ITライフハック

アンカー・ジャパン

ワイヤレス接続でハイレゾ音質!ウルトラノイズキャンセリング搭載「Soundcore Life Q35」

main

Soundcore初となる高音質コーデック・LDAC対応のワイヤレスヘッドホン「Soundcore Life Q35」を2021年7月28日よりAnker Japan公式サイト等にて販売開始。Anker独自のウルトラノイズキャンセリングや外音取り込み機能等も搭載し、音質 / 没入感 / 機能性全てにおいてシリーズ最高レベルのクオリティに仕上げました。

■シリーズ最高レベルのクオリティを実現
本製品は、Amazon.co.jp 売れ筋ランキング【オーバーイヤーヘッドホンカテゴリ】でベストセラーを獲得した(※2021年6月29日時点)「Soundcore Life Q30」の進化版にして、音質 / 没入感 / 機能性の全てにおいてシリーズ最高レベルのクオリティを実現したモデル。
sub1

最大の魅力は高音質を追求し、 Soundcoreとして初めてソニーが開発した高音質コーデックLDACに対応したこと。通常のコーデックと比較して3倍の情報量を伝送できるため、音楽を原音に忠実に再現することができる。加えて40mmの大口径ドライバーが、ハイレゾ音源による豊かなサウンドをクリアに届ける。また没入感にもこだわり、Anker独自のウルトラノイズキャンセリングをヘッドホンとして初採用した点も注目のポイント。イヤホンの外側と内側に合計5つのマイクを搭載したハイブリッド式のアクティブノイズキャンセリング(ANC)とSoundcoreアプリ上でのシーン選択を組み合わせ、環境に適したノイズキャンセリング強度を設定できる。

音楽を聴きながら会話や公共施設のアナウンス等の外音取り込みができ、LDAC使用かつノイズキャンセリングモードでも最大38時間の長時間再生が可能なため、長距離の移動時から自宅でのリラックスタイムや映画鑑賞まで幅広いシーンで便利に使える。カラーは、顔周りを明るく演出する柔らかい印象のネイビーとピンクの2色展開。

LDAC対応のワイヤレスヘッドホン「Soundcore Life Q35」

ITライフハック
ITライフハック Twitter
ITライフハック Facebook

デジタル家電に関連した記事を読む
4K撮影に対応で高精細な映像が確認できる!トレイルカメラ
スマートフォンやパソコンの画面を映し出せる!ポケットサイズのモバイルプロジェクター
「水曜どうでしょう」コラボレーションモデル!AQUOSサウンドパートナー
風向きが変わっても安定して測定できる!カップ式デジタル風速計
スマホで住まいの状況を見守り!Wi-Fi接続のネットワークカメラ






ノートPCの充電器に何を求める?Anker、コロナ禍における仕事環境の改善ニーズに関する調査

main

2011年の創業当初より先駆的にD2Cを採用し、米国・日本・欧州を中心にデジタル関連製品でトップクラスの販売実績を誇るAnkerグループの日本法人、アンカー・ジャパン株式会社は、“充電”のグローバル・リーディングブランド「Anker」において、「コロナ禍における仕事環境の改善ニーズに関する調査」を実施した。

【調査のポイント】
1. コロナ禍でリモートワークが進んだことで、オフィス以外で仕事をする機会が増えた人は全体の約4割
2. リモートワーク中心で働く人のうち、約8割の人が「移動時の荷物をコンパクトにしたい」と考えている
3. リモートワーク中心で働く人のうち、約4割の人がノートPCの充電器に不満を感じており、充電器に最も求めているのは「軽さ」と「コンパクトさ」

調査によるとコロナ禍で働き方が変化し、オフィス外で仕事をする機会が増えたという人は全体の約4割。その中でリモートワーク中心の働き方にシフトした人に「移動時の荷物を軽量・コンパクトにしたいか」と質問したところ約8割が「とてもそう思う / そう思う」と回答し、また同グループの約4割がノートPCに付属する純正充電器に「不満を持っている」と回答を寄せた。全体の約7割が純正充電器を使っているとの調査結果と併せると、不満を持ちながらも純正充電器を使い続けていることを見て取ることができる。またノートPCの充電器に求める要素については、第1位に「軽さ」、第2位に「コンパクトさ」が挙がっており、荷物を軽量化できる充電器が求められていることがわかった。

これらのニーズを満たした最新モデルとして2021年5月25日(火)の発売から高い支持を得ているのが、Anker独自の新技術「Anker GaN ll」を搭載し、超コンパクト&超軽量設計を実現した「Anker Nano ll 45W」。一台でスマートフォンからノートPCまで幅広い機器を急速充電でき、Amazon.co.jp売れ筋ランキングの【携帯電話・スマートフォン用AC式充電器】カテゴリでは、ベストセラー1位を獲得(※)した。7月中にはコンパクトさを追求した「Anker Nano ll 30W」とMacBook Proを含むより幅広い機器の充電に最適な「Anker Nano ll 65W」の発売も控えており、手持ちの機器やライフスタイルに合わせた選択が可能だ。

『オフィス外にノートPCを持ち出す機会が増える等、コロナ禍において働き方は急速に多様化しています。AnkerではAnker Nano llシリーズの他にも「Anker PowerPort Atom III 45W Slim」や「Anker PowerPort Atom III 63W Slim」等、ノートPCの充電に適したモデルを多数取り揃えております。今回の調査結果に見るお客様のニーズを基に、今後もスマートな充電環境の構築をサポートする製品をご提案して参ります。』

※ 2021年5月29日3時30分時点

■「コロナ禍における仕事環境の改善ニーズに関する調査」結果(一部抜粋)
------------------------------------------------------------
調査期間:2021年4月23日(金)〜4月26日(月)
調査対象:全国の20~50代の会社員男女1,094名
調査方法:インターネット調査(Anker調べ)
-----------------------------------------------------------

1. 約4割の人が仕事環境に変化があったと回答
「コロナ禍において、あなたが仕事をする場所について、選択肢の中からあてはまるものをお選びください」という質問に対して37%の人が「オフィス外で仕事をすることが増えた」を選択。仕事場所の多様化が進んでいることがわかった。
sub1

2. リモートワーク中心の人の約8割が荷物の軽量・コンパクト化を希望
リモートワーク中心の働き方にシフトしたと回答した人のうち、「移動時の荷物を軽量・コンパクトにしたいか」という質問に対して「とてもそう思う・そう思う」と回答した人が75%と、仕事に係る荷物に関して軽量・コンパクト化のニーズの高さが見られた。
sub2

3. リモートワーク中心の人の約4割がノートPCの充電器に不満あり
「あなたが使用しているノートPCの充電器に不満はありますか?(純正充電器 / 別途購入したもの問わず)」という質問に対して、リモートワーク中心の働き方にシフトしたと回答した人の36%の人が「ノートPCの充電器に不満を抱えている」と回答した。仕事に欠かせないノートPCの充電器に関する不満および問題解決ニーズがあることがわかった。
sub3

4. 約7割の人が純正充電器を使用
ノートPCに付属する純正充電器を使用している人が約70%と、大多数を占める結果になった。不満がありつつも純正充電器を使い続けている状況が見えた。
sub5

5. ノートPCの充電器に求めること第1位は「軽さ」、第2位は「コンパクトさ」
「ノートPCの充電器に求めるものとして、選択肢の中から当てはまるものを全てお選びください(複数回答可)」という設問に対して、「より軽いタイプの充電器がほしい」と回答した人が38%で第1位となった。第2位は「よりサイズが小さい、コンパクトなタイプの充電器がほしい」、第3位は「より充電のスピードの速い充電器がほしい」と続き、ノートPCの充電器には【軽量】・【コンパクト】・【充電速度の速さ】の3要素が求められていることがわかった。
sub4


アンカー・ジャパン株式会社

ITライフハック
ITライフハック Twitter
ITライフハック Facebook

ITビジネスに関連した記事を読む
ものすごいベンチャー展、7月開催!成長企業約120社の最新ツールやトレンドが知れる5DAYS
ひとつのビーコンで最大6種発信できる!マルチアドバタイズBLEビーコン
M&Aアドバイザーが一度に担当できるディール数増加に寄与!Digitalize M&Aの結果を発表
扉で収納物を目隠しでき、室内をすっきり見せる!木製プリンタスタンド
ネクイノが医療のデジタル化、DXのあるべき姿を考える






オンライン会議に最適!Anker初の高画質ウェブカメラ「Anker PowerConf C300」

Anker

アンカー・ジャパン株式会社は、“充電”のグローバル・リーディングブランド「Anker」において、初となるウェブカメラ「Anker PowerConf C300」を発売した。

■超高速オートフォーカス機能を搭載
本製品はリモートワークやオンライン授業等を取り入れた新しい生活様式に合わせて開発されたフルHDウェブカメラ。HDRに対応し、加えて約0.35秒で被写体を認識する超高速オートフォーカス機能も搭載しているため、照明のある室内や自然光の入る窓際はもちろん、逆光や暗い環境でもクリアな映像をスムーズに送ることができる。

専用アプリをPCにダウンロードすると、AIが被写体の動きを追って水平・垂直に映像を調整する「モーショントラッキング(自動追尾機能)」や、被写体の人数を自動で検知して全員が映り込むよう画角調整する「オートフレーム(自動画角調整機能)」等、環境に合った細かい設定も可能になる。

また映像だけでなく優れた音声処理機能を搭載している点も本製品の魅力の一つ。環境雑音を軽減する「ノイズリダクション機能」や音声の入力ボリュームを自動で調整する「オートゲインコントロール機能」により、通信相手へ均一でクリアな音声を届け、ストレスの無いオンライン会議等をサポートする。

Zoom Personal Workspaceの認証を取得しており、映像の画質や色合い、鮮明さ、バーチャル背景機能等においてZoomとの高い適合性が証明されている。

■Anker PowerConf C300 | 高画質ウェブカメラ
製品の特徴
- クリアな映像:フルHDの高画質で通信相手に鮮明な映像を送信することができる。HDRにも対応しているため、逆光や暗い環境でも細部まで明瞭に撮影することが可能だ。

- AI機能で映像を最適化:専用のAnkerWork ソフトウェアをPCにダウンロードすると、撮影される映像を被写体に合わせて最適化するAI機能によって「モーショントラッキング(自動追尾機能)」や「オートフレーム(自動画角調整)」が可能になる。

- 超高速オートフォーカス:AI機能により約0.35秒で被写体に自動でピントを合わせる。オートフォーカスは人物だけでなくモノにも適用されるため、オンライン商談や会議中の製品紹介等もスムーズに行える。

- 最大115°の広角レンズ:最大115°の画角で撮影が可能なため、複数人での会議にも最適。

- Zoom認証取得:Zoom Personal Workspaceの認証を取得しており、画質や色合い、鮮明さ、バーチャル背景機能等においてZoomとの高い適合性が証明されている。

- 優れた音声処理機能:話し声やチャイム等の環境雑音を自動で調節する「ノイズリダクション機能」や異なる音量の入力を均一にする「オートゲインコントロール機能」により、通信相手への均一でクリアな音声送信を実現した。ストレスの無いオンライン会議やオンライン授業をサポートする。

- プライバシーシールド付き:自由に取り付けられるプライバシーシールドを同梱。カメラを使用しないときはプライバシーシールドをレンズの上にスライドさせると、不要な映り込みを防ぐことができる。

ウェブカメラ「Anker PowerConf C300」

ITライフハック
ITライフハック Twitter
ITライフハック Facebook

パソコンに関連した記事を読む
簡単に取り付けできる!モニター裏収納背面ポケット
360度の音を拾う全指向性のマイクを搭載、WEB会議に最適!「多機能スピーカーフォンパッド」
フニャフニャからパンパンまで弾力を調節できる!空気注入式のリストレスト
hp USB 320 キーボード(日本語)用シリコンキーボードカバー
GeForce RTX 3060 Laptop GPUを搭載!マウスコンピューター、「G-Tune E5-165」






マグネット式ワイヤレス充電対応!Anker PowerCore Magnetic 5000

main

アンカー・ジャパン株式会社は、“充電”のグローバル・リーディングブランド「Anker」において初となるマグネット式ワイヤレスモバイルバッテリー「Anker PowerCore Magnetic 5000」を、Anker Japan公式サイト、総合オンラインストアAmazon.co.jp、楽天市場および一部家電量販店等にて発売した。

■従来のワイヤレス充電の欠点を解決
本製品は「充電コイルの位置からズレると充電できない」という従来のワイヤレス充電の欠点をマグネット式にすることで解決したモバイルバッテリーで、最新のiPhone 12シリーズに装着して使用できる。約16mmの薄型&コンパクト設計かつ本体表面に滑り止め加工が施されているため、スマートフォンに装着した状態でも握りやすく、シリーズ最小のiPhone 12 miniに装着してもカメラに干渉しない。

また、5W出力のワイヤレス充電機能に加え、最大10W出力のUSB-Cポートも備えており、iPhone 12を含む幅広いUSB機器を充電可能だ。異物検知や温度管理、過充電防止等を搭載し、Anker独自の厳しい品質基準に基づいた高い安全性を実現しているため、長期間安心して利用できる。

新年度が始まり、よりスマート&快適な毎日に向けて身の回りのアイテムの買い揃えや買い替えをご検討されている方やミニマリストの方にオススメしたい春の一押し製品だ。
sub1

〇製品の特徴
- マグネットだからズレずに安定して充電:「位置がズレると充電できない」という従来のワイヤレス充電の欠点をマグネット式にすることで解決。磁石でしっかりとスマートフォンにくっつくため、操作中のズレによる充電不足を防ぐことができる。

- iPhone 12シリーズに最適:MagSafeに対応したiPhone 12シリーズをスマートに充電。ワイヤレス充電に加え、USB-Cポートからも最大10Wで充電が可能です。使用中の機器やシーンに合わせて最適な充電方法を選べる。

- 握りやすく、操作性も抜群:シリーズで最も小さいiPhone 12 miniでもカメラに干渉しない。約16mmの薄型&コンパクト設計で、スマートフォンと重ねて持つ際のグリップ感も追求した。充電しながら撮影や操作をする際のケーブルの煩わしさから解放される。

- 高い安全性:異物検知や温度管理、過充電防止等、安全性を重視した様々な機能が使用中の機器を守る。

販売価格
- 税込 : 3,990円

マグネット式ワイヤレスモバイルバッテリー「Anker PowerCore Magnetic 5000」

ITライフハック
ITライフハック Twitter
ITライフハック Facebook

モバイルに関連した記事を読む
Type-C搭載のスマートフォンやタブレット、パソコンで使える!USBポート付きカードリーダー
ヘッドホン付き!Bluetooth接続で使えるVRゴーグル
鉛筆のように握りやすく、転がりにくい!三角軸のタッチペン
MagSafe対応!耐衝撃iPhoneケース
モバイルバッテリー選びで迷っている人は必見!選び方を詳しく解説






アンカー・ジャパン、直営店事業を担う新会社!アンカー・ストア株式会社を設立

main

アンカー・ジャパン初の子会社として、直営店Anker Store / Anker Store Selectの運営事業を担うアンカー・ストア株式会社が2021年4月1日付で設立。代表取締役CEOには日本法人の事業部門創設より責任者を務めるアンカー・ジャパン取締役COOの猿渡歩が就任(兼任)し、直営店の全国展開を力強く推進していくとしている。

■「Empowering Smarter Lives」の実現を目指す
2011年の創業当初より先駆的にD2Cを採用し、米国・日本・欧州を中心にデジタル関連製品でトップクラスの販売実績を誇るAnkerグループの日本法人、アンカー・ジャパン株式会社は、常設直営店Anker Store / Anker Store Selectの運営事業を担う100%出資の新会社、アンカー・ストア株式会社を2021年4月1日(木)付で設立した。

「製品を手に取って選びたい」という顧客の声に応えるべく、2018年6月に立ち上がったストア事業は2021年3月現在でAnker Store 8店舗、ショップインショップ等の柔軟な取り組み形態のもと全国展開を目指すAnker Store Select 23店舗の計31店舗を数えるまでに拡大した。

今回の新会社設立に伴い、ストア事業の構想から展開までを牽引してきたアンカー・ジャパン株式会社の取締役COO猿渡歩がアンカー・ストア株式会社の代表取締役CEOに就任し(兼任)、事業拡大のスピードを加速させると共に、顧客に寄り添い、ストア事業のさらなる成長とAnkerグループのコーポレート・ミッションである「Empowering Smarter Lives」の実現を目指すとしている。

■より多くの方のスマートな生活を応援したい
アンカー・ストア株式会社 代表取締役CEO 猿渡歩氏のコメント
「暮らし方や働き方の変化、技術の進化に合わせ、ここ数年で、Ankerグループはより幅広い製品を日本の皆様へお届けするようになりました。

現在ではモバイルバッテリーや充電器等のチャージング関連製品からオーディオ機器、ロボット掃除機、スマートプロジェクター等まで製品カテゴリが広がっていますが、特にイヤホンやプロジェクターは実機を自分の目で確かめたり、十分な製品知識を持ったアドバイザーと相談しながら最適な一台を選びたいというニーズが大きいと実感しております。

Anker Storeはお客様をより快適で過ごしやすい毎日へと誘う入口だと考えています。今後はこれまでよりも積極的に直営店の全国展開へ臨み、より多くの方のスマートな生活を応援して参ります。」

■Anker Store / Anker Store Select | 店舗情報(一覧) ※2021年3月31日時点
○Anker Store:新製品や人気製品を含めAnkerグループ製品を幅広く網羅し、常時100製品以上を取り扱い
sub2

○Anker Store Select:チャージング関連製品やオーディオ製品を中心に人気製品を厳選して取り扱い
sub1

アンカー・ジャパン株式会社

ITライフハック
ITライフハック Twitter
ITライフハック Facebook

モバイルに関連した記事を読む
Osaka Metroの3駅に設置!モバイルバッテリーシェアリング「ChargeSPOT」
iPhone12シリーズに最適!20W PD3.0急速充電器PA-Y20Sホワイト&ブラック
探し物トラッカーTile!初のウェアラブル製品とのコレボレーションが実現
立っても使える!超安定モバイルディスプレイ&タブレットスプリングアームスタンドtall
Lightning・microUSB・Type-C端子を持つ!1台3役の巻取り式充電ケーブル






耐久性・安全性・柔軟性!「Anker PowerLine Ⅲ Flow USB-C & ライトニングケーブル」

main

アンカー・ジャパン株式会社は、耐久性・安全性・しなやかさを兼ね備えた「Anker PowerLine Ⅲ Flow USB-C & ライトニングケーブル」を発売した。Apple MFi認証を取得し、iPhone 12を含む最新のLightning機器に安全に急速充電ができるほか、シーンに合わせて選べる豊富なカラーバリエーション(計5色)が魅力だ。

■優れた耐久性も実現
本製品は『耐久性』『安全性』に加え、Ankerとして初めて『柔軟性』に着目したケーブルで、「ケーブルが絡んで使いにくい」という利用者の声に応え開発された。ケーブル内部の銅線をグラフェンで覆い、外装にシリコン素材を使用した3層構造を採用することで、これまでにないしなやかさに仕上げると共に、約25,000回の折り曲げテストにより優れた耐久性も実現した。

絡まりにくいだけでなく、ケーブルを束ねた際に残る癖もつきにくいため、バッグやポケットに入れて持ち運ぶときやデスクで利用するときもストレスなくスマートに使える。またApple MFi認証を取得し、USB Power Delivery(以下 USB PD)に対応した出力20W以上の充電器と一緒に使用することで、iPhone 12を含むLightning端子機器をフルスピードで充電できる。

さらに、本製品は計5色の豊富なカラーバリエーションも魅力。ベーシックで使いやすいミッドナイトブラック / クラウドホワイトに加え、Ankerのケーブルで初となるパステルカラーも揃えているため、使用する機器とのコーディネートや好みのファッション、利用シーンなどに合わせてカラー選択も楽しめる。
sub1

<製品の仕様>
長さ :0.9m / 1.8m
パッケージ内容 :Anker PowerLine Ⅲ Flow USB-C&ライトニング ケーブル、シリコン製結束バンド
カラー :コーラルピンク / ミントグリーン/ ラベンダーグレイ / ミッドナイトブラック /クラウドホワイト
対応機種 :スマートフォン
iPhone 12 / 12 mini / 12 Pro / 12 Pro Max / 11 / 11 Pro / 11 Pro Max /
SE(第2世代)/ XS / XS Max / XR / X / 8 / 8 Plus 他

タブレット端末
iPad Pro(12.9インチ)(第2世代)/ iPad Pro(12.9インチ)(第1世代)/ iPad Pro(10.5インチ)/ iPad Pro(9.7インチ)/ iPad Air(第3世代)/ iPad Air 2 / iPad Air(第1世代)/ iPad(第8世代)/ iPad(第7世代)/ iPad(第6世代)/ iPad mini(第5世代)/ iPad(第5世代)/ iPad mini 4 /iPad mini 3 / iPad mini 2 / iPad mini(第1世代)他

<販売価格>
- 0.9m:税込 2,190円
- 1.8m:税込 2,290円

Anker PowerLine Ⅲ Flow USB-C & ライトニングケーブル

ITライフハック
ITライフハック Twitter
ITライフハック Facebook

モバイルに関連した記事を読む
iPhone12ならコレ!話題のMagSafe対応商品を7日間限定セール実施中
iPhone/iPadのGPS位置情報を自由に変更できる「EaseUS MobiAnyGo」レビュー
PD充電で60Wの入出力に対応!大容量20000mAh、メモパッドサイズのモバイルバッテリー
ハローキティ東京コラボウォッチ!カスタマイズウォッチブランドUNDONEから発売
TVアニメ『鬼滅の刃』!ウッドiPhoneケースの受注を開始






アンカー・ジャパンからDolby Atmos&2.1ch対応で立体感のあるサラウンドサウンドを実現したサウンドバー第3弾「Soundcore Infini Pro」

main

アンカー・ジャパンは、オールインワンタイプのDolby Atmos対応サウンドバー「Soundcore Infini Pro」を発売した。Anker公式オンラインストアでの価格は22,990円(税込)。

サウンドバー第3弾となる本製品は、 2019年5月に発売された「Soundcore Infini」のアップグレードモデル。最大の魅力は、没入型サウンドの代表的な音声フォーマットのひとつと評されるDolby Atmosに対応していること。これにより、水平方向のみではなく高さも含めた立体感のあるサラウンドサウンドを楽しめる。

また、ツイーター、サブウーファー、バスレフポートを2個ずつ搭載したオールインワンタイプになっており、 120Wの迫力サウンドを実現した。

映画の中にいるような臨場感を出すムービーモード、サウンドに奥行きを出す音楽モード、会話が聞き取りやすい音声モードの3つのサウンドモードを搭載しており、再生コンテンツに合わせて選択することができる。

お気に入りの映画やゲームの世界観にじっくりと浸り、家でのエンターテイメントの時間をさらにパワーアップさせたい方にオススメだ。

■製品仕様
入力 100-240V 50 / 60Hz 0.5A オーディオ出力 最大120W(フロントスピーカー30W ×2、サブウーファー60W)
サイズ 約930×120×61mm 重さ 約3.3kg
無線通信方式 Bluetooth 5 Bluetooth動作範囲 約10m
パッケージ内容 Soundcore Infini Pro、電源コード、リモコン、単4形電池×2、 HDMIケーブル、壁取り付け用ブラケット×2、壁取り付け用ネジ ×4、壁取り付用テンプレート、安全マニュアル、取扱説明書
※注意事項 - ご使用のテレビがHDMI ARC対応でない場合、光デジタルケーブル(別売り)を利用のこと。
- Dolby AtmosはHDMIケーブル経由でのみ使用可能。
- Dolby Atmosを再生するには、再生コンテンツと使用機器(Blu-rayプレーヤー等)の両方がDolby Atmosに対応している必要がある。


sub1


Anker公式オンラインストア

ITライフハック
ITライフハック Twitter
ITライフハック Facebook

デジタル家電に関連した記事を読む
保冷&保温の両対応!ドリンクの温度を長時間維持!1本用の卓上温冷ホルダーデスクで使える「温冷ドリンクカプセル」
アイリスオーヤマから、より自然で鮮やかな映像を実現した4Kチューナー内蔵の液晶テレビ「LUCAシリーズ」4機種登場
大画面ディスプレイを 6月8日(月)までお手頃価格で提供!JAPANNEXTから大きな75型4K液晶ディスプレイ「JN-IPS7500TUHD」
専用アプリでJBLサウンドを簡単にベストチューニングできる高音質完全ワイヤレスイヤホン「JBL LIVE300TWS」
6月4日まで4万円以下の特価中、デジタルサイネージ利用も可能なJAPANNEXTの43型4K液晶ディスプレイ「JN-VT4302UHD」






アンカー、ビックロに展示販売コーナーを開設

ankercorner_new

アンカー・ジャパンは、2017年6月1日(木) より、ビックロ ビックカメラ新宿東口店において、首都圏では初の「ANKER コーナー」を常設すると発表した。

「ANKER コーナー」は4月に開始したビックカメラ 名古屋JRゲートタワー店に続いて2店舗目。

アンカー・ジャパン

ITライフハック
ITライフハック Twitter
ITライフハック Facebook

パソコンに関連した記事を読む
ロジクール初、ゲーミングで培った技術を応用した一般向けメカニカルキーボードを発売
JAPANNEXT、28インチ 4K液晶ディスプレイを発売
プラネックス、様々な機器から安全に使えるVPNルータ・OpenVPN専用「かんたんOpenVPN」を発売
回線が混雑した都市環境でも最高のWi-Fi環境を提供するWi-Fi高機能化モジュール「Portal Boost」
ドスパラ限定でPC自作に最適なENERMAX製PCケース「BECITE -ビサイト-」を発売






Anker、小さくて軽いQuick Charge 3.0対応 20000mAhモバイルバッテリーを発売

main

アンカー・ジャパンはQualcomm Quick Charge 3.0 に対応した20000mAh の大容量モバイルバッテリー「Anker PowerCore Speed 20000 QC」を2016年11月24日よりAmazon.co.jp 上で発売する。価格は4,599円(税込)。

本製品は、Amazon ベストセラー1 位を獲得したAnker PowerCore20100 の上位モデル。同社独自の急速充電技術PowerIQ とVoltageBoostに加え、Qualcommが開発したQuickCharge 3.0も搭載したモバイルバッテリー。Quick Charge 3.0に対応したスマートフォン・タブレット端末には、約35分の時間で最大80%まで充電できることに加え、Quick Charge非対応端末へも同社独自の急速充電技術により、急速充電が可能だ。

File5


アンカー・ジャパン

ITライフハック
ITライフハック Twitter
ITライフハック Facebook

パソコンに関連した記事を読む
au STAR会員を新感覚リアル脱出ゲームへご招待

フォーカルポイント、iPhone 7とiPhone 7 Plusにそれぞれ対応したメタルバンパーを発売

マウスコンピューター、GeForce GTX 1050を搭載したゲーミングパソコンを販売開始
Synologyが同社製品向けのユーザーイベント「Synology 2017」を開催
知らない人は損している!何でもできる魔法の箱「QNAP」活用術第五回「HDDの増設」





Ankerから小型軽量でQuick Charge 3.0対応の大容量モバイルバッテリーを発売

accessory

アンカー・ジャパンは、Qualcomm Quick Charge 3.0 に対応した10000mAh の大容量モバイルバッテリー「Anker PowerCore Speed 10000 QC」を本日(2016年10月19日)よりAmazon.co.jp上で発売した。
価格は2,999 円(税込)。

本製品は、同社独自の急速充電技術PowerIQ とVoltageBoost に加え、Qualcommが開発したQuick Charge 3.0 も搭載したモバイルバッテリー。Quick Charge 3.0 に対応したスマートフォン・タブレット端末には、約35分の時間で最大80%までの充電ができることに加え、Quick Charge 非対応端末へも独自の急速充電技術により、急速充電が可能だ。

■製品仕様
容量:10000mAh
入力:5V / 2A Quick Charge 3.0
出力:5-8V / 3A、8-10V / 2.4A、10-12V / 2A
サイズ:約100 × 63 × 22mm
重さ:約198g


アンカー・ジャパン

ITライフハック
ITライフハック Twitter
ITライフハック Facebook

モバイルに関連した記事を読む
「マクドナルドFREE Wi-Fi」を使い、店舗で楽しめる映画やドラマなどの配信を開始
利用に応じてANAのマイルが貯まる格安SIM「ANA Phone」登場
格安SIMサービスの利用率は14.7%。MMD研究所調べ
セガフレード・ザネッティ・エスプレッソがグローバルWi-Fi「FON」を導入
仙台市地下鉄東西線でWiMAX 2+サービスが利用可能に

Anker PowerCore 13000 (13000mAh 2ポート 大容量 モバイルバッテリー) iPhone&Android対応

3Fpsc%3D1%26SubscriptionId%3DAKIAIM37F4M6SCT5W23Q%26tag%3Dmedi01-22%26linkCode%3Dxm2%26camp%3D2025%26creative%3D165953%26creativeASIN%3DB00Y05BQ9A" target="_blank" >Anker PowerCore 13000 (13000mAh 2ポート 大容量 モバイルバッテリー) iPhone&Android対応 [エレクトロニクス]
Anker



AnkerよりUSB-ACアダプター付きAnker Astro M3モバイルバッテリーの上位モデル登場

アンカー・ジャパンはUSB-ACアダプターが付属し容量13000mAhを誇るモバイルバッテリー「Anker Astro E4 第2世代 モバイルバッテリー 13000mAh アダプタ付属モデル」を、amazon.co.jpにて販売開始した。amazon.co.jpでの販売価格は3,580円。

続きを読む

どのポートに接続してもフルスピードで充電可能な5ポートUSB急速充電器



さまざまなモバイルバッテリーをリリースしているAnker(アンカー)が独自の新機能を搭載する5ポートUSB急速充電器「Anker 40W 5ポート USB急速充電器」を発売した。独自開発の「PowerIQ」テクノロジーを搭載し、1つのポートで全てのUSBデバイスへのフルスピード充電が可能としている。


続きを読む

ITライフハックやlivedoor ニュースのIT記事をサクサク読めてシェアできるアプリ

  • iPhone版はこちら
  • Android版はこちら
最新記事
QRコード
QRコード
カテゴリ
月別アーカイブ
配信メディア
ITライフハックは以下のニュースサイトにも記事を配信しています。
記事検索
このサイトについて

ITライフハックで原稿(有償原稿)を執筆したいというプロのライターさんからの売り込みも受け付けていますので、興味をもっていただけましたら、これまでの実績等を含めてお気軽にご連絡ください。ただし、必ずお返事するわけではありません。執筆依頼は編集部から行います。また必ず校正及びファクトチェックが入ります。

>>詳しくはこちらへ

ITライフハック代表
関口哲司

日本大学大学院理工学研究科後期博士課程修了。理学博士。日本物理学会会員。データサイエンティスト協会会員。IT系記事を中心に著書多数。原稿の依頼歓迎。

>>詳しくはこちらへ

連絡先:itlifehack【at】mediabank.jpn.com
プレスリリース:press【at】mediabank.jpn.com
【at】は@
Twitterアカウント:@ITlifehack
  • ライブドアブログ