ITライフハック

おりづるタワー

おりづるタワー×MUSIMPANEN!<中秋の名月> 秋の夜長を楽しむMoonスイーツ

top

おりづるタワーは、中秋の名月に合わせ、「MUSIMPANEN(ムッシムパネン)」との再コラボ商品として、秋の夜長を楽しむスイーツの新ペアリングメニューを期間限定で販売中だ。また、秋らしい新作のカクテルも同時販売スタートした。2022年9月25日(日)まで。(販売:株式会社広島マツダ子会社株式会社握手カフェ)

■ROOF TOP BAR 秋企画 ー 五感で楽しむMoon Light ー
過去最高の入館者数を記録し、好評のROOF TOP BAR 2022では、秋も新作メニューが続々登場。今秋は、夏企画で人気であった行列必至の広島洋菓子店“MUSIMPANEN(ムッシムパネン)"と再コラボが決定。"月あかり"をテーマに開発された、おりづるタワー限定のオリジナルケーキ『ブルームーン』が期間限定で登場する。カクテルと合うスイーツとのペアリングセットを楽しめる。(ペアリングセット税込1,800円)

また、「ムーンライトリバー」カクテルは、秋バージョンでマイナーチェンジ。月あかりが照らす夜空の色の深まりを表現し、バーテンダーが美しいグラデーションのカクテルに仕上げた。夜に浮かぶ月をイメージしたMUSIMPANENの特注マカロンを添えて、見た目も艶やかなカクテルだ。(税込1,200円)

展望台には香りのアロマも引き続き設置され、心落ち着く空間を提供する。月夜に照らされる街をながめ、吹き抜けの展望台から秋の心地よい風を感じてみてはいかがだろうか。

期間: 2022年9月8日(木)~ 9月25日(日)(中秋の名月に合わせて開催)

ペアリングセット③
限定ケーキ『ブルームーン』と『ムーンライトリバー』ペアリングセット(税込1,800円)ノンアルコール可


■秋の新作カクテル登場
今年秋のROOF TOP BARオリジナル新カクテルは、季節によってフルーツが変わるスムージーカクテルとして、三次産のピオーネを使用。果実感たっぷりの秋らしいカクテルに仕上げた。その他、広島初のクラフトジンで人気の「桜尾GIN」をベースに、秋が感じられるみずみずしい梨を使用することで、キリッと楽しめるカクテルが販売スタート。(9月8日(木)~9月30日(金)販売)
『秋の夜長をおりづるタワーのROOF TOP BARで、ぜひお過ごしください。』

三次ピオーネのスムージー
三次ピオーネのスムージー(税込1,200円)

梨のジントニック
梨のジントニック
(税込1,000円)


<ROOF TOP BAR 2022 営業時間>
【基本情報】
営業期間:6月1日(水)~9月30日(金) 火曜日定休
営業時間:18:30~23:00(L.O22:30)
料金:チャージ料1,000円(税込) ※ワンオーダー制
入場可能エリアは屋上展望台(18:30~)、12階「おりづる広場」は19:30~利用可能。

※「マジックアワ―」及び「ムーンライト」は天候に左右されやすいため、環境が整わない場合もある。
※ROOF TOP BAR 入口は電車通り沿い(北)側からの入場となる。日中の入口とは異なるので注意。
※おりづるタワーはオープンエアーのロケーションでコロナ禍でも安心安全に楽しめる空間を提供する。
※最新の営業時間はHPにて案内する。(握手カフェHP【ルーフトップバー】:https://www.orizurutower.jp/rooftopbar/2022/)
※今後の新型コロナウィルスの感染状況によって、内容が変更になる場合がある。

おりづるタワー HIROSHIMA ORIZURU TOWER

ITライフハック
ITライフハック Twitter
ITライフハック Facebook

カルチャーに関連した記事を読む
たまごの違いを楽しむ限定メニューを提供!「ヨード卵・光」の期間限定カフェをオープン
400円で提供!元気寿司・魚べいにて「まぐろづくしセット」、千両にて「400店舗記念まぐろづくし」
ノートパソコンや小物を整理して収納!パソコンケース2シリーズ
海鮮の天ぷらを贅沢に!『海鮮天丼/上・海鮮天丼』『海鮮天とじ丼』
ジューシーなつくね&カリッとももを一皿で!「てりたま合盛り定食」






江頭2:50も訪問!広島県を一望できる「おりづるタワー HIROSHIMA ORIZURU TOWER」

2592_0108

広島県は、春牡蠣グルメ、アート、自然など、春の広島ならではの魅力を広く知ってもらうために、2日間に渡るプレスツアーを実施した。
1日目は、広島市内のグルメスポット・大手町エリアにて、はしご酒のように店を何軒も周って『春牡蠣』を愉しむ「はしご牡蠣」にて、絶品春牡蠣グルメや牡蠣に合うクラフトビールを堪能した。続いて、世界遺産・原爆ドームの隣にオープンした新しい観光名所「おりづるタワー」へ。

晴れた日には2つの世界遺産を望める屋上展望台や広島土産を取りそろえた物産館をはじめ、広島ゆかりのアーティスト9名が戦後100年の節目となる「2045年」をテーマに願いをアートで描く、WALLARTPROJECT2045NINEHOPES"の公開制作を見学。その後は、広島県のナイトタイムエコノミーを推進するために昨年から開始した新たな取り組み「ひろしまナイトミュージアム」を体験するため、「ひろしま美術館」へと向かった。

■大人でも楽しい!すべり台、おりづる投入、WALL ART PROJECT "2045 NINE HOPES"
「おりづるタワー HIROSHIMA ORIZURU TOWER」は、広島の過去と現在、未来を一同に望むことができる唯一無二の空間だ。
原爆投下後、広島の復興と共に成長を続けることができた広島マツダが、広島県民への恩返しと、広島の新たな未来のためを想い、建設した。
入場料金は、大人1,700円、中・高生900円、小学生700円、 幼児( 4 歳以上)500円。

〇ひろしまの丘・カフェ
ひろしまの丘は、原爆ドームや平和記念公園など、広島を一望できる。
常設のカフェはテイクアウトのみ。広島の風を感じながらゆったりとした時間を過ごせる穴場だ。

2592_0119
ひろしまの丘・カフェ


〇すべり台“くるくるくーる”
スパイラルスロープ中央部に設置された 全長約70mでらせん状に連なるすべり台。専用の「スライドシート」 は 大人用と子供用の2種類があり、 大きめの大人用シートは2人乗りでの利用も可能だ。料金は、無料。

2592_0156
すべり台“くるくるくーる”


〇おりづる投入
おりづるタワー12F「おりづる広場」で体験可能。おりづるタワー専用の折紙で折ったおりづるを「おりづるの壁」に投入することができる。
料金は、100円
※おりづるの壁へのおりづるの投入の予約はできない

2592_0146
おりづる投入


〇WALL ART PROJECT "2045 NINE HOPES"
広島ゆかりのアーティスト9名が戦後100年後の「2045 年」をテーマに願いをアートで描くプロジェクト。今春GW完成予定 。
<参画アーティスト名>
土井紀子(どいきこ)/若佐慎一(わかさしんいち) )/SUIKO 田中美紀(たなかみき)/山本基(やまもともとい)/三枡正典(みますまさのり)/毛利まさみち(もうりまさみち)/三浦恒祺(みうらつねき)
※残り1名はシークレット画家。

2592_0172
WALL ART PROJECT "2045 NINE HOPES"

2592_0102
「おりづるタワー HIROSHIMA ORIZURU TOWER」の外観


取材した夜、江頭2:50の「エガちゃんねる」にアクセスすると、「おりづるタワー HIROSHIMA ORIZURU TOWER」がアップされていた。興味を持った人は、視聴してみよう。

ヒッチハイクで旅してきた。一生忘れられない旅になった。

YouTube:https://youtu.be/batYV4NqDr4

<詳細情報>
名称:おりづるタワー HIROSHIMA ORIZURU TOWER
住所:〒730-0051 広島県広島市中区大手町1丁目2−1
電話:082-569-6803
URL:https://www.orizurutower.jp/

ITライフハック
ITライフハック Twitter
ITライフハック Facebook

カルチャーに関連した記事を読む
年122日も座ったまま!?専門家が見る「イス時間」問題、解決法とポイントとは
ケーブル、タップ、ルーターなど、きれいに収納できる収納ボックス
ペットとの共生社会を目指す新プロジェクト!ユニ・チャーム「マナーウェアプレゼンツ GO WITH わんこ プロジェクト」発足記者会見
TVアニメ「呪術廻戦」とウエルシアグループがコラボ
灯台擬人化!? 豪華声優陣の語りに引き込まれるイベント「燈の守り人 ~幻想夜話~ 角島灯台/樫野埼灯台/経ヶ岬灯台@超声優祭2022」【ニコニコ超会議2022】



オリヅル【Orizuru】
広末勝次
2019-08-13



ITライフハックやlivedoor ニュースのIT記事をサクサク読めてシェアできるアプリ

  • iPhone版はこちら
  • Android版はこちら
カテゴリ
月別アーカイブ
配信メディア
ITライフハックは以下のニュースサイトにも記事を配信しています。
記事検索
このサイトについて

ITライフハックで原稿(有償原稿)を執筆したいというプロのライターさんからの売り込みも受け付けていますので、興味をもっていただけましたら、これまでの実績等を含めてお気軽にご連絡ください。ただし、必ずお返事するわけではありません。執筆依頼は編集部から行います。また必ず校正及びファクトチェックが入ります。

>>詳しくはこちらへ

ITライフハック代表
関口哲司

日本大学大学院理工学研究科後期博士課程修了。理学博士。日本物理学会会員。データサイエンティスト協会会員。IT系記事を中心に著書多数。原稿の依頼歓迎。

>>詳しくはこちらへ

連絡先:itlifehack【at】mediabank.jpn.com
プレスリリース:press【at】mediabank.jpn.com
【at】は@
Twitterアカウント:@ITlifehack
  • ライブドアブログ