ITライフハック

アート

コロナ禍の店舗を支援!シャッターを活用したアートプロジェクト『CHILL ART』

『CHILL ART』インタビュー取材会

合同会社Endianが展開するリラクゼーションドリンク「CHILL OUT(チルアウト)」とWALL SHARE株式会社は、東京都・渋谷エリアにおいて、シャッターを活用した地域支援アートプロジェクト『CHILL ART』を開始した。「シャッターアート」作品が完成した2021年3月30日には、Flying Booksにて、プレス関係者様向けインタビュー取材会が開催された。

■『CHILL ART』とは?
新型コロナウイルスにより甚大な影響を受けている店舗へ、何か支援できないかという考えから、構想がスタートした。その結果、ミューラルアート(壁画)を活用した企業のプロモーションやイベントサービスを行うWALL SHARE株式会社のスキームと、ストレス社会にチルでクリエイティブなライフスタイルをコンセプトに開発されたリラクゼーションドリンク「CHILL OUT」のコラボレーションが実現した。

『CHILL ART』はアーティストとCHILL OUTがコラボレーションをした「シャッターアート」作品を描く。完成したポスターや看板広告をただ貼るのではなく、アーティストが1週間ほどかけて描いていく「ライブ感」は圧巻で、たくさんの人を魅了し、シャッターアートが仕上がっていく制作の過程も楽しめる。また屋外なので、3密を避けつつ、キャンバスに描くアートとは異なるシャッターアートの魅力を体感できる。
Flying Books
Flying Booksのあるビルのシャッターに描かれたアート作品

■少しでも人々のストレスをなくしたい
『CHILL ART』プロジェクトは昨年末からスタートした。渋谷エリアのシャッターを所有しているオーナーに募集を掛けて、今回、Flying Booksがあるビルのシャッターにアート作品を描くことになった。アーティストは、神奈川県を中心に多くの作品をストリートに残すPHIL氏と、東京・神奈川を中心に活動するFATE氏の2名だ。

WALL SHARE 株式会社 代表 川添孝信氏
「アートの内容はCHILL OUTさんが掲げる『地球と⼈からストレスを無くす』というメッセージを、このコロナ禍の支援プロジェクトに掛け合わせるために、あえて写実的に大きな缶のビジュアルを描くと同時に、まわりをアーティストのテイストで描いています。」

アート作品は、あえて手を描くことによって缶を引き立たせると同時に温かみを出して、そのまわりをFATE氏の得意のスタイルで、自然や街の中でスタイリッシュにリラックスするイメージと、CHILL OUTのカラーを掛け合わせながら作品を制作したという。
リッシュにリラックスするイメージと、CHILL OUTのカラーを掛け合わせながら作品を政策したという。
WALL SHARE 株式会社 代表 川添孝信氏
WALL SHARE 株式会社 代表 川添孝信氏

合同会社Endian CHILL OUT担当 渡邉 憲氏
「CHILL OUTという製品を展開しています。こちらの製品を広げることによって、少しでも地球と⼈からストレスをなくす活動をしています。」

コロナウイルス感染症が広がる中で、人々のストレスが多様化しているとの考えから、飲料という製品を通して少しでも人々のストレスをなくしたいと考えた。『CHILL ART』は店舗の支援だけでなく、街を明るくすることも考慮に入れての活動だ。
合同会社Endian CHILL OUT担当 渡邉 憲氏
合同会社Endian CHILL OUT担当 渡邉 憲氏

Flying Books オーナー 山路和広氏
「昼間はあまり変わっていませんが、6時以降の売上が激減してまして、やれることを必死でやっている中、WALL SHAREさんからお声がけいただきました。」

アメリカのロサンゼルスにあるダウンタウンの倉庫街に行くと、合法的なパブリックアートがあり、それがきっかけになり街の雰囲気が明るくなり、お洒落スポットになっている。毎年、そういうアート作品と街の変化を見続けていたことから、『CHILL ART』に協力したいと考えた。
Flying Books オーナー 山路和広氏
Flying Books オーナー 山路和広氏



■『CHILL ART』支援の仕組み
『CHILL ART』では、CHILL OUTがスポンサーとなり、WALL SHAREを通して店舗へ支援金を支払う仕組みとなっている。また、リラクゼーションドリンク『CHILL OUT』製品の無償提供やSNS等での情報配信による販促活動サポートなども実施、支援金だけでなく店舗の認知拡大にも寄与していくとしている。

<『CHILL ART』参加店舗概要>
店名:Flying Books
住所:東京都渋谷区道玄坂1丁目6-3
電話番号:03-3463-8151
営業時間:12:00〜20:00 日曜定休
URL:http://flying-books.com/

WALL SHARE株式会社
「CHILL OUT」オフィシャルサイト

ITライフハック
ITライフハック Twitter
ITライフハック Facebook

カルチャーに関連した記事を読む
「麻布 あみ城」の料理長が監修!『素材にこだわった海鮮椀と丼の具 6ヵ月頒布会』を販売開始
3賞を発表!飾りたいと思う写真展『アートの競演 2021風花』【Art Gallery M84】
定食のご飯をもっとおいしく!「焼売ご飯」が数量限定で新登場
アニメ「鬼滅の刃」キャラクターをポーチに!アクアビーズ ペンポーチセット
スチールフレームでしっかり自立!透明アクリルパーティション





〝たった5分”でリラックスして深い眠りにはいる深い眠り
穴口 恵子
株式会社ダイナビジョン
2017-09-13

ドスパラ、ZBrushのための専用モデル 2機種を発売

42181_QMyRFhoBCa

サードウェーブデジノスは、デジタルスカルプトソフトの業界標準「ZBrush」が動作するパソコンとしてPixologicに「公認」されたクリエイター向けPC「raytrek」専用モデル 2機種を発売した。

ZBrushとは、Pixologicにより開発されている、アートを追求するためにデザインされた、オールインワンのデジタルスカルプトソフトウェア。アーティストの想像力の赴くままにイメージを形にすることが可能な3Dデジタルスカルプティングを提供してくれる。映画、ゲームのクリーチャーデザインにとどまらず、現在、3Dプリンティングの原型作成用途でも大きな注目を集めるソフトウェアだ。

本モデルは、そのZBrushの最新バージョンである「ZBrush 4R7」を動作させるために設計され、Pixologicによって動作検証を受け、その動作を「公認」された世界で唯一のモデルとなっている。

ハイスペックモデル「raytrek ZBrush 公認モデル ZI」は、CPU演算を基本とし、メインメモリを大量に要求するZbrushの仕様に合わせ、CPUに第7世代 インテル Core i7 プロセッサーと、PC4-19200 DDR4 メモリ 32GBを搭載。

他の3DCGソフトウェアとの連携を考え、起動用ストレージにインテル 750シリーズ 400GBを搭載し、ストレージ部分で生じがちなボトルネックを解消。グラフィックカードもNVIDIA GeForce GTX1070を搭載しており、重い作業もストレスなく行うことが可能だ。

■raytrek ZBrush公認モデル MH 製品情報
・CPU: インテル(R) Core(TM) i7-7700 プロセッサー
(クアッドコア, HT対応, 定格3.60GHz, TB時最大4.20GHz, L3キャッシュ8MB)
・チップセット: インテル H270 チップセット搭載 マイクロATXマザーボード
・メインメモリ: 32GB PC4-19200 (DDR4 SDRAM, 16GB×2, デュアルチャネル)
・グラフィックス: NVIDIA GeForce GTX 1050 2GB
・SSD: 500GB(SATA3)
・ハードディスク: 1TB (SATA3)
・光学ドライブ: DVDスーパーマルチドライブ
・LAN: ギガビットLAN
・ケース: EM041 ブラック(MicroATX)
・電源: 400W 静音電源 (Acbel製 / 80 PLUS BRONZE)
・OS: Windows 10 Home インストール済み
価格:14万9,980円(税別)

■raytrek ZBrush公認モデル ZI 製品情報
・CPU: インテル Core i7-7700K プロセッサー
(クアッドコア, HT対応, 定格4.20GHz, TB時最大4.50GHz, L3キャッシュ8MB)
・チップセット: インテル Z270 チップセット搭載 ATXマザーボード
・メインメモリ: 32GB PC4-19200 (DDR4 SDRAM, 16GB×2, デュアルチャネル)
・グラフィックス: NVIDIA GeForce GTX 1070 8GB
・SSD: 400GB(インテル SSD 750シリーズ, PCIe 3.0 NVMe対応)
・ハードディスク: 2TB (SATA3)
・光学ドライブ: DVDスーパーマルチドライブ
・LAN: ギガビットLAN
・ケース: LD ブラック(ATX)
・電源: 500W 静音電源 (Delta製 / 80 PLUS BRONZE)
・OS: Windows 10 Home インストール済み
価格:24万9,980円(税別)

42181_vjYmsMYxAM


raytrek ZBrush公認モデル MH
raytrek ZBrush公認モデル ZI


ITライフハック
ITライフハック Twitter
ITライフハック Facebook

パソコンに関連した記事を読む
レノボ、ゲーミングPCラインナップを一新。新ブランド「Lenovo Legion Y520」など4モデルを新発売
充電式で電源不要&接続不要なサイコロ型の超コンパクトプロジェクター
最大解像度16,000dpiのMOBA/MMO特化型ゲーミングマウスが登場
Steamコントローラー、Steamリンクをドスパラ・パソコン工房・グッドウィルで販売
JAPANNEXT、4K対応の55型曲面液晶ディスプレイ「JN-VC550UHD」を発表

ZBrushフィギュア制作の教科書
榊馨
エムディエヌコーポレーション
2016-04-26





ITライフハックやlivedoor ニュースのIT記事をサクサク読めてシェアできるアプリ

  • iPhone版はこちら
  • Android版はこちら
最新記事
QRコード
QRコード
カテゴリ
月別アーカイブ
配信メディア
ITライフハックは以下のニュースサイトにも記事を配信しています。
記事検索
このサイトについて

ITライフハックで原稿(有償原稿)を執筆したいというプロのライターさんからの売り込みも受け付けていますので、興味をもっていただけましたら、これまでの実績等を含めてお気軽にご連絡ください。ただし、必ずお返事するわけではありません。執筆依頼は編集部から行います。また必ず校正及びファクトチェックが入ります。

>>詳しくはこちらへ

ITライフハック代表
関口哲司

日本大学大学院理工学研究科後期博士課程修了。理学博士。日本物理学会会員。データサイエンティスト協会会員。IT系記事を中心に著書多数。原稿の依頼歓迎。

>>詳しくはこちらへ

連絡先:itlifehack【at】mediabank.jpn.com
プレスリリース:press【at】mediabank.jpn.com
【at】は@
Twitterアカウント:@ITlifehack
  • ライブドアブログ