東洋水産は、気象会社であるウェザーマップと昨年に引き続き共同で開発した「冷し中華前線」の、4月15日時点での前線通過予想を発表した。


「冷し中華前線」とは、冷し中華の食べ始め時を視覚化したもの。その日の冷し中華の美味しさを数値化した「冷し中華指数」と合わせて、「マルちゃん冷し中華予報」を発表。東洋水産が販売しているチルド麺の冷し中華をはじめとした涼味麺商品のキャンペーンの一環で、4月15日よりキャンペーンサイトにて公開された。

4月15日現在、予想より2週間程度早く進んだ「冷し中華前線」は、福岡・広島に4月7日に到達した後、翌4月8日に大阪・高松へ。さらに4月9日には名古屋・静岡に達するなど予想以上に早く進行をしており、東京へ到達するのは今週末(4月17日)となる模様だ。

また、今後に関しては金沢に4月23日、仙台は5月20日、札幌へは6月2日にそれぞれ前線が到達する見通しとなっている。

キャンペーンサイト内では、オリジナルコンテンツとして全国の”冷し中華始め時”を予報する「冷し中華前線」を発表するほか、その日の冷し中華の美味しさを10段階で表す「冷し中華指数」や、「冷し中華前線」に関してウェザーマップ所属の気象予報士・久保井朝美さんが解説を行う動画コンテンツを掲載。2016年の夏の気候を踏まえて「サラダ冷し中華」を今年のオススメ冷し中華として発表・公開することを予定している。
s-名称未設定-1
冷やし中華予報キャンペーンサイト

ITライフハック
ITライフハック Twitter
ITライフハック Facebook

カルチャーに関連した記事を読む
ドラゴンクエスト30周年プロジェクトのオフィシャルパートナーが決定
「第1期電王戦」第1局はPONANZAが先勝。第2局は5月21日~延暦寺にて開催
ドワンゴ、「ドラゴンクエストIII」を駅伝形式で争う「電脳王日本一決定戦!ゲーム駅伝」を開催
ウルトラ怪獣擬人化計画よりシリーズ第5弾「ゼットン」フィギュアが登場
宮崎吾朗監督初のテレビアニメ「山賊の娘ローニャ」が最優秀作品賞を受賞