ITライフハック

ふるさと納税

トラストバンクのふるさとチョイスが新型コロナ感染症拡大の影響を受けた事業者を支援する「ふるさと納税支援プロジェクト」で寄付1万件を突破

main

ふるさと納税総合サイト『ふるさとチョイス』を運営するトラストバンクが実施している、新型コロナウイルス感染症拡大の影響を受けた事業者を支援するふるさと納税プロジェクトにおいて、寄付件数が1万件を突破した。

トラストバンクは2020年3月4日、「新型コロナウイルス被害に関する支援」を開始し、現在、主に3つのプロジェクトを実施している。今回、感染拡大の影響を受けている事業者のお礼の品をもらって支援する取り組みで、寄付件数が1万件を突破したとのこと。

全国で感染が拡がっている新型コロナの影響は、地域の事業者にも甚大な影響を与えている。本プロジェクトでは、「給食関連」、「飲食関連」、「観光関連」、「花き関連」の事業者を支援するプログラムを立ち上げている。寄付者は、影響を受けている事業者のお礼の品を選んで寄付することで支援でき、さらにお礼の品を通じて地域の魅力を知ることができる。3月4日から4月1日までで、本プロジェクトを通じた寄付件数が1万件を突破した。

ふるさと納税を活用したクラウドファンディングは、自治体が立ち上げた新型コロナ対策に関するプロジェクトに寄付する支援。神奈川県は、同県が推進する新型コロナ対策の研究費などに充てるプロジェクト。佐賀県は、 NPO団体と連携し、国内の医療機関や介護施設への医療物資の提供など医療体制構築や、子どもの居場所にマスクや消毒液を供給するため資金調達プロジェクトなどを実施している。

またふるさとチョイスが昨年2月に立ち上げた“誰かのために寄付をする”プロジェクト「きふと、」を活用した仕組み。寄付者は、対象自治体に寄付をしてお礼の品を選ぶと、自分がもらうのではなく、こども宅食を運営するNPO団体などを通じて、子育て家庭にお礼の品を届けることができる支援だ。

■休校に伴い影響を受けた給食関連事業者を支援
新型コロナウイルス感染症拡大防止のために実施された全国の臨時休校に伴い、給食の食材を扱う事業者は相次ぐキャンセルと、行き場をなくした食材への対応に困惑が広がっている。日持ちしない食品や牛乳飲料などは廃棄せざるを得ないケースが多く、本来の売り上げが立てられないうえ食材の処分費用が発生するなど、学校給食に関わる多くの事業者の経営に影響が出ている。

▽開始時期:2020年3月4日
▽参加自治体・事業者:90自治体、 187事業者

■インバウンド減少・外出自粛による外食産業への大きな影響
新型コロナウイルス感染拡大を受けて外出や会合を自粛する動きが拡がり、飲食店などの外食関連事業者は収益減など大きな影響を受けている。寄付者は、飲食店を経営する事業者のお礼の品を選んで寄付することで、事業者の収益を支援することができる。

▽開始時期:2020年3月6日
▽参加自治体・事業者:165自治体、 622事業者

■インバウンド減少・外出自粛による観光業への大きな影響
新型コロナウイルス感染拡大対策として不要不急の外出を控える動きが拡がり、地域の観光関連事業者は収益減など大きな影響を受けている。地域のホテルや旅館、飲食店など観光産業に関わる事業者を支援する本プログラムでは、寄付者は、宿泊施設の宿泊券や地域の飲食店の飲食券、アクティビティの体験チケットなどのお礼の品を選んで、対象の自治体に寄付することで、寄付金の一部が事業者に届く仕組みだ。

また、新型コロナウイルス感染拡大が落ち着いた時期に、宿泊券や飲食券などを利用しにその地域に訪れることで、ふるさと納税以外の地域経済効果などの支援にもつなげることができる。

▽開始時期:2020年3月13日
▽参加自治体・事業者:193自治体、 734事業者

■イベント中止で注文キャンセルによる花き業への大きな影響
花きに関わる事業者の支援プログラムでは、卒業式や入学式、コンサートなどのイベント自粛に伴い、キャンセルなどが相次ぎ、経営に多大な影響を受けている花の生産者や園芸農家など花き関連の事業者が対象。寄付者は、生産者や農家が丹精込めて育てた花などのお礼の品を選び、寄付することで、花き関連事業者を支援することができる。

▽開始時期:2020年3月13日
▽参加自治体・事業者:47自治体、 57事業者

新型コロナウイルス被害に関する支援プロジェクトページ

ITライフハック
ITライフハック Twitter
ITライフハック Facebook

カルチャーに関連した記事を読む
もうこれでいいんじゃないか!?ビーズから究極の俺だけのゲーム空間「ゲーミングベッド」登場
小学生以下なら一風堂の「お子様ラーメン」が無料!春休み・お子さま応援キャンペーンを実施
N予備校が「Unity」を使った3D/2Dゲーム向けのプログラミングコースを新たに一般会員にも公開~春休みにUnityをマスターせよ~
ベネッセはコロナ対策を全学年でサポート!「こどもちゃれんじ」が遠隔でも幼稚園にいるような生活が送れる「オンライン幼稚園」を新規開園
スマホやPCから専門医に相談できる!東大病院18診療科でオンライン診療システム「CLINICS」を活用したオンライン・セカンドオピニオン外来を開始






ふるさとチョイスが新型コロナウイルス感染症の影響を受けた事業者を支援するふるさと納税プロジェクトを開始

main

ふるさと納税総合サイト「ふるさとチョイス」を企画・運営するトラストバンクは、ふるさと納税で新型コロナウイルス感染の影響を受けて業務が停止したり、キャンセルされた結果、深刻な状態に陥ってしまった事業者が提供するお礼の品をもらい、そうした事業者らを支援する「新型コロナウイルス被害事業者向け支援プロジェクト」を開始した。

■コロナウイルス感染拡大による突然の休業被害を支援
現在、新型コロナウイルス感染症拡大防止のために実施された全国の臨時休校に伴い、給食の食材を扱う事業者は相次ぐキャンセルと行き場をなくした食材への対応に困惑が広がっている。日持ちしない食品や牛乳飲料などは廃棄せざるを得ないケースが多く、本来の売り上げが立てられないうえ、食材の処分費用が発生するなど、学校給食に関わる多くの事業者の経営に影響が出ている。

これを受けてトラストバンクは、影響を受けた事業者がお礼の品を提供している自治体とともに、ふるさと納税による支援プロジェクトを立ち上げた。

第一弾目として、学校給食の停止などで食材を納品できなかった事業者のお礼の品を紹介する特設ページを「ふるさとチョイス」に開設した。ふるさと納税で対象事業者のお礼の品を選んで自治体に寄附することで、事業者の収益を支援することができる。

プロジェクトでは、観光や外食産業に関わる事業者向けの支援プログラムも随時開始する予定だ。

「新型コロナウイルス被害事業者向け支援プロジェクト」特設ページ

ITライフハック
ITライフハック Twitter
ITライフハック Facebook

カルチャーに関連した記事を読む
こんなところにもコロナの影響、観客のいない音楽会を生中継!ドワンゴが「niconico」でミューザ川崎シンフォニーホールと東京交響楽団による史上初の無観客コンサートを無料で生中継
新型コロナウイルスによる全国一斉臨時休校を受けベネッセが進研ゼミ「春の総復習ドリル」無償配布やライブラリー解放などによる小中高への学習支援を表明
コロナ蔓延で自宅作業すなわち自宅飯が増えることを受けクックパッドが有料機能の「人気順検索」の無料開放を実施
モスバーガーの新作スイーツ!抹茶とホワイトチョコが2層になったお手頃スイーツ「ひんやりドルチェ 柚子抹茶ショコラ」を発売
老いに対する意識を変えたい!現役介護福祉士兼モデルの上条百里奈さんが語る介護とは






AR・GPS・QRコードを活用してアニメの聖地巡礼を楽しむ。ふるさと納税「ガールズ&パンツァーうぉーく!」

体験レポート①

茨城県大洗町、Oaraiクリエイティブマネジメント、ソニー企業は、ふるさと納税の返礼品として提供を開始する、アニメやゲームの舞台となった場所をめぐることができるスマートフォンアプリ「舞台めぐり」を使った街なかオリエンテーリング「ガールズ&パンツァーうぉーく!」(以下、ガルパンうぉーく!)を2016年12月3日より開催する。

2012年に放送を開始した“戦車×少女”アニメ「ガールズ&パンツァー」の舞台となった茨城県大洗町は、“聖地”としてアニメファンから人気を集めたことにより大勢のファンが訪れている。大洗町では2016年9月15日より、ソニー企業が提供するアプリ「舞台めぐり」を活用した新しいスタイルの「“行ける”ふるさと納税」の申し込み受付を開始。本納税プランの返礼品として「ガルパンうぉーく!」が用意される。

大洗町では、クレジットカード決済の導入、ふるさと納税ポータルサイト「ふるぽ」 への登録、返礼品の種類拡充(26種→230種)という3つの施策を行った結果、昨年のふるさと納税額が2億円に達したとのこと。そこで今年から新たな返礼品として“体験型”の「ガルパンうぉーく!」をラインナップすることにより、モノを買うだけではなく、大洗町を実際に訪れて楽しむことで“第2のふるさと”としてもらいたいという狙いがある。

なお「ガルパンうぉーく!」は、ふるさと納税者向けの体験チケット受付を開始するが、2017年からは納税者以外の人でも楽しめるよう体験チケットの提供を予定している。

「ガルパンうぉーく!」ではキャラクターから出される様々なミッションをクリアすべく、GPSを使って指定されたスポットをめぐり、ARやQRコード機能でキャラクターとのコミュニケーションをとっていく。ルートは全部で5種類あり、好きなキャラクターを選ぶことができる。アプリ内のマップで現在地や目的地を確認することができるため、大洗町を訪れるのは初めてという参加者も特に迷うことなく街めぐりを楽しめる。

「ガルパンうぉーく!」ではパネルについているQRコードをアプリで読み取ると、キャラクターからその店舗や施設に関する情報を聞くことができるため、アプリのストーリーを進めつつ町に関する知識も深めることができる。キャラクターが教えてくれる、アニメにちなんだご当地フードを片手に町を散策したり、地域の人々との会話を楽しみながらストーリーを進めることができる。

1つのキャラクタールートをコンプリートするのにかかる時間は、約3時間を想定しているが、5ルート全てをクリアした人には、「大洗ガルパンギャラリー」にて「認定証」を配布する予定となっている(先着3,000名限定)。

体験レポート②

体験レポート③

体験レポート⑤

©GIRLS und PANZER Film Projekt

大洗町

ITライフハック
ITライフハック Twitter
ITライフハック Facebook

カルチャーに関連した記事を読む
「深夜食堂」の松岡錠司監督が発売を待ちわびる人々を描いた「人喰いの大鷲トリコ」WebCMを公開
楽天リサーチ、「クリスマスに関する調査」結果を発表。20代~30代男性の3割以上が「1人で過ごす」
今年も「おみくじのフチ子 パステル」を発売
「SDガンダム ジージェネレーション ジェネシス」のWeb動画「はたらくモビルスーツ」篇公開
新宿南口高架下「にサナギ 新宿」がオープン





宮崎県日南市のふるさと納税返礼品にダイヤモンド・プリンセスでの豪華クルーズ旅行商品が登場

日本生まれの大型豪華客船ダイヤモンド・プリンセスで巡るクルーズの旅「にっぽん南国めぐりと韓国8日間」(日程:8月24日(水)~8月31日(水))が、宮崎県日南市で実施しているふるさと納税の返礼品として取り扱われることが決定した。
続きを読む

ITライフハックやlivedoor ニュースのIT記事をサクサク読めてシェアできるアプリ

  • iPhone版はこちら
  • Android版はこちら
最新記事
QRコード
QRコード
カテゴリ
月別アーカイブ
配信メディア
ITライフハックは以下のニュースサイトにも記事を配信しています。
記事検索
このサイトについて

ITライフハックで原稿(有償原稿)を執筆したいというプロのライターさんからの売り込みも受け付けていますので、興味をもっていただけましたら、これまでの実績等を含めてお気軽にご連絡ください。ただし、必ずお返事するわけではありません。執筆依頼は編集部から行いまず。また必ず校正及びファクトチェックが入ります。

>>詳しくはこちらへ

ITライフハック代表
関口哲司

日本大学大学院理工学研究科後期博士課程修了。理学博士。日本物理学会会員。データサイエンティスト協会会員。IT系記事を中心に著書多数。原稿の依頼歓迎。

>>詳しくはこちらへ

連絡先:itlifehack【at】mediabank.jpn.com
プレスリリース:press【at】mediabank.jpn.com
【at】は@
Twitterアカウント:@ITlifehack
  • ライブドアブログ