8月7日に『UQコミュニケーションズ、近鉄線の全路線におけるWiMAX 2+エリアの整備が完了』で関西は近畿日本鉄道株式会社の近鉄線のエリア整備完了の情報をお伝えした。本日は、福岡空港のエリア整備完了の情報をお伝えする。



UQコミュニケーションズは、現在、全国各地において、超高速モバイルインターネットWiMAX 2+サービスを利用できるよう基地局建設を進めてきた。この度、福岡空港の国内線第1、第2、第3ターミナルビルおよび、国際線ターミナルビルにおいてエリア整備を完了し、WiMAX 2+サービスが利用できるようになった。これにより、空港内でより高速で快適なインターネット通信が可能となった。

なお、現在同社はWiMAX(WiMAX 2+非搭載)機器を利用中のユーザーに、より超速で快適なWiMAX 2+の世界へ移行できる「ギガヤバ 移住計画」の一環として、「WiMAX 2+への機種変更に限定した割引料金」を提供している。本年9月30日(水)までにWiMAX 2+に機種変更することで、「ギガ放題」※2が月額3,696円※3のままで、2年間利用できる。

ニュースリリース
おススメスポット

ITライフハック
ITライフハック Twitter
ITライフハック Facebook

UQ WiMAXに関連した記事を読む
UQコミュニケーションズ、近鉄線の全路線におけるWiMAX 2+エリアの整備が完了
相鉄ジョイナスおよびザ・ダイヤモンドにおけるWiMAX 2+サービスの整備が完了
夏コミもWiMAX 2+だ! UQコミュニケーションズが期間中仮設基地局を開設東京ビッグサイトに設置
名古屋の鉄地下街「セントラルパーク地下街」におけるWiMAX 2+の整備が完了
地下街でのWiMAX 2+エリア拡大、名古屋の地下街「ミヤコ地下街」で高速インターネットが可能に