ITライフハック

ゲーミングデスク

体型や座る座椅子に合わせて高さ調整ができるゲーミングローデスク

main

サンワサプライ株式会社が運営している直販サイト『サンワダイレクト』は、使用スタイルに合わせて高さ3段階調整できるゲーミングローデスク「100-DESKL010BKR」を発売した。

■シンプルなゲーミングローデスク
本製品は、横幅100cm、奥行60cmのシンプルなゲーミングローデスク。
sub2

シンプルな構造ながら、カーボン調の天板とレッドフレームがアクセントになったゲーミングデザインのデスク。
sub11

天板はカーボン調デザインで、強度、汚れに強いPVC真空成型仕様だ。
sub12

高さ調整は約42cm、約46cm、約50cmの3段階で調整でき、厚みのない座布団から大きめの座椅子までどんな座椅子でも丁度良い高さに調整できる。
sub7

天板下部にはタップ受けが付いている。
sub15

バックフレームが小さく対面で座ることができたり、足を伸ばして座ることができる。
sub19

天板のたわみを防ぐために2本のリーンフォースメントを装備している。
sub17

フレームには耐久性の高いスチールを使用しているので、マグネットにも対応している。
sub16

アジャスター付きでデスクのガタつきを抑えることができる。
sub18

本線品のサイズは約W1000×D600×H420mm/460mm/500mmで3段階で高さ調節ができ、重量は約12.3kg。

ゲーミングローデスク「100-DESKL010BKR」

ITライフハック
ITライフハック Twitter
ITライフハック Facebook

カルチャーに関連した記事を読む
デスク天板を挟み込み、収納できる!上下昇降機能付きカルテカート
座ると圧力を検知する!圧力センサー内蔵クッション
『名代 富士そば』×『先輩がうざい後輩の話』コラボ!期間限定コラボメニュー「月見うどん」
単体でもサイドワゴンとしても使える!天然木の万能ワゴン
あたたかいうどんで心も身体もぽかぽか!冬季限定『熱盛 丸亀うどん弁当』






ツートンカラーでおしゃれ!シンプルワークデスク 2種類

main

サンワサプライ株式会社が運営している直販サイト『サンワダイレクト』は、ケーブル通し付きでモニターアームの取り付けもできるツートンカラーでおしゃれなシンプルワークデスク 幅100cm 奥行60cm「100-DESKF039BK1」「100-DESKF039LB1」を発売した。

■2色の分割天板で色分けされている
本製品は、2色の分割天板で色分けされている。
sub2

sub9

小さい天板部分は保管スペースにし、大きい天板部分を作業スペースにするなどエリアを分けることで、机の上を整理整頓でき、メリハリをつけて使用できる。
sub13

背面側の補強をシンプルにしているので、ミーティング時等対面での使用も可能だ。
sub14

天板にはケーブル配線口が付属しているので、ケーブル類の取り回しもスッキリする。
sub15

耐荷重が40kgあるので、パソコン本体やプリンタ等を並べて設置することが出来ます。アジャスター付きなので、高さの微調整ができる。
sub16

フレームには耐久性の高いスチールを使用しているので、マグネット電源タップやフックを取り付ける事ができる。汚れに強く、高強度のメラミン化粧板を使用している。
sub17

本製品のサイズは、横幅100cm×奥行60cm×高さ70cmで、重量は約12kg。

シンプルワークデスク「100-DESKF039BK1」
シンプルワークデスク「100-DESKF039LB1」

ITライフハック
ITライフハック Twitter
ITライフハック Facebook

カルチャーに関連した記事を読む
秋はシビ辛、東京とろろそばに「麻婆茄子とろろそば」登場
TVアニメ「鬼滅の刃」×コグミ!UHA味覚糖「コグミ 鬼滅の刃」
使うほど馴染んでいく!コンパクトな本革ロッキングチェア
国内最大級eスポーツ大会!「レインボーシックス JAPAN CHAMPIONSHIP 2021」予選ラウンド開幕
オンライン参加も可能!野菜ソムリエ 緒方湊くんと学ぶSDGs なワークショップを無料開催






標準装備が充実!天板の高さを変更できる上下昇降ゲーミングデスク

main

サンワサプライ株式会社が運営している直販サイト『サンワダイレクト』は、幅120cm、奥行60cmの天板サイズで、ゲーミングの必需品を完全装備した、ハンドルを回し、天板の高さを上げ下げすることができる上下昇降ゲーミングデスク「100-DESKG005」を発売した。

■ハンドルを回して天板の高さを上げ下げすることができる上下昇降デスク
本製品は、ハンドルを回して天板の高さを上げ下げすることができる上下昇降デスク。高さは75cm~125cmの範囲内で調整することができ、プレイするゲームに合わせて高さ調整を行うことができる。ゲームだけでなく、オンライン配信や動画編集などの長時間のパソコン作業時にも体勢を変えることで快適に行える。
sub3

本製品は、標準装備が充実しており、必需品であるアイテムが搭載している。天板全体を覆うマウスパッドがあり、天板の形状に合わせた形状で、アクティブなマウス操作も問題なくすることができる。その他は、ドリンクホルダー、ヘッドホンホルダー、ケーブル通し、タップ受けが付属している。
sub4

天板サイズは、幅120cm、奥行60cmでデュアルディスプレイにも対応しており、また、天板の手前側の形状は、カーブ型になっており、体を左右に向けてもカーブに沿って使用できる。
sub12

クランプ機器の取り付けも可能で、モニターアームなどを取り付けすることができる。
サイズは、約W1200×D705×H750~1250mm、重量は約30.88kg。

上下昇降ゲーミングデスク「100-DESKG005」

ITライフハック
ITライフハック Twitter
ITライフハック Facebook

カルチャーに関連した記事を読む
頑張るあなたを「食」で応援!ミールワークスキッチン期間利用者の募集開始
この夏再び登場!ユニクロ「UT」とジーユーのアニメ「鬼滅の刃」コレクション
オフィスチェアやダイニングチェアなどに取り付けできる!ランバーサポート
しらすと大葉、夏メニューが新登場! さっぱり&しっかり東京とろろそば
大迫力・超美麗3D映像で通行人の視線を釘付けに!新宿駅前に巨大猫が出現






ゲームに没頭する為だけに作られた!サンワサプライ、ゲーミングデスクを再入荷

main

サンワサプライ株式会社が運営している直販サイト『サンワダイレクト』は、縦横無尽にマウス操作できる全面デスクマット付きで、手を伸ばせばすぐに使えるヘッドホンホルダーやドリンクホルダーを搭載したゲーミングデスク「100-DESKG003」を再入荷した。

■自分だけのゲーミング空間を作り上げることができる
本製品はデスクと向き合うことで、自分だけのゲーミング空間を作り上げることができるゲーミングデスクだ。

sub5

横幅140㎝のワイドサイズの天板を採用し、デュアルモニターにも対応している。

main

天板の大きさとジャストサイズのデスクマット付きで、縦横無尽にマウス操作ができる。

sub3

座って左側にはヘッドホンホルダー、座って右側にはドリンクホルダーが設置されており、手を伸ばせばすぐ使える便利な付属品だ。

sub2

その他も細かい特長があり、天板には2か所のケーブルダクト付き、天板裏には背面タップトレイがあり、使い勝手をサポートしてくれる。

sub10

激しいゲーム操作にも耐える耐荷重100kgで安定感も抜群な所がある。

sub16

サイズは、約W1400×D600×H750mm(デスクマットの厚みを含まず)、重量は約23kg。

sub17


ゲーミングデスク「100-DESKG003」

ITライフハック
ITライフハック Twitter
ITライフハック Facebook

パソコンに関連した記事を読む
遊んでいるうちに自然とプログラミングが学べる!TSUKUMO、Kano PCウェビナーを開催
テレビ会議や動画配信できれいに映る!自撮り用LEDライト付きスタンドを発売
MacBook Pro対応最大65W出力!半額オフの大容量モバイルバッテリー「AUKEY PB-Y24」
世界的なオーバークロッカー清水貴裕氏!MSIと製品開発を含む専属契約を締結
使いやすくなった子供向けのパソコンキット!「ジブン専用パソコンキット3」を発売






ビーズ、自転車サドルの方式”で耐荷重100kgな強化版ゲーミングデスクを発売

2_normal

ビーズのブランド「Bauhutte」は2019年2月に発売した昇降式PCデスク「ゲーミングデスクHD BHD-1200HD」について耐荷重が40kgから100kgへ大幅アップさせた製品を発売した。価格はオープンプライスで、店頭予想価格は3万3,000円(税別)。

ゲーム環境を拡充させていく上で、「モニターの数を増やす」「ゲーミングスピーカーを置く」といった時に問題となるのが「デスクの耐荷重を超えてしまう」というもの。特に最近ではウルトラワイドタイプなどモニターの大型化が進んでおり、デスク上のデバイスの重量が思った以上に大きくなってしまった、ということも少なくない。

さらに、狭いスペースにゲーム環境を構築している人にとっては、デスク上で全てを完結させる必要がある。この場合、デスクの上に物が設置できないというのは死活問題だ。

そんな「設置したくても耐荷重の関係で設置できない!」という問題を解決するのが「ゲーミングデスクHD」だ。このデスクの最大の特徴は、耐荷重が100kgとなったこと。余裕のある耐荷重を設定としたことで、大型のモニターやトリプルモニター、ゲーミングスピーカーなどのデバイスを重量を気にせず設置できるようになった。

従来のゲーミングデスク(BHD-1000M等)の耐荷重は40kg。前述した「設置したいのに設置できない」という問題に対応するために、バウヒュッテではさらに耐荷重の大きいデスクの開発に取り組んでいた。しかし、従来の昇降の仕組みでは耐荷重を大きくすることは困難だった。そんな時、開発者の目にとまったのは、自転車に使用されているサドルの昇降方式。これをデスクの昇降部分に応用してみたところ、耐荷重を40kg→100kgへ大幅にアップすることができたとのことだ。

■製品概要
【製品名】ゲーミングデスクHD
【型番】 ミドルタイプ:BHD-1200HDM-BK
     ロータイプ:BHD-1200HDL-BK
【カラー】ブラック 
【サイズ・重量】ミドルタイプ:幅120×奥行55×高さ59.5(59.5~81)cm、18.4kg
        ロータイプ:幅120×奥行55×高さ40(40~49.5)cm、15.9kg
【耐荷重】100kg未満 


8_large


製品概要
デスク秘密基地化計画

ITライフハック
ITライフハック Twitter
ITライフハック Facebook

カルチャーに関連した記事を読む
千円からできる九州の豪雨被害支援!さとふるの「令和元年九州北部大雨災害緊急支援募金サイト」に佐賀県江北町を追加し寄付受け付けを開始
『ポケモン GO』“#好きなようにGOしよう”キャンペーンで9月1日より渋谷ストリートジャックを展開!
ナショジオより、どうしてこうなった?町まるごと廃墟の101か所を撮影した書籍『絶対に住めない世界のゴーストタウン』
熊本城と松本城の急激な追い上げを制して姫路城の連覇なるか?「トリップアドバイザーの口コミで人気!日本の城ランキング 2019」を発表
楽天ブックスが9月1日防災の日に向けて「防災関連本ランキング」を発表







狭い空間に大型ディスプレイを設置できる「スクエアゲーミングデスク」が発売

_prw_PI1lg_iw4N4YWl

ビーズのゲーミング家具ブランド「Bauhutte(バウヒュッテ)」は、狭い空間に大型ディスプレイが設置できる「スクエアゲーミングデスク BHD-700M-BK」を発売した。

昇降式ゲーミングデスクを多数展開してきたバウヒュッテが今回注目したのは、デスクの「横幅」と「奥行き」。横が長く奥行きの短いデスクが一般的だが、設置に広いスペースを必要としたり、デスク上に置いたモニターと目までの距離が近く見づらかったりなど、不便な点もあった。

それらの点を解決すべく開発したのが、横幅スリム・奥行きディープな「スクエアゲーミングデスク」だ。企業向け大型デスク並みに深い奥行き(最大97cm)はそのままに、横幅は家庭用小型デスクのようにスリム(70cm)に設計した。狭いスペースで大型ディスプレイを設置したいゲーマーに最適なゲーミングデスクだ。

■製品概要
【製品名】スクエアゲーミングデスク
【型番・カラー】BHD-700M-BK・ブラック
【サイズ】幅700mm×奥行700mm(700~970mm)×高さ640mm(640~850mm)
【重量】16kg
【甲板の表面材・表面加工】合成樹脂化粧繊維板(塩化ビニル樹脂)・脚部:エポキシ粉
体塗装
【価格】オープン価格(税別参考 2万5,500円)


_prw_PI19lg_4m73nYE2

スクエアゲーミングデスク

ITライフハック
ITライフハック Twitter
ITライフハック Facebook

パソコンに関連した記事を読む
ASUS JAPAN、薄さわずか16.15mmを実現したGeForce RTX 2080/2070 Max-Q搭載15.6型スリムゲーミングノートPCを発表
GDCでOculusが新しいPC向けVRヘッドセット「Oculus Rift S」を発表
iiyama PC「LEVEL∞」より「PUBG JAPAN SERIES season2 推奨ゲーミングPC」新モデル発売
働くあなた必見!タイピングが楽しくなるマイ・キーボード!超薄型ワイヤレスメカニカルTaptek
企画・監督・主演・主題歌まで現役大学生たちが携わった富士通のWeb動画「Wednesday Girlfriend」が公開中






ITライフハックやlivedoor ニュースのIT記事をサクサク読めてシェアできるアプリ

  • iPhone版はこちら
  • Android版はこちら
カテゴリ
月別アーカイブ
配信メディア
ITライフハックは以下のニュースサイトにも記事を配信しています。
記事検索
このサイトについて

ITライフハックで原稿(有償原稿)を執筆したいというプロのライターさんからの売り込みも受け付けていますので、興味をもっていただけましたら、これまでの実績等を含めてお気軽にご連絡ください。ただし、必ずお返事するわけではありません。執筆依頼は編集部から行います。また必ず校正及びファクトチェックが入ります。

>>詳しくはこちらへ

ITライフハック代表
関口哲司

日本大学大学院理工学研究科後期博士課程修了。理学博士。日本物理学会会員。データサイエンティスト協会会員。IT系記事を中心に著書多数。原稿の依頼歓迎。

>>詳しくはこちらへ

連絡先:itlifehack【at】mediabank.jpn.com
プレスリリース:press【at】mediabank.jpn.com
【at】は@
Twitterアカウント:@ITlifehack
  • ライブドアブログ