ITライフハック

ゴルフ

ゴルフプレイヤーに抜け毛リスク!プレー時に実施すべき頭皮ダメージケア方法とは

s1881086_l

経済産業省が公表している「特定サービス産業動態統計」によると2021 年はゴルフ場の入場者数が1,000 万人を超え、練習場はコロナ禍前と比べて利用者が約3 割増加するなど、昨今ゴルフ人気に拍車がかかっている。プレイヤーも増え、人気のゴルフであるが、暑さや紫外線の影響で気づかぬうちに頭皮にダメージが蓄積され、抜け毛の原因にも。そこで今回はゴルフの時に気を付けたい頭皮ダメージケアについて男性向けトータルヘアケアブランド「リアップ」を提供している大正製薬研究員に聞いた話をまとめた。

※ 特定サービス産業動態統計調査の結果 - 経済産業省
https://www.meti.go.jp/statistics/tyo/tokusabido/result-2.html

■ゴルフ中に気を付けたい頭皮のダメージとは?
1. 紫外線ダメージ
頭は他のどのパーツよりも太陽に一番近いため紫外線の影響を受けやすいと言われている。紫外線の刺激を受け続けることで、髪の毛の元となる毛母細胞という細胞がうまく機能しなくなる場合があり、これにより新しい髪の毛が作られなくなり、抜け毛が起こり薄毛の原因になる可能性がある。

2. 頭皮の蒸れ
頭皮自体は、皮脂などの油性成分が多く、毛髪に覆われており、水分量やうるおいは保たれやすい環境といわれている。そのため、運動等で体温が上昇した際に帽子などを被った頭皮は蒸れやすくなる。頭皮が蒸れると、細菌が増殖し肌荒れを起こしたり、毛穴を詰まらせたりする原因になる。

■ゴルフプレイヤーが実践するべきスカルプケア
〇プレー前
・通気性が高い帽子を選ぶ
暑い日にゴルフをする際は特に「通気性」「速乾性」に優れた帽子を選ぼう。具体的にはメッシュやドライ生地など、汗をすぐに吸収しても乾くタイプの帽子がおすすめだ。

〇プレー中
・こまめに汗を拭く
頭皮の蒸れによって繁殖する菌は、汗や皮脂を餌にして増殖する。頭皮の汗は、頭皮環境と頭髪の悪化につながるため、頭皮の換気と一緒に汗を拭くように心がけよう。

・長時間帽子を着用しない
帽子を長時間被り続けると、頭皮が蒸れてしまう。休憩時間やカートでの移動中などに帽子を脱ぎ、頭皮の換気を行おう。

〇プレー後
・しっかりと汚れを落とす
頭皮に残った汗や皮脂は、毛穴のつまりやベタつき、ニオイの原因になる。そのまま放置すると、頭皮環境が悪化し、薄毛や抜け毛の原因となることもある。汗をかいたら、その日のうちに洗髪して頭皮を清潔に保つようにしよう。シャワーをする際、水温が40℃以上だと頭皮の必要な皮脂まで落としてしまうため、37 度から39 度のシャワーでやさしく洗い流すことがおすすめだ。また、頭皮を清潔に保つためのシャンプーは、自分の頭皮に合った製品を選択しよう。

・日焼け後は頭皮を保湿
日焼けをすると頭皮はバリア機能が低下し乾燥によるダメージを受けやすい状態になる。そのため、頭皮にうるおいを与えて乾燥から頭皮を守るために頭皮にも保湿剤をつけることが大切。洗髪後、タオルドライをした後の使用が特におすすめだ。

■編集部おすすめ商品
大正製薬のリアップエナジーPROTECT シャンプーは、その人の頭皮タイプにあわせて、下記の3種のラインナップがある。
ストロングオイリー:朝から頭皮がべたつく人におすすめ
オイリー:夕方に頭皮がべたつく人におすすめ
ドライ:頭皮のかさつきによるかゆみやフケが気になる人におすすめ

リアップエナジーPROTECT シャンプー
左からオイリー、ストロングオイリー、ドライ


またリアップエナジーPROTECT パックコンディショナーは、5種の毛髪保護剤が毛髪にハリ・コシを与え、ボリューム感のある髪へ仕上げてくれる。
※リアップの有効成分ミノキシジルは配合されていない。

000
パックコンディショナー


ノブ スカルプローションは、敏感な頭皮にうるおいを与え、ふけ・かゆみを防ぐ低刺激性のローションだ。頭皮にしっかりなじんで、ふけ・かゆみを防いでくれる。皮膚科のおすすめブランドとしても知られており、安心できる。

57405
ノブ スカルプローション


ゴルフプレイヤーの抜け毛リスクを少しでも減らすには、日頃からのヘアケアとともにプレー時に実施すべき頭皮ダメージケアも重要だ。日焼けをすると頭皮は乾燥しやすくなるので、保湿にも気を付けよう。

大正製薬

ITライフハック
ITライフハック Twitter
ITライフハック Facebook

ITビジネスに関連した記事を読む
「周りの目が気になって休めない」と6割が回答!JT、日本における「職場の休憩実態」を調査。TVCM『ひといき習慣』シリーズ新バージョン2篇も公開
bitFlyerとナナメウエ、IEO実施に向けた契約締結に関する記者発表会を開催
Xiaomi、自社初の人型ロボット「CyberOne」を発表
木梨憲武がXANAでメタバースに進出!バーチャルギャラリーの展開を発表
日本から世界平和を目指す日本寄付財団 代表理事 村主悠真氏が語る支援活動のリアル






Garminゴルフウォッチシリーズの最新作「Approach S20J」が登場

1
Garmin Corporation(以下、ガーミン)は、GPS機能搭載のゴルフウォッチ「Approach S20J」(全2色、)を2016年9月6日(火)より発売する。価格は2万7,593円(税別)。

「Approach S20J」は、Garminゴルフウォッチシリーズ「Approach」の最新モデル。前作の「Approach S6J」と比べてGPSモードの(ラウンドをする)際のバッテリー寿命を長くするため、ピンポインター、スイング時の強度やテンポ等の計測機能を省き、ディスプレーを白黒表示に改良。新たな機能として、フェアウェイ時のスイングを自動的に記録し、「Garmin Connect」上でラウンドごとのショット分析ができる「オートショットラウンドアナライザー」を搭載した。

またこれまで手動だったコース更新は自動的に行われるようになり、さらにGarminの他製品同様にライフログ機能が備わっている。

本製品は、2016年9月6日に発売された新製品のスイングセンサー「TruSwing J」とのペアリングによる同時使用が可能で、スイングテンポや速度、フェイス角やシャフト角といった細かいデータはApproach S20J上に保存される。

「Garmin Connect」内のゴルフコミュニティ機能を使用することで、Garminユーザー同士のスコアはオンライン上で共有したり、前回のラウンドとの比較はもちろん、理想のラウンドもシミュレーションしたりすることができ、データを活用した幅広い二次使用も楽しめる。

■製品仕様
・ディスプレイサイズ: 23mm(縦) x 23mm(横)
・重量: 42.2g
・バッテリー:充電式リチウムイオンバッテリー(USB接続方式) 
・バッテリー寿命: 最長8週間(GPS不使用時)・最長15時間(GPS使用時)
・防水性能: 50m防水
・GPS機能: ○

■ゴルフ機能として測定可能なデータ
・ショット距離
・F/M/B(グリーン前/中/後)までのヤード数
・レイアップ/ドッグレッグまでのヤード数
・デジタルスコアカード


製品概要

ITライフハック
ITライフハック Twitter
ITライフハック Facebook

デジタル家電に関連した記事を読む
デジタル一眼レフカメラのワイヤレス接続・ワイヤレス操作を可能にするコントローラー
ワコム、次世代型デジタル文具「Bamboo Slate」および「Bamboo Folio」を発表
「First Flight」でクラウドファンディング中。デザインをコレクション・着せ替えられる「FES Watch U」を展示
家庭、小規模オフィス、店舗などに自分で設置できる高画質防犯カメラ・レコーダー
「ユピテル ドライブレコーダー ドーンと50台プレゼント!!」キャンペーンを実施






カシオ、スマホと連動してスイング分析できるゴルファー向けデジタルカメラを発売

カシオ計算機は、デジタルカメラ“EXILIM(エクシリム)”の新製品として、スマートフォンでゴルフのスイング分析ができるゴルファー向けデジタルカメラセット「EX-SA10 GSET」を6月17日より発売する。価格はオープンプライスで、店頭予想価格は4万5,000円前後。
続きを読む

MSとインテル、最新のIT機器を活用し、新しいゴルフ・トーナメント観戦スタイルをサポート

日本マイクロソフとインテルは、ITを活用し、ゴルフ・トーナメントの現地観戦者とネット視聴者向けの新しい観戦スタイルをサポートを開始すると発表した。
続きを読む

わずか10gのすごいヤツ!ゴルフ上達ツール「Plane Analyzer Plus」試用レポ

ゴルフ上達を目指すのに一番大事なのがスイングだ。スライスの改善、ドライバーでもっと飛距離を出したいときに、自分のスイングで悪い部分(腰が入っていない、腕の振りが十分でないなど)を改善することで、見違えるように上達する。

こうしたスイング改善に役立つのがピクセラから発売されているゴルフスイング改善ツール「Plane Analyzer Plus」(以下、プレアナ)だ。グリップエンドに専用のセンサーを差し込むだけで、スマートフォンやタブレットと連動して自分のスイングを自動撮影し、データ解析してくれるのだ。

この製品をZIGSOW PREMIUM REVIEWでユーザーのドレッドノートさんが記事にしているので紹介しよう。
続きを読む

自分のゴルフスイング動画に全国のプロからコメントが届くアプリが登場

週末にゴルフのレッスン場に通ってスイング改良に取り組んでいる人、打ちっぱなしに行っても、そうそうレッスンプロのレッスンを受けられない人、自分ではどこを改善したら、狙った通りにボールが飛んでくれるのか、いまいち理解できていない人におススメしたいアプリが登場した。

それがAnotherShotGolfの「ゴルフスイングブースター」だ。同アプリは、平S宅言えばごるふぉのスイング動画撮影・投稿アプリ。新規に撮影した動画や、過去にスマホ等で撮影したスイング動画を取り込んで、Webにて展開中の「Another Shot Golf」のマイページに動画を投稿すると、全国の男女複数プロからアドバイスコメントが届く全く新しいゴルフスイング撮影アプリ。そのAndroid版の提供を4月3日(金)より開始した。

続きを読む

レノボ、プロゴルファーの斉藤愛璃選手とオフィシャル・スポンサーシップ契約を締結



レノボ・ジャパンは2012年2月20日、プロゴルファーの斉藤愛璃選手(所属:程ヶ谷CC)と、2012年3月1日から2013年2月28日までの期間、オフィシャル・スポンサーシップ契約を締結したと発表した。

本スポンサーシップにより、2012年度内に出場する全ての試合において、斉藤選手はレノボのロゴの入ったキャップ、ウェアを着用し、同ロゴの入ったキャディバッグを使用する。

続きを読む
カテゴリ
月別アーカイブ
配信メディア
ITライフハックは以下のニュースサイトにも記事を配信しています。
記事検索
特集



l

























このサイトについて

ITライフハックで原稿(有償原稿)を執筆したいというプロのライターさんからの売り込みも受け付けていますので、興味をもっていただけましたら、これまでの実績等を含めてお気軽にご連絡ください。ただし、必ずお返事するわけではありません。執筆依頼は編集部から行います。また必ず校正及びファクトチェックが入ります。

>>詳しくはこちらへ

ITライフハック代表
関口哲司

日本大学大学院理工学研究科後期博士課程修了。理学博士。日本物理学会会員。データサイエンティスト協会会員。IT系記事を中心に著書多数。原稿の依頼歓迎。

>>詳しくはこちらへ

連絡先:itlifehack【at】mediabank.jpn.com
プレスリリース:press【at】mediabank.jpn.com
【at】は@
Twitterアカウント:@ITlifehack
  • ライブドアブログ