ITライフハック

コンサルティング

即戦力人材を輩出する業界初のプログラム!「CONSULTING ACADEMY」を開校

0302_2024_CONSULTING ACADEMY_090

株式会社コミュニティーメッシュは、これからの日本企業の躍進を支えていくコンサルティング業界に向けた人材育成を目指し、個々に合ったリスキリング機会を提供し、コンサルティング会社が横断して即戦力人材を輩出する業界初のプログラム「CONSULTING ACADEMY」を開校する。開校に先立ち、2024年3月2日(土)、報道関係者向けに「CONSULTING ACADEMY」開校に関する発表会を実施した。

■人材不足の解消だけでなく、人材流動化のハブにしたい
発表会は、株式会社コミュニティーメッシュ代表取締役でCONSULTING ACADEMYアカデミー長の内田士郎氏の挨拶から始まった。

バブル崩壊後から日本経済の成長は停滞が続き、“失われた30年”と言われている現在。日本の産業をこれからの10年で再び世界へ誇れる産業へと前進させるために、日本国内の企業が苦手とするDX領域へ価値を提供し続けているコンサルティング業界に向けた高度な人材の育成が必要と考えている。

一方で、コンサルティング業界で活躍できる可能性を持っているにも関わらず、その能力に気がつけていない、潜在的な能力を持っている人材に向けて、さらなる活躍の場・機会を提供するために、閉ざされているコンサルティング業界をよりオープンに、見える化する必要を感じていた。そういった想いを持つ中で、業界及び業務内容をより分かりやすく知ってもらい、自らに適したリスキリングの機会・活躍の機会を提供する場として「CONSULTING ACADEMY」を構想した。

「CONSULTING ACADEMY」では、実際にコンサルタントに求められる知識・スキル・マインドを習得し、即戦力人材としてコンサルティング業界に転身し、日本のデジタル化、グローバル化の遅れを取り戻す人材を生み出すことにより、日本企業の躍進を支えていく構えだ。

「人材不足を解消するだけでなく、将来的には人材流動化のハブとなる、そういううねりを作っていきたいという想いで始めました。日本企業、日本産業の前進を図ろうと考えております。」と、開校への想いを語った。

0302_2024_CONSULTING ACADEMY_015
株式会社コミュニティーメッシュ代表取締役 CONSULTING ACADEMYアカデミー長の内田士郎氏


■コンサルテイティブな力が上がることに期待
引き続き、PwCコンサルティング合同会社代表執行役CEO PwCアジアパシフィックコンサルティングリーダー 大竹伸明氏より挨拶があった。

大竹氏は、コンサルティング業界で34年間の経験を持っている。日本の社会や企業の成長に関与できたことへの感謝を表明し、業界が成長の機会を得たことについて語った。また今後の発展とリターンについて考える重要性を指摘し、特に人材不足の問題を解決することの重要性を強調した。コンサルティング能力を持った人材が不足しているとみなしており、この問題を解決することが業界の重要な課題であるとの考えだ。

プロジェクト型やジョブ型で働く意欲と専門性、達成志向性を持つ人材が重要であるとし、コンサルティング業界だけでなく、顧客側や公共団体でもこの種の人材が不足していると指摘した。加えて、問題解決に取り組むためには、顧客側もしっかりと問題意識を持つことが必要であり、これが国力を増していく上で重要であるとした。

業界の変遷についても触れ、コンサルタントと事業会社の間での人材の流動が増えている現状を肯定的に評価している。リスキリングやスキルチェンジの重要性、そして異業種からの人材が業界に新たなスキルと視点をもたらすことの価値についても話した。

「国全体でのコンサルテイティブな力を上げていけば、国力は必ず増していくと思います。そのためにコンサルファームにご参加いただくのが、ひとつの近道かと考えています。日本全体のコンサルテイティブな力が上がっていくことに期待しています。」と語ったのち、CONSULTING ACADEMYにも個人としてコミットメントして参加したいと付け加えた。

0302_2024_CONSULTING ACADEMY_046
PwCコンサルティング合同会社代表執行役CEO PwCアジアパシフィックコンサルティングリーダー 大竹伸明氏


■アカデミーが果たす役割は大きい
最後に本プロフェクトに参画している、デロイトトーマツコンサルティング合同会社 代表執行役社長 佐瀬真人氏より挨拶があった。

佐世氏は、25年前にコンサルティング業界に新卒で入った経験を持つ。デロイトトーマツコンサルティングは現在、6000名の大企業に成長したことを語った。コンサルティング業界が一定の市民権を得ている現状を評価しつつ、同業界が直面する課題や日本企業の成長ポテンシャルについても触れた。

CONSULTING ACADEMYに対しては、2つの期待を述べています。1つ目は、業界の発信プラットフォームとして機能し、業界全体で共通の課題に取り組む枠組みを提供すること。2つ目は、人材のリボルビングドアとして機能し、優秀な人材が業界に参入しやすくすると同時に、業界の理解を深め、ミスマッチを減らすことです。これにより、業界と社会全体の発展に貢献することを強調した。

「このアカデミーがコンサルティング業界の仕事の仕方であるとか、お互いの相互理解を深めてミスマッチをなくしていく、相互理解の不足による機会損失をなくし、より多くの方々への入口として、アカデミーが果たす役割は大きいかと考えています。今日が新しいコンサルティングの時代の幕開けになることを祈っておりますし、私自身も楽しみたいと考えております。」と、挨拶を締めくくった。

0302_2024_CONSULTING ACADEMY_067
デロイトトーマツコンサルティング合同会社 代表執行役社長 佐瀬真人氏


■現役コンサルタントが講師!現場に近い目線での講義
「CONSULTING ACADEMY」は、これからのコンサルティング業界で活躍できる、潜在的な能力を持っている人材に向けて、コンサルティング業界をより分かりやすく扉を開き、自らに適したリスキリングの機会を提供することで、即戦力人材としてコンサルティング業界に転身し、日本のデジタル化、グローバル化の遅れを取り戻す人材を生み出すことを目標にする。

main


全8回のカリキュラムを用意し、基礎講座、基礎応用・実践講座、OJT及び擬似プロジェクト実践編により、参加者がにコンサルティング会社で働くイメージをより具体的に持てるプログラムとなっている。アビームコンサルティング株式会社、アクセンチュア株式会社、デロイト トーマツ コンサルティング合同会社、EYストラテジー・アンド・コンサルティング株式会社、KPMGコンサルティング株式会社、PwCコンサルティング合同会社と国内トップクラスのコンサルティングファームに参画し、現役コンサルタントが講師を務める。

sub1


〇基礎講座
コンサルティング業界及びコンサルタント業務に関する基礎学習
コンサルタントに必要なスキル・素質のインプット

〇基礎応用・実践講座
具体的な事例を交えたより現場に近い目線での講義
問答やディスカッションを用いた参加型授業

〇キャリアメンタリング
コンサルティング業界で活躍していくために必要なマインドや自身の展望、キャリア形成など経験豊富なメンター陣による各種メンタリング

名称     :CONSULTING ACADEMY
第1期 開校日 :2024年4月20日(土)
募集定員   :50名
※講師や会場の詳細に関しては以下URLを確認のこと。
 URL:https://consulting-academy.jp/
    ※定員に達し次第、応募を締め切る。

CONSULTING ACADEMY アカデミー長 内田士郎氏が語る!「CONSULTING ACADEMY」開校への想い

YouTube:https://youtu.be/vUp8I9ugggs

「CONSULTING ACADEMY」公式サイト/a>

ITライフハック
ITライフハック X(旧Twitter)
ITライフハック Facebook
ITライフハック YouTube

ITビジネスに関連した記事を読む
未踏修了生たちによる50以上のITアイディアを展示!「未踏会議2024 MEET DAY」を開催
生見愛瑠さんを起用!アイカ工業、新企業CMを放映
オートロック付きマンションでも、置き配が可能!「Pabbit(パビット)」とは
オペレーション業務の最適化から、ゲストの顧客満⾜度向上まで!X1StudioのホテルDX ソリューション「hotelOS」とは
社内外の文書の回覧・承認、電子印鑑の捺印を行えるクラウドサービス!シヤチハタ、「Shachihata Cloud」ラウンドテーブルを実施





図解即戦力 コンサルティング業界のしくみとビジネスがこれ1冊でしっかりわかる教科書
コダワリ・ビジネス・ コンサルティング株式会社
技術評論社
2022-04-27

ライフ&ワークス 代表取締役 秋葉尊氏に聞く!シンプルで使いやすい、5ボタンマウス【まとめ記事】

sDSC_0527
株式会社ライフ&ワークス 秋葉社長と菅執行役員

帝国データバンクの「人手不足に対する企業の動向調査(2023年4月)」によれば、正社員の人手不足企業の割合は51.4%であり、日本は慢性的な人手不足の状況だ。これからの時代の企業には、働き方改革や人事制度の見直しとともに、女性やシニア層が働きやすい環境づくりが必要とされている。株式会社ライフ&ワークスは、こうした新しい働き方を積極的に採用し、社員自身がライフスタイルに合わせて、働く時間を自由に決められるユニークなコンサルティング企業だ。今回は、同社 代表取締役社長 秋葉 尊氏に話を聞くことができた。

サンワサプライ株式会社が運営している直販サイト『サンワダイレクト』では、静音ボタンを採用したシンプルで使いやすい5ボタンワイヤレスマウス「400-MAWS097」を4色展開で発売した。本製品は、クリック音の静かな静音ボタンを採用し、周りに迷惑をかけずにマウス操作ができるワイヤレスマウス。読み取り精度の高いブルーLEDセンサーで、光沢感のある面でもスムーズな操作が可能だ。

使わないときは折りたたみ、必要なときにサッと広げて使える!折りたたみ式カート
サンワサプライ株式会社は、折りたたみができる3段式のツールカート「CART-FA1GY(幅800mm)」「CART-FA2GY(幅665mm)」を発売した。「CART-FA1GY」「CART-FA2GY」は、折りたたんでコンパクトに収納できる3段式のツールカート。必要なときにサッと広げて、すぐに使える折りたたみツールカート。使わない時はコンパクトに折りたたんで収納でき、隙間に収納したり、車のトランクに載せて持ち運んだりすることができる。


欲しい機能がすべて詰まった!オールメッシュチェア
サンワサプライ株式会社が運営している直販サイト『サンワダイレクト』は、オットマンとリクライニング機能付きで快適に座れるメッシュチェア「150-SNCM7」を発売した。本製品は、欲しい機能がすべて詰まったメッシュチェア。ロッキングはシンクロロッキングなので背もたれを傾斜させたとき、座面が連動して浮かび上がらない仕様だ。3段階で傾斜角度を変更できるロッキング固定機能付き。座面下にスライドして設置できる薄型オットマンを内蔵している。


静音ボタンを搭載!シンプルで使いやすい、5ボタンマウス
サンワサプライ株式会社が運営している直販サイト『サンワダイレクト』では、静音ボタンを採用したシンプルで使いやすい5ボタンワイヤレスマウス「400-MAWS097」を4色展開で発売した。本製品は、クリック音の静かな静音ボタンを採用し、周りに迷惑をかけずにマウス操作ができるワイヤレスマウス。読み取り精度の高いブルーLEDセンサーで、光沢感のある面でもスムーズな操作が可能だ。


ライフ&ワークス 代表取締役 秋葉尊氏に聞く!働く時間に制約がある人のためのコンサル会社を創設した理由
帝国データバンクの「人手不足に対する企業の動向調査(2023年4月)」によれば、正社員の人手不足企業の割合は51.4%であり、日本は慢性的な人手不足の状況だ。これからの時代の企業には、働き方改革や人事制度の見直しとともに、女性やシニア層が働きやすい環境づくりが必要とされている。株式会社ライフ&ワークスは、こうした新しい働き方を積極的に採用し、社員自身がライフスタイルに合わせて、働く時間を自由に決められるユニークなコンサルティング企業だ。今回は、同社 代表取締役社長 秋葉 尊氏に話を聞くことができた。
※人手不足に対する企業の動向調査(2023年4月)
https://www.tdb.co.jp/report/watching/press/p230502.html


最厚5cm!? 3種類の厚みを選べる「#厚切りカツカレー」
からあげグランプリ3冠受賞のからあげ専門店やTVでも紹介されたメンチカツ専門店を経営する飲食チェーンが運営する「肉とカレーのお店マイティ」は2023年9月7日(木)から新商品「#厚切りカツカレー」を発売した。3つの厚みを用意し使用しているロースカツは約150g,約300g,約400gとどれもボリューミー。低温調理で芯までしっとり柔らかく仕上げられたお肉をたっぷりご堪能できる。


株式会社ライフ&ワークス

ITライフハック
ITライフハック Twitter
ITライフハック Facebook

カルチャーに関連した記事を読む
夏バテを吹き飛ばす!「ダンシングクラブ」で「レッドブル」フェア開催
科学に基づき開発された家ラーメンの到達点!日本ラーメン科学研究所、初の体験試食イベント
直火焼きビーフの旨味に、パインの甘みと酸味が食欲をそそる!バーガーキング「パイン ツキミバーガー」
チョコフレーク発売55周年記念!「飲むチョコフレーク」1,000名にプレゼント
牛角×VTuberグループ「ホロライブ」の星街すいせいコラボイベント!『すいちゃんと焼肉を食べる会』開催へ



テレビ会議で顔を出せ! リモートワークの新常識45
リモートワーク研究所 顧問 倉貫義人
インプレス
2022-04-25



ライフ&ワークス 代表取締役 秋葉尊氏に聞く!働く時間に制約がある人のためのコンサル会社を創設した理由

sDSC00912
株式会社ライフ&ワークス 代表取締役社長 秋葉 尊氏

帝国データバンクの「人手不足に対する企業の動向調査(2023年4月)」によれば、正社員の人手不足企業の割合は51.4%であり、日本は慢性的な人手不足の状況だ。これからの時代の企業には、働き方改革や人事制度の見直しとともに、女性やシニア層が働きやすい環境づくりが必要とされている。

株式会社ライフ&ワークスは、こうした新しい働き方を積極的に採用し、社員自身がライフスタイルに合わせて、働く時間を自由に決められるユニークなコンサルティング企業だ。今回は、同社 代表取締役社長 秋葉 尊氏に話を聞くことができた。

※人手不足に対する企業の動向調査(2023年4月)
https://www.tdb.co.jp/report/watching/press/p230502.html

■女性やシニアの人材を活用したい
ライフ&ワークスが創業した2017年は、安倍内閣のなか労働人口の減少が課題視され、「働き方改革」を推進しはじめた時期でもあった。「働き方改革」の掛け声は大きかったが、具体的な施策は乏しく、キーワードとしてよく取り上げられたのが「女性」「シニア人材」そして「外国人」の活用だった。しかし「女性」や「シニア人材」の中には働ける時間が限られている人も多く、「女性」や「シニア人材」がこれまで以上に活躍するためには、会社側が「働く時間の制約」を受け入れて、対応できる仕組みを整備する必要があった。

具体的には、当時あまり普及していなかった「時短勤務」や「テレワーク」といった新しい働き方を他社に先駆けて整備しなければならないということだった。一方で、コンサルタントの業務と言えば、ハードワークのイメージが浸透している時期だったこともあり、「時短勤務」や「テレワーク」が話題に上がっても、とてもコンサルタントの仕事は務まらないと一笑に付される状況でもあった。

しかし、出産し子育てをしながらコンサルタント業務に就きたいと思っている女性の方や、介護を行いながら限られた時間でコンサルタントとして働きたいと思っている方、趣味と仕事を両立させて人生を謳歌したいと考えているシニア世代のコンサルタントの方々のことを考えると、多様で柔軟な働き方ができるコンサルティング会社が必要だと強く感じるとともに、これからの時代にはそのような会社が求められるはずだとの考えを強く持って、同社はスタートした。

「IT業界は万年の人手不足であり、特に私が長らく関わってきたSAP業界ではコンサル不足が常態化していました。であるならば、復職できていない、昔コンサルで活躍していた女性の方々に戻ってきてもらうことや、シニア世代のコンサルの方々に定年を意識せずに長く働いて頂くことが、今後の業界のためになると考えました。」(秋葉社長)

sDSC_0527
株式会社ライフ&ワークス 秋葉社長と菅執行役員


今の時代、時短やテレワークで働ける会社は珍しくない。しかし、会社によっては、適用する条件が厳しいとも聞く。
たとえば、「子どもを妊娠して出産してから1年間」のように条件が付いているケースも多いようだ。

同社は、どのような条件だろうか?

「ライフ&ワークスは、『働く時間に制約がある人のために設立した会社」です。なので、多くの会社が設定しているような条件に縛られることなく柔軟な働き方ができるところが最大の特長です。また、非常に珍しいと言われますが、入社後に働き方を変更する場合の自由度も高くなっています。1か月前に本人から申告してもらえれば、いつでも、そして何回でも変更ができる制度になっています。特に子育て中の方は、子供の体調や成長によって働ける時間が変わる可能性があるので、それぞれの状況に合った働き方ができるようにと工夫を繰り返してきた結果できあがったルールです。」(秋葉社長)

image003


同社の会社説明を聞いた応募者からは、「こんな会社は初めてです」や「これほど良い条件で働ける会社に出会ったことがない」など、驚きに似た反応が多いという。特に子育て中の応募者に評判が良いのが「中抜けOKの時短+フレックス勤務」だ。

基本6時間/日(10:00~17:00)の時短勤務を選択しているケースで、子供が急に体調を崩し医者に連れていくことが必要になった場合、業務時間中の15:00で一旦仕事を抜けて医者に連れていき、子供と一緒に夕食を済ませ、寝かしたあとの20:00から業務に戻り、22:00まで業務を続けるということも可能だ。

また、その日に業務に戻ることが難しいようであれば、別の日に挽回して1か月の標準労働時間である120時間/月(6時間×20日)をこなすことでもOKという非常にフレキシブルなルールになっている。
そのほかにも週休3日で勤務している社員もいるという。

時短勤務・フルリモート・フレックス・裁量労働制と、その人の生活に合わせて働き方を決められる。まさに時間に制約がある人達の立場に立って考えられた、働きやすさがある会社と言えそうだ。

image004

image005


■時短でも不利にならない人事評価
時短で働くうえで心配になるのが人事評価だろう。「時短勤務だから頑張ってもフルタイム勤務の人に比べて評価が上がりにくいのでは」とネガティブに考えてしまう人も多いのではなかろうか。
ライフ&ワークスでは、勤務時間の長さではなく生産性の高さを重視した評価制度を採用しているという。

具体的には、一日分の業務量を何時間で処理できているかというデータ(数値)を収集して、評価に活用している。そのため、早く正確に仕事をこなせる社員を高く評価することが可能になっている。一般的には、評価基準が曖昧な企業が多いこともあり、フルタイムの社員と時短勤務社員が居た場合、勤務時間が長いフルタイムの社員の方が有利になりがちだ。同社の場合は、生産性を数値で把握して評価するので、限られた時間で仕事をする時短勤務者にも不利にならない評価制度になっている。

image006


昇進・昇給の早さも大きな魅力だ。
古くから日本企業の多くは、年功序列の考え方に基づき、勤続年数や年令を重視する傾向にあった。年功序列は、終身雇用を前提とした時代であればメリットもあったが、昨今は社員の実力見合った評価にならないというデメリットも指摘されるようになってきている。

同社では、最近注目されている「JOB型人事制度」を創業時から採用し、仕事の成果と報酬が連動する人事制度を実現している。そのため年令や勤続年数に関係なく、実力に見合った昇進・昇給を実現している。
また、昇進/昇給の機会も2回/年と、日本の多くの会社の2倍にチャンスを増やしていることも昇進/昇給の早さに繋がっている。

では、実際の昇給の早さはどのぐらいなのか?

過去の実績としては、入社3.5年で時給が1.5倍になった社員や、入社2年で1.2倍になった社員がいるという。

image007


また時給そのものも、
・最低時給2,160 円 時(C0-11)
・最高時給7,380 円 時(C7-10)
と、高い設定になっている。こうした報酬の高さも時短で働くコンサルタントのモチベーションアップにつながっている。

sDSC_0507
テレワーク主体ではあるが出社して対面で打ち合わせをすることも
コンサルタントのTマネージャーとHさん


ライフ&ワークスは、自分のライフスタイルに合わせて、実働日数・実働時間・仕事量を1ヶ月単位で自由に設定でき、仕事もフルリモートワークでおこなえる働く時間に制約があるコンサルタントのための会社だ。様々な事情でフルタイムで働くことができない人にとって魅力的な自由度の高い働き方ができる企業にも関わらず、業界での認知度はまだまだ低いという。
過去にコンサル経験はあるが、働く時間に制約があるのでコンサルとしての復職は無理だと諦めていた方は、同社の門を叩いてみては如何だろうか。

株式会社ライフ&ワークス

ITライフハック
ITライフハック Twitter
ITライフハック Facebook

カルチャーに関連した記事を読む
夏バテを吹き飛ばす!「ダンシングクラブ」で「レッドブル」フェア開催
科学に基づき開発された家ラーメンの到達点!日本ラーメン科学研究所、初の体験試食イベント
直火焼きビーフの旨味に、パインの甘みと酸味が食欲をそそる!バーガーキング「パイン ツキミバーガー」
チョコフレーク発売55周年記念!「飲むチョコフレーク」1,000名にプレゼント
牛角×VTuberグループ「ホロライブ」の星街すいせいコラボイベント!『すいちゃんと焼肉を食べる会』開催へ



テレビ会議で顔を出せ! リモートワークの新常識45
リモートワーク研究所 顧問 倉貫義人
インプレス
2022-04-25



人材不足の令和時代はソリューション型の派遣サービスを中心に展開!アデコグループのVSNが技術者系労働市場の変化を捉えた新サービス「Modis VSN」発表

01

人材派遣サービスを展開するアデコグループでエンジニア・技術者派遣、コンサルティングを展開するVSNは、アデコグループがグローバルで展開するブランド「Modis」と組み合わせたソリューション型の派遣サービスとなる「Modis VSN」を2020年7月より開始する。この発表会が開催され、アデコ代表取締役社長 兼 VSN代表取締役社長である川崎健一郎氏が登壇し事業概要に関するプレゼンを行った。

Modisは、スイスに拠点があるアデコグループがグローバルに展開するサービスで、IT、R&D、機械と電気電子がターゲット分野だ。今後はVSNが展開していたサービスをModisブランドに集約して展開するという。ただし国内ではVSNの名前が浸透していて認知されているため、双方のブランドを活用して展開する。

■どんどんと減少する生産年齢人口
ご存じの通り、日本国内の労働市場は生産年齢人口の減少によりGDPの成長率が下がっているにもかかわらず、失業率は下がり続け、有効求人倍率は高止まりの一途をたどっている。IT人材についても需給バランスが崩れてきており、深刻な人材不足となっている。

02

03

05


Modisは「デジタルトランスフォーメーション」、「データアナリティクス」、「AI・人工知能」、「E-モビリティ」、「プロダクション4.0」、「再生可能テクノロジー」の6つに注力。高度なスキルを習得したエキスパートらを提供するとともに、テクニカルな教育研修を提供することで質を高め、コンサルティングチームを提供することで、他社と差別化を図ったサービスを提供するとのこと。これまでのように、エンジニアが登録することでサービスを提供する登録型派遣と、自社のエンジニアとして雇い入れ派遣する無期雇用型以外に、ソリューション型の“コンサルできるエンジニア”をModis VSNのブランドで提供するサービスを2020年7月に開始するとのことだ。

06

■コンサルティング能力を高めて高いスキルの人材を派遣する
川崎氏は「VSNは2011年から2ケタの成長を維持しているが、エンジニアリングとコンサルを掛け合わせているサービスを提供する。エンジニアがコンサルテーションまで行うというハイレベルな内容。エンジニアリング能力を高めつつコンサル能力も備えないといけないので大変なアクションだが、毎年多くの人が入社している」とのこと。チャレンジングな環境に身を置きたい意欲のあるエンジニアが多く集まっているそうだ。

「バリューチェーン・イノベーターはお客様に提案するということ。オンサイトでプロジェクトに入っているエンジニアなので課題を発見できる。これを元に主体的に事業課題を発見して解決していく、踏み込んでいったサービスがバリューチェーン・イノベーター」(川崎氏)。また、新たなサービスを展開するとともに、それを担う人材の育成も力を入れていく。1人あたりトレーニング費用は18万5,000円、トレーニングコースも57種類用意し、1500名以上のトレーニーも用意する。

06

07

08

こうしたソリューション型サービスは、案件ベースでは開始初年度は、わずか2件だったが、昨年その件数が300件を超えたという。「累計は1200件を超える提案ができている」と川崎氏。「今後はこの分野に注力し、コンサルファームとエンジニア派遣の間を狙った新マーケットを開拓する。ニーズを確信したので新しいマーケットとして、コンサルでも派遣サービスでもないバリューチェーン・イノベーター、新しいマーケットを作り上げていく」と語った。

09


アデコ

ITライフハック
ITライフハック Twitter
ITライフハック Facebook

上海問屋に関連した記事を読む
ネットで簡単!個人でも銀行から低金利な融資が受けられる個人と銀行をむすぶ国内唯一のプラットフォーム「クラウドローン」スタート
ANAが羽田空港において大型自動運転バス実用化に向けた実証実験を実施~電気バスを使用し、2020年内の試験運用を目指す~
みんなのタクシーがJR東日本提携第1弾として後部座席設置のタブレットによる“Ringo Pass”実証実験を拡大
主要メーカーのロボットアームを1つのプラットフォームで集中管理できるOnRobotの「ワンシステムソリューション」
機械が人の能力や創造性を引き出す未来を目指しオムロン×スクウェア・エニックス「人のモチベーションを高めるAI共同研究」がスタート





カテゴリ
月別アーカイブ
配信メディア
ITライフハックは以下のニュースサイトにも記事を配信しています。
記事検索
特集



l

























このサイトについて

ITライフハックで原稿(有償原稿)を執筆したいというプロのライターさんからの売り込みも受け付けていますので、興味をもっていただけましたら、これまでの実績等を含めてお気軽にご連絡ください。ただし、必ずお返事するわけではありません。執筆依頼は編集部から行います。また必ず校正及びファクトチェックが入ります。

>>詳しくはこちらへ

ITライフハック代表
関口哲司

日本大学大学院理工学研究科後期博士課程修了。理学博士。日本物理学会会員。データサイエンティスト協会会員。IT系記事を中心に著書多数。原稿の依頼歓迎。

>>詳しくはこちらへ

連絡先:itlifehack【at】mediabank.jpn.com
プレスリリース:press【at】mediabank.jpn.com
【at】は@
Twitterアカウント:@ITlifehack
  • ライブドアブログ