昨日、NVIDIAからMaxwell採用のミドルレンジ向けGPU、GeForce GTX 960が発表された。これまで3Dゲームを満足にプレイするためには、最低でもGeForce GTX 760程度のパフォーマンスが必要とされていた。

そのGeForce GTX 760に置き換わるのがGeForce GTX 960ということになる。このレベルのグラフィックスカードは2万円台半ばから3万円台前半といったところだが、GeForce GTX 960もほぼ同じ価格帯での品揃えとなるようだ。



となるとGeForce GTX 960とGeForce GTX 760は何が違うのか? といったところになるが、最新のWindows 10対応、DirectX 12対応、より低消費電力になったことといった部分が挙げられる。特にGeForce GTX 760は、TDPが170Wと大きかったがGeForce GTX 960はTDPが120Wまで下がっており、電源ピンが6ピン×2から6ピン×1へと減少、500W程度の電源容量でも十分に駆動できるようになった。

さらに、リファレンスと呼ばれる仕様が存在しておらず、パーツメーカーがカードの設計を自由に行えるようになっている。また、基準となるGPUクロックはベースが1126MHzでブースト時が1178MHzを基準としているが、厳密に指定されているわけではなく、メーカーがそれ以上のクロックに設定することも可能になっている。

ユーザーにとっては、最新のWindows 10やDirectX 12、HDMI2.0対応といった機能的な部分、そしてミドルレンジ向けながら、最新の3Dゲームをプレイできる程度まで動かせる性能といった点で魅力的な製品だと言える。

そしてメーカーにとっては、カードのデザインの自由度が高く、動作クロック等を変更することで複数の製品化が可能となっており、ユーザーにもパーツメーカーにもうれしい製品がGeForce GTX 960であると言えるだろう。

■パーツメーカーより製品続々登場
このGeForce GTX 960を搭載した製品としては、ZOTACのスタンダードモデル「ZOTAC GeForce GTX 960」、オーバークロックモデルの「ZOTAC GeForce GTX 960 AMP Edition」さらに、各モデルに「METAL GEAR SOLID V: GROUND ZEROES」(メタルギア ソリッド V グラウンド・ゼロズ)の無料ゲームクーポンを付属させた特別モデルの4モデルがリリースされている(取り扱いはアスク)。

玄人志向からは、クロックを1228MHzにアップさせた「玄人志向 / STANDARDシリーズ / NVIDIA PCI-Express」シリーズとして「メタルギア ソリッド V グラウンド・ゼロズ」のダウンロードクーポンが同梱される「GF-GTX960-E2GB/OC/SHORT-GA」、ゲームが同梱されない「GF-GTX960-E2G/OC/SHORT」がリリースされている(取り扱いはCFD販売)。

GF-GTX960-E2GB/OC/SHORT-GA GF-GTX960-E2GB/OC/SHORT-GA

GF-GTX960-E2G/OC/SHORT GF-GTX960-E2G/OC/SHORT

GIGABYTEからは3連ファンのゲーミング向け高クロックモデル「GV-N960G1 GAMING-2GD」、2連ファンで「メタルギア ソリッド V グラウンド・ゼロズ」のダウンロードクーポンが同梱される「GV-N960WF2OC-2GD-GA」、ゲームが付属しない「GV-N960WF2OC-2GD」、そして小型PCにも装着可能な1ファンの「GV-N960IXOC-2GD」がリリースされている(取り扱いはCFD販売)。

GV-N960G1 GAMING-2GD GV-N960G1 GAMING-2GD

GV-N960WF2OC-2GD-GA GV-N960WF2OC-2GD-GA

GV-N960WF2OC-2GD GV-N960WF2OC-2GD

GV-N960IXOC-2GD GV-N960IXOC-2GD

■製品概要(アスク扱い)
メーカー:ZOTAC
製品名:ZOTAC GeForce GTX 960
型番:ZTGTX96-2GD5R01/ZT-90302-10M
発売時期:1月22日
予想市場価格:28,880円前後(税別)

製品名:ZOTAC GeForce GTX 960 METAL GEAR SOLID V
型番:ZTGTX96-2GD5MGS01/ZT-90306-10J
発売時期:1月22日
予想市場価格:29,800円前後(税別)

製品名:ZOTAC GeForce GTX 960 AMP Edition
型番:ZTGTX96-2GD5AMP01/ZT-90304-10M
発売時期:1月22日
予想市場価格:32,380円前後(税別)

製品名:ZOTAC GeForce GTX 960 AMP Edition METAL GEAR SOLID V
型番:ZTGTX96-2GD5AMPMGS01/ZT-90307-10J
発売時期:1月22日
予想市場価格:32,380円前後(税別)

■製品概要(CFD販売扱い)
メーカー:玄人志向
製品名:玄人志向 / STANDARDシリーズ / NVIDIA PCI-Express
型番:GF-GTX960-E2GB/OC/SHORT-GA
発売時期:1月23日
予想市場価格:26,980円前後(税別)
※台数限定

製品名:玄人志向 / STANDARDシリーズ / NVIDIA PCI-Express
型番:GF-GTX960-E2G/OC/SHORT
発売時期:2月上旬予定
予想市場価格:26,980円前後(税別)

メーカー:GIGABYTE
製品名:GIGABYTE NVIDIA GEFORCE GTX 960搭載グラフィックボード
型番:GV-N960G1 GAMING-2GD
発売時期:1月23日予定
予想市場価格:31,980円前後(税別)

製品名:GIGABYTE NVIDIA GEFORCE GTX 960搭載グラフィックボード
型番:GV-N960WF2OC-2GD-GA
発売時期:1月23日予定
予想市場価格:29,980円前後(税別)

製品名:GIGABYTE NVIDIA GEFORCE GTX 960搭載グラフィックボード
型番:GV-N960WF2OC-2GD
発売時期:1月23日予定
予想市場価格:29,980円前後(税別)

製品名:GIGABYTE NVIDIA GEFORCE GTX 960搭載グラフィックボード
型番:GV-N960IXOC-2GD
発売時期:1月23日予定
予想市場価格:27,980円前後(税別)


アスク
CFD販売
GeForce GTX 960

ITライフハック
ITライフハック Twitter
ITライフハック Facebook

■PCパーツの記事をもっと見る
玄人志向より1枚で何度もおいしい複合インターフェイスカードなど3製品
大きめのマザーにも対応できるCORSAIR製のE-ATX対応ケース「Graphite Series 780T」
GIGABYTEがCESでBroadwell搭載のベアボーン「BRIX」および「BRIX s」を発表
インテルが“Broadwell”の第5世代Coreプロセッサー・ファミリーを発表
AMDのRadeon R9 290、290Xを水冷仕様にできるCORSAIR製GPUクーリングブラケット