ITライフハック

まぜるシェイク

栃木県産の希少ないちごを使用!モスバーガー「まぜるシェイク いちご」

2592_main

モスバーガーを展開する株式会社モスフードサービスは、2022年3月24日(木)~2022年5月中旬まで、全国のモスバーガー店舗(一部店舗除く)にて、「まぜるシェイク いちご」を期間限定で新発売する。同時に、「まぜるシェイク ほろにが抹茶」「まぜるドリンク アイス塩キャラメルラテ<クリスマス島の塩®使用>」も発売する。

■栃木県産の高級いちご『スカイベリー』を使用したシェイク
モスバーガーでは、日本で生まれたハンバーガーチェーンとして、日本各地の食材や特色を活かした全国一律ではない魅力ある商品づくりを行っている。昨年は“地元愛”をテーマに、各地の地域活性化や、コロナ禍の影響を受けた生産者の方々を応援する取り組みとして、地域の特産品を使った「まぜるシェイク」を全国で販売した。

今回は、栃木県産の高級いちご『スカイベリー』を使用したシェイクを新発売します。『スカイベリー』は、栃木県のいちご研究機関である「いちご研究所」が開発し、2014年に登録された品種で、生産量も少なく貴重ないちごだ。新型コロナウイルスの影響により業務用需要が落ち込んだことから、「『スカイベリー』を使った商品ができないか」とのご相談をいただき、今回の商品開発に至った。

また、2019年5月から2021年3月まで定番商品として販売し、好評を得た「まぜるシェイク ほろにが抹茶」も復活販売する。さらに、エスプレッソのほのかな苦みとミルクのまろやかな甘みを感じるアイスカフェラテに、クリスマス島の塩®※1を使用したキャラメルソース※2を合わせた「まぜるドリンク アイス塩キャラメルラテ<クリスマス島の塩®使用>」を数量限定で新発売する。各ドリンクは、セット価格に100円足すと、セットメニューのドリンクとしても選べる。
※1クリスマス島の塩®はクリスマス・アイランド21株式会社の登録商標。
※2キャラメルソースに含まれる食塩は、97.2%がクリスマス島で製造されたもの。

2592_sub1
まぜるシェイク いちご


〇「まぜるシェイク いちご」(Sサイズ310円、Mサイズ380円)※新商品/期間限定
※ソースに栃木県産スカイベリーを使用し、果肉2.8%です。
モスのバニラシェイクに、栃木県産『スカイベリー』を使用した濃厚ないちごソースを合わせた。『スカイベリー』は、非常に大粒で1粒が25g以上になる割合が高く、甘みと酸味のバランスが良くまろやかな味わいが特長だ。いちごソースには食感を出すために瀬戸内産のエコレモン※3の皮とチアシードを加えている。甘酸っぱいいちごの味わいが、春の季節にぴったりのドリンク。いちごソースとバニラシェイクを混ぜ合わせながら楽しめる。
※3エコレモンとは環境ホルモンの疑いがある農薬は一切使わない、防かび剤・ワックス不使用の広島県瀬戸田町産のレモンのこと。

2592_sub2
まぜるシェイク 抹茶


〇「まぜるシェイク ほろにが抹茶」
(Sサイズ310円、Mサイズ380円)※定番商品
程よい苦みと甘みが特徴の鹿児島県志布志市産の茶葉を使用した抹茶ソースに、バニラシェイクを合わせた。茶葉は、コクのある「ゆたかみどり」、旨みのある「さえみどり」と「おくみどり」を中心にブレンドし、深い緑色の渋みの少ない味わいに仕上げた。抹茶ソースとバニラシェイクを混ぜながら飲むドリンク。

2592_sub3
アイス塩キャラメルラテ


〇「まぜるドリンク アイス塩キャラメルラテ<クリスマス島の塩®使用>」
(Mサイズ380円)※新商品/数量限定、なくなり次第終了
エスプレッソのほのかな苦みと、ミルクのまろやかな甘みを感じるアイスカフェラテに、クリスマス島の塩®を使用したキャラメルソースを合わせた。クリスマス島の塩®は、北海道産のバターと練乳を使用したキャラメルソースとも相性が良く、アイスにしてもまろやかな甘みが楽しめる。

<クリスマス島の塩®について>
「クリスマス島」は、ハワイの南約2000kmに位置するキリバス共和国に属する赤道直下の島です。1777年12月24日のクリスマスイブにキャプテンクックがこの島に上陸したことに由来して命名された。クリスマス島の海水を太陽と風の力だけで3ヶ月かけて自然に濃縮・結晶化して作られる。強い塩味がなく、まろやかな甘みを感じられる。

<新商品概要>
商品名・価格:「まぜるシェイク いちご」(Sサイズ310円、Mサイズ380円)
        「まぜるドリンク アイス塩キャラメルラテ<クリスマス島の塩®使用>」(Mサイズ380円)
販売期間  :「まぜるシェイク いちご」
         2022年3月24日(木)~2022年5月中旬 *新商品/期間限定
        「まぜるドリンク アイス塩キャラメルラテ<クリスマス島の塩®使用>」
         2022年3月24日(木)~ *新商品/数量限定(なくなり次第終了)
販売店舗  : 全国のモスバーガー店舗(一部店舗除く)

<定番商品概要>
商品名・価格: 「まぜるシェイク ほろにが抹茶」(Sサイズ310円、Mサイズ380円)
販売期間  : 2022年3月24日(木)~  *定番商品
販売店舗  : 全国のモスバーガー店舗(一部店舗除く)
※本資料中の価格は全て税込。

モスバーガー

ITライフハック
ITライフハック Twitter
ITライフハック Facebook

カルチャーに関連した記事を読む
焼肉きんぐ、春期間限定!「焼肉は自由だ! ~キャンプ編~ 」フェア
4月22日から全国アニメイト・アニメイト通販で開始!「ジャンプフェア in アニメイト2022」
脚を伸ばしてリラックスできる!角度調整機能付きオットマン
『ゆるキャン△』と『日清カレーメシ』のコラボが決定!「外でカレーメシキャンペーン」
赤城フーズ×ファーストキッチン!赤城フーズのカリカリ梅とのコラボバーガーで”和の旨味”






モスバーガー、まぜるシェイク!「赤肉メロン<北海道>」「湘南ゴールド<神奈川>」を発売

メロン

モスバーガーを展開する株式会社モスフードサービスは、現代に求められるエシカル消費の取り組みとして、北は北海道から南は九州、沖縄までを全国8エリアに分けて、地域食材を使用した「まぜるシェイク」を全国で販売するリレー企画を行っている。今回は第3弾として、全国のモスバーガー店舗(一部店舗除く)にて、北海道産の“赤肉メロン”と、神奈川県産の“湘南ゴールド”を使用した「まぜるシェイク」を2021年5月20日より発売した。7月中旬まで。

■ご当地食材を使用したシェイク
モスバーガーでは、日本で生まれたハンバーガーチェーンとして、日本各地の食材や特色を活かした全国一律ではない魅力ある商品づくりを行っている。昨年も“地元愛”をテーマに、地域活性化・地産地消を応援する取り組みとして、地域の特産品を使った「まぜるシェイク」を地域限定で販売した。そこで、コロナ禍で移動や旅行が困難な中、今年2月からは各地域の名産品を全国の人に知ってもらうと共に、地元にいて全国8エリアの名産品が楽しめる企画をリレー方式で行っている。

これは、各エリアからご当地食材を一つずつ選び「まぜるシェイク」(計8商品)を全国のモスバーガー店舗で販売する企画で、第1弾では近畿エリアの和歌山県産“紀州南高梅”と中国エリアの鳥取県産“二十世紀梨”、第2弾では東海エリアの愛知県産“ベニほっぺ”と北陸エリアの新潟県産“ル レクチエ”を使用したシェイクを販売した。地元はもとより全国各地で好評を得て、販売期間より早く終売するほどの反響だった。

第3弾の今回は、北海道産“赤肉メロン”を使用した「まぜるシェイク 赤肉メロン<北海道>」と、神奈川県産“湘南ゴールド”を使用した「まぜるシェイク 湘南ゴールド<神奈川>」を販売する。今後は、第4弾までを予定している。
sub1

〇「まぜるシェイク 赤肉メロン<北海道>」(Sサイズ310円、Mサイズ380円)
※ソースに北海道産赤肉メロンを使用し、果肉1.1%。

北海道産の“赤肉メロン”を使用したソースに、モスシェイク バニラを合わせたシェイク。北海道を代表する夏の風物詩の“赤肉メロン”は、主に富良野産を使用している。生産地の富良野盆地は一日の寒暖差が大きく、メロンの栽培に適した気候だ※1。“赤肉メロン”は、甘み、香りともに青肉よりも強く、濃厚な味わいが特長。シロップには、メロンの果肉と甘さ控えめでコクのあるビート糖※2を使用し、富良野産メロンのおいしさを最大限に引き出した。シロップの濃厚な甘みと、やさしいバニラシェイクがよく合っている。
※1 JAふらのHPより(https://www.ja-furano.or.jp/products/melon/)
※2 北海道で生産されるヒユ科の植物「てん菜」の根から作られる砂糖
sub2
「まぜるシェイク 赤肉メロン<北海道>」

〇「まぜるシェイク 湘南ゴールド<神奈川>」(Sサイズ310円、Mサイズ380円)
※ソースに神奈川県産湘南ゴールドを使用し、果汁1.0%。

神奈川特産の“湘南ゴールド”を使用したソースに、モスシェイク バニラを合わせました。“湘南ゴールド”は、『黄金柑(ゴールデンオレンジ)』と温州みかん『今村温州』をかけ合わせて生まれた柑橘で、神奈川県農業技術センターが12年かけて開発し、2003年に品種登録された。現在は、ブランド化が進められ、『かながわの名産100選※3』や『かながわブランド※4』にも選ばれている。上品な甘さと酸味、さわやかな香りが特長の“湘南ゴールド”に、やさしい味わいのバニラシェイクを合わせることで、柑橘類の華やかな香りが広がるシェイクに仕上げた。
※3 神奈川県の伝統と風土に培われた、工芸品、加工食品、農林水産品の中から県民の方や各団体等からの推薦を受けて、県が
選定したものです。(https://www.kanagawa-kankou.or.jp/?p=we-page-entrylist&spotlist=21448&type=spot&cat=21311)
※4 神奈川県と生産者団体で構成する「かながわブランド振興協議会」が、統一の生産・出荷基準を守り、一定の品質を確保す
るなどの要件を満たしている農林水産物や加工品を「かながわブランド」として登録したもの。
(https://www.pref.kanagawa.jp/docs/vw7/brand/contentstop.html)
sub3
「まぜるシェイク 湘南ゴールド<神奈川>」

「まぜるシェイク」は、まぜながら味の変化を楽しんでいただくシェイク。今回販売する「まぜるシェイク」2品も、昨年地域限定で販売し、ご好評いただいた人気商品だ。また、各セット価格に100円足すと、セットメニューのドリンクとしても選ぶことができる。

<新商品概要>
商品名・価格:「まぜるシェイク 赤肉メロン<北海道>」 Sサイズ 310円、Mサイズ 380円
         ※ソースに北海道産赤肉メロンを使用し、果肉1.1%です。
「まぜるシェイク 湘南ゴールド<神奈川>」 Sサイズ 310円、Mサイズ 380円
   ※ソースに神奈川県産湘南ゴールドを使用し、果汁1.0%です。
販売期間  : 2021年5月20日(木)~7月中旬
販売店舗 : 全国のモスバーガー店舗(一部店舗除く)

モスバーガー公式サイト

ITライフハック
ITライフハック Twitter
ITライフハック Facebook

カルチャーに関連した記事を読む
バーミヤン、お得な平日限定定食「バミ定」を大幅リニューアル!16種類に拡充し、時間も延長
TVアニメ『鬼滅の刃』オリジナルグッズ!ウォールマグスリークの受注を開始
パソコンや書類を簡単に持ち運べ保管できる!テレワーク向けBOX型バッグ
丼じゃおさまらない!かつや合い盛りシリーズ「豚キムチとチキンソースカツ飯」
「鬼滅の刃」グッズ!ベルハウス、巾着やマグカップを発売



世界標準の経営理論
入山 章栄
ダイヤモンド社
2019-12-12



日本の銘酒『獺祭』とモスバーガー、初コラボ!「まぜるシェイク 獺祭-DASSAI-」が登場

「まぜるシェイク 獺祭-DASSAI-」が登場

モスバーガーを展開する株式会社モスフードサービスと旭酒造株式會社は、それぞれが展開するブランドである『獺祭』と『モスバーガー』のコラボ企画を展開する。2020年12月26日(土)~2021年2月上旬(予定)まで、全国のモスバーガー店舗(一部店舗除く)にて、旭酒造株式會社が製造する麹仕立ての『獺祭甘酒』とモスバーガーのバニラシェイクがコラボレーションした「まぜるシェイク 獺祭-DASSAI-」※1を数量限定で販売する。モスバーガーと酒蔵とのコラボレーションは初めてのことだ。
※1 お酒ではない。米麹甘酒(ノンアルコール)を使用している。

■「課長島耕作」で知られる漫画家 弘兼憲史氏の発言からコラボへ
『獺祭』と『モスバーガー』がコラボすることになったきっかけは、ある対談だった。
株式会社モスフードサービス 会長 櫻田 厚氏と旭酒造株式會社 代表取締役社長 桜井 一宏氏の共通の知り合いに、「課長島耕作」で知られる漫画家の弘兼憲史(ひろかね けんし)氏がいる。弘兼氏と櫻田氏の対談の中で「モスと獺祭で一緒に組んで何かやったら?」という発言が弘兼氏からあったそう。

「桜井会長の人柄と、日本酒が好きだという方が多く働いている旭酒造の理念が、モスが大好きな人が働いているモスと同じであると感じた。」と、櫻田氏は語った。

桜井氏自身もモスには思い入れがあるのだそう。獺祭の海外進出は台湾が最初だったが、うまくいかなかった。たまたま台湾にあったモスバーガーに入ったとき、日本にあるそのままのモスバーガーが提供され「日本のスタイルのままでもいけるんだ」と元気づけられた。

旭酒造株式會社 代表取締役社長 桜井 一宏氏
旭酒造株式會社 代表取締役社長 桜井 一宏氏

櫻田氏にとっても、獺祭は特別なブランドだった。海外からブランドづくりが行われ、日本で「やっぱりすごいんだ」と見直された普通とは逆パターンでブランド展開している。価格も安くはなく、希少価値もある憧れのブランドだった。

このような経緯があって誕生した『獺祭シェイク』だが、実は弘兼氏の代表作「島耕作」も獺祭シェイクをPRしてくれることになっており、そのマンガがホームページ上に公開予定となっている。

獺祭シェイクを飲んでもらいたいメインターゲットは若い世代で、子どもも飲むシェイクで『獺祭』を知ってもらい、よりモスのシェイクを飲んでもらえるようになってほしいとのこと。

株式会社モスフードサービス 会長 櫻田 厚氏
株式会社モスフードサービス 会長 櫻田 厚氏

「旭酒造さんとモスはともに日本の企業という点では同じ。お互いに切磋琢磨して海外の方に日本のすばらしさを伝えていきたい。特にアジアで桜井氏と一緒にブランド力を上げていきたい」と、櫻田氏。

「獺祭シェイクを実際に飲んで評価していただきたい。自分の舌を信じてご評価いただけたら、きっとすばらしいご評価をいただけると思っております。まず飲んでみてください。」と、桜井氏。

モスバーガーと旭酒造は今後も何らかのかたちでコラボレーションを続けて行きたいとしている。

■麹の甘みなどを楽しめる、モスオリジナルのシェイク
今回使用する『獺祭甘酒』は、酒米の王様 山田錦※2の等外米※3を50%まで精米し、甘さがすっきりとした甘酒。「まぜるシェイク 獺祭-DASSAI-」は、ノンアルコールの『獺祭甘酒』を使用し、麹の甘みなどを楽しめるソースと、「モスシェイク バニラ」を合わせたモスオリジナルのシェイクだ。

シェイクに混ぜるソースには3つのこだわりがある。

1. 調味料
獺祭甘酒をたっぷり使用し、丁寧にソースを作っている。

2. アルコール0.00%
アルコールは入ってないが、獺祭をしっかりと感じられるものに仕上がっている。諦めかけた最後の最後に出来上がったのが、今回のソースだ。

3. 数量限定
販売は2021年2月上旬までの予定だが、数量には限りがある。

「まぜるシェイク 獺祭-DASSAI-」を味わってみると、甘酒の旨みが感じられるシェイクだった。ソースは8割くらいに混ぜると、ソースの濃淡とシェイクのコラボが楽しめる。また時間の経過とともに香りが変化するので、少し時間をかけて飲んでみるとよいだろう。

「まぜるシェイク 獺祭-DASSAI-」
「まぜるシェイク 獺祭-DASSAI-」

「まぜるシェイク 獺祭-DASSAI-」は、ハンバーガーからは縁遠いイメージの“日本酒”とモスのシェイクを組み合わせ、おもしろさと驚きが感じられる、他に類を見ない商品に仕上っている。

※2 酒造好適米。千粒重が大きいこと、心白発現率が高いこと(しんぱく=品種特性のひとつで、米粒の中心部が白濁する現象)、たんぱく質や脂質の含有割合が低いことが特長。
  JAみのりHPより(https://ja-minori.jp/?page_id=796)
※3 等外米とは、粒揃いが悪いなどの理由で、等級のつかない米。
旭酒造株式會社HPより
(http://www.asahishuzo.ne.jp/product/amazake/standard.html)

<新商品概要>
商品名・価格:「まぜるシェイク 獺祭-DASSAI-」(Sサイズ 334円+税、Mサイズ 399円+税)
        *単品販売のみで、各セットメニューには対応していない。
販売期間  :2020年12月26日(土)~2021年2月上旬予定 
        *数量限定(なくなり次第終了)
販売店舗  :全国のモスバーガー店舗(一部店舗除く)
※店舗の休業や営業時間の変更および、メニューの一部を販売中止している場合がある

モスバーガー

ITライフハック
ITライフハック Twitter
ITライフハック Facebook

カルチャーに関連した記事を読む
新春特別価格で提供!黒毛和牛と三元豚 しゃぶしゃぶ食べ放題コース
まだ間に合う!31日限定販売「駆け込みおせち2021」7選
Xinput機能を追加して完全復活!16ボタンタイプのゲームパッド
来年こそしたいレジャーは、なに? tenki.jpラボ、調査結果を発表
購入が増えたものは、なに? ニューノーマル時代の『メリハリ生活』の実態

リカちゃん モスバーガーショップ
タカラトミー(TAKARA TOMY)
2009-07-18





ITライフハックやlivedoor ニュースのIT記事をサクサク読めてシェアできるアプリ

  • iPhone版はこちら
  • Android版はこちら
カテゴリ
月別アーカイブ
配信メディア
ITライフハックは以下のニュースサイトにも記事を配信しています。
記事検索
このサイトについて

ITライフハックで原稿(有償原稿)を執筆したいというプロのライターさんからの売り込みも受け付けていますので、興味をもっていただけましたら、これまでの実績等を含めてお気軽にご連絡ください。ただし、必ずお返事するわけではありません。執筆依頼は編集部から行います。また必ず校正及びファクトチェックが入ります。

>>詳しくはこちらへ

ITライフハック代表
関口哲司

日本大学大学院理工学研究科後期博士課程修了。理学博士。日本物理学会会員。データサイエンティスト協会会員。IT系記事を中心に著書多数。原稿の依頼歓迎。

>>詳しくはこちらへ

連絡先:itlifehack【at】mediabank.jpn.com
プレスリリース:press【at】mediabank.jpn.com
【at】は@
Twitterアカウント:@ITlifehack
  • ライブドアブログ