ブックオフコーポレーション株式会社は、携帯電話のリユースがもっと当たり前になることを目指し、モバイルサービスの新ブランド「スマOFF」の展開を開始すると発表した。

その第一弾として既報の通り、欧米でトップブランドとして圧倒的シェアを確立している台湾のPCメーカー「Acer」(エイサー)で日本市場では初投入となるAndroidスマートフォン「Liquid Z200」(SIMフリー、販売価格:10,000円/税別)と丸紅グループの格安SIMカードが月額980円(税別)で利用できるブックオフオリジナルプランを2015年1月28日(水)より全国の一部ブックオフチェーン店舗で提供を開始する。



■携帯売ると端末もらえるキャンペーン
さらにブックオフで中古携帯を売ると、AcerのSIMフリースマートフォンを無料でプレゼントするキャンペーンも行う。

ブックオフグループは事業ミッションとして「捨てない人のブックオフ」を掲げているそうで、本に続く日本一の中古アイテムを増やす一環として、日本人が1人1台は持っている「携帯電話」の買取・販売を2011年12月より開始した。

ただ2015年現在、国内の携帯電話のリユース(再利用)率はまだ低く3%程度に留まっているという。同社が本のリユース率を引き上げたように、携帯電話のリユースをもっと身近にするため、携帯事業のブランディングとして「スマOFF」を掲げ、店舗でおなじみのフレーズ「本を売るならブックオフ♪」とともに「スマホ売るならブックオフ♪」の認知向上を目指すとしている。

BOOKOFFオリジナルプランの特徴としては、以下のようになる。

特徴1:ブックオフに携帯電話を打った人にAcerのSIMフリースマホ端末(店頭販売価格:1万円)を「無料」でプレゼント。(端末無料契約の場合は2年間の継続利用が必要。解約時は違約金が発生することに注意。)

Acer Liquid Z200 Acer Liquid Z200

特徴2:ブックオフの店頭で気軽に契約でき、その場で設定済の端末を手渡し。契約後、すぐに利用することができる。

特徴3:NTTコム オンライン・マーケティング・ソリューションが昨年2月に発表したリサーチ結果によると、スマホの利用場所は、自宅が61.9%であり、自宅でのインターネット接続環境は約70%が無線LAN(固定回線)であることから、半数を超える人が自宅でWi-Fiを使ってデータ通信をする環境が整っていることが判明。そのような環境の中、月間のデータ通信量が1GB未満の人は70.4%であり、スマホの月額料金を81.2%が高いと感じていることがわかった。

そのため、ブックオフのオリジナルプランは1日の通信データ容量70MB(1か月約2.1GB)で、あえてデータ通信専用プランのみとし、SMS付きとしては業界最安値域となる月額980円となった。音声通話に関しては、NTTコミュニケーションズの050 plusやLINE、Skypeなどのアプリを使用することが可能。

1日の通信データ容量70MBでの利用目安 1日の通信データ容量70MBでの利用目安

■AcerのSIM フリースマホと丸紅グループの格安SIMのセット
・スマートフォン端末
製品名:Acer Liquid Z200
販売価格:10,000円(税別)
※LTEは非対応
Acer

・通信サービス
プラン:1日70MBプラン
販売価格:月額980円(税別)
初期費用登録事務手数料:3,000円(税別)

・SIMサービススペック
通信規制:70MB/1日
通信エリア:NTTドコモに準ずる
通信最大速度:下り最大150Mbps
SMS(ショートメッセージ機能)付


取り扱い店舗一覧
Liquid Z200
ブックオフ

ITライフハック
ITライフハック Twitter
ITライフハック Facebook

モバイル関連の記事をもっと見る
日本エイサーがSIMロックフリー端末「Acer Liquid Z200」を日本市場に投入
21種類の機能を持つ人気Androidアプリ、ソースネクストの「超便利ツールズ」を一般発売
楽天モバイルが楽天カフェで新規契約・MNP乗りかえの即日対応を開始
差し込んで回すだけで固定できるイヤホンジャック装着用ストラップホールに新色登場
全世代のiPad miniに対応し角度調整が自由にできるTUNEWEAR製薄型フォリオケース