今回はピクセラから発売されているワイヤレスTVチューナー「PIX-BR310W」を取り上げる。ZIGSOW PREMIUM REVIEWでSheltieさんが詳細にレポートをしてくれているので紹介しよう。なお前置きを述べておくと、本製品は2014年11月11日に発売されているので、特に新製品というわけではない。今回紹介したのは、Xbox Oneでゲームをしながらテレビも楽しめるという活用方法を紹介したい。では早速どのような製品なのか見て行こう。


■SheltieさんによるZIGSOW PREMIUM REVIEW
SheltieさんはXbox One対応 ワイヤレスTVチューナー PIX-BR310Wを、Xbox OneとiPad & Andoridタブレットなどを使い詳しく検証している。Sheltieによると同製品は、スマートフォンやタブレットでデジタルTV放送を、かんたんな設定で楽しむことができる高性能なチューナーユニットとのこと。そしてゲーム専用機のXbox Oneに対応しているのが特徴だという。また市販のUSB接続HDDをつなぐことで番組録画に対応する。予約録画の他に裏番組録画にも対応(ただし2つの番組の同時録画には対応していない)。

s-pix01
■画面分割してゲームとTV放送を楽しむ
Xbox Oneの魅力的な機能のひとつに“スナップ”で画面分割して、ゲーム(メイン画面)のほかにスナップ画面(サブ画面)を同時に表示することができる点が挙げられる。PIX-BR310WとXbox Oneをネットワーク経由(有線LAN推奨)で接続し、スナップ機能でゲームをプレイしながら、TV放送を楽しむことができるということになる。そこで検証を開始するSheltieさん。専用アプリの「StationTV」をインストールすれば、スナップ機能を利用できるとのこと。

s-pix02
専用アプリであるStationTVを起動するとフルスクリーンでTV放送を視聴できる。特徴として、画面分割のスナップにも対応しているので、ゲームをプレイしつつTV放送を楽しむ事も可能なのだ。

このStationTVの操作性についてだが、ワイヤレスコントローラーでの操作に完全に対応しているので良好とのこと。レスポンスについては「予約メニューから放送画面へ戻るときに若干待たされるが許容範囲内だ」とSheltieさん。

なおStationTV利用時の注意点として、フルスクリーンとスナップ共にStationTVを起動するとHDCPが有効になるようで、HDMIキャプチャーでの画面録画やスクリーンショットの撮影はできなかったとのこと。そのためStationTV起動中の画面写真はSheltieさんがデジタルカメラで撮影している。このため文字などが見づらくなっているがご了承いただきたい。

今回レビューで使用したゲームソフトはXbox One「Ryse: Son of Rome レジェンダリー エディション」だ。ゲーム画面はスナップ画面を表示する関係で若干縮小されているが、特に気にならなかったとのこと。ちなみにSheltieさんは、27インチのPC用液晶ディスプレイにXbox Oneを接続している。

s-pix03
「スナップ画面のテレビ放送(地デジ)も画面サイズは小さめですが解像度感もあるので予想より見やすくていい感じ。画像に関してはまったく問題ありません。代わりにメイン画面とスナップ画面の音声の音量(バランス)調整が素早く変更できない点が気になりました」とSheltieさん。

コントローラーでの操作だが、Xboxガイドボタンを素早く2回押すと「スナップセンター」というメニューがスクリーンに表示されるのでここから行う。コントローラーの左アナログの上下左右でフォーカスの切り替え、アプリの変更、スナップ終了などの操作を素早く行うことができる。なおメイン画面とスナップ画面の音声の音量については、スナップ側の画面下でオンとオフ(ミュート)のみ変更可能。残念ながら音量(またはバランス)は調整できない。

s-pix04
音量調整についてはダッシュボード画面の「設定>画面とサウンド>サウンドミキサー」 でバランス調整可能だ。設定を変更するためには設定画面を開く必要があるため、素早く音量調整できないので不便と感じるSheltieさん。「Xbox OneのOSの機能改善に期待でしょうか」(Sheltieさん)。

TV放送の画質設定は標準設定の高画質を選択しているが、Xbox Oneでのフルスクリーン表示時の画質については、27インチの液晶ディスプレイでの視聴で、実際のテレビ放送と比べると動きの激しいシーンなどでブロックノイズが多少気になるが、解像度感があるので十分綺麗とのこと。音声はクリアで問題ないようだ。

録画したデータの画質も同様、動きの激しいシーンでは、ブロックノイズが多少気になるが、十分な画質が確保されているという。ワイヤレステレビチューナーとしては十分な画質であるとSheltieさん。

s-pix05
■「Xbox One SmartGlass」でiPadと連携
「Xbox One SmartGlass」とは、スマートフォンやタブレットを、Microsoftアカウントを利用して同期させたり、Xbox OneとWi-Fi接続したりしてゲームやエンターテインメントの楽しみを広げる無料アプリのこと。検証にあたってiPadにXbox One SmartGlassをインストールした。

アプリを起動するとMicrosoftアカウントでのログインを要求されるので、接続したいXbox Oneで利用しているアカウントを入力。ログインするとXbox Oneと同じダッシュボード画面(+メニュー)が表示される。Xbox Oneを端末(iPad)から操作可能にするには、右上のXbox OneアイコンをタップしてXbox Oneと接続するだけ。以上でXbox One SmartGlassの準備完了だ。

Xbox One SmartGlassを使用することで、ゲーム中でも画面切り替えを行わずに、スマートフォンやタブレットの端末の画面操作で、アプリの起動が可能になる。

s-pix06
Xbox One SmartGlassは、タッチパネルでコントローラーの操作を可能にするリモコン機能を搭載している。操作については、画面に表示されている各種ボタンとスワイプ動作で左アナログの操作を行う。またリモコン機能については、ダッシュボード画面とStationTVの操作は可能だが、ゲーム(Ryse: Son of Rome)は操作できない。リモコン機能の操作性は慣れの問題もあるようだが、あまり良いとはいえなかったとのこと。「簡易のコントローラー程度と思ったほうが無難です」とSheltieさん。

s-pix07
リモコン機能は、独立した操作を提供するものではないようで、Xbox One SmartGlass上でStationTVを選択してからリモコンを起動しても、Xbox One本体側の操作もスナップ側に移ってしまうようだ。「コントローラーはゲームの操作、Xbox One SmartGlassのリモコンでStationTVなどのスナップ側アプリの操作と分けることができると、素早くチャンネル切り替えなどの操作ができるので便利になりそうです。この点についてはXbox Oneの今後のOS機能拡張に期待しています」(Sheltieさん)。

■PIX-BR310WをXbox Oneで活用してみた感想
Sheltieさんは、PIX-BR310WをXbox Oneで活用してみた感想について以下のように述べている。

「“ゲームしながらテレビをながら見”についてはアクションゲーム”Ryse: Son of Rome レジェンダリー エディション”ではタイミングでボタンを押す必要があるためスナップのTV画面見ている隙があまりないため映像より音声を楽しむ感じでした。ターン制の和製RPGなどタイミングに縛られないゲームをプレイするときに良さそうです。

我が家のXbox Oneはパソコン部屋の27インチのPC用液晶ディスプレイに接続しているので、液晶TVは近くに置いていません。PIX-BR310Wは常に電源を入れた状態で設置して“Xbox Oneでゲームをプレイしながら予約録画しておいた番組や放送中の気になる番組を見たい”という場合にスナップ機能でStationTVを素早く起動して楽しむといった使い方ができるので凄く便利実用的でした。

ワイヤレスTV(StationTV) に関してはPIX-BR310W自体にWi-Fi機能は搭載されていないのでネットワークに接続している無線LANルーターやアクセスポイントの性能次第となりますが、Windows&Mac、Xbox One(*有線LAN推奨)の他にスマートフォンやタブレットなどでテレビ放送を楽しめるようになります。

最近では無線LAN中継機なども製品化されているので併用すれば自宅の何処にいてもテレビ放送をWi-Fiで楽しめるような環境を構築して活用するのも良さそうです。

複数の端末の同時接続はサポートされていないため、テレビ放送を視聴できるのは一番初めに接続した端末のみです。複数の端末で同時利用できると更に便利になりそうですが、この点に関しては複数のPIX-BR310Wを導入することで対応可能です。複数のチューナーを内蔵した上位モデルの登場にも期待しています。

Xbox Oneにも対応するワイヤレステレビチューナー PIX-BR310Wは簡単で便利な製品です。簡単設定と専用アプリで様々なハードですぐにテレビを視聴可能と、ハードに詳しくない初心者にもお勧めできる製品に仕上がっています。様々な機器へテレビ放送をワイヤレス配信できるので、手軽に何処でもテレビを楽しみたいというユーザーにお勧めです!」。

以上、ピクセラのPIX-BR310Wを紹介した。あえて液晶テレビを購入するという選択ではなく、液晶ディスプレイを購入し、それをゲームプレイ、テレビ視聴に活用する方法として、本レビューが参考になればと思う。

[PR企画]

※本記事の有効期限:2015年12月31日
※制作:メディアバンク株式会社
※提供:株式会社ピクセラ、ソルフレア株式会社

■ZIGSOW PREMIUM REVIEW「PIX-BR310W ~Xbox Oneでゲームしながらテレビをながら見~
ピクセラの製品情報ページ

ITライフハック
ITライフハック Twitter
ITライフハック Facebook

ZIGSOW PREMIUM REVIEWの記事をもっと見る
期間は11月30日まで!人気のスティックPC「Compute Stick」購入で豪華賞品が当たる!<PR>
交通安全、セーフティドライブの必須アイテム!ドラレコ「DRY-AS400WGc」を試す
3ステップの設定でかんたん接続!「WD Cloud」でパーソナルクラウド環境を楽々構築
無線LAN環境が劇的に改善! ネットギアの高速無線LANルーター「R8000」を試す
1台ですべてをこなすすごいヤツ。ZIGSOWユーザーが「dynabook T75」を試す