ITライフハック

ITビジネス を含む記事

ビーサイズ「BoTトーク」開発への想い!環境にやさしいインナーケース【まとめ記事】

s20220211_0449

昨今の園児や児童の痛ましい事件に、多くの家族が胸を痛め、不安と⼼配を抱えられている状況にあります。警察庁の統計では、過去5年間において、年間1000⼈以上の9歳以下の⼦どもの⾏⽅不明が報告されているなど、リスクが潜在している状況にある⼀⽅で、昨今の共働き世帯の増加や地域コミュニティの希薄化などに伴い、⼦どもを⾒守る⼈の⽬は不⾜している。そうした状況を踏まえ、ビーサイズ株式会社は、少しでも保護者が⼼安らぐことができ、⼦どもたちが前向きにすごせるために、AIとGPS、トーク機能を活⽤した⼦ども⾒守りGPSサービス「BoT」シリーズ(「GPS BoT」、「BoTトーク」)を開発、提供している。

サンワサプライ株式会社は、リサイクルポリエステルを使った環境にやさしいインナーケース「IN-GH〇〇BK-REシリーズ」を発売した。「IN-GH〇〇BK-REシリーズ」は、リサイクル材料を使用した環境に優しいインナーケース。本製品の表装・内装・内装縁巻きテープ・ファスナーコイル・ファスナーテープには100%再生PET材料を使用しており、全体重量の50%以上にリサイクル材料を採用している。ケースは三辺オープンタイプでファスナーを開けてそのままノートパソコンを使用できる。ケースのフロントにはマウスやACアダプタどを収納できるポケットがついており、持ち運びの際にノートパソコンと周辺機器の接触を防げる。

USB Type-CポートとUSB Aポートを搭載し、スマホとタブレットを同時に充電できる!カーチャージャー
サンワサプライ株式会社は、USB Type-CポートとUSB Aポートを搭載し、スマホとタブレットを同時に充電できるカーチャージャー「CAR-CHR81CPD(直刺しタイプ)」「CAR-CHR82CPD(ケーブルタイプ)」を発売した。「CAR-CHR81CPD」「CAR-CHR82CPD」は、USB Type-CポートとUSB Aポート、アクセサリーソケットを搭載したカーチャージャー。USB Type-Cポートは最大20WまでのUSB Power Delivery出力に対応し、PD充電に対応するスマホ、タブレットに最大12Vの高出力で急速充電ができる。USB Aポートは、最大5V/2.4Aまでの出力が可能で、接続機器を自動認識し、機器に合わせた最大出力で充電が行える。


3種類の形状に対応したマルチスロットのセキュリティワイヤー!ケンジントン ノーブルロック ナノセーバー
サンワサプライ株式会社が運営している直販サイト『サンワダイレクト』は、ノートPCの機種を問わずに使えるマルチスロット対応のセキュリティワイヤー「200-SL095」を発売した。本製品は、主要なセキュリティスロット(ケンジントン・Nobleロック・NanoSaver)に対応したセキュリティワイヤー。面倒なセキュリティスロットの対応確認をしなくても即座に設置することができる。使い方はとても簡単で、シリンダー錠のロックボタンを3段階で押すだけで簡単に取り付けすることができる。


リサイクルポリエステルを採用!環境にやさしいインナーケース
サンワサプライ株式会社は、リサイクルポリエステルを使った環境にやさしいインナーケース「IN-GH〇〇BK-REシリーズ」を発売した。「IN-GH〇〇BK-REシリーズ」は、リサイクル材料を使用した環境に優しいインナーケース。本製品の表装・内装・内装縁巻きテープ・ファスナーコイル・ファスナーテープには100%再生PET材料を使用しており、全体重量の50%以上にリサイクル材料を採用している。ケースは三辺オープンタイプでファスナーを開けてそのままノートパソコンを使用できる。ケースのフロントにはマウスやACアダプタどを収納できるポケットがついており、持ち運びの際にノートパソコンと周辺機器の接触を防げる。


日本初!見守りAIがGPSとボイスメッセージで子どもを見守る!ビーサイズ「BoTトーク」開発への想い
昨今の園児や児童の痛ましい事件に、多くの家族が胸を痛め、不安と⼼配を抱えられている状況にあります。警察庁の統計では、過去5年間において、年間1000⼈以上の9歳以下の⼦どもの⾏⽅不明が報告されているなど、リスクが潜在している状況にある⼀⽅で、昨今の共働き世帯の増加や地域コミュニティの希薄化などに伴い、⼦どもを⾒守る⼈の⽬は不⾜している。そうした状況を踏まえ、ビーサイズ株式会社は、少しでも保護者が⼼安らぐことができ、⼦どもたちが前向きにすごせるために、AIとGPS、トーク機能を活⽤した⼦ども⾒守りGPSサービス「BoT」シリーズ(「GPS BoT」、「BoTトーク」)を開発、提供している。


牛すき焼きの美味しさを”重”にして登場!ほっともっと『牛すき焼き重』
株式会社プレナスは、持ち帰り弁当の「Hotto Motto (ほっともっと)」を、2022年10月末現在、2,469店舗展開している。今回「ほっともっと」では、冬のごちそう“牛すき焼き”をお手頃価格でお届けする『牛すき焼き重』590円と、定番の『牛すき焼き弁当』650円、牛肉を倍盛にした『W牛すき焼き弁当』890円を2022年11月15日(火)より発売する。


ITライフハック
ITライフハック Twitter
ITライフハック Facebook

ITビジネスに関連した記事を読む
ヤンセンファーマ、「治療と仕事の両立支援」のための新プロジェクトとは?
容器を中⼼とした2040年の未来予測に初めて挑戦!東洋製罐グループ、グループ初となる未来を描いた展⽰ブースを展開
ヘルシーライフ、サステナビリティ、イノベーションをテーマに実施するプログラム!「Vitality.Swiss」記者発表会
ネットワークとセキュリティのソリューションでビジネスを加速!ベライゾンジャパン、事業・ソリューション説明会を開催
世界で自由に活躍できる人を増やす!英語コーチングサービスを提供するプログリット、事業戦略説明会を開催



Apple AirTag
Apple(アップル)
2021-04-30



『THE COACH for Business』発表会!バックパネル付きデスク【まとめ記事】

IMG_8058

「コーチングマインドを社会に広げる」をミッションにTHE COACH Academy等を展開する株式会社THE COACHは2022年11月1日(火)、ベルサール飯田橋駅前にて、企業向けコーチングサービス『THE COACH for Business』の発表会を実施した。発表会では、 変化にあふれ、複雑性が高まっているVUCA時代において、キャリアの流動性の高まりやウェルビーイングの考え方の広まりにより、海外でも注目を集める「コーチング」概要や成り立ちについて説明し、その後今回の新サービスである『THE COACH for Business』を説明した。

サンワサプライ株式会社が運営している直販サイト『サンワダイレクト』では、小物類を整理整頓できるパネルが付いたワークデスク「100-DESKH067M」とロータイプの「100-DESKL015M」を発売した。本製品は、デスク作業道具やお気に入りの雑貨や小物を飾って収納できるパネル付きワークデスク。手が届く位置に収納スペースを作ることができ、机上を広く使うことができる。

移動や座り位置の調整がラク!キャスター付きのゲーミング座椅子
サンワサプライ株式会社が運営している直販サイト『サンワダイレクト』は、キャスター付きで軽い力で座椅子を移動可能、レバーで容易にリクライニングでき、からだ全体を預けることが出来る形状で長時間、着座してもおしりが痛くなりにくい仕様のハイバックでバケットシート形状のゲーミング座椅子「150-SNCF031R(レッド)」、「150-SNCF031GY(グレー)」を発売した。


個人の力を組織に。企業が組織としてのつながりを生み出す!人材育成・組織開発の新コーチングサービス『THE COACH for Business』発表会
「コーチングマインドを社会に広げる」をミッションにTHE COACH Academy等を展開する株式会社THE COACHは2022年11月1日(火)、ベルサール飯田橋駅前にて、企業向けコーチングサービス『THE COACH for Business』の発表会を実施した。発表会では、 変化にあふれ、複雑性が高まっているVUCA時代において、キャリアの流動性の高まりやウェルビーイングの考え方の広まりにより、海外でも注目を集める「コーチング」概要や成り立ちについて説明し、その後今回の新サービスである『THE COACH for Business』を説明した。


作業道具や雑貨を飾って収納できる!バックパネル付きデスク
サンワサプライ株式会社が運営している直販サイト『サンワダイレクト』では、小物類を整理整頓できるパネルが付いたワークデスク「100-DESKH067M」とロータイプの「100-DESKL015M」を発売した。本製品は、デスク作業道具やお気に入りの雑貨や小物を飾って収納できるパネル付きワークデスク。手が届く位置に収納スペースを作ることができ、机上を広く使うことができる。


人気の折りたたみデスク!新色ライトブラウンが追加
サンワサプライ株式会社が運営している直販サイト『サンワダイレクト』は、パッと広げることで作業台や学習机などデスクとして使用でき、折りたためば収納ワゴンとしても使える、万能折りたたみデスク「100-DESKN006LM」を発売した。本製品は、使いたい時だけパッと広げて使用できる折りたたみデスク。リビング学習、ちょっとした作業台、書斎デスク、据え置きデスクの拡張用に最適だ。​折りたためば、収納ワゴンとしても使用することができる。


味噌のコクと海鮮の旨みがチゲの辛さと相性抜群!やよい軒『チゲ定食/辛旨チゲ定食』『しょうが鍋定食/とろろしょうが鍋定食』
株式会社プレナスは、定食レストラン「やよい軒」を、2022年10月末現在365店舗展開しております。このたび「やよい軒」では、海鮮と味噌の旨味がギュッと詰まった『【から揚げ付】チゲ定食』930円と、より刺激を求めた辛さが後引く『【から揚げ付】辛旨チゲ定食』990円、おろし生姜を効かせて、身体の芯から温まる、優しい味わいの『【アジフライ付】しょうが鍋定食』930円、ふんわりとした国産とろろを合わせた『【アジフライ付】とろろしょうが鍋定食』1,050円を、2022年11月15日(火)より発売する。また、テイクアウト『おうち定食』や、それぞれ小鉢無しの定食を選べるなど、自分の楽しみ方で、“冬鍋”を楽しめる。


ITライフハック
ITライフハック Twitter
ITライフハック Facebook

ITビジネスに関連した記事を読む
ヤンセンファーマ、「治療と仕事の両立支援」のための新プロジェクトとは?
容器を中⼼とした2040年の未来予測に初めて挑戦!東洋製罐グループ、グループ初となる未来を描いた展⽰ブースを展開
ヘルシーライフ、サステナビリティ、イノベーションをテーマに実施するプログラム!「Vitality.Swiss」記者発表会
ネットワークとセキュリティのソリューションでビジネスを加速!ベライゾンジャパン、事業・ソリューション説明会を開催
世界で自由に活躍できる人を増やす!英語コーチングサービスを提供するプログリット、事業戦略説明会を開催



ゼロからつくるビジネスモデル
井上 達彦
東洋経済新報社
2019-11-29



日本初!見守りAIがGPSとボイスメッセージで子どもを見守る!ビーサイズ「BoTトーク」開発への想い

s20220211_0449

昨今の園児や児童の痛ましい事件に、多くの家族が胸を痛め、不安と⼼配を抱えられている状況にあります。警察庁の統計では、過去5年間において、年間1000⼈以上の9歳以下の⼦どもの⾏⽅不明が報告されているなど、リスクが潜在している状況にある⼀⽅で、昨今の共働き世帯の増加や地域コミュニティの希薄化などに伴い、⼦どもを⾒守る⼈の⽬は不⾜している。

そうした状況を踏まえ、ビーサイズ株式会社は、少しでも保護者が⼼安らぐことができ、⼦どもたちが前向きにすごせるために、AIとGPS、トーク機能を活⽤した⼦ども⾒守りGPSサービス「BoT」シリーズ(「GPS BoT」、「BoTトーク」)を開発、提供している。

子どもがいるご家庭では、AIで子どもたちの安全を見守る同社のサービスが気になる人もいるだろう。そこで今回は、同社 広報 高橋美智子氏に、「BoTトーク」の開発経緯、今後の展開まで話を聞いた。

■BoTトークとは?
BoTトークは、手のひらサイズの見守りデバイスだ。持ち歩くだけで、AIが位置情報から子どもの生活パターンを学習し見守る機能に加え、BoTトーク端末と保護者のスマートフォン間で音声メッセージの送受信をすることができる。

BoTトーク
BoTトーク本体


特徴は、下記のとおり。

1. 正確な位置情報取得とAI学習により見守る機能
・複数のGPS衛星に対応し、アシストGPSやWiFiクラウド測位などによって、正確にねばり強く位置情報を把握する
・子どもに動きがある限り、常時子どもの位置をサーバーで捉え続ける
・自宅や学校、習い事など登録した地点に到着・出発すると、自動で知らせる
・AIが子どもの行動を学習し、よく行く場所や、ふだんの行動範囲を学習し、異常があれば自動で知らせる

2. 音声メッセージの送受信を無制限で利用可能
・BoTトーク端末と専用アプリをインストールしたスマートフォンの間で音声メッセージの送受信ができる
(デバイス固有IDとアプリとの紐づけで承認されていない人とのやり取りはできないので安心)

3. 複雑な追加費用は一切なし、すぐに利用できる
・本体価格:4,800円(税込5,280円)月額:GPSプラン480円(税込528円) or GPS&トークプラン680円(税込748円)から選べ、音声メッセージ送受信無制限、複数人で見守っても追加費用は一切かからない
・初期契約事務手数料や解約料、契約年数の縛りなど、追加費用や付帯条件は一切必要ない。キャリアの縛りもなく、格安スマートフォンにも対応している

sub1
BoTトークのイメージ


■子どもを見守るプロダクトを実現したい
ビーサイズ株式会社 広報 高橋美智子氏は、神奈川県出身。大手米国半導体製造装置メーカーで役員秘書として勤務後、シリコンバレーにて2年間広報に従事。帰国後は株式会社イー・ウーマンで広報、クオンタムリープ株式会社で管理部門を経て、2013年Bsizeに入社。現在に至る。

編集部:会社概要と発足経緯について教えてください。
高橋氏:ビーサイズは、代表取締役の八木啓太が2011年に創業したハードウェアスタートアップ企業です。MAKERSムーブメントの日本における先駆けとして注目され、創業時、八木がたったひとりで、家電の開発、製造、販売していたメーカーであることから「ひとりメーカー」と評されました。「ひとりメーカー」は後に、NHKの連続テレビ小説「半分、青い。」でもモデルとなりました。

編集部:企業としてのミッションについて教えてください。
高橋氏:ギリシャ哲学に源流をもつ「真善美」という哲学があり、学問、道徳、芸術を人間の理想とする言葉です。ビーサイズの事業はこの「真善美」を理想としており、現代においてそれを、デザインとテクノロジーで社会に貢献していくことと再解釈し、創業理念としています。

編集部:BoTトークについて、開発の経緯を教えてください。
高橋氏:代表八木に子どもができたことがきっかけです。
八木が、我が子には元気に地域を駆け回って冒険してほしいと願っていた反面で、安心して子を送り出せる時代でもなくなりました。夫婦共働き世帯が7割ちかくとなり、地域社会の高齢化も進んだことで、地域の人々が子どもを見守ってくれることに期待するのも難しくなりました。
そういった状況において、それをIoTやAIで補えないか。昔であればご近所さんが見守ってくれたような、その子や家族のことを理解して見守ってくれる暖かな目をプロダクトとして実現できないかと考えたことが開発の着想になりました。

編集部:どのようなかたちで、BoTトークの開発を進めていきましたか?
高橋氏:着想を形とすべく、社内で膨大な試作機を作り、実際に社内のパパママが利用しながら、技術やアイデアを検証していきました。真に安心できるものを探求し、ときには開発に1年以上かけた技術も、我が子を託せるものには至らないとボツにした技術もあります。
2年の開発をへて、ようやく2017年にシリーズ最初の製品「GPS BoT」をリリースしました。
GPS BoTは同じような不安を抱えたパパママの間で大きな話題となり口コミを中心に急成長し、今では、日本でもっとも多くの子どもを見守るGPSにまで成長しました。
2022年には、位置情報の見守りに加え、親子とAIのボイスコミュニケーションを搭載した最新モデル「BoTトーク」を2022年3月に発売しました。

編集部:そのときのまわりの反応を教えてください。
高橋氏:はじめて一般の方に「GPS BoT」を使っていただいたときには「まるで誰かが我が子に付き添ってくれて、何かあるごとにお知らせをしてくれているようだ」と評してくださいました。AIが子どもに付き添い、見守ってくれるというコンセプトが体現され、これで上市するに値すると社として自信を持てた瞬間でした。

編集部:開発に際して、とくに苦労したことは何ですか? どのように解決しましたか?
高橋氏:私たちビーサイズは、この「BoTシリーズ」の使命として、すべての親子の安心安全に貢献することを目指しています。そのためには、本当に安心できるサービスだとしても、一部の人だけが得られる高級品ではなく、誰もが手に届く価格で実現し、安定提供することが必要です。
リーズナブルながら、高精度で安心できる。技術やプロダクト、UIUXも含めて、そのバランスを最適化することは困難を極め、幾度も試行錯誤を繰り返し、多くを淘汰してきたことは苦労したポイントですが、同時に、試行錯誤した私たちだからこそ初めて生み出せたものであり、その企画力、開発力、デザイン力を社会に示せたと自負しています。

編集部:BoTトークのウリは、何でしょうか? ライバルとの違いを教えてください。
高橋氏:違いを一言で言えば「安心が違う」ということです。

私たちビーサイズが2017年に「GPS BoT」をリリースして以降、多くの後発企業が「こどもGPS」業界に参入し、「GPS BoT」を模倣した白くて四角いGPSが多数上市されました。しかし、ただ単に見た目や価格、訴求を真似しても、真の安心感は真似できません。こどもGPSにおける直近2年間の調査で「BoTシリーズ」は顧客満足度No.1、ユーザー数No.1となっていることからも、子どもを見守るものとしてのNo.1の「本当の安心感」であることを市場評価は表しています。

ウリは、高精度なGPSや足取り、安心のAI機能などたくさんありますが、強いて一つ上げるとすれば、商品名にもある「トーク(ボイスメッセージ)」を無制限に親子で送りあえる点を挙げたいと思います。日常のコミュニケーションはもちろん、何かトラブルに巻き込まれたとしても、親から子へ、子から親へ「トーク」を送りあえるので確実に意思疎通が可能で、トラブルも速やかに解決できます。
料金もどれだけ「トーク」を送り合っても追加料金はありません。料金を気にしてコミュニケーションを控えることなく、親子で自由に「トーク」してほしいと思います。

押しボタンだけがついた製品もありますが、単に「ボタンを押しました」だけでは、子がなぜボタンを押したのかがわかりません。イタズラなのか、誤操作なのか、本当に危機なのか、親からすると判断に窮し、かえって不安になります。適切なコミュニケーションは、意図が解釈できなければなりませんので私たちは「トーク」で親子の意志を送りあえる「BoTトーク」を開発しました。

編集部:BoTトークの利用者の反応を教えてください
高橋氏:「GPSはもちろん、トークできることの安心感は非常に大きい」と、SNSや口コミを始め、多くの方の評価をいただきます。特に昨今は、子どもの痛ましい事件や事故が発生しており、行政や運営側の改善を期待することももちろんですが、親子が自分たちで自衛できるライフラインも求められております。「BoTトーク」はその役割を果たせおり、「BoTトーク」があることでの安心感を高く評価頂いております。

編集部:BoTトークの今後の展開について教えてください
高橋氏:BoTシリーズは、日本で最も多くの子どもを見守るGPSに成長することができました。今後は、高齢者の方や、世界の子どもたちにも、対象を広げていきたいと考えています。


ビーサイズ株式会社は、少子高齢化課題先進国であり、ものづくりとおもてなしの国である日本のメーカーとして、BoTシリーズを磨き上げ、世界でもっとも多くの方を見守るサービスに成長させていきたいと考えている。
子どもの安全が気になるご家庭には、同社のBoTトークが強い味方となってくれるだろう。

キッズみまもり「BoTトーク」

ITライフハック
ITライフハック Twitter
ITライフハック Facebook

ITビジネスに関連した記事を読む
ヤンセンファーマ、「治療と仕事の両立支援」のための新プロジェクトとは?
容器を中⼼とした2040年の未来予測に初めて挑戦!東洋製罐グループ、グループ初となる未来を描いた展⽰ブースを展開
ヘルシーライフ、サステナビリティ、イノベーションをテーマに実施するプログラム!「Vitality.Swiss」記者発表会
ネットワークとセキュリティのソリューションでビジネスを加速!ベライゾンジャパン、事業・ソリューション説明会を開催
世界で自由に活躍できる人を増やす!英語コーチングサービスを提供するプログリット、事業戦略説明会を開催



Apple AirTag
Apple(アップル)
2021-04-30



個人の力を組織に。企業が組織としてのつながりを生み出す!人材育成・組織開発の新コーチングサービス『THE COACH for Business』発表会

IMG_8058

「コーチングマインドを社会に広げる」をミッションにTHE COACH Academy等を展開する株式会社THE COACHは2022年11月1日(火)、ベルサール飯田橋駅前にて、企業向けコーチングサービス『THE COACH for Business』の発表会を実施した。

発表会では、 変化にあふれ、複雑性が高まっているVUCA時代において、キャリアの流動性の高まりやウェルビーイングの考え方の広まりにより、海外でも注目を集める「コーチング」概要や成り立ちについて説明し、その後今回の新サービスである『THE COACH for Business』を説明した。

また、トークセッションとして本サービスを事前導入している株式会社ペイミー 代表取締役 卜部宏樹氏、株式会社メトセラ 代表 野上健一氏を招いて、THE COACHとの関わりやコーチングへの期待についての話があった。

■気づきと行動が生まれるプロセス
発表会は、株式会社THE COACH共同代表 松浦 瞳氏の挨拶から始まった。その後、個人の力を組織の力へ変えていく、同社の事業の軸となる「コーチング」についての説明があった。

THE COACH共同代表 松浦は、「コーチングは1990年代に日本に入ってきており、約30年間を経て大きく変化してきました。この時代をコーチング1.0、2.0、3.0の時代と定義し、ご説明をしていきます。コーチング1.0は、『エグゼクティブのためのコーチング』、コーチング2.0は、『”ヤフー1on1”などに代表されるピープルマネジメントのためのコーチング』。コーチング3.0は、『自分らしいリーダーシップを活かしたい全ての人のためのコーチング』へと変遷してきました。不確実性が高く、流動性の高い現在、自分はどうありたいか?どんな生き方をしたいか?自ら考え、動くアプローチとして、非常に注目されています。」と語った。

次にTHE COACH共同代表 松浦氏は、「コーチングとは、コーチとクライアントの間で気づきと行動が生まれるプロセスである」と話す。「日常の中で立ち止まり、気づきと行動を得ていくプロセスを通じて自分らしいリーダーシップを築いていくアクションです。そういった内省のプロセスを経て、固定概念から解放され、自分らしいリーダシップを形成できるのです。」と、コーチングの概念について語った。

sub6
株式会社THE COACH 共同代表 松浦 瞳氏


コーチングやコーチングの学びを通じて、"ありたい未来" に対して意欲があふれる一方で、なかなかそれらが会社・組織ではその想いを聴いてもらえない。そんなユーザーからの声を受けて、コーチングを通じて個人のリーダーシップや原動力を引き出しつつ、チームとしてつながりを生み出していくー自律共創型組織への移行をしているのが、THE COACHが本日正式にリリースした『THE COACH for Business』だ。

sub1


THE COACH共同代表 松浦氏は、「VUCAの時代と呼ばれ、一人のリーダーが正解を示しづらい時代、共創していくリーダシップとチーム作りが必要になってきます。時代の転換期だからこそ生まれる課題に、コーチングを中心とした人材育成・組織開発のサービスを通じて向き合います。THE COACHが提案する新しいサービス『THE COACH for Business』がそれらの課題を解決する糸口になれば幸いです。」と語った。

THE COACH 代表取締役 共同代表 松浦瞳氏が語る!「THE COACH for Business」への想い

YouTube:https://youtu.be/xQGYjLcFSwc

■企業の課題を解決できる『THE COACH for Business』
プレゼン後、THE COACH共同代表 岡田裕介氏に加え、株式会社ペイミー代表取締役 卜部宏樹氏、株式会社メトセラ代表 野上健一氏を迎え、トークセッションを実施した。

sub2
『THE COACH for Business』を導入している企業の代表お二人を迎えたトークセッション


THE COACH共同代表 岡田氏は、『THE COACH for Business』や、プロレベルを目指せるオンラインコーチングスクール『THE COACH Academy』で、主にコーチングのカリキュラムなどを監修している。また、専門家とパートナシップを組みながらコーチングの研究や開発をおこなっている。

IMG_0076
株式会社THE COACH 共同代表 岡田裕介氏


ペイミーでは、代表交代後の組織においての「既存メンバーと新規メンバーの融合」と、「パーパスの創造」のニーズがあった。2つの課題解決の両立を目指して現在も走っているプロジェクトを振り返り、ペイミー代表の卜部氏は「課題の改善に向けても実感はあるが、「仕事に感情を持ち込むな」という無意識的な前提が世の中一般論としてあると思うのですが、THE COACHと併走していくと、「感情」を出すことによって、一人一人の原動力が発揮され、改めて会議で自分はこう思ってた!と話す人も増えてきて、一人一人のメンバーの想いが引き出されている」と会社がポジティブな方向に向かっていることを示した。最後に「感情を伴った対話の中からさらなる企業価値を生み出すことができると思った。」とまとめた。

IMG_0086
株式会社ペイミー代表取締役 卜部宏樹氏


続いて医療系スタートアップであるメトセラの事例に話が及ぶと、「ビジネス領域のチーム」と「サイエンス領域のチーム」の融合を目指していく中で、「一般論に頼らない独自の組織のあり方を見つけたい、その中からもリーダシップも引き出したい課題がありましたが、徐々に様々な意見と共有できる環境になってきた。今回のTHE COACHのセッションは確実に財産になっています。」と、メトセラ代表 野上氏が語った。

IMG_0085
株式会社メトセラ代表 野上健一氏


「きっとこれから一般論というのが当てはまる会社は少なくなってくるのではないかと思います。」とTHE COACH共同代表 松浦氏がまとめた。

THE COACHは「コーチングマインドを社会に広げる」をミッションに、多様性が祝福される社会を目指して事業を展開している。企業向けコーチング・組織開発サービス『THE COACH for Business』は、スタッフ1人1人の力を引き出し、組織としてのつながりを生み出せる。組織の力を今よりも強化したい企業は、同社のサービスをチェックしてみよう。

THE COACH for Business

ITライフハック
ITライフハック Twitter
ITライフハック Facebook

ITビジネスに関連した記事を読む
ヤンセンファーマ、「治療と仕事の両立支援」のための新プロジェクトとは?
容器を中⼼とした2040年の未来予測に初めて挑戦!東洋製罐グループ、グループ初となる未来を描いた展⽰ブースを展開
ヘルシーライフ、サステナビリティ、イノベーションをテーマに実施するプログラム!「Vitality.Swiss」記者発表会
ネットワークとセキュリティのソリューションでビジネスを加速!ベライゾンジャパン、事業・ソリューション説明会を開催
世界で自由に活躍できる人を増やす!英語コーチングサービスを提供するプログリット、事業戦略説明会を開催



ゼロからつくるビジネスモデル
井上 達彦
東洋経済新報社
2019-11-29



トレノケートホールディングス代表取締役社長 杉島泰斗氏に聞く!デジタル返金キャンペーンシステム「返金デジ」【まとめ記事】

5D3_2665

昨今、DX推進の意識の高まりに連動してリスキリングやデジタル化への関心が強くなっているが、これらの動きをより強めることができれば、おのずと競争力の改善にもつながるというのだ。そこで今回は、デジタル人材育成に詳しい杉島社長に、リスキリングの重要性や同社の取り組みについて聞いた。

株式会社ワイズインテグレーション は、これまで手書きや手入力といったアナログな手法が一般的だった「返金キャンペーン(キャッシュバックキャンペーン)」をデジタル化し、キャンペーンを利用する生活者側もキャンペーンを実施する事業主側も両方の手間とコストを軽減するデジタル返金キャンペーンシステム「返金デジ」を開発し、2022年9月にローンチした。

標準とNanoSaverの2種のセキュリティスロットに対応!セキュリティワイヤー
サンワサプライ株式会社は、標準とNanoSaverの2種のセキュリティスロットに対応するセキュリティワイヤーでシリンダ錠タイプの「SL-91」とダイヤル錠タイプの「SL-92」を発売した。「SL-91」はシリンダ錠タイプ、「SL-92」はダイヤル錠タイプのセキュリティワイヤー。3×7mmの標準ロック、2.5×6mmのナノロック2種類のセキュリティスロットに対応している。シリンダ部、先端部分は回転でき、ワイヤーに負荷がかかることなく使用できる。ワイヤー表面にはビニールコーティングが施されているので、取り付けの際に機器にキズが付くのを防ぐ。


音と光で空間を演出するスポットライト型アルミスピーカー!『albos Light & Speaker』
キヤノンマーケティングジャパン株式会社は、キヤノン電子株式会社(代表取締役社長:橋元健、以下キヤノン電子)製のスポットライト型アルミスピーカー『albos Light & Speaker』(アルボス ライト アンド スピーカー)を2022年12月中旬に発売する。また、発売に先駆けて『albos Light & Speaker』を先行体験できる専門店 “albos ROOM”を、東京・銀座にて2022年11月18日(金)~21日(月)の期間限定でオープンする。


HDMI・LAN・USB×3搭載モデルも!給電しながら使えるType-Cアダプター
ラトックシステム株式会社は、USB Type-Cケーブル1本で様々な機器に接続できるアダプター2製品を11月下旬より販売する。本製品は、USB Type-Cポート搭載の対応機器に接続し、給電しながら有線LANを使用することができるデバイス。ワイヤレスネットワークでは重くなりがちな「動画視聴」「対戦ゲーム」「webミーティング」などで安定した通信環境を確保することができる。PD3.0対応ポートが搭載されているため、最大100Wで給電しながら使用することも可能だ。


日本を応援、思わず笑顔!「かつや」「からやま」「からあげ縁」にテイクアウト専用の新メニュー
アークランドサービスホールディングス株式会社の⼦会社、株式会社かつや及びエバーアクション株式会社は、国内「かつや」、「からやま」及び「からあげ縁」にて、食卓に並べれば思わずクスッと笑顔がこぼれるテイクアウト専用の新メニューの販売を2022年11月11日(金)より開始した。


なぜ、今、リスキリングが必要なのか? 25年の歴史を持つデジタル人材育成会社、トレノケートホールディングス代表取締役社長 杉島泰斗氏に聞く
昨今、DX推進の意識の高まりに連動してリスキリングやデジタル化への関心が強くなっているが、これらの動きをより強めることができれば、おのずと競争力の改善にもつながるというのだ。そこで今回は、デジタル人材育成に詳しい杉島社長に、リスキリングの重要性や同社の取り組みについて聞いた。


アナログが一般的な返金キャンペーンをDX化!デジタル返金キャンペーンシステム「返金デジ」
株式会社ワイズインテグレーション は、これまで手書きや手入力といったアナログな手法が一般的だった「返金キャンペーン(キャッシュバックキャンペーン)」をデジタル化し、キャンペーンを利用する生活者側もキャンペーンを実施する事業主側も両方の手間とコストを軽減するデジタル返金キャンペーンシステム「返金デジ」を開発し、2022年9月にローンチした。


ITライフハック
ITライフハック Twitter
ITライフハック Facebook

ITビジネスに関連した記事を読む
AIの力で、人の可能性を広げる!株式会社pluszero 株式上場発表会
ヤンセンファーマ、「治療と仕事の両立支援」のための新プロジェクトとは?
容器を中⼼とした2040年の未来予測に初めて挑戦!東洋製罐グループ、グループ初となる未来を描いた展⽰ブースを展開
ヘルシーライフ、サステナビリティ、イノベーションをテーマに実施するプログラム!「Vitality.Swiss」記者発表会
ネットワークとセキュリティのソリューションでビジネスを加速!ベライゾンジャパン、事業・ソリューション説明会を開催



人材育成の悩みをゼロにする 人材育成マネジメントの教科書
竹下 友浩
ごきげんビジネス出版 ブランディング
2022-07-12



株式会社pluszero 株式上場発表会!「SmartGo Staple」を企業が導入する理由【まとめ記事】

1028_2022_pluszero_030

株式会社pluszeroは2022年10月28日(金)、東京証券取引所グロース市場に新規株式上場した。それに伴い、都内で株式上場発表会を開催した。当日は、同社 代表取締役 会長/CEO小代義行氏、代表取締役社長/COO 博士(科学) 森遼太氏、取締役副社長 博士(情報理工学) 永田基樹氏の3名が登壇し、同社の事業について説明があった。また、同社が業界をリードする第4世代AIを実現するための具体的な技術の解説および、その技術を活用したサービスである「仮想人材派遣」の今後の展開予定に関しても説明があった。

コロナウイルス感染症の影響により、リモートワークを実施する企業が増えている。リモートワークは時間の有効活用、通勤電車によるストレス緩和といったメリットがある反面、経費精算や ミーティングスペースの手配など、従業員が普段やらない作業を発生させている。ここで紹介する「SmartGo Staple」は、従業員による経費精算業務の負担を軽減するサービスだ。

ダイナミックかつ繊細に操作できる!人差し指・中指操作タイプのトラックボール3種類
サンワサプライ株式会社は、ダイナミックかつ繊細に操作できる人差し指・中指操作タイプのトラックボールで有線接続の「MA-TB181BK」、2.4GHzワイヤレス接続の「MA-WTB182BK」、Bluetooth接続の「MA-BTTB183BK」を発売した。


インテリアに馴染む!ACもUSBもまとめて接続可能な木目調の電源タップ
サンワサプライ株式会社が運営している直販サイト『サンワダイレクト』は、節電対策が可能な個別/一括集中スイッチとUSB充電2ポートを搭載し、雷ガードを内蔵した木目柄の電源タップ「700-TAP065-2DBRM(ダークブラウン木目)」、「700-TAP065-2LM(ライトブラウン木目)」を発売した。本製品は、木目調柄で6個口とUSBポートが2つ付いた電源タップ。差込口は押しやすく差しやすい角度で、節電対策ができる個別スイッチ&一括集中スイッチが付いている。


AIの力で、人の可能性を広げる!株式会社pluszero 株式上場発表会
株式会社pluszeroは2022年10月28日(金)、東京証券取引所グロース市場に新規株式上場した。それに伴い、都内で株式上場発表会を開催した。当日は、同社 代表取締役 会長/CEO小代義行氏、代表取締役社長/COO 博士(科学) 森遼太氏、取締役副社長 博士(情報理工学) 永田基樹氏の3名が登壇し、同社の事業について説明があった。また、同社が業界をリードする第4世代AIを実現するための具体的な技術の解説および、その技術を活用したサービスである「仮想人材派遣」の今後の展開予定に関しても説明があった。


経費精算業務の負担を軽減!「SmartGo Staple」を企業が導入する理由
コロナウイルス感染症の影響により、リモートワークを実施する企業が増えている。リモートワークは時間の有効活用、通勤電車によるストレス緩和といったメリットがある反面、経費精算や ミーティングスペースの手配など、従業員が普段やらない作業を発生させている。ここで紹介する「SmartGo Staple」は、従業員による経費精算業務の負担を軽減するサービスだ。


風味豊かな旬の栗が大集合!「ファミマで栗集めちゃいました!」開催
株式会社ファミリーマートは、昨年から取り組んでいる5つのキーワードの1つである「もっと美味しく」の一環として、秋の旬な食材である栗を使用したドリンク・アイス・スイーツ・焼き菓子などのオリジナル商品全11種類を発売する「ファミマで栗集めちゃいました!」を開催する。2022年11月1日(火)から11月14日(月)までの期間限定で、全国のファミリーマート約16,600店での開催となる。※商品によって発売日が異なる。


ITライフハック
ITライフハック Twitter
ITライフハック Facebook

ITビジネスに関連した記事を読む
ヤンセンファーマ、「治療と仕事の両立支援」のための新プロジェクトとは?
容器を中⼼とした2040年の未来予測に初めて挑戦!東洋製罐グループ、グループ初となる未来を描いた展⽰ブースを展開
ヘルシーライフ、サステナビリティ、イノベーションをテーマに実施するプログラム!「Vitality.Swiss」記者発表会
ネットワークとセキュリティのソリューションでビジネスを加速!ベライゾンジャパン、事業・ソリューション説明会を開催
世界で自由に活躍できる人を増やす!英語コーチングサービスを提供するプログリット、事業戦略説明会を開催



図解まるわかり AIのしくみ
三津村 直貴
翔泳社
2022-03-25


AI白書 2022 (単行本)
角川アスキー総合研究所
2022-04-28

アナログが一般的な返金キャンペーンをDX化!デジタル返金キャンペーンシステム「返金デジ」

sキャッシュバック

株式会社ワイズインテグレーション は、これまで手書きや手入力といったアナログな手法が一般的だった「返金キャンペーン(キャッシュバックキャンペーン)」をデジタル化し、キャンペーンを利用する生活者側もキャンペーンを実施する事業主側も両方の手間とコストを軽減するデジタル返金キャンペーンシステム「返金デジ」を開発し、2022年9月にローンチした。

■「返金デジ」の仕組み
返金キャンペーンは、生活者が商品を購入・使用後に購入金額の一部または全額を返金する施策で、文房具などの日用品から家電のような高額商品まで多くの商材におけるプロモーションで活用されている。

生活者が商品を購入するハードルが低くなるほか、自社商品に自信があることのアピールにもなり信頼感の醸成にも繋がる。同時に、応募の際にアンケートを取ることで、事業主(主にメーカー)側は生活者から商品の認知・購入経路や購入に至った動機、利用シーンといった情報や、商品改善のためのフィードバックを直接受けることができる。

従来の返金キャンペーンでは、生活者側は紙の応募用紙を記入し、商品とともに発送、事業主側はその情報を元に普通為替を発行し郵送、生活者側は為替を郵便局窓口で換金するなど、ほぼすべての工程が手書きや手入力といったアナログな手法で行われていた。

「返金デジ」では、返金キャンペーンにおける応募用紙記入、情報の手入力作業、普通為替発行・郵送・換金といったアナログな手法をデジタル化することで、返金キャンペーンにかかる生活者側および事業主側の負担と手間を軽減する。さらに、事業主側は普通為替を発行し郵送する費用や手入力にかかる人件費を圧縮できるというメリットもある。

同社では、数多くの返金キャンペーンの事務局を担当する中で、業務効率化を図るためシステムによるデジタル化を検討してきた。また昨今、長引く新型コロナウイルス感染症の影響などを背景に、生活者の購買チャネルのオムニ化が加速している。ECでの購入は便利な一方、店頭で商品実物を見たりトライアルしたりすることが難しくなる。

main


返金キャンペーンは、商品は欲しいけど失敗はしたくないという生活者のインサイトに応えるもので、今後も伸長が見込まれるキャンペーンの仕組みだと考えられる。そこで同社は、これまでアナログな手法が一般的だったキャンペーンシステムのDX化を推進することで、より多くの生活者と事業主の購入接点を生みだしていく構えだ。

■「返金デジ」利用のメリットや、サービス利用の流れ
〇「返金デジ」利用のメリット
【生活者側】
・購入やキャンペーン応募のハードルが下がる
・ PCやスマートフォンでキャンペーン応募ができるため、申し込み用紙を店頭で入手したり、ダウンロードしたりする手間が省け、手書きの必要もなくなる
・ 返金は銀行口座に入金されるので、従来の届いた普通為替を郵便局で返金する手間がなくなる

【事業主側】
・従来のシステムであった手作業や手入力の手間やヒューマンエラーを削減できる
・購買者のデータや、商品に関するフィードバックを収集でき、簡易にデータベース化できる
・普通為替の発行費用や郵送料などのコストを圧縮できる

sub1


〇サービス利用の流れ

sub2


「返金デジ」を利用すれば、キャンペーンを利用する生活者側もキャンペーンを実施する事業主側も、両方の手間とコストを軽減できる。返金キャンペーンを実施する予定がある企業は、手書きや手入力の必要がないデジタル返金キャンペーンシステム「返金デジ」の導入を検討してみては如何だろうか。

デジタル返金キャンペーンシステム「返金デジ」

ITライフハック
ITライフハック Twitter
ITライフハック Facebook

ITビジネスに関連した記事を読む
AIの力で、人の可能性を広げる!株式会社pluszero 株式上場発表会
ヤンセンファーマ、「治療と仕事の両立支援」のための新プロジェクトとは?
容器を中⼼とした2040年の未来予測に初めて挑戦!東洋製罐グループ、グループ初となる未来を描いた展⽰ブースを展開
ヘルシーライフ、サステナビリティ、イノベーションをテーマに実施するプログラム!「Vitality.Swiss」記者発表会
ネットワークとセキュリティのソリューションでビジネスを加速!ベライゾンジャパン、事業・ソリューション説明会を開催



人材育成の悩みをゼロにする 人材育成マネジメントの教科書
竹下 友浩
ごきげんビジネス出版 ブランディング
2022-07-12



なぜ、今、リスキリングが必要なのか? 25年の歴史を持つデジタル人材育成会社、トレノケートホールディングス代表取締役社長 杉島泰斗氏に聞く

5D3_2665

スイスの国際経営開発研究所(IMD)は2022年9月28日、「世界デジタル競争力ランキング2022」を発表した。総合ランキング上位の5カ国は、デンマーク、米国、スウェーデン、シンガポール、スイスであり、日本は前年から1つ順位を下げた過去最低の29位だった。

韓国が8位、台湾が11位、中国が17位など、東アジアの国・地域で比べても、日本の29位はかなり低い順位だ。日本は4年連続で順位を落としており、中でも「デジタル・技術スキル」や「ビッグデータやデータ分析の活用」といったDXに欠かせない分野における順位が特に低い評価となった。

なぜ、日本は、ここまでデジタル競争力が低いのか?

「世界デジタル競争力ランキング2022」の発表に先立ち、「日本のデジタル競争力に関する調査」を実施したトレノケートホールディングス株式会社の代表取締役社長 杉島泰斗氏よれば、競争力の高いグループとそうでないグループとでは、スキルアップやIT投資に関する取り組みで大きな差が見られるとのこと。

昨今、DX推進の意識の高まりに連動してリスキリングやデジタル化への関心が強くなっているが、これらの動きをより強めることができれば、おのずと競争力の改善にもつながるというのだ。そこで今回は、デジタル人材育成に詳しい杉島社長に、リスキリングの重要性や同社の取り組みについて聞いた。

■リスキングが必要な理由、ビジネスパーソンが身につけるべきスキルとは?
トレノケートホールディングス株式会社 代表取締役社長 杉島泰斗氏は、熊本県出身。東京工業大学を卒業後、SCSデロイトテクノロジーでITコンサルタント、不動産ポータルサイトLIFULL HOMESでWEBエンジニア、マーケティングに従事。株式会社クリスクで代表取締役を10年務め、日本と東南アジア4か国で事業を展開し、2021年より現職に至る。

編集部:なぜ、今、リスキリングが必要なのでしょうか?
杉島社長:一言で言えば、「デジタルトランスフォーメーション(DX)を実現していくため」となります。クラウドなど、先進的なITインフラが整うことで、今まで専門職の人しか出来なかったことが多くの人に手が届く領域まで近付いてきました。代表的なものがデータ分析やAIの活用です。それらを自分や会社のビジネスに上手く活かしていくためには、これまでとは異なる知識やスキルが必要となります。そのため、リスキリングや学び直しが今求められているわけです。

編集部:リスキリングで、ビジネスパーソンが身につけるべきスキルは何でしょうか?
杉島社長:まず全員が必要なのはITリテラシーやDXの考え方など、ベースとなる基礎知識です。ここで言うITリテラシーは単にWordやExcelが出来るということではなくて、今世の中にどのようなIT技術があって、それは何に使えるのか、概要を把握するということです。
そこから先は、今のご自身の業務や、何がしたいかによって異なります。身近な業務改善のためであれば、定型のフォーマットを使うことが多い管理や事務系の方がRPAやPythonを学んで自動化に取り組んだり、営業の方がノーコードやローコードを活用して自分用のタスク管理ツールを作ったりなども出来ると思います。

編集部:世の中的には、どのようなリスキリングスキルが求められていますか?
杉島社長:上記でも触れたITリテラシーの向上は、トレノケートに寄せられる人材育成のご相談の中でもかなり増えているので、そこが求められているのはまず間違いありません。特に、IT部門ではない社員の方を育成したいというお声が多いですね。

また、先日弊社で行った「日本のデジタル競争力に関する調査」の中で今後身に付けたいスキルについても質問したのですが、既にデジタル技術に対応している企業ではプロジェクトマネジメントやリーダーシップなどのチームを牽引するスキル、これからデジタル技術に対応していく企業では現場のDX化に役立つようなIT企画やデータ分析、ローコードなどのスキルへの関心が高いようでした。

社長02
リスキングについて語る 杉島社長



■IT人材の育成に強み!日程や提供コース・分野も豊富
編集部:御社のサービスについて、ライバルとの違いを教えてください
杉島社長:大きくは、3点あります。
1つ目は、IT人材の育成に強みがあることです。DXが盛り上がってきた影響で、IT分野の研修を提供しはじめている企業が増えましたが、基礎的なコンテンツ提供に留まるところが多い印象です。確かに最初の入り口としてはITリテラシーだけでもいいのですが、より深く学びたい、業務に活かしたいとなった場合はそれだけでは不足です。我々はIT人材育成を専門に提供してきたので、ITの各専門分野とビジネススキルを合わせた、その先までの育成支援が可能です。

次に、日程や提供コース・分野が豊富なことです。特に日程については、開催頻度が少ないと予定と合わずに受講できないということが起こりますので、目立たないですが受講者の皆様に高評価をいただいている点です。他社より多く開催できる理由は、社員の半数以上が講師として在籍していることと、独立系の企業であるためです。同じIT研修を提供している他社は大手のIT企業の関連会社であることが多く、講師や会場などをグループ企業の研修でも共有しているケースがあります。対して弊社は、全ての講師・会場をお客様だけのために割り当てることが可能です。

最後に、弊社は日本だけでなく、米国、オーストリアまたアジアの各国を含め15か国でサービスを提供しています。グループとしてのカバーエリアとしてはアジアでNo.1だと自負しています。AWSやCisco、Google、Microsoftなど、グローバルなITプレイヤーから世界的な賞を多く頂いており、最先端のITトレンドを意識した研修ラインナップをご提供しています。変化の速いIT業界において、世界的なITプレイヤーの近くにいるというのは大きな強みだと考えています。

編集部:講師陣について、教えてください
杉島社長:IT分野とビジネス分野から1名ずつご紹介します。

ITスキル担当 山下光洋氏:
AWS(Amazon Web Services)の認定トレーナーです。AWSはここ数年で非常に人材育成のニーズが高まっている分野の1つで、弊社も提供するコースラインアップや対応できる講師の人数を年々拡大しています。その中でも山下は、取得しているAWSの認定資格の数も多く、また非常に積極的に社内外で情報発信を行っています。コース実施の量と質も圧倒的で、AWS 認定インストラクターアワードを3年連続で受賞し、殿堂入りとなったほどです。

ビジネススキル担当 田中淳子氏:
研修を実施するだけではなく、人材開発やキャリア開発の分野にも詳しいです。国家資格のキャリアコンサルタントの資格も持っていて、お客様の人事担当のみなさまからも厚い信頼をいただいています。最近は、音声メディアのVoicyでアカウントを開設し、人材育成などに関連した番組を放送しています。

その他の講師も、みな「人の成長」が好きな人間ばかりで、どう人材育成をするのが良いのか?クライアント様へ貢献できるのか?というのを追求してくれています。その姿勢が普段のコース実施にも反映されていて、受講者の方から「常に質疑がないかの確認や演習へのマメなサポートがあり、分かりやすい」「質問へのレスポンスのよい回答、知識に裏付けされた回答など、非常に信頼できる」などの声を多数いただいています。

受付_新宿_TRAINOCATE_20171020-1
トレノケートホールディングス株式会社の事務所


■IT初心者~上級者に至るまで、幅広くサービスを提供
編集部:御社のサービスを提供した、企業の事例を教えていただけますか?
杉島社長:リスキリングやDXに関連した事例ですと、直近では流通業の企業にて、現場の販売員をIT・デジタル人材として育成した事例や、製造業の企業でのキャリア転換の支援を行った事例があります。

前者はITシステム開発の基礎やIT企画に加え、クリティカルシンキングや交渉スキルなどITとビジネススキルの両面を組み合わせました。
後者は主にキャリア開発の研修実施に加え、キャリアカウンセラーが研修の前後も伴走したことで、社員の方が長期的なキャリアを描くことができ、モチベーションを維持して新しい活躍の場に移ることができているとのことです。

また、海外ではアジアのデカコーン企業のIT人材に対して、AI、ビッグデータなど最先端のITスキル研修を行っていたり、アメリカでは退役軍人に向けてITトレーニングを行ってグローバル大手IT企業への就職を支援したりなど、IT初心者~上級者に至るまで幅広くご提供しています。

編集部:御社の展望や目標について教えてください
杉島社長:「IT人材育成で世界を変える」というビジョンを持って活動しています。「世界」という言葉を使っているとおり、世界中の方へ人材育成を届けたいと考えていますので、今は15か国の展開ですが、これを更に広げていく予定です。

またその過程で世界一のITトレーニング企業になることも目標として持っています。今はアメリカにある企業が世界一ですが、これを5年くらいで抜きたいと考えていますし、そのプランも持っています。

その一方で「IT人材育成を主導し、喜びと感動を世界中の人へ」というミッションも掲げています。この「喜びと感動」が更に届けられるよう、サービスラインナップ、品質の強化にも取り組んでいきたいと思っています。

編集部:最後に読者へのメッセージをお願いします
杉島社長:ITライフハックの読者さんは、ITをうまく使いこなしている方が多い印象を持っています。デジタル競争力の世界ランキングで日本が29位と低迷している今、皆さんのようなITをうまく使いこなしている方に、周りの方含め日本を引っ張り、更なる高みを目指していただきたいです。そして、我々がその支援をできると嬉しく思います。「世界と戦える日本へ」再び返り咲けるよう、日本中で一丸となって取り組んでいければと思っています。

社長01
企業の事例について語る、トレノケートホールディングス株式会社 代表取締役社長 杉島泰斗氏


今回の取材を通して、日本はデジタル競争力が弱いものの、今からIT人材を育成すれば、世界と戦える日本へと再び返り咲くのもそう遠い未来の話ではないことがわかった。DX化の推進にともない社員のデジタルスキルを伸ばしたいと考えている企業は、25年の歴史を持つデジタル人材育成会社であるトレノケートホールディングス株式会社に一度、相談してみるとよいだろう。

トレノケートホールディングス株式会社

ITライフハック
ITライフハック Twitter
ITライフハック Facebook

ITビジネスに関連した記事を読む
AIの力で、人の可能性を広げる!株式会社pluszero 株式上場発表会
ヤンセンファーマ、「治療と仕事の両立支援」のための新プロジェクトとは?
容器を中⼼とした2040年の未来予測に初めて挑戦!東洋製罐グループ、グループ初となる未来を描いた展⽰ブースを展開
ヘルシーライフ、サステナビリティ、イノベーションをテーマに実施するプログラム!「Vitality.Swiss」記者発表会
ネットワークとセキュリティのソリューションでビジネスを加速!ベライゾンジャパン、事業・ソリューション説明会を開催



人材育成の悩みをゼロにする 人材育成マネジメントの教科書
竹下 友浩
ごきげんビジネス出版 ブランディング
2022-07-12



経費精算業務の負担を軽減!「SmartGo Staple」を企業が導入する理由

top

コロナウイルス感染症の影響により、リモートワークを実施する企業が増えている。
リモートワークは時間の有効活用、通勤電車によるストレス緩和といったメリットがある反面、経費精算や ミーティングスペースの手配など、従業員が普段やらない作業を発生させている。
ここで紹介する「SmartGo Staple」は、従業員による経費精算業務の負担を軽減するサービスだ。

■「SmartGo Staple」とは?
「SmartGo Staple」はNTTコミュニケーションズ (以下、 NTT Com)が提供する、備品調達等に関する経費精算業務の負担を軽減できるサービスだ。交通費申請・精算にかかる作業に加えて、備品購入などの調達業務をデジタル化して、従業員による経費精算業務の負担を軽減する。
料金は月額1,100円 /ID、初期費用 0円と、従業員が少ない企業でも導入がしやすい。

特徴は、下記のとおり。

〇交通費精算に伴う負担の減少
社用「モバイル Suica」 とシステムを連携させることで、 改札を通過 しただけで 自動的に交通費の申請が完了する。
従業員は交通費の立替、領収書原本管理、経費申請が不要。管理職は承認作業の大部分を自動化することができる。
経理担当者は、経路チェックの大部分を自動化、領収書原本管理、経費振込手続きが不要だ。

〇備品の購入など調達業務に伴う負担の減少
クレジット対応店舗、通販サイトで使用可能な法人プリペイドカードを従業員に支給。購入後は領収書の写真を撮ってア
プリで送信することで経費申請が完了する。
従業員は経費の立替、領収書原本管理、経費申請が不要。管理職は承認作業の大部分を自動化できる。
経理担当者は購入内容チェックの大部分を自動化、領収書原本管理、経費振込手続きが不要だ。

「SmartGo Staple」は、従業員・管理職・経理担当者の3者にとって、大きなメリットがある。

main


■経理担当者の業務を激減
「SmartGo Staple」を導入した企業の一例として、ここでは安田不動産を取り上げる。
安田不動産は、不動産開発業務や土地やビルの賃貸業務、不動産の仲介業務やコンサルティング業務などを行う総合不動産会社だ。同社経理部では、150名ほどいるスタッフの経理業務を行っている。

「SmartGo Staple」の導入を推進した経理部長 矢澤氏によれば、昨年12月に30アカウントからのトライアルを開始。2023年度の全社導入を目指し段階的に導入を進めている。

矢澤氏は数ある交通費精算システムの中から「SmartGo Staple」を選択した理由について、「導入の決め手は、モバイルSuicaのデータを活用できるという合理性でした。」と語った。

不動産開発を生業とする同社は、土地オーナーやクライアント等日常的に各所に赴く業務が多く、交通費の精算の煩雑さは何年も前から課題になっていた。従来の方式は、月に1度エクセルで行き先や金額の記載されたシートを作り提出するというものだった。

シートの作成に手間と時間がかかるため、若手社員から改善の要望が多く上がっていた。
交通費システムの導入は他部署でも検討されていたが、そのときに問題となったのが、「経理関連の知識や感覚がないと、処理が難しい」ということだった。

矢澤部長は、「他社では、モバイルSuicaではなくSuicaカードを支給して、その使用履歴を利用するというサービスが多いのですが、駅まで行って使用履歴を発行する必要があり、また、駅で定期的にチャージする必要もあります。当社は駅から少し離れていることもあり、それは簡便化の目的に対し本末転倒な手間だったんですね。

SmartGo Stapleは、スマートフォンとモバイルSuicaを活用した合理的なシステムということで、ほぼ一択でした。」と当時を振り返る。「SmartGo Staple」の導入前は非常に複雑だった交通費精算の作業が、導入後は大幅に激減したのだ。

矢澤部長は、「当社は電車だけでなくタクシーの利用も多く、タクシー等の場合はレシートを添付しなくてはいけないんです。レシートを精算票の後ろに糊付けするのですが、1枚の精算票に30枚くらいレシートが貼られており、それを起票担当者が電卓を叩きながら表とレシートを照合します。例えば開発部は約15人いるのですが、人によっては毎月3枚くらいの精算票提出があるため、照合作業が非常に大変でした。集計する人にとっては半日仕事で、それが約20部署分ありますから、かかる時間と手間は相当なものでした。」と、経理担当者の作業を詳しく語ってくれた。

紙による精算が完全になくなったわけではないが、現在では、集計・照合作業は月一度20分程度で済むようになった。単純計算で半日×約20部署分の経理業務、99%が削減されたというわけだ。

■従業員の作業量は10分程度に
従業員の実作業は、どれほど緩和されたのだろうか?

入社20年目の松下氏は、「私の業務としては不動産開発及び管理で、日常的に仲介業者や土地オーナー、金融機関等とお会いしています。交通費の精算はほぼ毎日発生しており、今回の導入は有難かったですね。従来は、エクセル上で行き先と乗車駅、降車駅、金額を記入して管理していたのですが、やはり作業が追いつかなかったんです。毎月精算なので最低でも月1度、レシートを広げてスケジュールを見ながら記憶をたどるという作業が必要だったのですが、漏れも発生し間に合わなくて翌月の作業になることもある。やるとなると半日仕事になっていたのですが、その作業がなくなったのは非常に楽です。今は経費精算業務にかかる時間は10分ちょっとくらいです。」と語ってくれた。

「SmartGo Staple」の導入により、時間以外でも、「事務作業を行わなければならない」という精神的な負担が大幅に軽減されたという。
実は、経営側にも大きなメリットがあった。社員1人につき毎月半日分の人件費を削減することにつながったからだ。

SGS画像


「SmartGo Staple」は、事務処理にかかる時間の節約ができ、企業のコスト削減もできる。さらに従業員のコア業務への集中により、生産性の向上にもつながるだろう。
交通費や経費の精算業務に従業員の時間が費やされている企業は、トライアルから「SmartGo Staple」の導入を検討してみては如何だろうか。

SmartGo Staple

ITライフハック
ITライフハック Twitter
ITライフハック Facebook

ITビジネスに関連した記事を読む
ヤンセンファーマ、「治療と仕事の両立支援」のための新プロジェクトとは?
容器を中⼼とした2040年の未来予測に初めて挑戦!東洋製罐グループ、グループ初となる未来を描いた展⽰ブースを展開
ヘルシーライフ、サステナビリティ、イノベーションをテーマに実施するプログラム!「Vitality.Swiss」記者発表会
ネットワークとセキュリティのソリューションでビジネスを加速!ベライゾンジャパン、事業・ソリューション説明会を開催
世界で自由に活躍できる人を増やす!英語コーチングサービスを提供するプログリット、事業戦略説明会を開催



ゼロからつくるビジネスモデル
井上 達彦
東洋経済新報社
2019-11-29



AIの力で、人の可能性を広げる!株式会社pluszero 株式上場発表会

1028_2022_pluszero_030

株式会社pluszeroは2022年10月28日(金)、東京証券取引所グロース市場に新規株式上場した。それに伴い、都内で株式上場発表会を開催した。当日は、同社 代表取締役 会長/CEO小代義行氏、代表取締役社長/COO 博士(科学) 森遼太氏、取締役副社長 博士(情報理工学) 永田基樹氏の3名が登壇し、同社の事業について説明があった。また、同社が業界をリードする第4世代AIを実現するための具体的な技術の解説および、その技術を活用したサービスである「仮想人材派遣」の今後の展開予定に関しても説明があった。

■世の中に革新的変化をもたらしたい
発表会は、株式会社pluszero 代表取締役社長/COO 博士(科学) 森遼太氏の挨拶から始まった。

同社は「人の可能性を広げる」というビジョンのもと、AI・自然言語処理を通して事業コンサルティング、サービス提供を行ってきた。注力分野として、ディープラーニングの次のAIトレンドして注目される「人の言葉の意味を理解するAI」である自然言語処理領域を中心に研究開発を行い、2021年9月には世界初の新技術を用いた「仮想人材派遣」に関する特許を取得している。

第4世代AIに強みをもつAIカンパニーとして、人間のように意味を理解できるAI、「AEI(Artificial Elastic Intelligence)」の開発に取組んでいる。社名の由来は、かつてインドで0という概念が生まれたことが後の数学を大きく発達させたように、全く新しい概念やアイデアを創出することによって世の中に革新的変化をもたらすことを目指し、pluszeroと名付けた。

現在のディープラーニングを中心としたAIは第3世代AIであり、同AIで解けない課題があることから、第4世代AIが提唱され始めた。第4世代AIは、深層学習(即応的AI)と知識・記号推論(熟考的AI)の融合による、社会に適合し、人に寄り添って成長する次世代AIであり、同社のAEIはディープラーニングの限界を突破することが可能だ。
AEIは、特定の対象領域に絞り込むことにより、人間のように意味を理解できることが特徴である。

同社は優秀な若手が数多く在籍する会社であり、創業初期の採用を東京大学の学生に特化して人材基盤を確立した。正社員とインターンを区別しない実力主義のハイブリッド組織により、複数案件を同時並行で担当することもある。文理融合型人材採用と社内相互学習を積極的に推進している。

森社長は「第4世代AIは文理融合的学問の知見が必要のため、そういった意味で早期の開発に力を入れていく意味で、学生のスタッフを多く抱えています。現在の採用率は4%弱ということで、かなりの精鋭を集めていると考えております。」と語った。

1028_2022_pluszero_002
株式会社pluszero 代表取締役社長/COO 博士(科学) 森遼太氏


株式会社pluszero 代表取締役社長/COO 博士(科学) 森遼太氏が語る!会社概要と事業

YouTube:https://youtu.be/-CZL4NkCx5w

■強力なチャットボットと思っていただければわかりやすい
引き続き、株式会社pluszero取締役副社長 博士(情報理工学) 永田基樹氏より、サービスの説明があった。
同社が顧客企業へ提供するソリューション提供事業は、「プロジェクト型ソリューション」と「サービス型ソリューション」の2つに大別される。

プロジェクト型ソリューションは、顧客ニーズ・案件に応じてAI関連ソリューションを提供するもので、自然言語処理や、画像・動画処理、KPI最適化、価値分析・予測などがあり、サービス型ソリューションに付随して発生する受託開発にてAEIを活用している。

永田取締役副社長は「弊社の特徴として、上流から下流までワンストップで提供可能なことがあげられます。課題発見・規事業企画から始まり、企画吟味・要件定義、データ定義・データ収集、PoC・AI開発、アプリ開発・システム開発・インフラ構築、保守・運用となります。

他社でもワンストップをうたっているところはございますが、技術担当とビジネス担当が分かれており、実際は社内分業で伝言ゲームが発生してしまう企業もあります。またAIベンチャーの中には、AI開発まではしっかりしているが、アプリ開発・システム開発・インフラ構築が不安な企業もあります。そういう意味で、弊社は本当のワンストップといえます。」と語った。

一方、サービス型ソリューションは、業務提携先と事業立上中の「仮想人材派遣」だ。仮想人材とは、「ユーザーから見て人間が対応しているように感じる対話システムのことであり、特定のジャンル(限定された業界・業務範囲)において、仮想人材が意味を理解し回答することが可能だ。

永田取締役副社長は「強力なチャットボットと思っていただければわかりやすいと思います。チャットボットとの違いとして、電話やメール、チャット等、特定ジャンル内ではすべて対応可能であることです。収益モデルとしては定額課金、業績連動での流量課金を想定しています。」と語った。

発表会では、サービス型ソリューションの例として、「シェパードHR」をあげた。求人広告の制作フローにおいて、広告が法律に適合しているか否かを自動的にチェックするには、大きな工数がかかっている。この作業をAIが支援するというものだ。多種多様な記載の求人広告に対して、AIが意味を正しく理解してチェックする。


1028_2022_pluszero_010
株式会社pluszero 取締役副社長/博士(情報理工学)永田基樹氏


株式会社pluszero 取締役副社長 博士(情報理工学) 永田基樹氏が語る!サービスの概要

YouTube:https://youtu.be/kjEK92lMaXE

■ある意味、知能のモデル化であり、脳を見える化したイメージ
株式会社pluszero 代表取締役 会長/CEO小代義行氏は、同社の「仮想人材派遣」の詳細や今後の展望について「同社は当面、コミュニケーションの自動化レベル4を目標とします。具体的には、電話、メール、チャット等の形式で、仮想人材派遣(AEI)によるサービスを提供していきます。特定ジャンル専門で、人間の代わりにボットがすべて対応する。将来的には、すべてのジャンルに対応する汎用AIを目指す考えです。」と語った。

■ディープラーニングの課題をクリアするには、意味の見える化が重要
小代義行代表取締役 会長/CEOは、特許を取得した「仮想人材派遣」の主要技術について、「ディープラーニングの大きい課題を乗り越えるには、意味を見える化して集計・集約し、データベースを作ります。ある意味、知能のモデル化であり、脳を見える化したイメージを持っていただければわかりやすいと思います。このコア技術を用いてパーソナライズ要約により、仮装人材派遣を実現しています。」と語った。

「仮想人材派遣」は、1. 持論効率向上、2. 動的更新、3. 機会学習の部分適用、この3つの工夫により第4世代AIを実現する。

小代義行代表取締役 会長/CEOは「仮想人材派遣」の共同事業立上の例として、株式会社アビストと丸紅情報システムズ株式会社の事例をあげた。
株式会社アビストとは、3D-CADの設計情報のチェックを高度に自動化する部分についてのAEIの適用を行うプロジェクトを推し進めている。
また丸紅情報システムズ株式会社とは、クラウド環境の運用保守の自動化へのAEI適用のプロジェクトが進行中だ。

1028_2022_pluszero_024
株式会社pluszero 代表取締役 会長/CEO小代義行氏


株式会社pluszero 代表取締役 会長/CEO小代義行氏が語る!人間のように意味を理解できるAI(AEI)の実現

YouTube:https://youtu.be/q0-tKLD8UsQ

同社は今後も「人の可能性を広げる」を企業のビジョンに掲げ、企業活動を通して、AIやロボットの導入率を世界最高水準へ持っていき、生産性が向上して人々の可処分所得や可処分時間が増える社会の実現に貢献していくとしている。

株式会社pluszero

ITライフハック
ITライフハック Twitter
ITライフハック Facebook

ITビジネスに関連した記事を読む
ヤンセンファーマ、「治療と仕事の両立支援」のための新プロジェクトとは?
容器を中⼼とした2040年の未来予測に初めて挑戦!東洋製罐グループ、グループ初となる未来を描いた展⽰ブースを展開
ヘルシーライフ、サステナビリティ、イノベーションをテーマに実施するプログラム!「Vitality.Swiss」記者発表会
ネットワークとセキュリティのソリューションでビジネスを加速!ベライゾンジャパン、事業・ソリューション説明会を開催
世界で自由に活躍できる人を増やす!英語コーチングサービスを提供するプログリット、事業戦略説明会を開催



図解まるわかり AIのしくみ
三津村 直貴
翔泳社
2022-03-25


AI白書 2022 (単行本)
角川アスキー総合研究所
2022-04-28

東洋製罐グループ、グループ初となる未来を描いた展⽰ブースを展開!「Vitality.Swiss」記者発表会【まとめ記事】

TOYOSEIKAN_top

東洋製罐グループは10⽉12⽇~14⽇の3⽇間、東京ビッグサイトで開催されたアジア最⼤の国際総合包装展「TOKYO PACK 2022」に出展した。同グループでは「つつむを超える。」をコンセプトに、容器を中⼼とした2040年の未来の予測に挑戦し、「⾷と健康、快適な⽣活を⽀える容器の未来」に関する未来を紹介していた。

在日スイス大使館は2025年に開催される大阪・関西万博に向けて、ヘルシーライフ・サステナビリティ・イノベーションの3コアメッセージを日本に対して発信していくプログラム、「Vitality.Swiss(バイタリティ・ドット・スイス)(以後、「Vitality.Swiss」)」を開始する。これに先立ち、報道関係者向けに記者発表会を開催した。当日は、「Vitality.Swiss」のコンセプト、およびプログラムの内容、キャンペーンアンバサダーを発表した。

PRO TREKとMAMMUTがコラボ!カシオ『PRW-61MA』
カシオ計算機は、本格アウトドアウオッチ“PRO TREK(プロトレック)”の新製品として、スイスのアウトドアブランド「MAMMUT(マムート)」とのコラボレーションウオッチ『PRW-61MA』を2022年11月18日に発売する。今回の『PRW-61MA』は、アーバンアウトドアスタイルの着こなしに最適な “PRO TREK”と「MAMMUT」のコラボレーションウオッチ。着用するシーンや服装によって付け替えて使用できるクロスバンドとソフトウレタンバンドを同梱。メインのクロスバンドには、「MAMMUT」オリジナルの「Alpine AOP(All Over Print)」と呼ばれる雪山の壮大な景色をイメージしたモノクロ柄をプリントしながら、同ブランドのマンモスロゴをワンポイントとしてあしらった。


政府から発表された最新情報!電気代・ガス代・ガソリン代、1世帯4万5000円支援
株式会社ナビットが運営する「助成金なう」では、助成金・補助金の最新情報や活用ノウハウを紹介している「助成金ブログ」を毎日更新している。10月末にとりまとめられる総合経済対策において、電気代・ガス代・ガソリン代について、1世帯4万5000円程度の支援を行うことがわかった。


誰もが気軽に安心して受診できる環境づくりを目指す!ピルのオンライン診療プラットフォーム「ルナトモ」

サイバーエージェントグループの株式会社Lunatomoは、ピルのオンライン診療プラットフォーム「ルナトモ」を正式リリースするにあたり、2022年10⽉3⽇(⽉)に新サービス発表会を実施した。当⽇は、代表取締役社⻑永友絢⼦よりサービスを紹介した。また提携クリニック「グレイス杉⼭クリニックSHIBUYA」院⻑である産婦⼈科医の岡⽥有⾹先⽣は、現代⼥性の健康問題や、⽇本におけるピル利⽤の現状・課題について語った。


ヘルシーライフ、サステナビリティ、イノベーションをテーマに実施するプログラム!「Vitality.Swiss」記者発表会
在日スイス大使館は2025年に開催される大阪・関西万博に向けて、ヘルシーライフ・サステナビリティ・イノベーションの3コアメッセージを日本に対して発信していくプログラム、「Vitality.Swiss(バイタリティ・ドット・スイス)(以後、「Vitality.Swiss」)」を開始する。これに先立ち、報道関係者向けに記者発表会を開催した。当日は、「Vitality.Swiss」のコンセプト、およびプログラムの内容、キャンペーンアンバサダーを発表した。


容器を中⼼とした2040年の未来予測に初めて挑戦!東洋製罐グループ、グループ初となる未来を描いた展⽰ブースを展開
東洋製罐グループは10⽉12⽇~14⽇の3⽇間、東京ビッグサイトで開催されたアジア最⼤の国際総合包装展「TOKYO PACK 2022」に出展した。同グループでは「つつむを超える。」をコンセプトに、容器を中⼼とした2040年の未来の予測に挑戦し、「⾷と健康、快適な⽣活を⽀える容器の未来」に関する未来を紹介していた。


ヤンセンファーマ、「治療と仕事の両立支援」のための新プロジェクトとは?
少子高齢化の進展で労働人口が減少する中、高齢の労働者も増え、病気を抱えながら働く人の増加が推測されている。そのような環境の中、気 を抱える労働者の9割以上が就労継続を希望している実態から、「治療と仕事の両立」は今後、企業が取り組むべき課題の1つと言える。そうした状況を踏まえ、ヤンセンファーマ株式会社は全従業員がやりがいと成長を感じながら働ける職場づくりを目指し、この社会課題に対する取り組みとして、治療と仕事の両立支援に関する新プロジェクトを2022年10月3日より発足した。新プロジェクト発足記者説明会とワークショップが実施された。


手洗いの重要性を啓発する手指の衛生プロジェクト!“HAND WASH & HYGIENE「いただきます。」をする前に”衛生セミナー
ライオン株式会社は、2022年10月15日の世界手洗いデーに合わせて、手洗いの重要性を啓発する手指の衛生プロジェクト“HAND WASH & HYGIENE「いただきます。」をする前に”を立ち上げ、2022年10月12日(水)~11月8日(火)の約1カ月間にわたり、都内ホテルや飲食店約30店舗、コワーキングスペースにて、手指衛生剤の設置や衛生講習、リーフレット等による啓発を実施する。本プロジェクトの一環として、10月19日(水)にコワーキングスペースの「point 0 marunouchi」にて衛生セミナーを実施した。また、併せて「抗菌・抗ウイルス効果持続実験結果」についても報告があった。


ITライフハック
ITライフハック Twitter
ITライフハック Facebook


ITビジネスに関連した記事を読む
ネットワークとセキュリティのソリューションでビジネスを加速!ベライゾンジャパン、事業・ソリューション説明会を開催
世界で自由に活躍できる人を増やす!英語コーチングサービスを提供するプログリット、事業戦略説明会を開催
Web3テーマパークをイメージした体験型カンファレンス!「HONEYCON」を10月23日~24日に開催
国内最大級のスタートアップカンファレンスIVS!2023年6月に「IVS」「IVS Crypto」を京都で同時開催
スタッフの⼼の健康状態を⾒える化!5 秒の会話でメンタルヘルスチェックをする実証実験を実施



60分でわかる! SDGs 超入門
バウンド
技術評論社
2019-11-16



Shokz「OpenRun Pro Mini」!白スンドゥブ「牛コムタン定食」【まとめ記事】

sub2

Shokzは、ハイエンドモデル「OpenRun Pro」のラインナップとして、バンドを21mm短くした小型モデル「OpenRun Pro Mini」の販売を2022年10月27日10時より開始した。ShokzのハイエンドモデルOpenRun Proは、独自のShokz TurboPitch™技術を搭載し、低音再生能力を高めた新世代フラグシップ骨伝導イヤホンとして好評の機種だ。今回、新たに登場したOpenRun Pro Miniは、従来のOpenRun Proからバンドが21mm短くなった。これににより、フィットするサイズを選択できるようになった。

とんかつ専門店「かつや」などを展開するアークランドサービスホールディングス株式会社の⼦会社、「⾁めし岡もと」などを運営する株式会社トビラダイニングは、スンドゥブ定食専門店「純豆腐 中山豆腐店」にて、期間限定メニュー「牛コムタン定食」の販売を2022年10⽉31⽇(月)より開始する。

映像やネットワークをType-Cケーブル1本で一括接続できる!マルチ変換アダプタ
サンワサプライ株式会社は、映像やネットワークをType-Cケーブル1本で一括接続できるマルチ変換アダプタ「AD-ALCMHL1BK」を発売した。「AD-ALCMHL1BK」は、Type-Cケーブル1本でHDMI・LANなどが接続できるマルチ変換アダプタ。Type-Cポートを搭載したパソコンに本製品をつなぐことで、HDMI対応ディスプレイ、USB周辺機器(USB3.2Gen1)、LANケーブルを一括で接続できる。


バンドが21mm短くなる小型モデル!Shokz「OpenRun Pro Mini」、本日発売
Shokzは、ハイエンドモデル「OpenRun Pro」のラインナップとして、バンドを21mm短くした小型モデル「OpenRun Pro Mini」の販売を2022年10月27日10時より開始した。ShokzのハイエンドモデルOpenRun Proは、独自のShokz TurboPitch™技術を搭載し、低音再生能力を高めた新世代フラグシップ骨伝導イヤホンとして好評の機種だ。今回、新たに登場したOpenRun Pro Miniは、従来のOpenRun Proからバンドが21mm短くなった。これににより、フィットするサイズを選択できるようになった。


高さを2段階に調整できるパーテーション!スチールフレームを採用した卓上パーテーション
サンワサプライ株式会社が運営している直販サイト『サンワダイレクト』は、頑丈で安定性のあるスチール製スタンドで、高さを2段階に調整できるので書類の受け渡しや配線にも最適な透明のアクリルパーティション「100-DPT013C(幅45cm)」、「100-DPT014C(幅60cm)」を発売した。本製品は、2段階(60/67.5cm)の高さ設定が可能で、67.5cmに設定の場合下部に小窓が作れる。(小窓の高さは約7.5cm)透明度の高いアクリル性のパネルを使用している。スタンドはスチール製のため頑丈で安定性がある。


HDMI映像・音声をワイヤレスで送受信できる!HDMIエクステンダー
サンワサプライ株式会社は、HDMI映像・音声をワイヤレスで送受信できるHDMIエクステンダー「VGA-EXWHD11」を発売した。「VGA-EXWHD11」は、HDMI映像・音声をワイヤレスで送受信できるHDMIエクステンダー。フルHD(1920×1080ドット)解像度のHDMI信号をワイヤレスで最大50m延長できます。ペアリング済の送信機・受信機セットなので、パソコンやレコーダー・ゲーム機などのHDMI機器と、テレビやプロジェクターなどの出力機器を接続するだけですぐに使用できる。


牛骨をじっくり煮出した深いコクに自家製豆腐のなめらかさ!白スンドゥブ「牛コムタン定食」
とんかつ専門店「かつや」などを展開するアークランドサービスホールディングス株式会社の⼦会社、「⾁めし岡もと」などを運営する株式会社トビラダイニングは、スンドゥブ定食専門店「純豆腐 中山豆腐店」にて、期間限定メニュー「牛コムタン定食」の販売を2022年10⽉31⽇(月)より開始する。


ITライフハック
ITライフハック Twitter
ITライフハック Facebook

ITビジネスに関連した記事を読む
USB AとUSB Type-Cの2つのポートを搭載!持ち運びに便利な超小型モバイルタップ
75~105型のスクリーンに対応!耐水・高耐久生地採用した、プロジェクタースクリーンケース
GIGAスクール時代のお道具箱!「AkaDako STEAM BOX」
オンライン会議で顔の色合いや明るさを調節できる!調光機能搭載のクリップ式LEDライト
USB AとUSB Type-Cの2つのポートを搭載した電源タップ






第三の機能性人工毛「CYBER X」!PFU「HHKB Professional HYBRID Type-S 雪」【まとめ記事】

top

毛髪・美容・健康のウェルネス事業をグローバル展開する株式会社アデランスは、特許技術を2件採用した第三の機能性人工毛「CYBER X(サイバーエックス)」を新たに開発した。「サイバーエックス」は、繊維学の世界的権威で同社の学術顧問、東京工業大学 物質理工学院の鞠谷 雄士特任教授と共同研究の下、約15年間の研究期間を経て開発した機能性人工毛。特許取得のツヤ消し技術(特許第5518857号)を採用し、ポリアミドとポリエステルからなる海島(うみしま)構造に仕上げることで、天然毛髪に近いツヤ感を再現している。

株式会社PFUは、高性能コンパクトキーボードHappy Hacking Keyboardシリーズ(以下HHKB)の新製品として、「HHKB Professional HYBRID Type-S 雪」の販売をPFUダイレクトにて開始した。「HHKB Professional HYBRID Type-S 雪」はテレワークの拡大により、プログラマーやエンジニアだけでなく、ライターやビジネスマンへもユーザー層が広がった過程で、ユーザーからの要望によって生まれた製品。

アデランスが約15年の歳月を経て開発に成功!特許技術採用の同社第三の機能性人工毛「CYBER X(サイバーエックス)」
毛髪・美容・健康のウェルネス事業をグローバル展開する株式会社アデランスは、特許技術を2件採用した第三の機能性人工毛「CYBER X(サイバーエックス)」を新たに開発した。「サイバーエックス」は、繊維学の世界的権威で同社の学術顧問、東京工業大学 物質理工学院の鞠谷 雄士特任教授と共同研究の下、約15年間の研究期間を経て開発した機能性人工毛。特許取得のツヤ消し技術(特許第5518857号)を採用し、ポリアミドとポリエステルからなる海島(うみしま)構造に仕上げることで、天然毛髪に近いツヤ感を再現している。


毎日触りたくなる洗練されたデザイン!PFU「HHKB Professional HYBRID Type-S 雪」
株式会社PFUは、高性能コンパクトキーボードHappy Hacking Keyboardシリーズ(以下HHKB)の新製品として、「HHKB Professional HYBRID Type-S 雪」の販売をPFUダイレクトにて開始した。「HHKB Professional HYBRID Type-S 雪」はテレワークの拡大により、プログラマーやエンジニアだけでなく、ライターやビジネスマンへもユーザー層が広がった過程で、ユーザーからの要望によって生まれた製品。


デスク上を整理できる!クランプ固定で2段式の机上台
サンワサプライ株式会社が運営している直販サイト『サンワダイレクト』は、クランプ固定なので後から簡単に拡張できるデスク上収納ラックを「101-MR186」を2色展開で発売した。本製品はモニターの上下や壁面といったデッドスペースを収納スペースに変えることができるクランプ取り付けの机上台。棚板は9段階(6cmピッチ)での調整が可能で、モニターやスピーカー、周辺機器をしっかり収納できる。モニターを上げる事で目線を高くして姿勢の改善が期待できる。


わずか174g、国内最小最軽量クラス!PD20W入出力の10,000mAhモバイルバッテリー
株式会社オウルテックは、PD20W入出力対応で容量10,000mAhののモバイルバッテリー「OWL-LPB10017」の販売を開始した。クレジットカードよりも小さいコンパクトサイズで、わずか約174g。10,000mAhのモバイルバッテリーでは国内最小最軽量。※10000mAh以上、USB PD対応モバイルバッテリーでの当社調べ(2022年9月時点)


自家製明太子を丸ごと1本!東京たらこスパゲティ「生七味と明太クリームスパゲティ」

とんかつ専門店「かつや」などを展開するアークランドサービスホールディングス株式会社の子会社、フィルドテーブル株式会社は、たらこスパゲティ専門店「東京たらこスパゲティ」にて新メニュー「生七味の明太クリームスパゲティ」の期間限定販売を開始した。​寒さが身に染みるこの時期にぴったりな濃厚クリームと、自家製明太子を丸ごと1本堪能できる「生七味の明太クリーム」の販売を開始した。


ITライフハック
ITライフハック Twitter
ITライフハック Facebook

ITビジネスに関連した記事を読む
丸亀製麺、『うま辛担々うどん』“タル鶏”の新作!2種類のタルタルソースの『タル鶏南蛮ぶっかけうどん』
キービジュアルを使用した豪華グッズが景品に!アニメ『ダイの大冒険』の「eeoくじ」
ピザハットのおひとり様ピザが「ジョブチューン」満場一致合格!達成記念ワンコイン「500円(税込)」キャンペーン
蓄光粒子を用いた積層マーブルベゼルで太陽フレアを表現!“G-SHOCK”誕生40周年記念モデル第一弾「Flare Red」
公式ライセンス商品!『SPY×FAMILY』ウィンターデザインケーキが登場






ヤンセンファーマ、「治療と仕事の両立支援」のための新プロジェクトとは?

1003_2022_Janssen_071

少子高齢化の進展で労働人口が減少する中、高齢の労働者も増え、病気を抱えながら働く人の増加が推測されている。そのような環境の中、気 を抱える労働者の9割以上が就労継続を希望している実態から、「治療と仕事の両立」は今後、企業が取り組むべき課題の1つと言える。

そうした状況を踏まえ、ヤンセンファーマ株式会社は全従業員がやりがいと成長を感じながら働ける職場づくりを目指し、この社会課題に対する取り組みとして、治療と仕事の両立支援に関する新プロジェクトを2022年10月3日より発足した。新プロジェクト発足記者説明会とワークショップが実施された。

■日本社会が直面する課題のひとつのソリューションになることを期待したい
イベントは、ヤンセンファーマ株式会社 代表取締役社長 關口修平氏の挨拶から始まった。

ヤンセンファーマ株式会社は、世界最大級のトータルヘルスケアカンパニー、ジョンソン・エンド・ジョンソングループの医薬品部門だ。世界約150か国、約4万人の社員が従事しており、循環器疾患、代謝・網膜疾患、免疫疾患、感染症・ワクチン、精神・神経疾患、がん、肺高血圧症などの疾患領域において、きわめて深刻な病気と複雑な医学上の課題に取り組んでいる。同社では、革新的な医薬品をお届けすることを超えて、患者さんの課題に向き合い、それらを解決するためのさまざまな取り組みを行ってきた。

内閣府将来推計で見る50年後の日本によれば、日本は今後、少子高齢化の進展、労働人口の減少、高齢者の増加(高齢の労働者が増加)が見込まれる。そうした中での課題が病気を抱えている人の今後の就労継続だ。
平成25年度厚生労働省委託事業治療と職業生活の両立等の支援対策事業の調査結果によれば、病気を抱えて就労する人の92.5%が就労継続を希望しており、現在仕事をしていない人でも70.9%が就労を希望している。

平成25年度厚生労働省委託事業治療と職業生活の両立等の支援対策事業調査結果によれば、治療と仕事の両立の重要性に関する社内での研修・教育等の普及啓発を行っているのは、全体の3割に過ぎない。

メンタルヘルスや私傷病の治療と仕事を両立させるための課題としては、「休職者の復帰後の仕事の与え方、配置」、「再発防止」、「上司・同僚の理解が困難」で正社員規模が大きくなるほど、おおむね高まる傾向にある ※1。
※1 独立行政法人労働政策研究・研修機構2013年11月メンタルヘルス、私傷病などの治療と職業生活の両立支援に関する調査

今後としては「治療とともに働き続けられる環境の整備」「制度の整備に留まらない組織として両立を支援する“ソフトパワー”」、この2つが重要な鍵となる。

關口社長は治療と仕事の両立について、「治療と仕事の配分が必ずしも50%ずつである必要はありません。治療の内容や時期によって柔軟に変動すべきだと思います。サスティナブルワークスタイルは、そのような環境づくりにおける上司の役割を再認識し、当事者とともに働き方を考える「納得して選択できる」、それをサポートする枠組みを提供します。サスティナブルワークスタイルの取組みが、働き続けたいと願う多くの患者さんについて治療と仕事が両立できる環境の整備に繋がること。そして私たちが暮らす日本社会が直面する課題に対する、ひとつのソリューションになることを期待しております。」と語った。

1003_2022_Janssen_013
ヤンセンファーマ株式会社 代表取締役社長 關口修平氏


ヤンセンファーマ株式会社 代表取締役社長 關口修平氏が語る!「治療と仕事の両立支援」のための新プロジェクト

YouTube:https://youtu.be/kruVBRbhWwE

■治療と仕事の両立を支援したい
引き続き、ジョンソン・エンド・ジョンソン日本法人グループ人事部HR Leader 前川明日香氏より、「治療と仕事の両立支援」プロジェクトの概要説明があった。前川氏は、AllianceforDiverseAbilities(ADA)による調査を元に、「治療と仕事の両立支援」プロジェクトで目指すものについて語った。

ADAはジョンソン・エンド・ジョンソン日本法人グループの従業員で構成されるEmployee Resource Groupの1つで、日本では2019年に発足。障がいの有無に関わらず、ともに働く社員が、それぞれの多様性を認め合い、活かしあうことで最高のパフォーマンスを発揮できる職場環境を形成することを目指し取り組みを行っている。

調査結果から、病気または障がいがあると回答した人の6割は、上司に病気や障がいのことを伝え、多くの人は何かしらのサポートを受けていた。その一方で、約3人に1人は、上司や同僚らと治療と仕事の両立に関し話をする中で、「体調や治療が仕事に与える影響」については理解を得ることが難しいと感じている。
また周囲も、病気または障がいを抱える人と一緒に働くことについて、そのサポートの仕方が分からない等の理由で、約3人に1人は心配や不安を感じている。

病気や障がいを抱える人からの具体的な情報の共有、会社からの配慮や支援についての情報共有があれば、一緒に働きやすくなるとの声もある。病気や障がいを抱える人は、今後積極的な取り組みが必要なこととして「両立支援に向けた社内カルチャーの醸成」、「利用できる制度の周知」、「上司や同僚らとの効果的なコミュニケーションの取り方」を挙げた。

「治療と仕事の両立支援」プロジェクトでは、対話でつくろう「サステナブル・ワークスタイリング」と題して、上司と部下の対話シミュレーションを通して上司が治療と仕事の両立支援において果たす役割と対話のあり方を学ぶワークショップを実施する。今後については、ジョンソン・エンド・ジョンソン日本法人グループ内に留まらず、他社とのコラボレーションなどを通じ社外にも広く展開していく予定だ。

前川氏はプロジェクトについて、「これまでご紹介してきた調査結果からは、治療と仕事の両立において上司が果たす役割、また上司-部下間の効果的なコミュニケーションの重要性がうかがえます。そこで私たちは上司-部下間のコミュニケーションを例にとり、シミュレーションを用いたトレーニングを開発しました。本プロジェクト、対話で作ろう『サステナブルワークスタイル』では、上司と部下の対話シミュレーションを通して、上司が治療と仕事の両立支援において果たす役割と対話の在り方を学び、治療と仕事の両立を実現する職場環境の構築を目指します。

この度、新しいプロジェクトとして発足し、今日初めて社員向けにワークショップを行います。今後は社内でより多くの社員にワークショップに参加に参加してもらえるよう働きかけるとともに、ジョンソン・エンド・ジョンソン日本法人グループ内にとどまらず、業界を超えて他社とのコラボレーションなどを通じ、社外でも広く展開していきたいと思っています。そうすることで、治療しながらても働き続けたいと願う患者さんにとって、治療と仕事を両立できる職場環境づくりに貢献できればと思います。」と語った。

1003_2022_Janssen_036
ジョンソン・エンド・ジョンソン日本法人グループ人事部HR Leader 前川明日香氏


<調査概要>
調査期間:2022年8月18日~9月2日
調査主体:Alliance for Diverse Abilities(ADA)
回答:ジョンソン・エンド・ジョンソン日本法人グループ社員1,310人
調査方法:インターネット調査

■上司と部下の対話シミュレーションを実施
第2部のワークショップでは、ジョンソン・エンド・ジョンソン日本法人グループ統括産業医 岡原伸太郎氏によるワークショップが実施された。あらかじめ設定された条件下の元、上司や部下になりきって会話を進めるというものだ。あえて悪い事例も設定されている。

シミュレーション 1回目は「部下と一緒に考えず、寄り添わない上司」だった。
自分は本社マーケティング部に配属。「成果を出せるチーム、人材」と「業績向上」が何よりも大事で、 とにかく結果を出すことをメンバーにも期待している。・チームメンバーのパフォーマンスが落ち、成果や売上に影響が出ることを心配しているという設定だ。意識することは、「部下の希望は聞くが、相談に乗り一緒に決める姿勢はない。両立は難しいと思っている。」ということになっている。

シミュレーションに記載されていること以外は、自由に想像して話してよいということで、会話の結果、どういう結末になるかは、人によって異なるものだった。

一流のビジネスパーソンやスポーツ選手は、頭の中でシミュレーションを行い、現場に望んでいる。今回のワークショップは実践的な内容であることもあり、参加者にとって、よい体験になったことだろう。

健康な人でも、いつ、病気や障がいに見舞われるかはわからない。成果を第一と考える企業では、病気や障がいは単なる言い訳になってしまうことも考えられ、最悪、退職に追い込まれることもあるだろう。「治療と仕事の両立支援」プロジェクトが世の中に広まれば、そうした悲劇を未然に防ぐことができかもしれない。

ヤンセンファーマ株式会社

ITライフハック
ITライフハック Twitter
ITライフハック Facebook

ITビジネスに関連した記事を読む
ネットワークとセキュリティのソリューションでビジネスを加速!ベライゾンジャパン、事業・ソリューション説明会を開催
世界で自由に活躍できる人を増やす!英語コーチングサービスを提供するプログリット、事業戦略説明会を開催
Web3テーマパークをイメージした体験型カンファレンス!「HONEYCON」を10月23日~24日に開催
国内最大級のスタートアップカンファレンスIVS!2023年6月に「IVS」「IVS Crypto」を京都で同時開催
スタッフの⼼の健康状態を⾒える化!5 秒の会話でメンタルヘルスチェックをする実証実験を実施

ヤンセンファーマ 驚異のビジョン経営
関口 康
東洋経済新報社
2008-08-22





容器を中⼼とした2040年の未来予測に初めて挑戦!東洋製罐グループ、グループ初となる未来を描いた展⽰ブースを展開

TOYOSEIKAN_top

東洋製罐グループは10⽉12⽇~14⽇の3⽇間、東京ビッグサイトで開催されたアジア最⼤の国際総合包装展「TOKYO PACK 2022」に出展した。同グループでは「つつむを超える。」をコンセプトに、容器を中⼼とした2040年の未来の予測に挑戦し、「⾷と健康、快適な⽣活を⽀える容器の未来」に関する未来を紹介していた。

■6つの未来のシーンを想定
近年、世界各国ではSDGsへの取り組みを加速させており、同時に環境問題や⾷糧問題などさまざまな社会課題に直⾯している。⽇本においては、2025年から2040年のわずか15年間において、労働⼈⼝(20歳〜64歳)が約1,000万⼈も減少するとされる「2040年問題」も叫ばれており、深刻な「超⾼齢化社会」が近づいている。

東洋製罐グループは、これまで世の中が抱えるさまざまな課題に対して真剣に向き合い、“⽇本初の⾃動製⽸”や“世界初のレトルトパウチ”などさまざまな容器のイノベーションによって社会課題の解決に寄与してきた。同時に、近い未来に直⾯する課題に対しても、業界最⼤⼿のメーカーとして、“同グループの技術がどのように活⽤され、どのように世の中へ貢献できるのか”といった未来の視点を⼤切に事業を展開してきた。

今回の展示では、環境問題や⾷糧問題、「2040年問題」といったさまざまな社会課題に向き合い、具体的な6つの未来のシーンを想定したうえで、同グループが提案する“未来のスタンダード”を、パネルや動画、実物のプロダクトを⽤いて表現した。

1.未来の⾷卓〜⾷需要が細分化され、⾷のパーソナライズ化が進んだ未来〜
未来では、3Dフードプリンティング技術により、個⼈の不⾜している栄養素をパーソナライズして⽇々の⾷事を摂る世の中になっていると推測される。東洋製罐グループは、容器の進化とともに、代替⾷品メーカーとの協業を通じて、パーソナライズとサステナブルが⼀体となった⾷卓のあり⽅を提案していく。

同グループでは、さまざまな素材や形状の容器を扱う多様な知見を保有している。ブースでは、中身がなくなったら親缶から詰替え容器に中身を移すことが可能なエアゾール容器を展示していた。

2_11

2_12


2.未来のヘルスケア〜⽣活データの収集・分析によって、未然に病気が防げる未来〜
未来では、病気の予防・早期発⾒を実現するためには継続的なライフログの蓄積が必要不可⽋になっていると考えられる。東洋製罐グループは、インターネットに接続されたIoP(Internet of Package)容器から、⽇々の⽣活⾏動データを取得し、⾝体の変化や、運動量の変化を定量的に観測し、健康管理に寄与していく。

“再生医療の一般化”に向けた現在のチャレンジとして、軟包装で培った容器技術を活用した細胞培養器材ウェルパックを展示していた。将来、再生医療・細胞治療領域の発展が見込まれる中、iPS細部尾を安全な閉鎖系システムの中で培養するこの製品は、未来の個別化医療にも貢献していくと考えられる。

2_21

2_22


3.未来のキッチン〜⼩ロット化が進み、誰でも⾃由に創作ができる未来〜
未来では、あらゆる⾷品加⼯技術がオープンになることで、⾷⽂化の発展はさらに加速すると考えられる。誰が作っても、安全・⾼品質・適正コストを担保できるように、東洋製罐グループの持つ過去の膨⼤な⾷材加⼯データを元に、⾷材、料理、気温、容器、趣向などのさまざまな条件からシミュレーションをおこない、最適な⾷の処⽅や殺菌条件を提案していく。

同グループが持つビッグデータと食品加工技術が持つ再現性と長期保存の力で、あらゆる欲求に応え、食のさらなる可能性の拡大に貢献できるものとして、レトルトパックと缶詰を展示していた。

1012_2022_TOYOSEIKAN_075

2_32


4.未来のリサイクル〜トークンエコノミーによって、資源循環が進んだ未来〜
未来では、資源循環に直接貢献でき、サスティナビリティを⾼めるリサイクル⽅法であるマテリアルリサイクルの⽐率が⾼まると推測される。東洋製罐グループの技術を結集し、マテリアルリサイクルの実現に必要な、⾷品残渣の洗浄、マテリアル単位での分別、素材の圧縮、リサイクル参画者を増やす体験設計といった課題を解決していく。

可燃ごみを資源循環させる「CUP TO CUP PROJECT」へ挑戦する取り組みとして、誰でも洗浄できる装置「Re-CUP WASHER」を展示していた。楽しく素早く簡単に残渣除去が可能だ。

1_11

1_12


5.未来のスーパー〜⽣産システムが変化し、店舗の役割が拡張した未来〜
未来では、モノだけでなく、そのモノを購⼊するまでのサプライチェーン全体を⽣活者が選択していく時代になっているのではないだろうか。購⼊時の情報や、購⼊者のライフスタイルに合わせて、最適な素材・サイズでの包装をおこない、環境・使う⼈の双⽅に優しいエシカルパッケージを、東洋製罐グループは包装技術で提供する。

“あらゆる需要に対応する単一容器”に向けた現在のチャレンジとして、紙絞りトレーと紙絞り蓋を展示していた。前者は冷蔵・冷凍・ホットあらゆる需要に対応するトレーだ。後者はプラスチック削減に貢献する紙製の絞り蓋、紙ならではの高い環境性を備える。

1012_2022_TOYOSEIKAN_167

1_22


6.未来のインフラ 〜社会のインフラが自動で制御され、誰もが心地よく暮らすことができる未来〜
未来では、日本の労働力不足を解消するために、自動運転やドローンによる配送など、これまでになかったインフラ整備や法改正が進むと考えられる。無人でのビルなどの高所の外壁洗浄やメンテナンスを可能にする「ドローンに着脱可能な遠隔型スプレー缶噴射装置」といった新テクノロジー開発、機能性素材の開発によって、東洋製罐グループは暮らしやすい社会づくりに貢献する。

“ロボティックスによる自動化”に向けた現在のチャレンジとして、ドローンに着脱可能な遠隔型スプレー缶噴射装置を搭載した「SABOT」を展示していた。「SABOT」はドローンで検査した以上箇所へのマーキングや早期補修(防さび等)による予防保全、害虫駆除や鳥獣害対策に至るまで一台でさまざまな用途に応える。

1012_2022_TOYOSEIKAN_116

1_32


2040年は、同グループの「⻑期経営ビジョン2050『未来をつつむ』」の10年前に当たり、さまざまな社会問題が懸念されるタイミングでもある。今回の出展は、2040年の未来の課題に対して、同グループの技術がどのように介在し、どのように世の中へ貢献していくのかを知るよい機会となった。“容器”はもちろんのこと、同グループが⾒据える「つつむを超える。」少し先の未来を知りたい人は、同社のサイトをのぞいてみよう。

東洋製罐グループホールディングス株式会社

ITライフハック
ITライフハック Twitter
ITライフハック Facebook


ITビジネスに関連した記事を読む
ネットワークとセキュリティのソリューションでビジネスを加速!ベライゾンジャパン、事業・ソリューション説明会を開催
世界で自由に活躍できる人を増やす!英語コーチングサービスを提供するプログリット、事業戦略説明会を開催
Web3テーマパークをイメージした体験型カンファレンス!「HONEYCON」を10月23日~24日に開催
国内最大級のスタートアップカンファレンスIVS!2023年6月に「IVS」「IVS Crypto」を京都で同時開催
スタッフの⼼の健康状態を⾒える化!5 秒の会話でメンタルヘルスチェックをする実証実験を実施



60分でわかる! SDGs 超入門
バウンド
技術評論社
2019-11-16



ヘルシーライフ、サステナビリティ、イノベーションをテーマに実施するプログラム!「Vitality.Swiss」記者発表会

0922_2022_Switzerland_008

在日スイス大使館は2025年に開催される大阪・関西万博に向けて、ヘルシーライフ・サステナビリティ・イノベーションの3コアメッセージを日本に対して発信していくプログラム、「Vitality.Swiss(バイタリティ・ドット・スイス)(以後、「Vitality.Swiss」)」を開始する。これに先立ち、報道関係者向けに記者発表会を開催した。当日は、「Vitality.Swiss」のコンセプト、およびプログラムの内容、キャンペーンアンバサダーを発表した。

■「Vitality.Swiss」を開催
記者発表会は、アンドレアス・バオム駐日スイス大使の挨拶から始まった。
Vitality.Swissは、在日スイス大使館がスイス関連機関や日本のパートナーと共に進める、日本の人々へ向けたコミュニケーション・プログラムだ。本プログラムでは2025年の大阪・関西万博に登場するスイスパビリオンで示される、ヘルシーライフ(Healthy life l ife)、人間中心のイノベーション(Human-centered innovation)、持続可能な地球(Sustainable planet)という3つのテーマを掲げて交流とプロジェクトを促進する。

気候変動や、超高齢化社会、デジタル社会の実現といった日本とスイスが直面する共通課題に向き合い、スイスと日本のパートナーが協働でよりよい未来を考える機会をデジタルコンテンツやイベントを通して展開する。
なお、Vitality.SwissはTeamExpoの共創パートナーとして、日本とスイスの多様な共創チャレンジの創出・支援をも担うものだ。

アンドレアス・バオム駐日スイス大使は、「イベントとデジタルコンテンツでスイスの情報を発信しながら、日本の皆さまとともに豊かな未来を考え築き合うことを名言いたします。」と語った。

0922_2022_Switzerland_008
アンドレアス・バオム駐日スイス大使


2025年まで在日スイス大使館と共に「ゆたかな未来」を探るVitality.Swissアンバサダーたちは、いずれもスイスと日本に関わるバイタリティあふれる頼もしい人材だ。

ssub4
上段左から藤本 壮介(ふじもと・そうすけ)建築家、エリザベト・シュナイダー=シュナイター(Elisabeth Schneider-Schneiter)スイス国民議会議員/スイス・日本友好議員連盟会長、衛藤 征士郎(えとう・せいしろう)衆議院議員/日本スイス友好議員連盟会長、マヤ・ミンダー(Maya Minder)アーティスト/キュレーター/料理人、小尻 健太(こじり・けんた)ダンサー・振付家
下段左から マルセル・フグ(Marcel Hug)車いす陸上競技選手、竹内 智香( たけうち・ともか)スノーボード アルペン 選手、クリスティアン・シュワルツェネッガー(Christian Schwarzenegger)チューリヒ大学学部・科学情報担当副学長(弁護士)、齋藤 精一(さいとう・せいいち)パノラマティクス 主宰、マティアス・ロイエンベルガー(Matthias Leuenberger)ノバルティス・インターナショナル スイスカントリープレシデント、吉田 柚葉(よしだ ゆずは)大学2年生
※敬称略


■「Kizuki-au 築き合う-Collaborative Constructions」
東京大学 准教授 小渕祐介氏は、国際芸術祭「あいち2022」連携企画事業として、インスタレーション「Kizuki-au 築き合う-Collaborative Constructions」を紹介した。

「Kizuki-au築き合う一Col laborativeConstructions」は、同大学 工学系研究科 建築学専攻 T_ADS 小渕祐介研究室が、在日スイス大使館と、スイス連邦工科大学チューリヒ(ETHチューリヒ)のGramazio Kohler (グラマツィオ・コーラー)研究室と共に進めているプロジェクトであり、ロボットによって作られた2つの木製のインスタレーションで構成されている。技術が自然と人間を結びつける、地球規模で取り組まれている新たな建築のあり方に寄与するスイス連邦工科大学チューリヒ(ETHチューリヒ)と東京大学による2つのプロジェクトは、どちらも人とロボットとの協働作業で制作され、さらに未来を見つめながら過去との関わりをも実証するものだ。

東京大学 准教授 小渕祐介氏は、「環境問題に対して自然なかたちでの涼しみを楽しむというのを、いろいろなかたちで研究して、今回発表させていただきました。」と語った。

0922_2022_Switzerland_042
「Kizuki-au 築き合う Collaborative Constructions」をテーマにした作品について語る、東京大学 准教授 小渕祐介氏

0922_2022_Switzerland_045
「Kizuki-au 築き合う Collaborative Constructions」空間演出チームの作品


■「Swisstech Pitch 2022」
CIC Japan合同会社 コミュニティ・デベロップメント・リード 加々美綾乃氏は、「Swisstech Pitch 2022」を紹介した。
「Swisstech Pitch 2022」は、スイスのライフサイエンス・ヘルスケア分野のスタートアップ・ピッチイベントだ。スイスはノバルティスやロシュなど世界的な大手製薬企業が本社を置く国でもあり、それぞれの研究所と大学・研究機関が連携することにより、強固なライフサイエンス分野のエコシステムが形成されている。

0922_2022_Switzerland_082
CIC Japan合同会社 コミュニティ・デベロップメント・リード 加々美綾乃氏

0922_2022_Switzerland_081
スイスのライフサイエンス・ヘルスケア分野のスタートアップ・ピッチイベント「Swisstech Pitch 2022」


■「SWISS PAVILION :BIOJAPAN 2022」
在日スイス大使館スイス・ビジネス・ハブ貿易・投資促進日本代表代理兼貿易促進部長 木島由美子氏は、「SWISS PAVILION :BIOJAPAN 2022」を紹介した。
「SWISS PAVILION :BIOJAPAN 2022」は、世界で最も歴史のあるバイオテクノロジー展「BioJapan」(1986年~)、iPS細胞を始めとする再生医療分野の研究開発の加速・産業化を目指す「再生医療JAPAN」、そしてデジタルテクノロジー×ライフサイエンス融合による新たな価値提供にフォーカスをあてる「healthTECH JAPAN」の3展同時開催。 産・学・官のビジネスマッチング・パートナリングは国内だけに留まらず、海外からも多くの企業・スタートアップ・アカデミア・研究機関が参加。 グローバルなオープンイノベーションを加速させる。

0922_2022_Switzerland_090
在日スイス大使館スイス・ビジネス・ハブ貿易・投資促進日本代表代理兼貿易促進部長 木島由美子氏


■頭・手・心で取り組むエイジテック「Heads, Hands, and HeartsforAge-Tech(頭・手・心で取り組むエイジテック)」
CarterJMRN株式会社 ゼネラルマネージャー 黒崎朝子氏から、同社の取組みついての話があった。
同社は東京を拠点としたマーケットリサーチ&ユーザーインサイトのエージェンシーだ。高齢化が進んでいる日本おいて「長寿」は、同社のクライアントをはじめ、我々が
携わる企業にとって重要なテーマとなってきたことから、「エイジテック」と呼ばれる新分野について、同社は昨年、「エイジテック白書」を発行した。

エイジテック分野には大きなビジネスチャンスがあるが、高齢者の真のニーズを満たし、感情に訴え、彼らが本当に使いたくなるような技術を開発する事の難しさを、同社がリサーチする中で目にした。この課題に取り組むためには、日本国内およびグローバルな幅広いコラボレーションが必要だとの考えだ。
そこで、同社では2022年10月26日に東京アメリカンクラブで「Heads, Hands, and HeartsforAge-Tech(頭・手・心で取り組むエイジテック)」と名付けたイベントを開催する。

キーノートスピーカーにイスラエルから「エイジテック革命」の著者ケレン・エトキン氏、特別ゲストスピーカーには、脳科学者で作家の茂木健一郎氏を迎えるほか、国内外より魅力的なスピーカーとパネリストが揃った。ミゾッホ教授をスピーカーとして東スイス応用科学大学(OST)エイジング研究所の所長を務められている。

イベントの後半では、ミゾッホ教授をはじめ、国内外のビジネス界と、学会、そしてエイジテック分野のスタートアップ企業がパネリストとして参加し、ディスカッションを行う。このイベント開催と同時に、同社では「リビング・ベスト」という2つのコミュニティを立ち上げている。1つは、エイジテックに関心を持つ、ビジネスや学術的なプロフェッショナルコミュニティで、もう1つが、テクノロジーに前向きなアーリーアダプターの高齢者のコミュニティだ。高齢者の本当の意見を聞くことで、開発者をユーザーフォーカスのコンセプトやソリューションに導く手助けをする。

0922_2022_Switzerland_097
CarterJMRN株式会社 ゼネラルマネージャー 黒崎朝子氏

0922_2022_Switzerland_093
エイジテック産業の未来と可能性を考える「Heads, Hands & Hearts for Age-Tech 頭・手・心で取り組むエイジテック」


■「スイス・日本経済フォーラム2022」
在日スイス大使館 参事官 経済・金融部長 グレゴー・ムイシュネークは、「スイス・日本経済フォーラム」を紹介した。
この数年、ウェルビーイングと生産性に対する関心は飛躍的に高まっている。学者は調査研究を行い、発明家は技術を開発し、企業リーダーは経営手法を見直し、政
府は新たな枠組みや指標を提示している。そうした状況を踏まえ、各分野のオピニオンリーダーが「スイス・日本経済フォーラム2022」に登壇する。

2022年11月17日(木)午後5時から7時まで、「持続的なバイタリティ:ウェルビーイング経営」と題して、駐日スイス大使公邸からZoomでライブ配信される。

Vitality.Swissに関する今後のイベント情報は在日スイス大使館の公式Webサイト、ニュースレター、SNSでも随時案内する。ニュースレターへの登録はVitality.Swissの公式サイトも要チェックだ。

0922_2022_Switzerland_099
在日スイス大使館 参事官 経済・金融部長 グレゴー・ムイシュネーク


■展覧会「ローザンヌ国際バレエコンクール(仮)」
株式会社東急文化村 運営事業部 部長 池田光宏氏は、「Bunkamura」を紹介した。
「Bunkamura」は東京都渋谷区道玄坂にある大型複合文化施設であり、世界中の様々な文化を紹介する場でもある。
スイスと言えば、ローザンヌ国際バレエコンクールが有名だが、1989年同コンクール最優秀特別賞を受賞したバレエダンサー熊川哲也氏は現在、Bunkamuraオーチャードホールの芸術監督を務めている。来年は同コンクールがスタートしてから50年の節目を迎える節目の年であり、日本人により深く知ってもらいたいとの想いから、来年2月より「Bunkamura」の1階ギャラリーにおいて、展覧会「ローザンヌ国際バレエコンクール(仮)」を実施する予定だ。

Vitality.Swissでは、ヘルシーライフの分野と連携をはかり、同コンクールの歴代受賞者80人以上にもスポットライトを当て、関連するトークイベントの実施も計画している。会期は2023年2月3日(金)~15日(水)までを予定している。

0922_2022_Switzerland_105
株式会社東急文化村 運営事業部 部長 池田光宏氏

0922_2022_Switzerland_109
展覧会「ローザンヌ国際バレエコンクール(仮)」


Vitality.Swissでは、2025年の大阪・関西万博に登場するスイス・パビリオンで示される、スイスのヘルシーライフ、サステナビリティ、イノベーションへのより深い理解へとつながるプログラムを展開。また、Vitality.SwissはTeam Expoの共創パートナーとして、日本とスイスの多様な共創チャレンジの創出・支援をも担うものとなっている。興味を持った人は、Vitality.Swissのサイトを覗いてみよう。

Vitality.Swiss

ITライフハック
ITライフハック Twitter
ITライフハック Facebook

ITビジネスに関連した記事を読む
ネットワークとセキュリティのソリューションでビジネスを加速!ベライゾンジャパン、事業・ソリューション説明会を開催
世界で自由に活躍できる人を増やす!英語コーチングサービスを提供するプログリット、事業戦略説明会を開催
Web3テーマパークをイメージした体験型カンファレンス!「HONEYCON」を10月23日~24日に開催
国内最大級のスタートアップカンファレンスIVS!2023年6月に「IVS」「IVS Crypto」を京都で同時開催
スタッフの⼼の健康状態を⾒える化!5 秒の会話でメンタルヘルスチェックをする実証実験を実施

地球の歩き方 A18 スイス 2020-2021
地球の歩き方
2020-05-14




チューリヒ発 スイス鉄道旅行
イカロス出版
2017-04-13

PRO TREKとMAMMUTがコラボ!カシオ『PRW-61MA』

top

カシオ計算機は、本格アウトドアウオッチ“PRO TREK(プロトレック)”の新製品として、スイスのアウトドアブランド「MAMMUT(マムート)」とのコラボレーションウオッチ『PRW-61MA』を2022年11月18日に発売する。

■クロスバンドとソフトウレタンバンドを同梱
「MAMMUT」は、1862年にスイスで設立され、アウトドア用のウェアやシューズ、バックパックなどを展開。洗練されたデザインと高い機能性の融合により、アウトドアシーンはもちろんのこと、日常においても多くの人が愛用するブランドだ。

PRW-61MA/交換用バンド
PRW-61MA/交換用バンド


今回の『PRW-61MA』は、アーバンアウトドアスタイルの着こなしに最適な “PRO TREK”と「MAMMUT」のコラボレーションウオッチ。着用するシーンや服装によって付け替えて使用できるクロスバンドとソフトウレタンバンドを同梱。メインのクロスバンドには、「MAMMUT」オリジナルの「Alpine AOP(All Over Print)」と呼ばれる雪山の壮大な景色をイメージしたモノクロ柄をプリントしながら、同ブランドのマンモスロゴをワンポイントとしてあしらった。

ソフトウレタンバンドは、遊環のマンモスロゴをアクセントに、日常の服装にも合わせやすいブラックでシンプルにまとめている。さらに「MAMMUT」のブランドカラーのオレンジを、文字板のブランドロゴや時分針、ボタンなど随所に差し色として配している。

雪山の壮大な景色をプリントしたクロスバンド
雪山の壮大な景色をプリントしたクロスバンド


また、「MAMMUT」では、生産プロセスから有害物質の使用を排除するなどサステナブルな製品展開を行い、一方の“PRO TREK”では、今年3月に同社で初めてエコ素材のバイオマスプラスチックを時計パーツに採用。同じアウトドアブランドで環境保全に取り組む姿勢が相通じることから、『PRW-61MA』でもサステナブルな素材を使用した。

クロスバンドにペットボトルなどを原料とした再生PET素材、ソフトウレタンバンドにトウゴマの種やトウモロコシから抽出した成分を含むバイオマスプラスチックを採用している。ケースや裏蓋にもバイオマスプラスチックを使用した。さらに、機能面では蛍光灯などのわずかな光でも駆動し、定期的な電池交換が不要なタフソーラーを搭載するなど、環境負荷低減に配慮している。

コラボレーションウオッチ『PRW-61MA』

ITライフハック
ITライフハック Twitter
ITライフハック Facebook

ITビジネスに関連した記事を読む
USB AとUSB Type-Cの2つのポートを搭載!持ち運びに便利な超小型モバイルタップ
75~105型のスクリーンに対応!耐水・高耐久生地採用した、プロジェクタースクリーンケース
GIGAスクール時代のお道具箱!「AkaDako STEAM BOX」
オンライン会議で顔の色合いや明るさを調節できる!調光機能搭載のクリップ式LEDライト
USB AとUSB Type-Cの2つのポートを搭載した電源タップ






バンドが21mm短くなる小型モデル!Shokz「OpenRun Pro Mini」、本日発売

sub2

Shokzは、ハイエンドモデル「OpenRun Pro」のラインナップとして、バンドを21mm短くした小型モデル「OpenRun Pro Mini」の販売を2022年10月27日10時より開始した。

■フィットするサイズを選択できる
ShokzのハイエンドモデルOpenRun Proは、独自のShokz TurboPitch™技術を搭載し、低音再生能力を高めた新世代フラグシップ骨伝導イヤホンとして好評の機種だ。

今回、新たに登場したOpenRun Pro Miniは、従来のOpenRun Proからバンドが21mm短くなった。これににより、フィットするサイズを選択できるようになった。

sub1


OpenRun Proの持つ性能はそのままに、小型化・軽量化を実現しているので、小さめの頭にもしっかりと安定した装着感を実現します。頭部にぴったりとしたフィット感を得たい人には特におすすめだ。

第9世代の骨伝導技術は、2つのCoreCushion(低音増強ユニット)をトランスデューサ内部に配置することで、これまで同様のクリアな中高音域再生とともに深みのある低音再生も実現している。

sub4


また、デュアルノイズキャンセリング・マイクが搭載されており、トレーニング中でも、クリアな音声コミュニケーションを楽しめる。急速充電にも対応し、5分間の急速充電で1.5時間の音楽再生に対応。フル状態で最大10時間の連続再生・連続通話が可能だ。

さらに、埃や湿気を寄せ付けないIP55を備えており、雨の日のアウトドアや、汗まみれのランニングなど、過酷な環境にも対応する。
ボディカラーは、ブラックとベージュの二色。

main


ハイエンドモデル 骨伝導イヤホン「OpenRun Pro」

ITライフハック
ITライフハック Twitter
ITライフハック Facebook

ITビジネスに関連した記事を読む
USB AとUSB Type-Cの2つのポートを搭載!持ち運びに便利な超小型モバイルタップ
75~105型のスクリーンに対応!耐水・高耐久生地採用した、プロジェクタースクリーンケース
GIGAスクール時代のお道具箱!「AkaDako STEAM BOX」
オンライン会議で顔の色合いや明るさを調節できる!調光機能搭載のクリップ式LEDライト
USB AとUSB Type-Cの2つのポートを搭載した電源タップ






自家製明太子を丸ごと1本!東京たらこスパゲティ「生七味と明太クリームスパゲティ」

sub7

とんかつ専門店「かつや」などを展開するアークランドサービスホールディングス株式会社の子会社、フィルドテーブル株式会社は、たらこスパゲティ専門店「東京たらこスパゲティ」にて新メニュー「生七味の明太クリームスパゲティ」の期間限定販売を開始した。

■自家製明太子を濃厚なクリームで
​寒さが身に染みるこの時期にぴったりな濃厚クリームと、自家製明太子を丸ごと1本堪能できる「生七味の明太クリーム」の販売を開始した。

main


【深みを味わう3つの生】
①生明太子は丸ごと1本
②生クリームのコク
③生七味が和のアクセントに

東京たらこスパゲティで提供する明太子の原料であるたらこは、皮が薄く粒立ちの良い高品質の真子(まこ)を使用している。明太子は毎日店舗にて手作りで仕込み、爽やかな辛みや柑橘が香る生明太子を丸ごと1本盛り付けた。

自家製明太子を具材として味わったり、濃厚でコクのある味わいのクリームソースに混ぜながら自分好みの明太子感を楽しめる。

またクリームと相性のよい七味は、フレッシュな香りと食感の「生七味」を使用し、味にアクセントに加えた。東京たらこスパゲティでしか味わえない「生七味の明太クリームスパゲティ」を楽しめる。

■商品概要
販売開始日 2022年10月26日(水)
〇生七味の明太クリームスパゲティ 1,290円 (税込1,419円)
sub7


〇その他店内メニュー
sub10


たらこスパゲティ専門店「東京たらこスパゲティ」

ITライフハック
ITライフハック Twitter
ITライフハック Facebook

ITビジネスに関連した記事を読む
丸亀製麺、『うま辛担々うどん』“タル鶏”の新作!2種類のタルタルソースの『タル鶏南蛮ぶっかけうどん』
キービジュアルを使用した豪華グッズが景品に!アニメ『ダイの大冒険』の「eeoくじ」
ピザハットのおひとり様ピザが「ジョブチューン」満場一致合格!達成記念ワンコイン「500円(税込)」キャンペーン
蓄光粒子を用いた積層マーブルベゼルで太陽フレアを表現!“G-SHOCK”誕生40周年記念モデル第一弾「Flare Red」
公式ライセンス商品!『SPY×FAMILY』ウィンターデザインケーキが登場






デスク上を整理できる!クランプ固定で2段式の机上台

sub1

サンワサプライ株式会社が運営している直販サイト『サンワダイレクト』は、クランプ固定なので後から簡単に拡張できるデスク上収納ラックを「101-MR186」を2色展開で発売した。

■クランプ取り付けの机上台
本製品はモニターの上下や壁面といったデッドスペースを収納スペースに変えることができるクランプ取り付けの机上台。

main


棚板は9段階(6cmピッチ)での調整が可能で、モニターやスピーカー、周辺機器をしっかり収納できる。

sub2


モニターを上げる事で目線を高くして姿勢の改善が期待できる。

sub3


上段・下段はそれぞれで高さを調整できるので、モニターやノートパソコンなど機器に合わせて調整可能だ。

sub4


クランプで固定して設置をするため、しっかりと固定できる。

sub5


接地面には滑り止めシール付き。

sub6


本製品のサイズは約W600×D250×H632mm、 重量は約5.4kg。

<主な仕様>
製品カラー:ライトブラウンとブラウン
製品サイズ:約W600×D250×H632mm
重量:約5.4kg
総耐荷重:20kg
材質:棚板/木製(MDF)+PVC貼り
出荷形態:ノックダウン組立式(お客様組立)

机上ラック 幅60cm(ライトブラウン)「100-MR186LM」

ITライフハック
ITライフハック Twitter
ITライフハック Facebook

ITビジネスに関連した記事を読む
丸亀製麺、『うま辛担々うどん』“タル鶏”の新作!2種類のタルタルソースの『タル鶏南蛮ぶっかけうどん』
キービジュアルを使用した豪華グッズが景品に!アニメ『ダイの大冒険』の「eeoくじ」
ピザハットのおひとり様ピザが「ジョブチューン」満場一致合格!達成記念ワンコイン「500円(税込)」キャンペーン
蓄光粒子を用いた積層マーブルベゼルで太陽フレアを表現!“G-SHOCK”誕生40周年記念モデル第一弾「Flare Red」
公式ライセンス商品!『SPY×FAMILY』ウィンターデザインケーキが登場






ITライフハックやlivedoor ニュースのIT記事をサクサク読めてシェアできるアプリ

  • iPhone版はこちら
  • Android版はこちら
カテゴリ
月別アーカイブ
配信メディア
ITライフハックは以下のニュースサイトにも記事を配信しています。
記事検索
このサイトについて

ITライフハックで原稿(有償原稿)を執筆したいというプロのライターさんからの売り込みも受け付けていますので、興味をもっていただけましたら、これまでの実績等を含めてお気軽にご連絡ください。ただし、必ずお返事するわけではありません。執筆依頼は編集部から行います。また必ず校正及びファクトチェックが入ります。

>>詳しくはこちらへ

ITライフハック代表
関口哲司

日本大学大学院理工学研究科後期博士課程修了。理学博士。日本物理学会会員。データサイエンティスト協会会員。IT系記事を中心に著書多数。原稿の依頼歓迎。

>>詳しくはこちらへ

連絡先:itlifehack【at】mediabank.jpn.com
プレスリリース:press【at】mediabank.jpn.com
【at】は@
Twitterアカウント:@ITlifehack
  • ライブドアブログ