UQコミュニケーションズ(以下、UQ)は2015年3月19日、、モバイルWi-Fiルーター「Speed Wi-Fi NEXT W01」(W01)で、下り最大220Mbpsの利用が可能となるソフトウェアの提供を開始したと発表した。



UQは現在、下り最大220Mbpsを実現する「ヤ倍速」の一環として、キャリアアグリゲーション技術の導入を進めている。2015年1月30日(金)に発売を開始した「W01」は、今回のソフトウェアアップデートにより、デバイス側としてCA技術に対応する準備が完了したことになる。

なお220Mbpsが利用可能なエリアについては、2015年2月12日(木)に栃木県真岡市で、CA技術に対応する周波数帯域の拡張を開始した。続いて、2015年3月31日(火)から約1週間で、全国37都道府県の一部へ拡大し、その後も、順次全国へ展開を進めているとのこと。

これらのCA技術を実現するデバイスとエリアの整備により、W01を利用者は、ソフトウェアアップデートをすることで、周波数帯域を拡張したエリアにおいて、下り最大220Mbps※2の超高速モバイル通信、「ヤ倍速」のご利用が可能となる。

「W01」は、UQ初のCA技術の導入により、「ヤ倍速」な下り最大220Mbpsの超高速モバイル通信を実現する「WiMAX 2+」と、プラチナバンド対応でエリアの広い「au 4G LTE」に対応したモバイルWi-Fiルータ。

ソフトウェアアップデートの手順についてはこちらを参照してほしい。

また、2015年3月末に予定している下り最大220Mbps対応エリアはこちらを参照のこと。

ニュースリリース
UQコミュニケーションズ

ITライフハック
ITライフハック Twitter
ITライフハック Facebook

UQ WiMAXに関連した記事を読む
横浜市営地下鉄の全駅構内や列車内においてWiMAX 2+の利用が可能に!
WiMAX 2+の220Mbps開始! 栃木県真岡市からWiMAX 2+用周波数帯の拡張を開始
仙台市地下鉄「南北線」の17駅の構内や列車内においてWiMAX 2+のエリア整備が完了
新京成線の全線および各駅構内におけるWiMAX 2+サービスの提供開始!
北総線の全線で各駅や列車内におけるWiMAX 2+サービスが利用可能に!