやすいストレージ環境を!
発表会は、ウエスタンデジタルジャパン株式会社代表取締役社長 兼 米国WD社コーポレートバイスプレジデント金森苧氏の挨拶から始まった。

金森苧氏は「弊社では、従来より外付けHDD製品のラインナップとして、Windows用、Mac用、そしてテレビ録画用HDDを取り揃え、お客様の多様なニーズにお応えしてきましたが、今回新たにスマホやタブレットで使えるストレージ製品を日本国内における弊社ラインナップに加えることができましたことを大変嬉しく思い、ここに発表させていただきます。これにより、パソコンやスマホ、両方をお使いのお客様やご家庭で複数のパソコンをお使いのお客様に、より使いやすいストレージ環境をご提供できるようになるものと考えております。」と、新製品についての意気込みを語った。

ウエスタンデジタルジャパン株式会社代表取締役社長 兼 米国WD社コーポレートバイスプレジデント金森苧氏 ウエスタンデジタルジャパン株式会社代表取締役社長兼米国WD社コーポレートバイスプレジデント金森苧氏


米Western Digitalネットワーク責任者であるWDネットワークコンテンツソリューションズ担当バイスプレジデント兼ジェネラルマネージャー Sven Rathjen(スヴェン・ラスジェン)氏は、「ここ2、3年を考えてみても、クラウドストレージの需要は益々拡大しています。デジタルコンテンツ全体の36%はクラウドに格納されております。一世帯におけるパーソナルストレージのディスク容量はコンテンツとして3.3TBあると言われております。WD Cloudは信頼性、品質、ブランド、そして使いやすさによって広く評価されております。日本のコンスーマーの方にWD Cloudをお届けすることができて大変嬉しく思っています。」と語った。

WDネットワークコンテンツソリューションズ担当バイスプレジデント兼ジェネラルマネージャー Sven Rathjen(スヴェン・ラスジェン)氏 WDネットワークコンテンツソリューションズ担当バイスプレジデント兼ジェネラルマネージャー Sven Rathjen(スヴェン・ラスジェン)氏

■スマホやタブレットで使える「WD Cloud」
「WD Cloud」デバイスは、PCをはじめスマートフォン、タブレットなど、あらゆるモバイルデバイスにおけるデジタルコンテンツの整理、安全な一元管理とバックアップを実現するトータルなローカルストレージソリューションだ。ユーザーは「WD Cloud」をルータに接続するだけで、場所を問わずあらゆるデバイスから月額利用料を支払わず、かつプライバシーを維持しながらパブリッククラウドにアクセスできるようになる。


ユーザーは、スマートフォンやタブレットの写真や動画を「WD Cloud」にバックアップし、これらのファイルを自宅の物理ドライブで安全に管理することができる。また、WDのモバイルアプリにより、PCやMacなどのWebブラウザからコンテンツにアクセスすることができる。

左がストレージ「WD Red」、右がパーソナルクラウドストレージ「WD Cloud」 左がストレージ「WD Red」、右がパーソナルクラウドストレージ「WD Cloud」

「WD Cloud」を使えば、家族の写真、動画、音楽、重要な書類などを自宅のネットワーク上にある安全な場所で一元的に保管、整理することができる。さらにWebブラウザを使用して、世界中のどこからでも容易かつ直感的にこれらのファイルを閲覧、管理、共有できる。本製品により、日常生活や趣味の利便性を高めるだろう。

Western Digital(WD)

ITライフハック
ITライフハック Twitter
ITライフハック Facebook

パソコンに関連した記事を読む
USB3.0対応で大容量!高速バックアップでしかも安全!WDの「My Passport」シリーズ
WD、ポータブルHDD「My Passport」シリーズの最新モデルを発表
日本エイサーより360度回転ヒンジの2 in 1と低価格軽量ノートが登場
AMD最新GPU、Radeon R9/R7 300シリーズを搭載するグラフィックスカードがアスクから登場
Broadwell-U対応! 1枚で16GBを実現したDDR3L SO-DIMMメモリー「IMM2G64D3LSOD8AG-B15E」