ITライフハック

クリーニング

光コネクタ先端面を簡単にクリーニングできる!光ファイバコネクタクリーナー

main

サンワサプライ株式会社は、光コネクタ先端面を簡単にクリーニングできる光ファイバコネクタクリーナー「HKB-CLEAN1」を発売した。

■光ファイバコネクタクリーナー
「HKB-CLEAN1」は、光ファイバコネクタクリーナー。光コネクタを接続する際にコネクタ先端面をクリーニングすることで、目に見えない細かい汚れを取り除くことができ、伝送特性を発揮することができる。

sub1


光ファイバコネクタの先端面を本製品のクリーニング面に押し当ててスライドさせることで、簡単にクリーニングできる。

sub2


クリーニング部には超極細マイクロファイバーを使用し、帯電防止加工を施すことによりゴミや塵の付着を低減する。また、クリーニング面はシャッターを開け閉めする際に自動的に送られるので、常に新しい状態でクリーニングできる。本製品1つで400回以上のクリーニングが可能だ。

sub3


SCコネクタ、LCコネクタ、STコネクタなど各種コネクタに対応し、PC研磨、SPC研磨、UPC研磨などの各種研磨に対応する。

光ファイバコネクタクリーナー「HKB-CLEAN1」

ITライフハック
ITライフハック Twitter
ITライフハック Facebook

パソコンに関連した記事を読む
後付けで天板を拡張できる!デスクエクステンダー
腕や肩の疲れを軽減!やわらか低反発ウレタン内蔵の抗菌リストレスト
狭いスペースでも使いやすい!超小型・超軽量の静音マウス
写りも画質もこだわる人におすすめ!LEDリングライト付きWebカメラ
ノートPCの画面を拡張できる!コンパクトかつ軽量なモバイルモニター






窓ガラスに吸着し自動でお掃除してくれる窓拭きお掃除ロボット「WINDY」

1_000000002788

サンコーは、窓拭きお掃除ロボット「WINDY」を4月26日より発売する。価格は2万9,800円(税込)。

本製品は、自動で掃除してくれる窓ガラス用のお掃除ロボット。電源を入れると、真空モーターで窓ガラスに吸着。全自動のお掃除開始ボタンを押せば、窓にくっついたまま移動し、センサーによって窓ガラスの広さを認識。左から右へ、上から下へと、窓ガラスを拭きながら移動する。リモコンから手動で動かすことも可能だ。

停電時や、電源ケーブルが抜けた際にも内蔵バッテリーで吸着したままを維持し、落下防止を防いでくれる。落下防止用ロープを付ければ、万が一の時にも安心だ。

1平方メートル辺り2.4分のお掃除スピードであっという間に拭き上げ、水拭き用、乾拭き用のクリーニングパッドが付いているので、用途によって使い分けられる。

窓ガラスは、曇りガラスでも磨りガラスでもOK。窓ガラス以外にも鏡や壁面にも使える。

■製品仕様
・サイズ/幅240×奥行き240×高さ100(mm)
・重量/1200g
・使用可能なガラス・窓/サイズ:40cm×40cm以上、枠なし窓:対応、表面の凹凸:1.5mm以下対応
・クリーニングスピード/1平方メートルあたり約2.4分
・落下防止用補助バッテリー/充電時間:約2時間、稼動時間:約20分
・リモコン/あり
・落下防止用ロープ/長さ:約460cm、強度:150kgf
・消費電力/80W
・定格電圧/AC100V/240V,50~60Hz
・内容品
本体、リモコン、水拭き用クリーニングパッド、乾拭き用クリーニングパッド、落下防止用ロープ(カラビナ付き)、電源ACアダプター(約135cm)、電源ACケーブル(約100cmm)、延長DCケーブル(約400cm)、日本語取扱い説明書
・保証期間/12か月


9_000000002788

8_000000002788


窓拭きお掃除ロボット「WINDY」

ITライフハック
ITライフハック Twitter
ITライフハック Facebook

デジタル家電に関連した記事を読む
Bluetooth接続でスポーツ仕様のヘッドホン一体型ウォークマン「WS620」シリーズを発売
Nintendo SwitchのJoy-Conだけを充電できるスタンド
ソニーがプロデュースする「Life Space Collection表参道」」が期間限定でオープン
テーブルモードで遊ぶ時や充電台としてもう1台自分の部屋に置けるNintendo Switch用充電スタンド
パナソニック、ハイレゾを簡単に楽しめるCDステレオシステムを発売




ITライフハックやlivedoor ニュースのIT記事をサクサク読めてシェアできるアプリ

  • iPhone版はこちら
  • Android版はこちら
カテゴリ
月別アーカイブ
配信メディア
ITライフハックは以下のニュースサイトにも記事を配信しています。
記事検索
このサイトについて

ITライフハックで原稿(有償原稿)を執筆したいというプロのライターさんからの売り込みも受け付けていますので、興味をもっていただけましたら、これまでの実績等を含めてお気軽にご連絡ください。ただし、必ずお返事するわけではありません。執筆依頼は編集部から行います。また必ず校正及びファクトチェックが入ります。

>>詳しくはこちらへ

ITライフハック代表
関口哲司

日本大学大学院理工学研究科後期博士課程修了。理学博士。日本物理学会会員。データサイエンティスト協会会員。IT系記事を中心に著書多数。原稿の依頼歓迎。

>>詳しくはこちらへ

連絡先:itlifehack【at】mediabank.jpn.com
プレスリリース:press【at】mediabank.jpn.com
【at】は@
Twitterアカウント:@ITlifehack
  • ライブドアブログ