ITライフハック

カシオ

電子楽器「カシオトーン 201」、国立科学博物館の未来技術遺産に登録

電子楽器「カシオトーン 201」

カシオ計算機は、1980年に発売した当社の電子楽器1号機「カシオトーン 201」が、楽器を奏でる喜びを多くの人に提供したとして、国立科学博物館が行う2020年度重要科学技術史資料(未来技術遺産)に登録された。

■全ての人に音楽を奏でる喜びを
未来技術遺産は、独立行政法人国立科学博物館が、「科学技術の発達史上重要な成果を示し、次世代に継承していく上で重要な意義を持つ科学技術史資料」及び「国民生活、経済、社会、文化の在り方に顕著な影響を与えた科学技術史資料」の保存と活用を図るため、2008年度から実施している登録制度だ。

今回登録された「カシオトーン 201」は、「全ての人に音楽を奏でる喜びを」という思いから開発された。独自の発音システム「子音・母音システム」※により、従来とは一線を画す自然で味わいのある音色を奏でられるほか、シンプルなインターフェースやコンパクトサイズを実現。当時、楽器に触れる機会のなかった方でも手軽にさまざまな美しい音色を楽しめる電子楽器として、多くの方に楽器演奏の機会を提供し、市場に大きな影響を与えたことが評価された。

音は立ち上がり部分を「子音」、持続・減衰部分を「母音」との2つに分けることができる。「子音」部分と「母音」部分に相当する別々の音を微妙に変化させながら合成し、1つの音として創りだすシステムだ。

なお、同社の登録は、「電子式卓上計算機 カシオミニ」(2008年)、「デジタルカメラ試作機 DC-90」(2009年)、「液晶デジタルカメラ QV-10」(2012年)、「カード型電卓 SL-800」(2013年)、「科学技術用計算機 AL-1」(2014年)、「初代G-SHOCK DW-5000C」(2019年)に続き、7回目となる。

カシオ計算機

ITライフハック
ITライフハック Twitter
ITライフハック Facebook

カルチャーに関連した記事を読む
9月9日はKFC創業者カーネル・サンダースの誕生日、KFC公式Twitterでお祝いキャンペーンを開催
ニコニコでEGOISTライブ映像を4夜連続放送
牛丼を楽しむ裏技を取り入れた! 吉野家、「裏牛丼」全4種を販売開始
水を吸い上げ片手で洗車! サンコー「ハンディスプラッシュブラシ」
Oisix、おせち販売が好調! 2021年おせちのトレンドは「小人数向け」「複数買い」





チープカシオ 安くてスゴい腕時計
チープカシオ研究会
グラフィック社
2016-01-07

スマホから印刷できる! カシオ、ラベルライター「EC-P10」を発売へ

simg02_l

カシオ計算機は、ラベルライター「Lateco(ラテコ)」の新製品として「EC-P10」を2020年9月4日より発売する。
「Lateco」は「Label toward eco (ecology, economy) 」をブランド名の由来とし、ユーザーが感じていたラベルライターの不満点の解決を図り、環境面に配慮するとともに使用時におけるコストカットを目指した製品を展開している。
「EC-P10」は、「Lateco」シリーズで新たにPC・スマートフォンを用いたラベル作成に対応したモデルだ。

■PC・スマホ接続に対応し操作性・利便性が向上
「EC-P10」のラベル作成は、PC・スマートフォン向けの専用アプリケーションソフト「LABEL DESIGN MAKER」※1によって行う。使い慣れたデバイスで操作することにより文字入力やデザインがしやすく、カテゴリ別に収録されたサンプルからデザインを選ぶこともできるため、より直感的なラベル作成が可能だ。PC・スマートフォン上で別の業務タスクと並行しての作成も行いやすくなり、オフィスワークでの利便性も向上した。
※1 アプリケーションは別シリーズのラベルライター“NAME LAND Biz(KL-E300/KL-V460/KL-G2/KL-M50)”と共通

■新たに24mm幅テープでのラベル作成が可能に
従来の「Lateco」で対応していた6mm・9mm・12mm・18mm幅テープに加え、「EC-P10」では新たに24mm幅テープにも対応した。文字情報の多い資産管理ラベルやQRコードを含んだラベル、アテンションラベルなど、大きさや視認性が重視されるラベルを作成しやすくなった。

simg01_l


「EC-P10」製品情報

ITライフハック
ITライフハック Twitter
ITライフハック Facebook

ITビジネスに関連した記事を読む
W火力調整で2品を同時に調理! サンコー「よくばりホットプレート」
高感度アンテナとチューナー搭載、「OVER TIME 3.2インチ液晶搭載 ワンセグテレビラジオ OT-PT302
あおり運転から身を守る、3カメラ仕様ドライブレコーダー「OWL-DR803FG-3C」
加湿器+アロマ+ワイヤレス充電+照明、新発想のプロダクト 「eairpo trinity」
紫外線&オゾンの力で細菌、ポータブル除菌ランプ「Fairy」






GPS搭載によりアウトドアでの活動シーンを広げるSmart Outdoor Watch「WSD-F20」を発売

main_l

カシオ計算機は、アウトドアシーンで役立つ防水性と堅牢な耐環境性能を備えたリストデバイス「Smart Outdoor Watch」の新製品として、OSにAndroid Wear 2.0を採用、低消費電力GPSとオフラインで使えるカラー地図を備え、アウトドアでの活動シーンを広げる「WSD-F20」を2017年4月21日より発売する。価格は5万1,000円(税別)。

「WSD-F20」は、低消費電力GPSとオフラインで使えるカラー地図機能を搭載し、単独での使い勝手を格段に向上。スマートフォンの電波が届かないアウトドアフィールドや、スマートフォンを手に持てないウォータースポーツなどにおいても、単独で活用でき、アウトドアでのアクティビティを幅広く強力にサポートしてくれる。

今回、多彩な表現が見やすいと世界中で利用されているMapboxの地図データを新たに採用。行先の地図を事前に「WSD-F20」にダウンロードしておけば、GPS情報と組み合わせ、オフラインでも自身の位置を確認できる。新機能となる「ロケーションメモリー」アプリでは、地図上に文字やマーカーでメモを残すことができ、登山道の途中で見つけた美しい景観や、釣りのポイントなど、地図上に目印のない場所でも自分だけのメモをつけ、再訪するときに役立つだろう。

デザイン面では、ボタンガード、保護ベゼル、大小3つのサイドボタンなどの採用により、操作性・堅牢性をさらに向上。トレッキング、サイクリング、フィッシング、ウィンタースポーツ、ウォータースポーツなど、手が塞がりやすくスマートフォンを取り出しにくいシーン、またスマートフォンを携行できないシーンにおいて、素早く知りたい情報を確認でき、アウトドアアクティビティを思い切り楽しめるリストデバイスだ。
location_map_l

toolapp


WSD-F20

ITライフハック
ITライフハック Twitter
ITライフハック Facebook

モバイルに関連した記事を読む
絶対夢に出る! はいだしょうこが歌・作画・声優を担当した期待を裏切らない電報スペシャルムービー
「ウルトラマンシリーズ×SHINZI KATOH」のiPhone7ケースが発売
「1秒を切り取る」新しい画像アプリ「ポラロイド・スイング」
ファーウェイ・ジャパン、最上位グレードに位置する「HUAWEI Mate 9」を発売
ASUS JAPAN「ASUS ZenWatch 3(WI503Q)」を発売






日本の父親は時間もお金もない? 子どもとアウトドアに行く父親の意識調査

アウトドア

2016年3月にスマートアウトドアウォッチ「WSD-F10」を発売したカシオ計算機は、6月19日の「父の日」にあわせ「子どもとアウトドアに行く父親の意識調査」を日米独3カ国で実施した。
この調査は、アウトドアにおける父親の意識、及びアウトドアでいかにスマートデバイスを活用しているかを把握する目的で行ったものだ。

■日本の父親が一年にかけるアウトドアグッズの予算は?
「子どもとアウトドアで過ごす時間が1週間でどれくらいか」という問いに対し、日本は平均2.15時間、北米は7.42時間、ドイツは4.06時間と、日本が最低の結果となった。さらに、その時間が、自分の理想に対してどれくらいなのかを調査したところ、北米では81%、ドイツでは75%だったのに対し、日本では47%と低く、一番理想からもかけ離れているという結果になった。また、父親はアウトドアで子どもと過ごしたいのに対し、「反抗期で大変だった子どもを卒業旅行としてアウトドアに連れて行こうとしたら旅費支払い後にドタキャンされた」など、子どものほうが取り合ってくれない悲しい体験談も寄せられた。

アウトドアでは様々な便利グッズがある。日本の父親が一年にかけるアウトドアグッズの予算は1万円未満が34%、10万円以上が11%なのに対し、北米は100ドル未満が9%、1000ドル以上が23%と真逆の結果になった。
さらに北米の父親は、「状況が許せば1000ドル以上使いたい」が42%にのぼった。子どもとアウトドアで過ごす時間を一番確保している北米の父親は、アウトドアグッズでさらにその時間を有意義なものにしたいようだ。

「子どもとアウトドアで過ごす1時間は、友人とアウトドアで過ごす時間に置き換えた場合、何時間に相当するか?」という問いに対し、日本は平均3.83時間、北米は5.8時間、ドイツは2.92時間となった。北米の父親にとって子どもとの時間はとても価値の高いものであり、ドイツの父親にとっては友人との時間も子どもと同じくらいかけがえのない時間のようだ。
スマートアウトドアウォッチ「WSD-F10」

今回の調査では、各国の父親が「アウトドアで子どもとの絆を深めたい」「アウトドアで子どもを成長させたい」という思いを抱く一方、実際のアウトドアシーンでは様々なアクシデントに見舞われていたり、理想どおりの時間や予算をかけられていないことがわかった。

プレスリリース
カシオ計算機

ITライフハック
ITライフハック Twitter
ITライフハック Facebook

モバイルに関連した記事を読む
毎月500MB未満まで無料! ソネット、「0 SIM」をスタート
ドラえもんの誕生日を記念した腕時計「Doratch Limited Edition’14-’15
前に購入したアプリを確認する技!購入済みアプリを一覧表示しよう【快適術】
iPhoneで使える7つの便利技!意外と知らないテクニックはコレだ【快適術】
PCを使わずにスマホ同士でデータ交換ができるKingstonのUSBメモリ「DataTraveler microDuo」







スマホとの連携を強化! カシオ、デジカメ「EXILIM EX-ZR1700」を発売へ




カシオ計算機は、デジタルカメラ「エクシリム」の新製品として、スマートフォンとの連携機能を強化し、より便利になった「EX-ZR1700」を2月5日より発売する。価格は、オープンプライス。

続きを読む

これ凄い! なんと鼻歌で作曲できるiPhoneアプリ!CASIOの「Chordana Composer」

「作曲をしたいけど、音楽の専門知識がないので、作曲ができない!」と、作曲を諦めている人に朗報だ。カシオ計算機は、思いついた2小節(※1)のメロディーをもとに、一曲まるごと自動作曲してくれるiPhone用アプリ「Chordana Composer(コーダナ コンポーザー)」を発売した。価格は、500円。

本ソフトを使用すれば、鼻歌(歌声)からオリジナルの楽曲を作ることもできる。

※1:初期設定のテンポ(1分間に107拍)の場合、約4.5秒。一曲はおよそ30小節~110小節。自動作曲の設定により変動する

続きを読む

子供の一瞬の表情も逃さない!「EX-ZR300」開封レポート



カシオ計算機は、デジタルカメラ“EXILIM”の新製品として、撮りたいときにすぐ撮れる「快速シャッター」と多彩な撮影機能を兼ね備え、広角24mm/光学12.5倍ズームレンズを搭載した最上位モデル『EX-ZR300』を2012年6月8日より発売した。

「EX-ZR300」は、0.95秒の高速起動や0.12秒の高速オートフォーカス、最短0.26秒の撮影間隔など、“ハイスピードエクシリム”最速の「快速シャッター」を搭載した。取材用にカメラを新調しようと思っていたのと重なったため迷わずに購入することにした。

ということで「EX-ZR300」の実機を入手できたので、いつもの開封レポと行きましょう。

続きを読む

スマホと通信できる次世代腕時計!カシオ、世界初のBluetooth V4.0対応「G-SHOCK」が凄い



カシオ計算機は、省電力で通信を可能にする近距離無線技術のBluetooth V4.0(Bluetooth low energy technology対応)に対応した次世代腕時計の第一弾として、G-SHOCK「GB-6900」(3モデル)を12月下旬より発売すると発表した。
メーカー希望小売価格は、1万8,900円(税込み)。ボディカラーは、ブラックとレッド、ホワイトの3色。

続きを読む

カシオの独創的な変形デジカメがついに登場!いままで難しかったアングルでも撮れる



独創的なカメラを提供しているカシオが、「EX-TR100」を7月22日に発売する。2月の発表当初は4月に発売すると言っていたカメラだ。待ちに待った発売となった。

最大の特徴は可変フレームデザインを採用しているところだろう。持ち方も自由自在だし、アングルも自由自在と、縦にしても横にしても置けるのだ。

続きを読む

ケンシロウが驚愕しそうな機能!指先ひとつで操作できるコンデジ



カシオ計算機は2011年6月1日、デジタルカメラ“EXILIM”(エクシリム)の新製品として、タッチパネル付き大画面高精細液晶を搭載し、撮影・再生機能をタッチ操作でより快適に使える有効画素数1610万画素モデル「EX-Z3000」を、6月17日より発売すると発表した。
価格は、オープンプライス。ボディカラーは、シルバーとレッド、ピンク、ブラウンの4色。

続きを読む

過酷な環境で真価を発揮する!G-SHOCKのタフ性能が進化



スマートフォンと通信できる「G-SHOCK」を2011年中に発売するなど、カシオ計算機の「G-SHOCK」は常に先進的な取り組みを行っている。今度はこの「G-SHOCK」で、耐塵と耐泥構造を極めた「GW-9300」を6月30日に発売することになった。価格は3万5000円程度となる予定だ。

続きを読む

カシオ、次世代の腕時計を開発!スマホと通信できる「G-SHOCK」の魅力



iPhoneをはじめ、Android端末、Windows Phoneと、最近はスマートフォンが何かと話題だ。そんなスマートフォンの多くはBluetoothを内蔵している。このBluetooth機能を利用する次世代腕時計を、カシオ計算機が開発した。

カシオ計算機は、Bluetoothに対応した次世代腕時計を開発。耐衝撃ウオッチ「G-SHOCK」の新製品として、2011年中の発売を目指すことを明らかにした。

続きを読む

独創的な発想のデジカメ「EX-TR100」!カシオが自由な撮影スタイルを選んだ理由



高感度ハイスピードカメラ」など、カシオ計算機は常に独創的な発想とデジタル技術を駆使して、写真の新しい楽しみを創造する「写真革命」のコンセプトの下、個性的なデジタルカメラの開発を進めてきた。中でもHDR(High Dynamic Range)技術により、ワンシャッターで芸術的な作品を創り出すHDRアート機能は「撮って楽しむ、見せて楽しむ」という写真の新しい楽しみ方を提案。デジタルフォトアートという新たな価値を創造した。そんなカシオがまた新たなデジカメを発表した。

同社は、デジタルカメラ「EXILIM」シリーズの新製品として、可変フレームデザインを採用し、自由な撮影スタイルで撮る楽しさを広げる「EX-TR100」を4月より発売することを明らかにした。

続きを読む

画面を軽く叩いて操作!スマートフォンと通信できる腕時計



iPhoneをはじめ、スマートフォンが脚光を浴びているなか、カシオ計算機が画期的な腕時計を発表した。
カシオ計算機は、最新の近距離無線技術であるBluetooth Low Energy Wireless Technology(以下、Bluetooth Low Energy)に対応した腕時計を開発。試作機を1月6日より米国ラスベガスコンベンションセンターで開催されるInternational Consumer Electronics Showのカシオブースにて展示中だ。

続きを読む

旅行先でオススメスポットを案内する!GPS搭載のカシオ「EX-H20G」が登場



コンパクトデジタルカメラは、上からデジタル一眼レフカメラ、下から携帯電話が浸食してきているため、特徴を持っていないと、生き残ることは難しい。そのため、各社特徴を持ったデジタルカメラを投入してきている。そのひとつがGPSだ。

カシオ計算機は、単にGPSを搭載するだけでなく、一歩進めて旅を楽しくする機能を搭載したコンパクトデジタルカメラ「EX-H20G」を11月26日に発売すると発表した。価格は4万円弱程度になるとしている。

カシオ計算機 常務取締役 樫尾彰氏は、「いままで、スリムタイプやハイスピードカメラなどを投入してきました。ハイスピードモデルではスポーツシーンのフォームのチェックができるなど、カメラ業界の常識にとらわれない新しい発想でデジタルカメラの価値を創造してきました」と挑戦し続ける姿勢を説明した。

続きを読む

写真革命!撮った写真がアートになるカシオの高感度ハイスピードカメラ「EX-ZR10」



ここのところ、伸び悩みを見せていたデジタルカメラ市場だが、2010年に入って急成長してきた。そのなかでもコンパクトデジタルカメラは一眼レフタイプと違い、それぞれのカメラが独特の機能を持つようになってきた。

カシオ計算機 常務取締役 樫尾彰氏は、世界初の液晶付きデジタルカメラ「QV-10」以来、「デジタル技術をベースに、新しい発想で新しい価値を作り、利便性の向上や楽しさを提供する。それが文化として根付き、社会に貢献することを目指しています」とカシオの精神を説明し、その精神を受け継いだカメラとして、“写真革命”をキーワードに、撮って見るだけではなく、デジタルカメラならではの作品を創る楽しみ方を実現した「EX-ZR10」を発表した。11月26日発売で、4万円弱程度の価格を想定している。

続きを読む

ゴルフのスイングチェックができるデジカメが登場



趣味でゴルフを楽しんでいる人の悩みは、どうしたらゴルフがうまくなるかだろう。ゴルフはスイングが大事と言われているが、なかなか自分のスイングを確認できないのが現状だ。そうしたゴルフ好きの人に対して、新しいデジカメが登場する。

カシオ計算機は2010年8月12日、決定的な瞬間が撮れる高速連写を実現したデジタルカメラ「HIGH SPEED EXILIM」の新製品として、ゴルフのスイングがチェックできる「EX-FC160S」を、8月27日より発売すると発表した。
価格は、オープンプライス。

続きを読む

高感度で美しく撮れる!カシオ、光学5倍ズームの薄型デジカメ「EX-FC150」を発表

光学5倍ズームの薄型デジカメ「EX-FC150」


カシオ計算機は2009年11月16日、決定的な瞬間が撮れる高速連写を実現したデジタルカメラ「HIGH SPEED EXILIM(ハイスピードエクシリム)」の新製品として、コンパクトモデルの「EX-FC150」を11月27日より発売すると発表した。
価格は、オープンプライス。カラーは、ゴールド、ブラック、ワインレッドの3色。

■暗いシーンを美しく繊細に描写
「EX-FC150」は、幅99.8×高さ58.5×厚さ28.8ミリ(レンズ部を含む)の小型サイズに、光学5倍ズームレンズやCMOSシフト方式の手ブレ補正、2.7型高性能クリア液晶を搭載した有効画素数1010万画素のデジタルカメラ。

最大の特長は、暗いシーンを明るく美しく撮影できる「裏面照射型CMOSセンサー」を新たに搭載した点だ。
入射光を効率よく受光面に届ける裏面照射システムの採用によって、感度が大幅に向上し、同時に気になるノイズを低減し、夜景や暗い室内を美しくなめらかな高画質で撮影することができる。
正面から見た、カシオの薄型デジカメ「EX-FC150」

■最大40枚/秒の高速連写
最大40枚/秒まで撮影できる高速連写機能を備えた点も魅力のひとつだ。
従来のデジタルカメラでは撮影することが難しかった瞬間の動きをとらえ、美しく撮影することができる。

■フォームチェックや自然観察にピッタリ
「EX-FC150」は、ゴルフスイングやピッチャー、テニス、陸上競技のフォームをチェックするのに便利なハイスピードムービーにも対応している。

風船の割れる瞬間や発火の実験、衝撃の伝わり方など、肉眼で確認することが難しい瞬間を正確にとらえることができる。
背面から見た、カシオの薄型デジカメ「EX-FC150」

■主な仕様
・ハイスピードCMOS 1010万画素
・光学5倍ズーム
・高速40枚連写(ハイスピード逆光、ハイスピード夜景と人物)
・最大1,000fpsのハイスピードムービー
・CMOSシフト方式手ブレ補正
・2.7型高性能クリア液晶
・ 顔認識
・21ベストショット(4つの高速連写ベストショット、3つのハイスピードムービー ベストショット)
・HDムービー
・YouTube^(TM)撮影モード
・ワイヤレスLAN「Eye-Fi」対応

「EX-FC150」製品情報
カシオ計算機

ITライフハックがブログでもオープン
ITライフハック Twitter

■AV関連の記事をもっとみる
東京ミッドタウンに新名所!Apple Premium Resellerの「Idea Digital Studio」がオープン
新世代マイクロ一眼!「OLYMPUS PEN E-P2」を発表
手軽に楽しめるデジタルガジェット「カラオケchumby」が登場
写真で見る!リコー、ユニット交換式デジタルカメラ「GXR」

ITライフハックやlivedoor ニュースのIT記事をサクサク読めてシェアできるアプリ

  • iPhone版はこちら
  • Android版はこちら
最新記事
QRコード
QRコード
カテゴリ
月別アーカイブ
配信メディア
ITライフハックは以下のニュースサイトにも記事を配信しています。
記事検索
このサイトについて

ITライフハックで原稿(有償原稿)を執筆したいというプロのライターさんからの売り込みも受け付けていますので、興味をもっていただけましたら、これまでの実績等を含めてお気軽にご連絡ください。ただし、必ずお返事するわけではありません。執筆依頼は編集部から行いまず。また必ず校正及びファクトチェックが入ります。

>>詳しくはこちらへ

ITライフハック代表
関口哲司

日本大学大学院理工学研究科後期博士課程修了。理学博士。日本物理学会会員。データサイエンティスト協会会員。IT系記事を中心に著書多数。原稿の依頼歓迎。

>>詳しくはこちらへ

連絡先:itlifehack【at】mediabank.jpn.com
プレスリリース:press【at】mediabank.jpn.com
【at】は@
Twitterアカウント:@ITlifehack
  • ライブドアブログ