ITライフハック

ウェブカメラ

自由自在に位置固定ができる! サンワサプライ、WEBカメラ用クランプアーム

sub1

サンワサプライ株式会社が運営している直販サイト『サンワダイレクト』では、アームを前後・左右・上下に動かすことができ、顔だけでなく手元の資料や全体の様子を映したりすることが自由にできるWEBカメラ用クランプアーム「200-DGCAM021」を発売した。

■WEBカメラを自由な位置に固定できる
本製品は、WEBカメラを自由な位置に固定できるWEBカメラ用クランプアームだ。
sub8

アームはクランプで机に固定し、前後、上下、左右に調整することができるので、様々なシーンで使用することができる。
sub13

WEBカメラを固定し顔だけ映していた使用用途から、アームを動かすことで、手元にある書面を映したり、会議全体の様子を映したりとムービーカメラを映しているような使い方ができる。
sub12

付属で幅55~85mm、厚み9mmまでに対応したホルダーがあるので、スマートフォンなどを搭載し、WEBカメラの代わりに設置することも可能だ。
sub10

サイズは、約W40×D130~760×H210~860mm、重量は約580g。

WEBカメラ用クランプアーム「200-DGCAM021」

ITライフハック
ITライフハック Twitter
ITライフハック Facebook

パソコンに関連した記事を読む
超薄型サイズで持ち運びに便利! Macで使えるUSBハブ8種類を発売
360度全方向の声を拾うことができる! サンワサプライ、会議用スピーカーフォンを発売
くるっと画面を見やすく回転できる!サンワサプライ、アルミスタンド「100-CR016」発売
モバイルワークなどに最適! サンワサプライ、モバイルディスプレイ「DP-01」を発売
パナソニック、個人店頭向け秋冬モデル! モバイルパソコン「Let's note」を発売






東京03角田晃広さんがリモート会議で全力ダイブ!? 会議室用webカメラ「ミーティング オウル プロ」新CM

main

ソースネクスト株式会社は、2020年9月11日(金)より、東京03の角田 晃広さんが出演する会議室用webカメラ「Meeting Owl Pro(ミーティングオウル プロ)」の新CMを公開した。

■AIが声や動きを360度の広範囲で認識
「Meeting Owl Pro(ミーティングオウル プロ)」は、360度カメラとノイズキャンセリングマイク、スピーカーを搭載したwebカメラで、AIが声や動きを360度の広範囲で認識し、発言者に自動フォーカスする。コロナウイルスの影響でオンライン会議が普及していく中、7月31日(金)に本製品を発売したところ、すでに100社以上の企業に導入が決定している。

今回、「Meeting Owl Pro(ミーティングオウル プロ)」のイメージキャラクターとして、東京03の角田 晃広さんを起用した。東京03のボケ担当として幅広い層に支持されている一方で、最近では社会派ドラマにも出演するなど、役者としての注目度が上がっている角田さん。本CMでは秘書役として役員会議室をダイナミックに動き回りながら、次々と発言する重役達にパソコンを差し向ける。キレのある動きと迫真の演技に注目だ。

■「Meeting Owl Pro 役員会編」/ストーリー
CMの舞台は、重々しい空気の重役会議。テーブルの上にパソコンが置かれ、パソコンの中にはリモートで参加している社長がる。役員たちがざわざわしている中、会社の金を横領した者を突きとめようと会議が始まる。

書役の角田さんは、リモートで参加する社長のために、発言者の正面にwebカメラ内蔵のパソコンを勢いよく移動させる。真犯人が分かると役員同士が言い合いになり、角田さんが目まぐるしく変わる発言者に合わせて、パソコンの位置取りのために激しく動き回る。

そんなリモート会議の中、「Meeting Owl Pro」が登場。
360度カメラが全体を映し出すとともに、AIが発言者を自動認識して、映像にも音にもフォーカスする様子を紹介する。

sub3

■「Meeting Owl Pro 被害者インタビュー編」/ストーリー
被害者として、悔しい顔を浮かべる角田さんからCMは始まる。
かつては、リモート会議中に発言者に素早くPCを向けることが仕事だったと角田さん。ただ、「Meeting Owl Pro」が登場して以来、スムーズにリモート会議が実現できてしまい、「俺の存在価値無くなっていくー」と涙ながらに訴える。

さらに、角田さんにはない多様なスペックに「これだけの機能がついて操作が簡単って…。そこまでやられたら、もう負け認めます」と涙ながらに完敗を宣言。負けを認め、謝りながらオウルを抱きかかえる角田さんに注目だ。

sub4

Meeting Owl Pro

ITライフハック
ITライフハック Twitter
ITライフハック Facebook

パソコンに関連した記事を読む
気分に合わせてカバーをチェンジ! サンワサプライ「フラット形状の充電式マウス」
テレワークでも高速通信が可能! プラネックス、Macで使えるUSB Type-Cの有線LANアダプターを発売
6,980円のペンタブレット、RAYWOOD「TSUKISHIRO」を発売
Mad Catz「EGO Arcade FightStick」が復活! ゲームパッド、限定ハイエンドゲーミングマウスを新発売
チュートリアルビデオも一発録りできる高機能PC画面録画ソフト「EaseUS RecExperts」レビュー






動画もワンクリックでアップできる!HD対応ウェブカメラが登場



パソコンを使っている人の中には、コミュニケーションの手段として、チャットソフトを活用している人も多いだろう。最近のチャットソフトは、テキストメッセージだけでなく、ウェブカメラによる動画にも対応しているものが多い。そうした市場に向けて、ロジクールが動き出した。

ロジクールは2010年8月11日、HD対応ウェブカメラ新製品ラインナップとして、4機種6製品を発表した。このうち3機種5製品(「ロジクール HDプロ ウェブカム C910」、「ロジクール HDウェブカム C310」、「ロジクール HDウェブカム C310h」、「ロジクール HDウェブカム C270」、「ロジクール HDウェブカム C270m」)は、8月27日に発売する。「ロジクール HDウェブカム C510」は、2010年秋に発売予定。
価格は、オープンプライス。

続きを読む

ITライフハックやlivedoor ニュースのIT記事をサクサク読めてシェアできるアプリ

  • iPhone版はこちら
  • Android版はこちら
最新記事
QRコード
QRコード
カテゴリ
月別アーカイブ
配信メディア
ITライフハックは以下のニュースサイトにも記事を配信しています。
記事検索
このサイトについて

ITライフハックで原稿(有償原稿)を執筆したいというプロのライターさんからの売り込みも受け付けていますので、興味をもっていただけましたら、これまでの実績等を含めてお気軽にご連絡ください。ただし、必ずお返事するわけではありません。執筆依頼は編集部から行いまず。また必ず校正及びファクトチェックが入ります。

>>詳しくはこちらへ

ITライフハック代表
関口哲司

日本大学大学院理工学研究科後期博士課程修了。理学博士。日本物理学会会員。データサイエンティスト協会会員。IT系記事を中心に著書多数。原稿の依頼歓迎。

>>詳しくはこちらへ

連絡先:itlifehack【at】mediabank.jpn.com
プレスリリース:press【at】mediabank.jpn.com
【at】は@
Twitterアカウント:@ITlifehack
  • ライブドアブログ