ITライフハック

インターンシップ

武蔵野大学 アントレプレナーシップ学部、東京都「大学発スタートアップ創出支援事業」に選出

main
シンガポール国立大学(NUS)の学生たちと EMC生と(2023年9月、NUSにて)

武蔵野大学アントレプレナーシップ学部(武蔵野EMC)は、東京都が進めるスタートアップ戦略「Global Innovation with STARTUPS」の一環として展開される「大学発スタートアップ創出支援事業」に、10大学の中の1大学として選ばれた。海外大学や企業とのネットワーキング、学生の海外インターンシップ等を進め、グローバルアントレプレナーの輩出に取り組み、武蔵野EMCを中心としたグローバルコミュニティ“武蔵野バレー”構想を実現させる。※EMC= Entrepreneurship Musashino Campus の略

■各大学の実情に応じ、必要な支援を実施
本事業では、東京都がコーディネーターである株式会社キャンパスクリエイトと連携し、大学発スタートアップの創出に向けた大学等の各種取り組みに対して、経費支援および伴走支援を提供する。
「タイプⅠ:事業促進型」と「タイプⅡ:環境構築型」の2タイプを設定し、各大学の実情に応じ、必要な支援を実施する。

・事業化促進型:大学等に眠るシーズ等を活用した新事業の創出に向けた支援
・環境構築型:大学等のシーズや事業アイデアを活用した起業・新事業創出を促進する学内の仕組みづくり・体制整備等に対する支援

本学は、「アントレプレナーシップ学部(武蔵野EMC)を中心としたグローバルコミュニティ“武蔵野バレー”構築の実現に向け、海外大学や企業とのネットワーキング構築、学生の海外インターンシップ等を進め、グローバルアントレプレナーシップの輩出に取り組む」を事業概要として、事業化促進型の支援対象として選出された。

sub3


■武蔵野EMCとは
武蔵野大学アントレプレナーシップ学部(武蔵野EMC)は、国内唯一のアントレプレナーシップ(起業家精神)醸成を目的とした学部で、令和3年4月に開設。開設後2年半で起業実績9社、個人事業主5名、ゼミとしてカンボジアでの起業など、少しずつ学生スタートアップが育まれる土壌が築かれている(令和6年1月31日現在)。武蔵野EMCは長期ビジョンとして、学部を中心として「日本が再び立ち上がる」ためのグローバルコミュニティ“武蔵野バレー”の構築を掲げている。

教員の大半が社会の第一線で活躍する現役実務家教員であり、政財界や各大学・高校とのリレーションを築く中で、高大接続プログラムの実施や地方自治体等の協定締結など、武蔵野EMCでの各種取り組みが少しずつ成果をあげてきている。

また、教育分野やビジネス分野での連携・協力を視野に入れた視察を年間100件以上の受け入れるなど、社会からの注目が高まってきていることもあり、一歩一歩“武蔵野バレー”構想は実現に向かっているが、さらに「日本を再び立ち上がらせる」ためには、グローバル展開(①ネットワーキング、②人材交流、③グローバルアントレプレナーの輩出)が欠かせません。すでにシンガポールやインドへのオフィス拠点の設置等グローバル展開へのアクションを開始しており、今回のサポートによって、武蔵野EMCのグローバル展開を加速させていく。

sub2
武蔵野大学武蔵野キャンパス


■武蔵野大学アントレプレナーシップ学部長 伊藤 羊一氏のコメント
武蔵野大学アントレプレナーシップ学部(武蔵野EMC)での2年半超の取り組みにより、学生スタートアップが育まれる環境が整いつつあり、また私たちが長期ビジョンとしている“武蔵野バレー”構想も少しずつ進捗しております。しかしながら、国内で取り組むだけでは「ガラパゴス」となるだけであり、日本の未来のためには、グローバルで活躍するアントレプレナーの育成は急務です。

そこで私どもは、現在の取り組みを加速しながら、次のステップとして世界をフィールドにしたコミュニティを形成し、日本の再興を支援する体制を構築してまいります。これは、起業家、ベンチャーキャピタリスト等、多くの実務家教員を抱え、大学でのアントレプレナーシップ教育を学部として唯一実施している私どもだからこそできることです。パーソナルコンピューターの父と言われるAlan Kayはこう言っています。
“The Best way to predict the Future is to Invent it.”未来は予測するものでなく創るもの。

我々の創る未来に皆様に共感いただき、ご支援をいただきながら、この国の未来を支える人材を輩出して参りたく存じます。どうぞよろしくお願い申し上げます。

sub1
武蔵野大学アントレプレナーシップ学部長 伊藤 羊一氏


・武蔵野大学アントレプレナーシップ学部HP:https://emc.musashino-u.ac.jp/
・アントレプレナーシップ研究所HP:https://www.musashino-u.ac.jp/research/laboratory/entrepreneurship_Institute.html
・東京都のプレスリリース:https://www.startupandglobalfinancialcity.metro.tokyo.lg.jp/startup/initiatives/university-startup-support

武蔵野大学アントレプレナーシップ学部HP

ITライフハック
ITライフハック X(旧Twitter)
ITライフハック Facebook

カルチャーに関連した記事を読む
アジア最大級のオールジャパンイベント!「JAPAN EXPO THAILAND 2024」に「Japan VTuber Greeting」を出展
バレンタインは、これで決まり!ホリエモン、小麦の奴隷「とろ生チョコバスクチーズケーキ」
ワインの飲み方など、見所満載!「絶品ハンガリーの推しグルメを召し上がれ!~ワインで乾杯~」
2024年1月21日(日)、東京・国立代々木競技場 第一体育館で迎えたツアーファイナル!Vaundy、「one man live ARENA tour “replica ZERO”」
みやざきブランド食材をタイ料理で!「マンゴツリー東京」×「Meeeat Up! MIYAZAKIひなたダイニング」






LINE インターンシップの募集開始。エンジニア、デザイナー、企画、営業、各職種にて応募受付

LINE_Internship

LINEは、エンジニア、デザイナー、サービス企画職、企画営業職(4職種6コース)におけるインターンシップの募集を開始した。

インターンシップに関する詳細は下記ページより閲覧可能。こちらのページでは、エンジニア、デザイナー、企画職、営業職(4職種6コース)にて、過去にインターンを経験し、LINEで働く現役メンバーや各職種で働く中堅・マネジメント層などのインタビューも掲載しており、様々な角度からLINEで働くことをイメージできる。

■エンジニア職 就業コース (東京)
LINEの自由でスピード感のある開発スタイルや文化を体感することができる5週間からの就業コース。開発・機械学習・セキュリティ・インフラの4つの領域において、参加者それぞれが配属チームでの実際の業務に取り組める。
・詳細:https://linecorp.com/ja/career/newgrads/internship/engineer-tokyo

■エンジニア職 5daysコース (京都)
LINEの京都開発拠点「LINE KYOTO」において開催する5日間の短期コース。前半は、プロダクト開発やチームでの開発手法について座学で学び、後半はハッカソン形式でチーム開発を実践的に学ぶ。
・詳細:https://linecorp.com/ja/career/newgrads/internship/engineer-kyoto

■デザイン職 UIデザイナー 就業コース
デザイナーの文化や働き方を感じ、デザイナーとして働くマインドやスキルを学ぶことができる、1か月を目安とする就業コース。「LINE」およびファミリーアプリ、メディアサービスや広告案件など、LINEが提供するサービス全般において、実際のUIデザイン業務に取り組む。
・詳細:https://linecorp.com/ja/career/newgrads/internship/designer-ui
■デザイン職 BXデザイナー 就業コース
デザイナーの文化や働き方を感じ、デザイナーとして働くマインドやスキルを学ぶことができる、1か月を目安とする就業コース。グラフィックを中心に担当するブランドデザインチーム、ブランディングやプロモーションなど動画を専門に担当するブランド映像チーム、オフィスやイベントなどの空間デザインを専門に行うスペースデザインチームの3つの分野において、配属チームにおける実際の業務に取り組む。
・詳細:https://linecorp.com/ja/career/newgrads/internship/designer-bx

■サービス企画職 CWOチームコース
サービス競争力を高めるために設立されたCWOチームの業務に従事する、1か月を目安とする就業コース。参加者の志向性および適性に応じ、社内外/国内外の様々なサービスの実体験を通じての徹底的なリサーチ、自社サービスの競争力の評価や改善点の整理、新規
サービスの提案などの、CWOチームの実際の業務に取り組む。
・詳細:https://linecorp.com/ja/career/newgrads/internship/planner

■企画営業職 広告事業コース
企画営業職の業務を体験し、営業の仕事の進め方や広告業界への理解を深める、4日間の短期コース。参加者一人につき、一人ずつ社員がサポートし、LINEが持つ様々なソリューションを用いた企画立案に取り組む。
・詳細:https://linecorp.com/ja/career/newgrads/internship/sales

LINE インターンシップ 2019 詳細

ITライフハック
ITライフハック Twitter
ITライフハック Facebook

カルチャーに関連した記事を読む
「ニコニコ超会議2019」2日目に押さえておきたいところ ~超会議2019~
実に1トン!大量に準備したので余裕? 謎肉今年も超会議に登場!~超会議2019~
ベルギー王室御用達チョコレートブランド「ヴィタメール」、母の日限定ギフト商品を販売
平成最後にあなた自身を漢字一文字で表すなら?ニコニコ超会議特別企画「#平成最後の漢字一文字」を実施
「マンモス展」は、マンモスだけじゃない!血液と尿が採取された「古代仔ウマ」完全体冷凍標本の世界初公開決定!







即戦力として活躍する若手社員たち 就活最前線~株式会社ジーニーの場合~

「学生の本分は学業である」との政府見解を受け就職活動の時期が変更された。経団連が採用活動の日程を見直したのだ。その結果、これまでは、大学3年生の12月に採用情報や説明会情報が解禁されていたのが、2016年卒業予定者より、年が明けた3月からの解禁、採用選考開始は、これまで4年生の4月からだったのが8月からのスタートとなる。

採用期間が後ろにずれ込むことは、採用決定までにかける時間が減ることを意味する。企業としては可能な限り優秀な人材を確保したいわけで、その期間が後ろにずれ込むことにより、従来の採用方法とは別の方法を模索しなければならなくなってしまったわけだ。

外資系企業の場合、経団連に属していないことが多く、そうなると今回の決定に縛られる必要はない。これまで通りのスケジュールで採用活動を進めている。となると経団連に属す企業の採用担当者としては「適切な人材が獲得できないかもしれない」いう懸念を抱くようになってもおかしくない。そこで夏だけでなく秋から冬にかけてインターンを実施する企業が増えているという。

続きを読む
カテゴリ
月別アーカイブ
配信メディア
ITライフハックは以下のニュースサイトにも記事を配信しています。
記事検索
特集


l

























このサイトについて

ITライフハックで原稿(有償原稿)を執筆したいというプロのライターさんからの売り込みも受け付けていますので、興味をもっていただけましたら、これまでの実績等を含めてお気軽にご連絡ください。ただし、必ずお返事するわけではありません。執筆依頼は編集部から行います。また必ず校正及びファクトチェックが入ります。

>>詳しくはこちらへ

ITライフハック代表
関口哲司

日本大学大学院理工学研究科後期博士課程修了。理学博士。日本物理学会会員。データサイエンティスト協会会員。IT系記事を中心に著書多数。原稿の依頼歓迎。

>>詳しくはこちらへ

連絡先:itlifehack【at】mediabank.jpn.com
プレスリリース:press【at】mediabank.jpn.com
【at】は@
Twitterアカウント:@ITlifehack
  • ライブドアブログ