無題

全国各地の日本酒2万5,000点以上を販売するAmazon日本酒ストアは、2016年10月17日(月)に全面リニューアルした。さらに、Amazonでは、吟醸酒を一定の温度で管理する「定温倉庫」を2016年10月27日より開始する。

今回のリニューアルは「お酒造りの心と日本酒のいろはを世界に発信し、お客様・酒蔵のみなさんとともに新しい楽しみ方を創る。豊かな品揃えの日本酒を確かな品質でお届けする。」をコンセプトにしたと同社。

酒蔵ページでは、日本酒の基礎知識を紹介するページのほか、日本全国100社以上の酒蔵が持つそれぞれの酒造りのこだわりや味わいの特徴、商品を紹介している。

加えて2016年10月27日より、直販で扱うこれらの特定名称酒を、年間を通して一定の温度を保つ「定温倉庫」にて管理を開始する。また同サービスと合わせて利用できる、これらの日本酒を「定温倉庫」から温度を保ってお届けする「保冷お届けサービス」も開始予定となっている(別途費用が必要)。

Amazon日本酒ストア

ITライフハック
ITライフハック Twitter
ITライフハック Facebook

カルチャーに関連した記事を読む
ネスレ日本「おとし玉キットカット(ポチ袋付き)」を郵便局で発売
「アプリ甲子園R2016」決勝大会を開催
「ボス ラテベース 焦がしキャラメル」期間限定で発売へ
日本ワインとシャトー・メルシャンの魅力に触れるイベントを開催
ソニー・エクスプローラサイエンス、ブロック形状の電子タグ「MESHワークショップ」を開催