ITライフハック

#渡辺信明

商品情報管理(PIM)のContentserv ラウンドテーブル!「病いと生きる。希望と生きる。写真展~まだ見ぬ答えを、生み出す未来へ~」初日オープニング発表会

0311_2024_Contentserv_049

商品情報管理(PIM)ソリューションのグローバルリーダーであるContentservは2024年3月11日(月)、報道関係者向けに日本国内では初となるラウンドテーブルを開催した。ラウンドテーブルでは、国内のメディア向けに、PIM市場についての解説と日本国内における今後の戦略を発表した。ラウンドテーブルは、株式会社Contentserv 代表取締役社長 渡辺信明氏の挨拶から始まった。渡辺氏はソフトウェアのエンジニアからキャリアを始め、クラウドCRM関連事業に約10年間従事したのち、商品情報に着目し、同社を設立した。現在、日本・アジア市場での商品情報管理(PIM):Product Information Management)の普及を目指している。

日本製薬工業協会は、公益社団法人日本臨床腫瘍学会、一般社団法人日本癌学会、一般社団法人日本癌治療学会、一般社団法人CancerXの4団体の協力を得て、梅田 蔦屋書店にて3月25日(月)より「病いと生きる。希望と生きる。写真展 ~まだ見ぬ答えを、生み出す未来へ~」を開催中だ。開催は、3月31日(日)まで。開催初日の3月25日(月) には、初日オープニング発表会が実施された。当日は、日本製薬工業協会 会長の上野 裕明氏より開催趣旨などの説明があった。さらに本写真展に協力した日本癌治療学会所属 大阪大学 大学院医学系研究科 医学科教育センター 高橋 剛氏、ダカラコソクリエイト 発起人・世話人 / カラクリLab. オーナー 谷島 雄一郎 氏、ポートレートを撮影したハービー・山口氏とともに、医療従事者、患者さん、製薬企業等のそれぞれの立場における医薬・医療領域での課題や挑戦、撮影時のエピソードや未来に向けた想いなどをテーマにトークセッションがあった。

360°回転するハンドルを搭載!Apple 第4~6世代、iPad Pro 12.9インチ用耐衝撃ケース
サンワサプライ株式会社は、360度回転するハンドルを搭載したApple 第4~6世代iPad Pro 12.9インチ用耐衝撃ケース「PDA-IPAD2017BK」を発売した。「PDA-IPAD2017BK」は、Apple 第4~6世代iPad Pro 12.9インチを衝撃から守る耐衝撃ケース。専用設計なので、ケースに入れたままでカメラ撮影、各種スイッチやコネクタを使用できる。片手での操作が安定するハンドベルト付きです。ベルトに手を通したまま、360°回転するので使いたい角度にすぐ調整できる。背面のスタンド部分を起こすとiPadを立てて使用できる。横置き、縦置きの両方に対応している。首にかけることでiPadの落下を防ぐショルダーベルト付きです。ベルトにはバックルが付いているので、簡単に着脱が可能だ。ケースの四隅にストラップホールが付いており、ベルトの取付け位置を変えることで縦・横どちら向きでも使用できる。


商品情報管理(PIM)で、日本企業を支援!Contentserv ラウンドテーブル
商品情報管理(PIM)ソリューションのグローバルリーダーであるContentservは2024年3月11日(月)、報道関係者向けに日本国内では初となるラウンドテーブルを開催した。ラウンドテーブルでは、国内のメディア向けに、PIM市場についての解説と日本国内における今後の戦略を発表した。ラウンドテーブルは、株式会社Contentserv 代表取締役社長 渡辺信明氏の挨拶から始まった。渡辺氏はソフトウェアのエンジニアからキャリアを始め、クラウドCRM関連事業に約10年間従事したのち、商品情報に着目し、同社を設立した。現在、日本・アジア市場での商品情報管理(PIM):Product Information Management)の普及を目指している。


飽くことなき「美」への探求!大坂寛新作展『モノクロ ヌード&風景 8×10』【Art Gallery M84】
Art Gallery M84は、 2024年5月13日(月)より大坂寛新作展『モノクロ ヌード&風景 8×10』を開催する。今回の作品展は、Art Gallery M84の第140回目の展示として実施する写真家 大坂寛の個展だ。日本でヌード作品は、もう見ることが出来なくなるのだろうか?  綺麗なヌード写真を見たいと思っている人がいるのに、日本でヌード作品の展示は激減しています。皆無に近いとさえ言えるこの状況にあえてヌード作品に挑戦する写真家 大坂寛。


4種チーズのクラフトバンズ×ジューシーな直火焼きビーフ!バーガーキング、『ダブチェ・アグリーバーガー』『チーズアグリーバーガー』
株式会社ビーケージャパンホールディングスは、2024年3月22日(金)より、こだわりぬいた人気シリーズ「アグリーバーガー」から、4種のチーズをふんだんに使用し、手作業で丁寧に焼き上げたこだわりの“4種チーズのクラフトバンズ”を使用した本格ダブルチーズバーガー『ダブチェ・アグリーバーガー』、チーズと豊富な野菜のおいしさを楽しめる『チーズアグリーバーガー』2商品を新発売した。『ダブチェ・アグリーバーガー』は期間限定で新発売、『チーズアグリーバーガー』は待望の定番メニュー入りとなる。


医薬・医療領域の課題を啓発する写真展!「病いと生きる。希望と生きる。写真展~まだ見ぬ答えを、生み出す未来へ~」初日オープニング発表会
日本製薬工業協会は、公益社団法人日本臨床腫瘍学会、一般社団法人日本癌学会、一般社団法人日本癌治療学会、一般社団法人CancerXの4団体の協力を得て、梅田 蔦屋書店にて3月25日(月)より「病いと生きる。希望と生きる。写真展 ~まだ見ぬ答えを、生み出す未来へ~」を開催中だ。開催は、3月31日(日)まで。開催初日の3月25日(月) には、初日オープニング発表会が実施された。当日は、日本製薬工業協会 会長の上野 裕明氏より開催趣旨などの説明があった。さらに本写真展に協力した日本癌治療学会所属 大阪大学 大学院医学系研究科 医学科教育センター 高橋 剛氏、ダカラコソクリエイト 発起人・世話人 / カラクリLab. オーナー 谷島 雄一郎 氏、ポートレートを撮影したハービー・山口氏とともに、医療従事者、患者さん、製薬企業等のそれぞれの立場における医薬・医療領域での課題や挑戦、撮影時のエピソードや未来に向けた想いなどをテーマにトークセッションがあった。


ITライフハック
ITライフハック X(旧Twitter)
ITライフハック Facebook
ITライフハック YouTube

ITビジネスに関連した記事を読む
オートロック付きマンションでも、置き配が可能!「Pabbit(パビット)」とは
オペレーション業務の最適化から、ゲストの顧客満⾜度向上まで!X1StudioのホテルDX ソリューション「hotelOS」とは
社内外の文書の回覧・承認、電子印鑑の捺印を行えるクラウドサービス!シヤチハタ、「Shachihata Cloud」ラウンドテーブルを実施
高校生限定、3月23日開催!iU「デザイン思考で考える 共創フェス2024〜アイデアソン〜」
ネコ侍、参上!猫の日にXをねこだらけにする「リートンとAIにゃーとん」チャリティキャンペーン






商品情報管理(PIM)で、日本企業を支援!Contentserv ラウンドテーブル

0311_2024_Contentserv_060

商品情報管理(PIM)ソリューションのグローバルリーダーであるContentservは2024年3月11日(月)、報道関係者向けに日本国内では初となるラウンドテーブルを開催した。ラウンドテーブルでは、国内のメディア向けに、PIM市場についての解説と日本国内における今後の戦略を発表した。

■付加価値も伝えて初めて売れる時代へ
ラウンドテーブルは、株式会社Contentserv 代表取締役社長 渡辺信明氏の挨拶から始まった。
渡辺氏はソフトウェアのエンジニアからキャリアを始め、クラウドCRM関連事業に約10年間従事したのち、商品情報に着目し、同社を設立した。現在、日本・アジア市場での商品情報管理(PIM):Product Information Management)の普及を目指している。

「顧客情報は重視されているものの、商品情報管理(PIM)が整理されていないことに気付きました。その解決策として、Contentservというソリューションを見つけ出し、日本およびアジア市場で展開することに至りました。」と、会社設立の経緯を説明した。

Contentservは、商品情報管理(PIM) 、デジタルアセット管理(DAM) を統合したProduct Experience Cloud を提供している。正確でリッチな商品情報と関連する画像・動画等の一元管理機能に加えて、1000以上の広告プラットフォームやマーケットプレイス、Eコマースサイトとの連携が可能となる。Contentservは、世界89カ国の製造業や小売業において、営業、マーケティング、経営企画、製品開発、情報システム等さまざまな部⾨で利用されている。

0311_2024_Contentserv_049
株式会社Contentserv 代表取締役社長 渡辺信明氏


新しい商品情報が出た際、マーケティング担当は社内のデータベースだけでなく、カタログやパンフレット、ECサイト情報なども更新しなければならない。企業が管理しなければならない商品情報は⾮常に膨⼤・複雑で、多くの企業が部⾨ごとにデータ管理をしており、部⾨横断的なデータ共有が⼗分にできていないのが現状だ。

同社のPIMソリューションを活用すれば、自社商品のスペック・画像といった商品情報を一元管理し、Webカタログやパンフレット、代理店向け資料、ECサイトといったさまざまなチャネルと一気通貫で連携させることができる。日本企業がPIMをうまく活用すれば、デジタル化による購買行動の変化に機敏に適応することが可能だ。日本企業は一刻も早く、省人化と効果的なプロモーションを実現し、世界に追い付かなければならない。そういう状況からPIMは、2024年以降のビジネストピックとしてますます注目を集めている。

「作ったら売れる時代から、作っただけでは売れない、お客様が必要する情報に加え商品の付加価値も伝えて初めて売れる時代へと変貌しています。過去の成功体験から、よい商品を作れば売れるという考えから、日本企業は脱却できていません。」と、PIMの有用性を強調した。

ラウンドテーブルでは、Contentservが提供する「商品体験管理(PXM)」の紹介もあった。PXMは、従来のPIMシステムをパーソナライズされた商品体験エンジンに変換する。このエンジンによって、お客様がどこにいても、また誰であっても、チャネル、場所、ニーズに基づいてパーソナライズされた商品コンテンツを文脈に合わせて提供し、エモーショナルなつながりを生み出す。お客様の要望やニーズに応じたリアルタイムの商品推奨、セット商品、動的コンテンツによって、商品ページでのアップセルやクロスセルの量と質を改善することができる。

0311_2024_Contentserv_025
Contentservが提供する、商品体験管理(PXM)


渡辺氏は、現在のPIM市場についての解説と今後の戦略を明らかにした。
PIM市場は毎年平均で14%という急拡⼤を見せている。これまではB to Bのグローバル製造業を中心にPIM導入が進んできたが、コロナの影響でEC市場が拡⼤、小売業企業での導入が増加した。主に北米・アジア太平洋地域において目覚ましい発展を遂げている。日本国内においても市場拡⼤を受け、すべての販売チャネルとタッチポイントに最適な商品コンテンツを管理する「商品コンテンツシンジケーション」という新たなソリューションを追加するに至った。

商品コンテンツシンジケーションは、すべての販売チャネルとタッチポイントに最適な商品コンテンツをシンジケートする。商品コンテンツを複数のマーケティングチャネルに自動的に提供する。具体的な洞察を活かして、チャネルエコシステム全体で一貫したパーソナライズ体験を実現し、特定のターゲットにトラフィックを誘導する。その結果、さまざまなタッチポイントとチャネルで商品の存在感を向上することができる。

「日本の成功事例をアジアの企業、日本企業のアジア支店に輸出して、アジアで1番のPIMベンダーを目指します。そのために昨年、シンガポールに支店を開設し営業を開始しました。アジアでのベストプラクティスを逆輸入したり、そのためのコミュニティの設立も考えています。」と、渡辺氏は今後の戦略を明らかにした。

0311_2024_Contentserv_005
株式会社Contentserv 代表取締役社長 渡辺信明氏


■電通デジタルとパートナーシップを締結
ラウンドテーブルでは、サプライズとして電通デジタルとパートナーシップを締結したことも発表された。
電通デジタルは、これまでDX領域において、企業へのDAM製品の導入コンサルティングと実装の支援を行っており、オンライン/オフラインを問わずマーケティング活動に係るデジタルアセットの管理と利用の効率化を推進している。Contentserv社のPIM/DAM統合ソリューションは、商品データの収集・共有・展開において豊富な機能群とユーザビリティを提供することで、データやコンテンツの運用プロセスを最適化した顧客体験の創出に実績がある。

本締結により、クライアント企業のDX推進支援において、DAMに加えてさらに広い業務領域を支援するPIMを掛け合わせた統合ソリューションを活用し、クライアント企業の社内に散在する商品情報を統合し、それらをEC、ECモール、WEBカタログ、代理店向け資料などの様々な販売システム・チャネルに対してシームレスに連携させることで、顧客が求める情報を最適かつスピーディーに提供することが可能となる。クライアント企業の現状業務を詳細に分析した上で、適切な顧客体験価値創出と業務効率化に向けた課題を洗い出し、同統合ソリューションにおけるツールの設計や設定、開発内容を鮮明化し実行することで、事業成長に貢献することができる。

「これからは大手のコンサルティングファームとの協業も強化しながら、グローバル全体でのプロジェクトのサポートも強化していきたいと考えています。」と、渡辺氏は会社の方針を明らかにした。

0311_2024_Contentserv_051
株式会社Contentserv 代表取締役社長 渡辺信明氏


株式会社Contentserv 代表取締役社長 渡辺信明氏が語る!欧州発・商品情報管理(PIM)「Contentserv(コンテントサーブ)」の魅力

YouTube:https://youtu.be/jSX_LuLvs6w

商品情報は顧客接点のラストワンマイルであり、商品の一部ともいえる。商品情報管理を制する者が、ビジネスを制すると言っても過言ではない。同社は全く新しい文脈的なな商品情報を管理する手法により、クライアントのデジタル革新を支援し、日本企業の発展に貢献する構えだ。営業利益だけでなく顧客満足度を上げるためにも、PIMを導入していない企業は一考の余地があるだろう。

株式会社Contentserv

ITライフハック
ITライフハック X(旧Twitter)
ITライフハック Facebook
ITライフハック YouTube

ITビジネスに関連した記事を読む
オートロック付きマンションでも、置き配が可能!「Pabbit(パビット)」とは
オペレーション業務の最適化から、ゲストの顧客満⾜度向上まで!X1StudioのホテルDX ソリューション「hotelOS」とは
社内外の文書の回覧・承認、電子印鑑の捺印を行えるクラウドサービス!シヤチハタ、「Shachihata Cloud」ラウンドテーブルを実施
高校生限定、3月23日開催!iU「デザイン思考で考える 共創フェス2024〜アイデアソン〜」
ネコ侍、参上!猫の日にXをねこだらけにする「リートンとAIにゃーとん」チャリティキャンペーン






カテゴリ
月別アーカイブ
配信メディア
ITライフハックは以下のニュースサイトにも記事を配信しています。
記事検索
特集



l

























このサイトについて

ITライフハックで原稿(有償原稿)を執筆したいというプロのライターさんからの売り込みも受け付けていますので、興味をもっていただけましたら、これまでの実績等を含めてお気軽にご連絡ください。ただし、必ずお返事するわけではありません。執筆依頼は編集部から行います。また必ず校正及びファクトチェックが入ります。

>>詳しくはこちらへ

ITライフハック代表
関口哲司

日本大学大学院理工学研究科後期博士課程修了。理学博士。日本物理学会会員。データサイエンティスト協会会員。IT系記事を中心に著書多数。原稿の依頼歓迎。

>>詳しくはこちらへ

連絡先:itlifehack【at】mediabank.jpn.com
プレスリリース:press【at】mediabank.jpn.com
【at】は@
Twitterアカウント:@ITlifehack
  • ライブドアブログ