ITライフハック

インシュアテック

イーデザイン損害保険、「&e」を発売!冬季限定『熱盛 丸亀うどん弁当』【まとめ記事】

main

イーデザイン損害保険株式会社は、2021年11月18日(木)から、最新テクノロジーを活用して利用者に新たな体験を提供する新自動車保険「&e(アンディー)」(以下「&e」)を発売する。
株式会社丸亀製麺が展開する讃岐うどん専門店「丸亀製麺」は、発売から約7か月で累計1,500万食を突破し大好評の『丸亀うどん弁当』より、ついに、あたたかいうどん弁当を2021年12月2日(木)から全国の丸亀製麺にて販売する。

素朴で柔らかい手触りが魅力!天然木パイン材デスク
サンワサプライ株式会社が運営している直販サイト『サンワダイレクト』は、長く使えて経年変化が楽しめる天然木パイン材デスク「100-DESKH047M」を発売した。本製品は、素朴で柔らかい手触りが魅力の天然木パイン材を使用したデスク。シンプルなデザインなので作業台、学習机、仕事机など用途を選ばず使用ができる。


手触りと風合いに優れる!ファブリック張地のゲーミングチェア
サンワサプライ株式会社が運営している直販サイト『サンワダイレクト』は、手触りと風合いに優れるファブリック(布)張地仕様のゲーミングチェア「150-SNC130GY」を発売した。 本製品は、肌触りに優れ、落ち着いた風合いがお部屋に馴染みやすいファブリック(布)張地仕様のゲーミングチェア。バケットシートをイメージした形状の背もたれと、モールドウレタンクッションを内蔵した座面が身体全体を支え、デスクワークやゲームプレイによる疲れを和らげる。体格や姿勢に合わせて4方向に調整できる4Dアームレスト、着脱可能なヘッドレスト・ランバーサポートを搭載している。


デジタル時代の共創型自動車保険!イーデザイン損害保険、「&e(アンディー)」を発売
イーデザイン損害保険株式会社は、2021年11月18日(木)から、最新テクノロジーを活用して利用者に新たな体験を提供する新自動車保険「&e(アンディー)」(以下「&e」)を発売する。&eでは、一人ひとりの利用者に寄り添い、一人でも事故にあう利用者を減らすために、IoTセンサーとスマートフォンを連携した安全運転支援サービスなどを提供する。なお、&eはビジネスモデル特許を出願中だ。日本国内のスマートフォン・携帯電話所有者のうち、2021年にはスマートフォンの保有比率が初めて90%を超える(※1)など、スマートフォンはもはや生活に欠かせないデバイスになった。


一度で二度おいしい、お得なセットと新メニュー3種!千切りとろろ専門店「東京とろろそば」
とんかつ専門店「かつや」などを展開するアークランドサービスホールディングス株式会社の子会社、「純豆腐 中山豆腐店」を運営するアークダイニング株式会社は、千切りとろろ専門店「東京とろろそば」にて、お得なセット2種と新メニュー3種「たぬきつねそば」「中落ちカルビとろろ麦めし」「ダブルハンバーグとろろ麦めし」を2021年11月25日(木)より販売した。


あたたかいうどんで心も身体もぽかぽか!冬季限定『熱盛 丸亀うどん弁当』
株式会社丸亀製麺が展開する讃岐うどん専門店「丸亀製麺」は、発売から約7か月で累計1,500万食を突破し大好評の『丸亀うどん弁当』より、ついに、あたたかいうどん弁当を2021年12月2日(木)から全国の丸亀製麺にて販売する。寒さが本格化する季節にも、打ち立て茹でたてのうどんや手づくりの天ぷらで心も身体もあたたまってもらい、さらにお腹いっぱい食べてもらいたいという想いから、『熱盛 丸亀うどん弁当』と名付けた。


ITライフハック
ITライフハック Twitter
ITライフハック Facebook

ITビジネスに関連した記事を読む
日本GLP、「GLP ALFALINK相模原」街びらきイベントを開催
世界初、オール酸化物全固体ナトリウム(Na)イオン二次電池を開発
大手企業と共に5Gイノベーションの街中実装を支援!「GO BEYOND DIMENSIONS TOKYO」記者発表会
選りすぐりのスタートアップ9社が登壇!中⼩機構の2021年度アクセラレーション事業「FASTAR 3rd DEMODAY」を開催
LIFULL HOME'Sメディアセミナー!『気候変動の最新動向と水害リスクから考える住まいの探し方』開催レポ



SNSマーケティングのやさしい教科書。改訂新版 Facebook・Twitter・Instagram─つながりでビジネスを加速する最新技術
株式会社グローバルリンクジャパン/清水将之
エムディエヌコーポレーション(MdN)
2019-07-17



デジタル時代の共創型自動車保険!イーデザイン損害保険、「&e(アンディー)」を発売

main

イーデザイン損害保険株式会社は、2021年11月18日(木)から、最新テクノロジーを活用して利用者に新たな体験を提供する新自動車保険「&e(アンディー)」(以下「&e」)を発売する。&eでは、一人ひとりの利用者に寄り添い、一人でも事故にあう利用者を減らすために、IoTセンサーとスマートフォンを連携した安全運転支援サービスなどを提供する。なお、&eはビジネスモデル特許を出願中だ。

■事故のない世界を作りたい - イーデザイン損保 桑原社長
日本国内のスマートフォン・携帯電話所有者のうち、2021年にはスマートフォンの保有比率が初めて90%を超える(※1)など、スマートフォンはもはや生活に欠かせないデバイスになった。スマートフォンを介して実現されるサービスは日々進化を続け、日々の生活に意味のあるサービスであるか、新たな体験をもたらすサービスであるかが、利用者がサービスを選ぶうえで重視されている。

このような利用者を取り巻く環境やニーズの変化に対して、イーデザイン損害保険株式会社はインシュアテック保険会社として、デジタルの利便性を最大限に取り入れ、利用者一人ひとりのニーズに寄り添う全く新しい保険が必要であると考えた。
それが利用者一人ひとりのニーズに寄り添う全く新しい保険「&e(アンディー)」だ。

※1 2021年4月14日NTTドコモ モバイル社会研究所 発表
「スマートフォン比率92.8%に:2010年は約4% ここ10年でいっきに普及」
https://www.moba-ken.jp/project/others/ownership20210414.html

報道関係者向けのラウンドテーブルでは、イーデザイン損害保険株式会社 代表取締役社長 桑原茂雄氏は、
「事故のときに役に立つから保険に入っておきましょうという方が多いと思います。受け身の保険を変えていきたいというのが根本の思いとしてあります。インシュアテックという難しい言葉もありますが、やりたいことはみんなで事故のない世界を作ることです。」と、保険に対する考えを語った。

s1109_2021_E_Design_005
イーデザイン損害保険株式会社 代表取締役社長 桑原茂雄氏


どんなに自動車が進化しても、人の不注意で事故は起きる。事故のない世界を作るには、ハードウェアの進化だけでなく、ソフトウェアの進化も必要だ。人も交通ルールを守るなどの進化が必要になる。


YouTube:https://youtu.be/d9Lp97fXkcw

■AI+IoTセンサーで実現した共創型自動車保険「&e」
「&e」には、今までの自動車保険にない様々な特徴がある。

sub1


(1)AIを駆使したシンプルでわかりやすい保険サービス
契約手続きはもちろん、補償内容に関する問い合わせから、万一の事故の連絡や保険金の支払いまで、多くの手続きをスマートフォンだけで完結できる。利用者に最高の操作性を届けすることを開発の重要なコンセプトに据え、ページ設計からデザインにいたるまで、利用者が行いたい手続きや欲しい情報にストレスなくアクセスできるよう設計しており、例えば最短60秒で保険料試算が完了できる。また、保険証券をスマートフォンで撮影しアップロードすると、AI画像認識機能により、見積もりや申し込みに必要な項目の入力が大幅に削減される。

main


(2)「1タップ事故連絡」 をはじめ、IoTセンサーなどの最新テクノロジーで新たな体験を実現
契約されたすべての利用者に、無償でIoTセンサーを提供する。万一事故にあった場合、IoTセンサーが自動で衝撃を検知し、スマートフォンから1タップで事故を連絡できます。また、提携修理工場での修理の希望も、その場で入力できる。

sub2


さらに、IoTセンサーが検知した衝撃やGPSデータを基に、利用者の車の事故状況を動画で再現する。事故前後のお車の速度・衝撃・損傷などのデータを事故担当者が把握できるため、事故にあわれた場合の利用者の不安を軽減できるようサポートするとともに、事故の早期解決に役立てられる。

sub3


(注)上記画像・動画は同社内のみで閲覧するもの。

(3)利用者の安全運転を後押し、利用者のカーライフをサポート
頻出する事故のパターンから作成した安全運転のためのヒントが詰まった「運転テーマ」を定期的にアプリで配信し、利用者の運転をサポートする。また、IoTセンサーが検知したデータを基に判定した急ブレーキや急ハンドル、急加速などの情報や、それらを基に算出した運転スコアから自身の運転傾向がわかる。同居の家族はもちろん、&eに契約している遠隔地の家族とも運転スコアなどを共有できるので、一緒に楽しみながら安全運転に取り組める。さらに安全運転でハート(ポイント)がたまり、コーヒーなどの商品に交換できる。

sub4


(4)利用者と事故のない世界を共創
「データで安全を作る」という趣旨に賛同いただける利用者や地方自治体、企業とともに、交通安全に関するデータを活用した事故削減の取り組み「Safe Drive With」を開始する。
例えば、Apple Watch経由で運転中およびその前後の心拍数や前日の睡眠時間などのヘルスケアデータを取得し、安全運転との相関関係を調べるなど、今後様々な企業や自治体と取り組みを進める予定だ。
また、利用者の安全運転への取り組み状況に応じて、地域に根差した事故削減や交通安全の取り組みに対し同社が寄付を行う活動「+まち(ぷらまち)」も開始し、利用者とともに事故のない世界を目指す。


「&e」は、AI+IoTセンサーで実現した新たな共創型自動車保険「&e」だ。
イーデザイン損害保険株式会社は、これからも保険とテクノロジーを融合したインシュアテック保険会社として、デジタルを活用した損害保険の新たな体験価値創造に取り組んでいくとしている。

&e公式サイト

ITライフハック
ITライフハック Twitter
ITライフハック Facebook

ITビジネスに関連した記事を読む
日本GLP、「GLP ALFALINK相模原」街びらきイベントを開催
世界初、オール酸化物全固体ナトリウム(Na)イオン二次電池を開発
大手企業と共に5Gイノベーションの街中実装を支援!「GO BEYOND DIMENSIONS TOKYO」記者発表会
選りすぐりのスタートアップ9社が登壇!中⼩機構の2021年度アクセラレーション事業「FASTAR 3rd DEMODAY」を開催
LIFULL HOME'Sメディアセミナー!『気候変動の最新動向と水害リスクから考える住まいの探し方』開催レポ



SNSマーケティングのやさしい教科書。改訂新版 Facebook・Twitter・Instagram─つながりでビジネスを加速する最新技術
株式会社グローバルリンクジャパン/清水将之
エムディエヌコーポレーション(MdN)
2019-07-17



ITライフハックやlivedoor ニュースのIT記事をサクサク読めてシェアできるアプリ

  • iPhone版はこちら
  • Android版はこちら
カテゴリ
月別アーカイブ
配信メディア
ITライフハックは以下のニュースサイトにも記事を配信しています。
記事検索
このサイトについて

ITライフハックで原稿(有償原稿)を執筆したいというプロのライターさんからの売り込みも受け付けていますので、興味をもっていただけましたら、これまでの実績等を含めてお気軽にご連絡ください。ただし、必ずお返事するわけではありません。執筆依頼は編集部から行います。また必ず校正及びファクトチェックが入ります。

>>詳しくはこちらへ

ITライフハック代表
関口哲司

日本大学大学院理工学研究科後期博士課程修了。理学博士。日本物理学会会員。データサイエンティスト協会会員。IT系記事を中心に著書多数。原稿の依頼歓迎。

>>詳しくはこちらへ

連絡先:itlifehack【at】mediabank.jpn.com
プレスリリース:press【at】mediabank.jpn.com
【at】は@
Twitterアカウント:@ITlifehack
  • ライブドアブログ