ITライフハック

グランプリ

令和初開催!日本発のプログラミング言語「Ruby」を上手に活用し新たな価値を創造した人や団体を表彰する「Ruby biz Grand prix 2019」を開催

IMG_2174

これまで「Rubyでビジネスを活性化させる!ビジネスアワード「Ruby biz Grand prix 2018」を開催」「Rubyでビジネスに新たな価値を見出せ!ビジネスアワード「Ruby biz Grand prix 2017」を開催」といった記事で紹介してきたようにプログラム言語Rubyの特徴を活かし、新たなサービスを創造し、世界へ発信している企業、団体及び個人を対象とした「Ruby biz Grand prix 2019」が今年も開催された。2015年から毎年開催されており、今年で5回目となるその様子をお伝えしよう。

IMG_2018

■Rubyを活用したビジネスで新たな価値や機会を創出
まずは主催者を代表し、島根県知事の丸山達也氏が、このグランプリの目的について説明した。「Rubyを活用したビジネスで新たな価値を創造。それを国内外にPRし、IT企業の新たな機会を創出する」と丸山知事。

今回応募されたサービスについて丸山知事は「今回応募されたサービスはいずれもRubyの特長を生かしており、今後の拡大も期待できる。国内外含めて社会全体に広がることで、新たな価値を創造することを期待したい」と述べていた。

昨年の大賞企業として、TABETEを運営する株式会社コークッキングCEOの川越一磨氏がプレゼンを行った。TABETEは社会問題化しつつある食品ロスを無くすために、飲食店などで余らせた食材と一般消費者を繋ぐサービスだ。昨年の大賞を受賞した後、Forbes Under 30 Japan、Good Design賞のベスト100、環境省のグッドライフアワードで環境大臣賞にも選ばれるなど、各賞も受賞した。

同サービスが東京駅の駅ナカで使えるようになり、JR東日本や金沢市など自治体との連携、大学との連携も進み、登録者数も伸びているとして、大賞受賞後からサービスも順調に成長していることを紹介。

「Rubyはアジャイルやスクラム開発でスタートアップとの親和性が高く、この特長を生かして、これからも成長していきたい」ということだ。

■応募総数33件から10の賞が決定
今回は33件の応募の中から、新規性、独自性、将来性、社会への影響などの各項目を厳正に審査し、10件が各賞を受賞した。

IMG_2143

審査委員長のまつもとゆきひろ(Matz)氏は、どれを選んでもおかしくないという中で、悩みなら各賞を選んだとのこと。選考理由としては、Vertical Solution賞は狭い分野の中で専門領域を広げるサービス、Emerging Industry賞は新しいジャンルを切り開くサービス。特別賞は社会にインパクトを与えるサービスをそれぞれ選んだという。大賞はどちらも世間に広く知られた事業があるが、新しい野心的な事業ということで選んだとした。

各賞を受賞した会社とサービス内容および、受賞コメントは以下

■Vertical Solution賞
企業名:株式会社バトンズ
サービス内容:オンラインでM&Aができ、後継者不足などで継承が難しい事業の継承をサポートするサービス。
コメント:
「JavaからRubyに移行し、開発のスピード上がり柔軟性のあるシステムになった」

企業名:株式会社LegalForce
サービス内容:法務部門の自動化ソリューションを提供。契約書審査などの負担を軽減する。
コメント:
「基幹システムはRuby、フレームワークはHanamiを採用している。クライアントからの評価も高い」

■Emerging Industry賞
企業名:Quipper Limited 日本支店
サービス内容:教育格差の是正のためのサービス「スタディサプリ」を提供。
コメント:
「スピード感とクオリティを両立したプロダクト開発のためにはRubyは欠かせない」

企業名:株式会社ニューロスペース
サービス内容:社員一人ひとりの睡眠の悩みをコーチングする法人向けサービス「leeBIX」を提供。
コメント:
「サイクルを回していく上でRubyの柔軟性は役立つ」

企業名:Nota Inc.
サービス内容:スクリーンショット共有サービスの「Gyazo」を提供。
コメント:
「PHPからRubyに乗り換えた。Rubyに乗り換えてから楽しく開発できている」

■特別賞
企業名:株式会社ookami
サービス内容:スタジアム、テレビに次ぐ第3のスポーツエンターテイメントを提案するアプリ「PLAYER!」を提供。
コメント:
「開発当初からRubyを採用。豊富なフレームワークや柔軟性を生かしている」

企業名:MAMORIO株式会社
サービス内容:駅にセンサーを設置するなど様々なアイデアを実現している落とし物防止タグを提供。
コメント:
「様々なアイデアを、15人の小さなチームで実現できたのはRubyがあったから」

企業名:ユニファ株式会社
サービス内容:スマート保育園向けの午睡チェックなどのサービスを提供するルクミーを提供。
コメント:
「2度目の応募で今回は特別賞だったので次回は大賞を目指してプロダクトを開発したい」

■大賞
企業名:クックパッド株式会社
サービス内容:食材のピックアップ場所を町の中に設けることで送料無料で購入できる「クックパッドマート」
コメント
:「ECや流通、スマートロックなどのあらゆる技術をRubyで実現している」

IMG_2134

企業名:GMOペパポ株式会社
サービス内容:レンタルサーバーのようなマネージドなサービスでありながら、オートスケールなどの機能が利用出来る「LOLIPOP! マネージドクラウド」を提供。
コメント:
「Rubyの特長を生かして、コア技術はCRubyだけではなく、mrubyを組み込み、Hakoniwaというコンテナランタイムを使い、ミドルウェアも含めて柔軟に機能開発している」

IMG_2140


今年は「Ruby」が誕生して25年。平成時代を駆け抜け令和になっても、まだまだ新サービスが登場してくるRuby。令和以降も様々なサービスを提供するための開発基盤であるRubyがさらに発展していくことに期待したい。

上倉賢 @kamikura

Ruby biz Grand prix 2019

ITライフハック
ITライフハック Twitter
ITライフハック Facebook

カルチャーに関連した記事を読む
500タイトルを遊び放題!「GeForce NOW Powered by SoftBank」のベータ版サービスを開始!
三菱自動車×蔦屋家電!アウトドアに家電製品を導入し、贅沢なキャンプを楽しむライフスタイル「電気CAMP」を提案
Ginza Sony Parkの実験的プログラム第12弾!人とロボティクスの明るい未来を提案する「#012 Affinity in Autonomy <共生するロボティクス>」オープン
もうすぐ令和二年!新年の幸運を呼び込むフレンズたちに会いに行こう!日立市かみね動物園×けものフレンズ2020新春コラボ開催
「第2回 NECレノボ キッズ・プログラミングコンテスト」最終審査会・表彰式を開催。「モノづくり」も含めた作品の完成度の高さに審査員からも驚きの声!



たのしいRuby 第6版 (Informatics&IDEA)
高橋 征義
SBクリエイティブ
2019-03-19






プログラミング言語 Ruby
まつもと ゆきひろ
オライリージャパン
2009-01-26



オフィスクレッシェンド、新たな才能を発掘するアワード「未完成映画予告編大賞」の作品募集を開始<PR>

mican01
国内映画の制作を手がけるオフィスクレッシェンドは、映像制作における日本の新たな才能を発掘するためのアワード「未完成映画予告編大賞」を創設し、作品の募集を開始した。期間は2016年11月30日まで。

このアワードでは、新作映画のプレゼンとなるような3分以内の予告編映像を国籍、プロ・アマ問わず広く一般から募集する。なお作品には、ある特定の地域を舞台に制作するという条件が課せられており、国内のみならず、海外にも日本の魅力を発信することができる作品を対象としている。

■次の時代を担うクリエイターを育成する登竜門として創設
同社の代表取締役である長坂信人氏によると、この企画について、次の時代を担うクリエイターを育成する登竜門として創設したとのこと。なぜ予告編を審査する形式にしたかというと「映画館に行って予告編が流れたときに『これおもしろそうだな』となる。自分たちの映画を作る際の予告編にはすごく気を遣って作っている。予告編はとても大切だし、そのイメージが本編につながっていくだろう」という考えから来ているという。

mican02

オフィスクレッシェンド代表取締役 長坂信人氏

■映画製作における地域の重要性
また、応募作品に必ず地域を織り込むことについて長坂氏は「ここまで20数年間、50~60くらいのタイトルを制作してきたが、その都度地域の方々のお世話になっている。地域の方の協力がないと映画は制作できない。そうした方々への感謝の思いを込めて、映像コンテストで地域に光を当てることができればと思い、リクエストした」と語る。
この賞を創設した背景について長坂氏は「僕らが先輩からチャンスをもらって映画が撮れるようになったように、僕らなりの切り口で次世代の方に映像を作って発表するチャンスを作るべきではないか、ということを1年前から話をしていた」とのこと。短編映画のコンペは各社がやっていて素晴らしい実績を残しているので、それとバッティングするのもよくないと考えたそうだ。「すごい変化球だが、予告編を作ってもらうという切り口をいろんな人と話してみると『おもしろいんじゃないか』となってここまで来た」(長坂氏)。

■門戸は広く、誰でも応募できる
同社の取締役副社長である神康幸氏によると「門戸はひたすら広く構える」とし、15歳以上であれば誰でもかまわないとのこと。「例えば、タイから留学している女の子が自分を主役としたラブストーリーを描いてもかまわないし、北海道に住んでいる老人の方が、自分たちで行っている老人演劇を予告編にして募集するのもアリ」(神氏)。予告編を一から作ってもいいし、今ある映画を3分に編集して応募する形でもよいとのこと。「舞台作品を3分に編集してもかまわない」(神氏)。

mican03

オフィスクレッシェンド取締役副社長 神康幸氏

地域を選ぶことについては「ロケ場所というのはパワーがあるもので、自分が一番好きな映画に『冒険者たち』というのがあって、最後に海に浮かぶ要塞のような島が出てくるのだが、それが出てくるだけで物語性があり、映像としてパワーがある。東京に住んでいる制作会社が知り得ない、自分の住んでいる地域で『これはいい』というような場所を使ってほしい」と語る神氏。

■グランプリ受賞者には賞金100万円と制作費3,000万円相当を支給
なお、このアワードの審査員には、堤幸彦氏、大根仁氏、平川雄一朗氏、小原信治氏など、同社の監督や作家が担当する。今後のスケジュールだが、11月30日に応募締め切りとなったあとは1次審査を行い、2017年1月中旬に入選作品を発表し2次審査へ移行。2月下旬に本選ノミネート作品が決まったあと、最終審査が行われ、3月下旬にはグランプリが発表される予定だ。発表後は2017年4月より映画制作に入り、2017年9月には都内のシアターで完成披露試写会が行われる。

賞金だが、グランプリ受賞者には賞金100万円と制作費3,000万円相当が支給される。各審査員賞としては10万円の副賞が進呈される。また未完成映画予告編大賞に応募する目的であれば、オーディオストックのBGMや効果音1万点以上がライセンス料を免除され、無料で使用することができる。

未来を担うクリエイターを目指すなら、この大賞に応募してみてはいかがだろうか。

未完成映画予告編大賞

ITライフハック
ITライフハック Twitter
ITライフハック Facebook

カルチャーに関連した記事を読む
モンスターエナジーが「ストリートファイターV - Evil Geniuses 勝ち抜きバトル」を開催
「人工知能演奏システム」でリヒテルの演奏が蘇る。ベルリンフィルメンバーとの息のあった共演を披露
ポケモンGOのプレイ経験は37.7%、現在プレイしている人は24.2%。MMD研究所調べ
小学生向けプログラミングワークショップ「Tech Kids CAMP」をシルバーウィークに北海道にて開催
「LINE FRIENDS STORE」が関西に初上陸。ポップアップストアが9/5より梅田ロフトにオープン







117万2132件の動画中最高の1本!ニコニコ動画「第4回動画アワード」グランプリ作品決定



niconicoは、ニコニコ動画に投稿された動画の中からユーザー投票により優秀な作品を決定する「第4回動画アワード」のグランプリ作品および各審査員賞を発表した。

グランプリ作品の決定は、7月7日に配信されたニコニコ生放送の番組内で行われ、メインコメンテーターに手塚眞さん(有限会社ネオンテトラ代表取締役、株式会社手塚プロダクション役員、宝塚市手塚治・記念館プロデューサー)、司会に松嶋初音さん、ゲストコメンテーターにマキシマム ザ ホルモンのダイスケはん&ナヲ、AKB484の石田晴香さん、鉄拳さん、宇野常寛さん、NHKミニミニ動画大賞よりビデオカウボーイさんといった豪華メンバーを迎え、117万2132件の頂点に立つ作品について論評がなされた。

続きを読む

MacBook Airほか豪華景品を手に入れよう!「livedoor Wiki グランプリ」



現在ネット上での情報を得る手段には、Webサイトやブログ、SNS、ネット掲示板などがあるが、そのなかでも詳しい情報が得られるサービスとして活用されているのがWikiだ。

Wikiとは、掲示板などとは違い、ユーザーが簡単にページを修正したり、新しいページを追加したりできるため、より最新の情報を手に入れられるサービスだ。また、編集権限をパスワードで管理やサイト更新を凍結もできるため、正確な情報を維持できる点も注目されている。

ゲームの攻略情報や特定の機器情報など情報の更新が早いテーマでは特に利便性が高く、情報をまとめるグループウェアとして利用する機会が増えているユーザーも多い。

株式会社ライブドアは、自社のWikiサービス「livedoor Wiki」にてアクセス数を競って、上位入賞者にはMacBook Airなどの豪華商品がプレゼントされる、「livedoor Wiki グランプリ」の開催を発表した。キャンペーン期間は2010年12月6日から2011年1月24日まで。

続きを読む

ITライフハックやlivedoor ニュースのIT記事をサクサク読めてシェアできるアプリ

  • iPhone版はこちら
  • Android版はこちら
最新記事
QRコード
QRコード
カテゴリ
月別アーカイブ
配信メディア
ITライフハックは以下のニュースサイトにも記事を配信しています。
記事検索
このサイトについて

ITライフハックで原稿(有償原稿)を執筆したいというプロのライターさんからの売り込みも受け付けていますので、興味をもっていただけましたら、これまでの実績等を含めてお気軽にご連絡ください。ただし、必ずお返事するわけではありません。執筆依頼は編集部から行いまず。また必ず校正及びファクトチェックが入ります。

>>詳しくはこちらへ

ITライフハック代表
関口哲司

日本大学大学院理工学研究科後期博士課程修了。理学博士。日本物理学会会員。データサイエンティスト協会会員。IT系記事を中心に著書多数。原稿の依頼歓迎。

>>詳しくはこちらへ

連絡先:itlifehack【at】mediabank.jpn.com
プレスリリース:press【at】mediabank.jpn.com
【at】は@
Twitterアカウント:@ITlifehack
  • ライブドアブログ