ITライフハック

インデックス

スマホゲーム「とあるIF」が前代未聞の自販機型マシーンを科学の力で実現!なんと“蹴る自販機”が爆誕!

交通広告1

スクウェア・エニックスは、配信中のスマートフォン向けRPG ゲーム『とある魔術の禁書目録 幻想収束(イマジナリーフェスト)』の特別イベントとして、2020年1月20日(月)より「とある電撃姫の蹴自販機(#とあるキック自販機)」を東京メトロ丸ノ内線新宿駅 メトロプロムナードに設置する。

■アチョー!と蹴りを入れる自販機
「#とあるキック自販機」は、「とある」シリーズでおなじみの“ヒロインの御坂美琴が自動販売機を蹴る”という公園での名シーンを、リアルに再現した企画だ。1月26日(日)までの期間限定設置となっている。業界初の“蹴る自販機”型アトラクション交通広告を試してみてはいかがだろうか。

なお交通広告に先駆けて、1 月14 日(火)よりキャンペーンサイト上でどなたでも参加できる「#とあるキック自販機」ミニゲームコンテンツを公開した。スマートフォンの画面上に表示されるキックボタンを、リズムよくタップしていくことで、ドットで描かれた御坂美琴が爽快なアクションで自販機をキックし、入手できるドリンク缶の本数のハイスコアを狙うゲームだ。キャンペーンサイト上のミニゲームでは、ミッションをクリアすると限定の壁紙コンテンツをダウンロードできる特典付き。さらに、ミニゲームプレイ結果をツイートすることで、12 種類オリジナルステッカーのコンプリートセットを、抽選で100名にプレゼントする。

また、キャンペーン期間内の、スペシャルサイト上、『とある魔術の禁書目録 幻想収束(イマジナリーフェスト)』アプリゲーム内、新宿の交通広告の3カ所における、全キャンペーン参加者による、自販機のキック回数の合算値に応じて、アプリゲームプレイ中で使用できるアイテムを、全プレイヤーに対してゲーム内で配布する。

特設キャンペーンサイト

ITライフハック
ITライフハック Twitter
ITライフハック Facebook

カルチャーに関連した記事を読む
全国ツアー情報も解禁!放送前のミニライブでファンたちが大興奮!「みらいブンカ village 岸洋佑のスタートアップ」公開生放送イベントレポート
石原さとみさん出演の東京メトロ「Find my Tokyo.」新CM第4弾は「錦糸町 世界とニッポンが、もっとつながって見える街」篇を先行公開!
観なければよかった・・・胸が切なくなる映画「尾崎豊を探して」公開記念!auスマートパスプレミアム会員であれば映画の劇中歌が聴ける「尾崎豊プレイリスト」を配信
aiboを使ってアートを創作!ソニースクエア渋谷プロジェクトで「aibo x graphic artコンペティション」を開催

アウトドアに加え災害時にも大活躍!2万円台で買え6口の同時充電、PD急速充電にも対応で容量60,900mAhのコンパクトな「ZEEPIN ポータブル電源」

とある科学の超電磁砲T Vol.1(初回仕様版)(おまけアニメ&前半収納BOX付) [Blu-ray]
佐藤利奈
NBCユニバーサル・エンターテイメントジャパン
2020-04-30


とある科学の一方通行 Vol.2(初回仕様版)(特典ラジオCD付) [Blu-ray]
岡本信彦
NBCユニバーサル・エンターテイメントジャパン
2019-12-25



初心者でもプロ作家へ!!「ルルル文庫」×「ストリエ」新人発掘コンテスト開催

インデックスが運営する、小説でもマンガでもない“トークアプリ風”読み物フォーマット投稿サービス「ストリエ」は、小学館のレーベル「ルルル文庫」と提携し、2015年12月14日(月)より「ルルル文庫×ストリエ 新人発掘コンテスト」を開催する。
続きを読む

インデックスが画期的な着信音!「節電着信音」で節電を

東日本大震災では、被災された方々のために、被災情報や普及状況などを中心にネットやソーシャルメディアで多くの情報が発信された。モバイルでも災害用伝言板が利用でき、義援金を受け付けている。このような震災情報や震災支援以外に、携帯電話で震災時に節電に役立つサービスが登場した。
それが、インデックスがモバイルサイト「速報 Musicサーチ」で無料提供を開始した着信メロディ「節電着信音」だ。
一般的に使用される着信音に比べてスピーカー部分の消費エネルギーが抑えられるとのことだ

続きを読む

ITライフハックやlivedoor ニュースのIT記事をサクサク読めてシェアできるアプリ

  • iPhone版はこちら
  • Android版はこちら
最新記事
QRコード
QRコード
カテゴリ
月別アーカイブ
配信メディア
ITライフハックは以下のニュースサイトにも記事を配信しています。
記事検索
このサイトについて

ITライフハックで原稿(有償原稿)を執筆したいというプロのライターさんからの売り込みも受け付けていますので、興味をもっていただけましたら、これまでの実績等を含めてお気軽にご連絡ください。ただし、必ずお返事するわけではありません。執筆依頼は編集部から行いまず。また必ず校正及びファクトチェックが入ります。

>>詳しくはこちらへ

ITライフハック代表
関口哲司

日本大学大学院理工学研究科後期博士課程修了。理学博士。日本物理学会会員。データサイエンティスト協会会員。IT系記事を中心に著書多数。原稿の依頼歓迎。

>>詳しくはこちらへ

連絡先:itlifehack【at】mediabank.jpn.com
プレスリリース:press【at】mediabank.jpn.com
【at】は@
Twitterアカウント:@ITlifehack
  • ライブドアブログ