ITライフハック

ガス圧昇降デスク

ちょい置きできる、サブ天板付き!ガス圧昇降のローデスク2種類

sub16

サンワサプライ株式会社が運営している直販サイト『サンワダイレクト』では、ガス圧昇降できるサブ天板付きのローデスク「100-ERD029LM/M」を発売した。

■天板の高さを無段階で調整できる
本製品は天板の高さを無段階で調整できる幅120cm、奥行50cmのガス圧昇降ローデスク。手元のレバーの操作で、高さ調整できるので、座布団や座椅子などの厚みに合わせてデスクの高さを変更することができる。
sub2

レバーは組立時に左右どちらでも取り付け可能だ。天板の高さはキャスター使用時は43~56cm、アジャスター使用時は38.4~51.4cmの間で無段階で調整できる。
sub1

テレワーク、ゲーミング、ベッドサイド用、学習机としても使用することができる。昇降させる際の耐荷重は10kgで、静止状態の耐荷重は40kgです。座椅子やソファーに座りながら、リビングでインターネット閲覧や、寝室のベッドサイドでメールチェックなど様々なシーンで使える。
sub3

サブ天板はクランプ式で好きな位置に取り付け可能で、タブレット・スマートフォン、ティッシュケース、文房具立て等も十分置くことが可能だ。
sub5

キャスターの前側2箇所はストッパー付きなので、移動の際便利です。固定して設置したい時は、アジャスターでの設置も可能だ。
sub7

本製品のサイズは、約W1200×D500×H384~560mmで、重量が約27.9kg。サブ天板のサイズは約W400×D190です。薄い木目と濃い木目の2色展開。

薄い木目「100-ERD029LM」
濃い木目「100-ERD029M」

ITライフハック
ITライフハック Twitter
ITライフハック Facebook

カルチャーに関連した記事を読む
松岡昌宏さんのこだわりの一杯!ガツンと旨い『トマたまカレーうどん』
『鬼滅の刃』マルチポーチ(全2種)!Animo(アニモ)にて再発売
自宅でさまざまなアレンジラーメンが作れる!究極の宅ラー「愛と自由のラーメン」
パーティション用汎用台座!クランプ式 2種類、スタンド式1種類
秋のごちそう!松茸づくしな「松茸ご飯の松茸天丼」






高さと角度を自在に調整可能!ガス圧式昇降デスク

sub8

サンワサプライ株式会社は、手元の2つのレバー操作で高さと角度を変更でき平行スタッキングできる、コの字型のガス圧昇降デスク「100-ERD030BK/W」と、1本脚タイプの「100-ERD031BK/W」を発売した。

■天板の角度と高さを無段階で調整できるガス圧昇降デスク
本製品は、天板の角度と高さを無段階で調整できるガス圧昇降デスク。テレワーク、オフィス、ミーティング、作業台としても使用するときにおすすめだ手元のレバーの操作で、高さ調整できるので、座ったり、立ったり、使用用途に合わせてデスクの高さを変更することができる。
sub2

もう1つのレバーの操作で、天板角度を約90°無段階で調整できるため、本を読むときやタブレットのタイピング作業時に使いやすい角度に調整可能だ。
sub3

使わない時は天板を全て折りたためば、コンパクトに収納できる。また、複数台あれば本体を重ねて収納(平行スタッキング)することができる。
sub4

メイン天板の大きさは、A4雑誌を見開きで置くことができる、A3対応の広めのサイズ。ノートパソコンやタブレット・スマートフォン等も十分置くことが可能だ。
sub6

sub15

キャスターの前側2個はストッパー付きなので、固定することも可能だ。
100-ERD030シリーズのサイズは、約W750×D480×H730~1125mmで、重量は、約15.2kg。
100-ERD031シリーズのサイズは、約W800×D600×H780~1170mmで、重量は、約19.35kg。

コの字型のガス圧昇降デスク「100-ERD030BW」
1本脚タイプの「100-ERD031W」

ITライフハック
ITライフハック Twitter
ITライフハック Facebook

カルチャーに関連した記事を読む
セガが展開する学習教材!『ぷよぷよプログラミング』を使ったプログラミング特別授業を開催
山盛り野菜の塩だれロースカツ!かつやの「塩カツ」新登場
将棋や囲碁の遊び方が学べる!「鬼滅の刃 はじめての将棋&九路囲碁」
震度6強対応!三角フレームでツッパる突っ張り棒
かがまず足を入れるだけ!センサー付き全自動革靴ポリッシャー「靴磨き職人」






ITライフハックやlivedoor ニュースのIT記事をサクサク読めてシェアできるアプリ

  • iPhone版はこちら
  • Android版はこちら
カテゴリ
月別アーカイブ
配信メディア
ITライフハックは以下のニュースサイトにも記事を配信しています。
記事検索
このサイトについて

ITライフハックで原稿(有償原稿)を執筆したいというプロのライターさんからの売り込みも受け付けていますので、興味をもっていただけましたら、これまでの実績等を含めてお気軽にご連絡ください。ただし、必ずお返事するわけではありません。執筆依頼は編集部から行います。また必ず校正及びファクトチェックが入ります。

>>詳しくはこちらへ

ITライフハック代表
関口哲司

日本大学大学院理工学研究科後期博士課程修了。理学博士。日本物理学会会員。データサイエンティスト協会会員。IT系記事を中心に著書多数。原稿の依頼歓迎。

>>詳しくはこちらへ

連絡先:itlifehack【at】mediabank.jpn.com
プレスリリース:press【at】mediabank.jpn.com
【at】は@
Twitterアカウント:@ITlifehack
  • ライブドアブログ