ITライフハック

ギャラリー

銀座のギャラリー「Art Gallery M84」、Web上での作品販売を限定的に実施【Art Gallery M84】

top

Art Gallery M84は、 2024年4月22日(月)よりWeb上での作品販売を限定的に実施する。

■Web上での作品販売を限定的に実施
Art Gallery M84は、 2024年4月22日(月)よりWeb上での作品販売を限定的に実施致しますので、作品及び作家をご紹介します。

ご紹介の一つ目は、エリオット・アーウィットのコアなファンにはとても魅力的な珍品ではないかと思います。撮影された当時に、作家がプリントをした歴史的で一点物の作品で、アーウィットの「ヴィンテージ・プリントNew York City, 1953」です。

二つ目は、ジャンルー・シーフが1959年に撮影したフランスの俳優ジェラール・ブラン (Gerard Blain, Paris 1959)です。数本の映画にエキストラとして出演していた25歳の頃、シャンゼリゼ通りのカフェにいたところをジュリアン・デュヴィヴィエに見出され、デュヴィヴィエ監督の『殺意の瞬間』に出演。その後クロード・シャブロル監督の『美しきセルジュ』と『いとこ同志』では主演を務めた。その頃のショットです。

三つ目は、フランスを代表する女性写真家ベッティナ・ランスです。セルジュ・ブラムリーの小説とコラボレーションによる1990年から1992年に制作されたパリの女性達を撮影したヌード写真集(Chambre Close/シャンブル・クローズ=密室)で、あられもないポーズが話題となりヨーロッパだけでなく米国、日本、韓国、オーストラリア、モスクワでもベストセラーとなり世界中にその名が広がったと言います。世界的な写真家として名声を得る切っ掛けとなった貴重な作品です。

四つ目は、世界中から愛された女優オードリー・ヘプバーン(Audrey Hepburn)。スクリーンでの愛らしく、聡明で、気品あふれる姿は‘永遠の妖精’と言われ多くの映画ファンを魅了。彼女の代表作である映画のワンシーンやポートレートのモノクローム作品は、デジタルスキャンにより蘇った絵柄で現代プリントです。

その他、西洋の写真と芸術の影響を受けたオリエンタルでグラフィックな感性をミックスする日本のグラフィックアーティストによる作品と絶賛された白岩 登三靖や偶発的な美しさを追求する冨田 陽子の作品。そして、左目がほとんど見えない視界を表現した豊吉 雅昭の作品や視覚的な面白さを持った抽象的な絵によって、情緒そのものを表現するユアンの作品など。題材こそ違えど、極めて美的で有り、これらの作品は芸術写真と言えるでしょう。期間限定で特別にWeb上で作品をご紹介いたします。ご覧下さい。
Art Gallery M84オーナー 橋本正則


【Web上での販売作品・取扱作家 8名】
※Elliott Erwitt(エリオット・アーウィット)
10歳の時にアメリカに移住。ロサンゼルスのカレッジで写真・映画制作を学ぶ。1950年代にはアメリカ陸軍に写真家のアシスタントとして従軍。ロバート・キャパを始め、世界最強の写真家集団マグナムを繁栄させた初期メンバーの多くは既に他界している中、現マグナムにおいて最も重鎮、かつ重要なメンバーであったが昨年末に他界した。没2023年

※Jeanloup Sieff(ジャンルー・シーフ)
 ポートレート・ヌード・風景を広角・超広角で撮影したフランスのファッション写真家。独特な構図から生まれる立体感、気品と乾いたエロティシズムを感じる写真で、美しいプリントのモノクロ写真芸術に徹し、広角レンズと垂直構図を貫き、格調と気品をたたえたスタイルで半世紀に及ぶ作家活動を続けた。没2000年

※Bettina Rheims(ベッティナ・ランス)
シャネル(CHANEL)のムービーを手掛けたことで知られ、『ヴォーグ』『フィガロ』などの雑誌で活躍するフランスを代表する女性写真家。現役

※Audrey Hepburn(オードリー・ヘプバーン)
世界中から愛された女優。スクリーンでの愛らしく、聡明で、気品あふれる姿は‘永遠の妖精’と言われ多くの映画ファンを魅了。彼女の代表作である映画のワンシーンやポートレートのモノクローム作品は、デジタルスキャンにより蘇った絵柄で現代プリントです。没1993年

※Tomiyasu Shiraiwa(白岩 登三靖)
シリーズ、Mirror on Mirror (1976)やA Stick (1978)は色について最初の実験であり、写真家としてチャレンジな作品であった。ICPの展示では、西洋の写真と芸術の影響を受けたオリエンタルでグラフィックな感性をミックスする日本のグラフィックアーティスト/写真家による作品と絶賛された。没 2002年

※Yoko Tomita(冨田 陽子)
モデルルームコーディネートに長く携わる中でインテリアティスト、部屋のストーリーにあうアートを探すことも多くアートがもたらす空間への影響力を実感してきた。空間は、とある意識の入れ物だ。マトリョシカのように全体であり一部であるような。「Sui-sya」は、水彩画のような加工アプリを施しているシリーズ。それまでの意図を取り払った「無為」をテーマにした写真を素材とし、アプリを通すことによって生まれる偶発的な美しさを追求する写真家。現役

※Masaaki Toyoyoshi(豊吉 雅昭)
緑内障による視野欠損が進み、現在では左目の大半の視野を消失している。左目がほとんど見えない視界を表現した作品です。日常の中で、横断歩道を渡る時に信号は見えません。「一体どこに信号があるのか?」「今は渡って大丈夫か?」これらの不安を恒常的に感じる人は晴眼者には少ないのではないでしょうか。こういった点を写真作品として構成し、更には不安や驚きなどの心理的な要素を加えて作品にしている写真家。現役

※Yuan(ユアン)
アメリカ最大級の「IPA国際写真賞」で1位受賞。ヨーロッパ最大級の写真コンテスト「パリ写真賞」で金賞など、猫やアートの写真で多数の国際的な賞を受賞した。珈琲猫 (Kafe Neko)写真集の発行など、猫やファインアート撮影など幅広く活動している写真家。現役:

Art Gallery M84では、「アートを展示する場、鑑賞する場、作品を購入できる場」にとどまらず、アートを楽しみ、アートを通じての自己表現を志す方々が集える場所、アートの可能性を広げていく拠点になることを目指している。プロ・アマを問わず、幅広く作家を紹介する企画を開催していく。

【概要】
名  称 : Web上での販売作品・取扱作家のご紹介
作 家 数 : 8名
主  催 : Art Gallery M84
期  間 : 2024年4月22日(月) ~ 5月25日(土)
場  所 : Art Gallery M84のHP
アドレス : artgallery.m84@icloud.com
電  話 : 03-3248-8454
URL : http://artgallery-m84.com/?page_id=9

Web上での販売作品・取扱作家のご紹介

ITライフハック
ITライフハック X(旧Twitter)
ITライフハック Facebook
ITライフハック YouTube

カルチャーに関連した記事を読む
漫画みたい、豚の塊肉!ポークステーキ、5日限定290円割引
山本由伸選手・ヌートバー選手・吉田正尚選手など、MLB注目選手が出演!佐藤製薬 ユンケル 新TVCM「世界でユンケル」篇公開
“リアル”ぴえヨン、「【推しの子】イマーシブ・ラリー」に出没【イマーシブ・フォート東京】
少し贅沢なハイボールが味わえる!「Dewar’s 12年 DISCOVER YOUR HIGHBALL」体験
ARエフェクトなども提供!「キットカット サンリオキャラクターズ いちごミルク味」

江口敬写真展“音のない言葉”
江口 敬
Art Gallery M84
2013-08-27


湯沢英治写真展“REAL BONES G”
湯沢 英治
Art Gallery M84
2014-01-13


堀内球代写真展“italia metafisica”
堀内 球代
Art Gallery M84
2013-11-25

テクノロジーロゴを使って人々の記憶に迫る!Sony Park Mini、体験型展示「MEMORY OF TECHS」を開催

0413_2024_SONY_004

銀座にある10坪の実験的POP-UPスペース「Sony Park Mini(ソニーパークミニ)」では、ソニーデザインを様々な視点で紹介するプログラムシリーズ「Sony Design Gallery」を2024年4月13日(土)よりスタートした。第1弾のテーマは「グラフィックデザイン」。さまざまなプロダクトやパッケージなどに入っているテクノロジーロゴを使って人々の記憶に迫る体験型展示「MEMORY OF TECHS」だ。開催は、2024年4月24日(水)まで。

■テクノロジーロゴを使った体験型展示を実施中
ソニーグループのデザイン部門であるクリエイティブセンターは、プロダクトはもとよりエンタテインメント、金融、モビリティなどの事業領域に活動の幅を広げ、ブランドやインターフェースを含めた多岐に渡るデザインを手掛けている。

「Sony Design Gallery」は、クリエイティビティの力でテクノロジーを翻訳するデザイナーたちの活動を通じて、日常に溶け込んでいるテクノロジーを、様々な視点で呼び起こし、紹介するプログラムシリーズ。その最初のプログラムとなる「MEMORY OF TECHS」では、「グラフィックデザイン」をテーマに、これまでソニーのデザイナーがデザインしてきたさまざまなテクノロジーロゴを使った体験型展示を実施中だ。

0413_2024_SONY_038
コンコースの柱には、ソニーのテクノロジーロゴが並ぶ


0413_2024_SONY_042
「MEMORY OF TECHS」への入口


0413_2024_SONY_033「MEMORY OF TECHS」の外観


SPmini-20240413-0065
「MEMORY OF TECHS」の外観


世の中には、あらゆるところにテクノロジーロゴが存在している。多くの人の身近にある「ブルーレイディスク」や、昔からのソニーファンにお馴染みの「ベータマックス」など、今回は、クリエイティブセンターがこれまでデザインしてきたさまざまなテクノロジーロゴの中から52点をピックアップして、「観る」「聴く」「つなぐ」「記憶する」のカテゴリに分けて展示している。

0413_2024_SONY_016
さまざまなテクノロジーロゴの中から52点をピックアップ


0413_2024_SONY_071
FeliCaのロゴを発見!


0413_2024_SONY_020
FeliCaのロゴが入った製品


また、これらのロゴをモチーフにしたゲームカードを使って、人の記憶を確認する “神経衰弱ゲーム(memory game)“ をプレイすることもできる。参加すると、カードを1枚、プレゼントされる。

0413_2024_SONY_095
神経衰弱ゲーム(memory game)


0413_2024_SONY_027
来場者には、コースターをプレゼント!


Sony Park Mini内に併設する「西銀座駐車場コーヒー」では、厳選したコーヒー豆の中から季節に合わせてセレクトをし、バリスタが丁寧に淹れるスペシャルティコーヒーを提供している。

0413_2024_SONY_045
「西銀座駐車場コーヒー」


0413_2024_SONY_035
「西銀座駐車場コーヒー」のメニュー


ソニーグループ コーポレートデザイン部門 前坂大吾氏が語る!「Sony Design Gallery」第1弾『MEMORY OF TECHS』への想い

YouTube:https://youtu.be/qHLVlqTCi2I

<『MEMORY OF TECHS』開催概要>
名称:Sony Design Gallery Vol.1 MEMORY OF TECHS
期間:2024年4月13日(土)~24日(水)
時間:11:00~19:00(予定)
場所:Sony Park Mini
(東京都中央区銀座5丁目3番1号地先 西銀座駐車場地下1階)
WEB:https://www.sonypark.com/mini-program/list/048/
ハッシュタグ: #SonyDesignGallery

「Sony Park Mini」では、UI/UXをテーマにした展示など、今後も『Sony Design Gallery』を開催していく予定だ。ギャラリーが集う街・銀座で、ソニーデザインの意外な一面を垣間見ることができる。興味を持った人は、Sony Park Miniへ足を運んでみては如何だろうか。

Sony Park Mini 公式サイト

ITライフハック
ITライフハック X(旧Twitter)
ITライフハック Facebook
ITライフハック YouTube

カルチャーに関連した記事を読む
漫画みたい、豚の塊肉!ポークステーキ、5日限定290円割引
山本由伸選手・ヌートバー選手・吉田正尚選手など、MLB注目選手が出演!佐藤製薬 ユンケル 新TVCM「世界でユンケル」篇公開
“リアル”ぴえヨン、「【推しの子】イマーシブ・ラリー」に出没【イマーシブ・フォート東京】
少し贅沢なハイボールが味わえる!「Dewar’s 12年 DISCOVER YOUR HIGHBALL」体験
ARエフェクトなども提供!「キットカット サンリオキャラクターズ いちごミルク味」






世界的著名ギャラリーと夢のコラボ!アレックス・プレガー写真展「Week-end」



株式会社リコーは、東京・銀座のフォトギャラリー「RING CUBE」において、Alex Prager(アレックス・プレガー)写真展「Week-end」を2010年4月28日より開催した。
入場は、無料。開催期間は、2010年5月23日まで。

■現実よりもリアルな幻想の風景
今回の企画は、ロンドンの世界的著名ギャラリーMichael Hoppen Contemporaryとのコラボレーションにより実現した、アレックス・プレガー氏の日本における初の個展となっている。

「Week-end」は、幻想の風景でありながら現実の世界をよりリアルに表現しているかのような奇妙かつ強烈なインパクトを持つ18枚のカラー写真による作品展だ。今回は最大約120cm×180cmの作品を含むオリジナルプリントを展示している。

「この世の中に存在する世界と、存在しない世界を同時にドキュメントしている」とプレガー氏が話しているとおり、「Week-end」で描かれている世界は、幻想の風景にも関わらず現実の世界をよりリアルに表現しているかのように感じられる。

●Alex Prager(アレックス・プレガー)氏のプロフィール
1979年ロサンゼルス生まれ。
20代前半にゲッティミュージアムで見たウィリアム・エグルストンの展示をきっかけに写真へ傾倒。あえてアートスクールに通う事を避け、自ら写真を勉強し、機材やライティング技術も全て試行錯誤から習得。
以来、彼女の作品はロサンゼルスを始め、ニューヨーク、マイアミ、ロンドンなど世界各地で展示されてきた。
また、「DETAILS」、「i-D」、「TANK」、「Elle JAPON」、「MOJO」、そして「complex」などの雑誌でも活躍。
2010年6月には、ロンドンのマイケルホッペンコンテンポラリーでの個展も開催する。

開催期間:2010年4月28日(水)~2010年5月23日(日) ※休館日を除く
     11:00~20:00(最終日17:00まで)
     入場無料。火曜日休館
     
RING CUBE
東京都中央区銀座5-7-2 三愛ドリームセンター(9F受付)地図
RING CUBEの連絡先: 03-3289-1521

「RING CUBE」 - 公式サイト
株式会社リコー

ITライフハック
ITライフハック Twitter

■AV関連の記事をもっとみる
機能追加が原因か!BD「アバター」の再生で不具合
ソニー、痛恨のミス!BD「アバター」再生で不具合
東芝も本気だ!眼鏡なしで見られる3Dディスプレイ
パナソニック 中島本部長に独占取材!ヘルスケア商品の戦略

RICOH GR DIGITAL IIIパーフェクトガイド (SOFTBANK MOOK)

ソフトバンククリエイティブ
売り上げランキング: 2792

写真家3人が語る!「ARTIST PROJECT写真展 ‐ GR DIGITALⅢ×STUSSY -」



株式会社リコーは、東京・銀座のフォトギャラリー「RING CUBE」において、「ARTIST PROJECT写真展 ‐ GR DIGITAL?×STUSSY -」を開催中だ。
入場は、無料。開催期間は、2010年4月25日まで。

■その場のエネルギーをとらえる - ケネス・カッペロ氏
今回のケネス・カッペロ氏の作品は、リコーのカメラを使ってロサンゼルスの自宅周辺を撮影したものだ。

カッペロ氏がリコーのカメラを好きなところは、ほかのデジタルカメラに比べてカメラ本体が小さいところだという。旅行だけでなく、出歩るくときにも、気軽にポケットに入れて持ち歩くことができるからだ。これまでに、カメラを落としたり、カメラに飲み物をこぼしたりしたこともあるそうだが、それでも写真を撮ることができたというから驚きだ。
ケネス・カッペロ氏

カッペロ氏の写真活動は、フィルムカメラからスタートしたが、カメラの撮影技術よりも、その場のエネルギーをとらえることを心掛けていおり、写真というのは、適切な露出やフォーカスにこだわるものではないという。

その姿勢は、デジタルカメラを使う現在でも変わっておらず、ときはフィルムカメラと同じように液晶画面で撮影画像を確認しないで撮影をすることも多いという。これは、あとから写真を確認したいというフィルムカメラ感覚で撮影したい気持ちからだそうだ。

■撮るものに情熱を持つ - ジョシュ・チューズ氏
ジョシュ・チューズ氏は、リコーのデジタルカメラが初めて触るデジタルカメラだが、ポケットに入れてその場ですぐに撮るのには最適なカメラだと評価した。
ジョシュ・チューズ氏

今回は、ロサンゼルスのロックバンドや風景などを撮影した作品を展示している。フィルムからデジタルカメラへ移行する場合に、リコーのデジタルカメラは非常に良いカメラだという。ちなみに、ロバート・フランク氏や森山大道氏をヒーローと仰いでいるそうだ。

「良い写真を撮るには、どうすればよいのか?」とよく聞かれるそうだが、そう聞かれたときには「自分が撮るものに情熱を持つこと」と答えるそうだ。そういう意味では、リコーのデジタルカメラは、あまり技術的なことにわずらわされないで撮ることができる、良いカメラだそうだ。

■リコーのデジカメは人世を変えてくれた - リップ・ジンガー氏
リコーの「GR1s」に出会うまでは、毎月1台ずつコンパクトカメラを購入していたというほど、リップ・ジンガー氏は、リコーのカメラの熱狂的なファンだ。リコーのカメラは、レンズはもちろん良いが、操作方法が非常に優れているという。
リップ・ジンガー氏

ほかのメーカーのカメラだと、フラッシュをオフにするために、同じボタンを3回押して、違うボタン2回を押さなければならなかったそうだ。リコーのカメラであれ、露出補正スイッチ、絞りが変えられる、フラッシュのオン/オフが直ぐに変更できるシンプル操作なので、もの凄く使いやすいという。

リコーの「GR1s」に出会ってから、ドアを開けた瞬間から対象物がたくさんあり、毎日が楽しくなり、人世を変えてくれたという。リップ・ジンガー氏は、スケートボードに乗りながら街の写真を撮るが、それはスケートボードならば両手がふさがることなく、自分が好きなように撮影できるからだそうだ。

■STUSSYって、なに?
「STUSSY」とは、2010年、ブランド設立30周年を迎えるカリフォルニア発ブランド。1980年にカリフォルニアでサーフボードシェイパーだった創設者のSHAWN STUSSY(ショーン・ステューシー)氏が、サーフボードのロゴやグラフィックを用いて、Tシャツを製作しブランドが誕生した。

その後、人気はビーチからNY・LA・ロンドン・東京など世界中に広まり、現在はサンフランシスコ・ミラノ等も含めた世界の主要都市を拠点にベーシックでありながらひとひねりあるデザインのハイカジュアルウエアを展開する。

メンズ、レディース、キッズラインをはじめ、クオリティの高さに定評のあるGLASSES(サングラス)やライフスタイルをサポートする「STUSSY LIVIN'」、シンプルで高品質が人気のスペシャルライン「STUSSY DELUXE」など幅広い商品展開が性別、年代を超えて人気を呼んでいる。

■自由な表現を楽しめる写真展
今回の企画は、米国ファッションブランドSTUSSYとのコラボレーションモデル、「GR DIGITAL ?×STUSSY」を2010年2月に発売したことを期に、STUSSYと交友のある写真家10名がGR DIGITAL ?で撮影したCandid Photo作品、約50点を展示するもの。写真家の視点とGR DIGITAL ?の組み合わせが生む、自由な表現を楽しむことができる。

25日までの開催だが、週末に銀座へ出掛ける人は写真展に立ち寄ってみては如何だろうか。


開催期間:2010年4月14日(水)~2010年4月25日(日) ※休館日を除く
     11:00~20:00(最終日17:00まで)
     入場無料。火曜日休館
     
RING CUBE
東京都中央区銀座5-7-2 三愛ドリームセンター(9F受付)地図
RING CUBEの連絡先: 03-3289-1521

「RING CUBE」 - 公式サイト
株式会社リコー

ITライフハック
ITライフハック Twitter

■AV関連の記事をもっとみる
目の前で炸裂する石川遼のバンカーショット!3Dビエラ体験がテレビを変える
これ1台でOK!レコードやカセットの音楽をデジタル化
ブルーレイ内蔵!シャープ、液晶テレビに新モデルを投入
ソニー次世代3D映像への挑戦!体験イベントを開催へ

EXEMODE ハイビジョンデジタルムービーカメラ DV580HD
EXEMODE (2008-01-10)
売り上げランキング: 21642

ファッションブランドとコラボ!「ARTIST PROJECT写真展 ‐ GR DIGITALⅢ×STUSSY -」を開催



株式会社リコーは、東京・銀座のフォトギャラリー「RING CUBE」において、「ARTIST PROJECT写真展 ‐ GR DIGITALⅢ×STUSSY -」を2010年4月14日より開催した。
入場は、無料。開催期間は、2010年4月25日まで。

■自由な表現を楽しめる写真展
今回の企画は、米国ファッションブランドSTUSSYとのコラボレーションモデル、「GR DIGITAL Ⅲ×STUSSY」を2010年2月に発売したことを期に、STUSSYと交友のある写真家10名がGR DIGITAL Ⅲで撮影したCandid Photo作品、約50点を展示するもの。写真家の視点とGR DIGITAL Ⅲの組み合わせが生む、自由な表現を楽しむことができる。

開催期間:2010年4月14日(水)~2010年4月25日(日) ※休館日を除く
     11:00~20:00(最終日17:00まで)
     入場無料。火曜日休館
     
RING CUBE
東京都中央区銀座5-7-2 三愛ドリームセンター(9F受付)地図
RING CUBEの連絡先: 03-3289-1521

「RING CUBE」 - 公式サイト
株式会社リコー

ITライフハック
ITライフハック Twitter

■AV関連の記事をもっとみる
安いだけじゃない!高音質で多機能なメディアプレイヤー
シャープ 松本副社長に聞く!3D大型液晶の世界戦略
ラ実売3万円前後で登場!新エコ対応の地デジ液晶テレビ
写真展「アジアの写真家たち 2010 -タイ-」を開催へ

RICOH GR DIGITAL IIIパーフェクトガイド (SOFTBANK MOOK)

ソフトバンククリエイティブ
売り上げランキング: 2792

写真展「アジアの写真家たち 2010 -タイ-」を開催へ



株式会社リコーは、東京・銀座のフォトギャラリー「RING CUBE」において、「アジアの写真家たち 2010 -タイ-」を2010年5月26日より開催すると発表した。
入場は、無料。開催期間は、2010年6月6日まで。

今回の企画は日本写真協会主催「東京写真月間2010」の一環として、アジアの写真家を紹介するもので、タイの写真家の作品を展示する。

同社は、
「リコーでは、RING CUBE が「写真を展示する場、鑑賞する場」にとどまらず、写真を楽しみ、写真を通じての自己表現を志す方々が集える場所、写真の可能性を広げていく拠点になることを目指しています。今後も、プロ・アマを問わず、幅広く写真家を紹介する企画を開催してまいります。」と、コメントしている。

■今回の写真展について
「Thai Photography NOW」と題し、現代のタイ写真界の各方面で活躍する13名の写真家による写真展をテーマごとに3会場にわけて展示する。

RING CUBEでは4名の写真家の展示を予定しており、タイの幻想的な自然美を堪能できる作品や新しい写真表現に取り組んでいる作品など個性豊かな作品を閲覧することができる。

「東京写真月間」って、なに?
「東京写真月間」(The Month of Photography, Tokyo)は、写真文化の普及と発展を図るために社団法人日本写真協会が写真業界に呼びかけて催されている写真イベント。主催は東京写真月間実行委員会(社団法人日本写真協会と東京都写真美術館)が行い、後援に外務省、文化庁、東京都、協賛に写真関連企業などが参加して、1996年から毎年この時期に行なっている。

また今回は、タイ王国文化省の後援とタイ国政府観光庁の特別協賛を得ての開催となる。催事は6月1日の「写真の日」を中心とした5~6月にかけて、東京都写真美術館を軸に東京都内の写真ギャラリー、フォトサロンで催される写真展やイベントなどで、プロ、アマチュアの枠を超えて開催されている。

開催期間:2010年5月26日(水)~2010年6月6日(日) ※休館日を除く
     11:00~20:00(最終日17:00まで)
     入場無料。火曜日休館
     
RING CUBE
東京都中央区銀座5-7-2 三愛ドリームセンター(9F受付)地図
RING CUBEの連絡先: 03-3289-1521

「RING CUBE」 - 公式サイト
株式会社リコー

ITライフハック
ITライフハック Twitter

ITライフハック
ITライフハック Twitter

■AV関連の記事をもっとみる
限定カラー!ハローキティーフェイス型ワンセグテレビ
パーフェクトに進化した? マイクロ一眼 オリンパス E-PL1
ライフスタイルをより快適に!新感覚の音楽プレイヤー
パールがきらめく爽やかな「ホワイト」!ソニー、ウォークマンに新色を追加

RICOH GR DIGITAL IIIパーフェクトガイド (SOFTBANK MOOK)

ソフトバンククリエイティブ
売り上げランキング: 2792
カテゴリ
月別アーカイブ
配信メディア
ITライフハックは以下のニュースサイトにも記事を配信しています。
記事検索
特集



l

























このサイトについて

ITライフハックで原稿(有償原稿)を執筆したいというプロのライターさんからの売り込みも受け付けていますので、興味をもっていただけましたら、これまでの実績等を含めてお気軽にご連絡ください。ただし、必ずお返事するわけではありません。執筆依頼は編集部から行います。また必ず校正及びファクトチェックが入ります。

>>詳しくはこちらへ

ITライフハック代表
関口哲司

日本大学大学院理工学研究科後期博士課程修了。理学博士。日本物理学会会員。データサイエンティスト協会会員。IT系記事を中心に著書多数。原稿の依頼歓迎。

>>詳しくはこちらへ

連絡先:itlifehack【at】mediabank.jpn.com
プレスリリース:press【at】mediabank.jpn.com
【at】は@
Twitterアカウント:@ITlifehack
  • ライブドアブログ