ITライフハック

サウジアラビア

チームラボ、世界遺産ジッダ歴史地区に、中東初の「チームラボボーダレス」をオープン。2024年夏

sub3

チームラボとサウジアラビア王国文化省による、大規模なミュージアム「teamLab Borderless Jeddah」(チームラボボーダレス ジッダ)が、ジッダ歴史地区に、2024年夏にオープンすることが決定した。紀元前にまで遡る文明の痕跡のある歴史都市ジッダ。延床面積約10,000平方メートルに及ぶチームラボボーダレス ジッダは、ユネスコ世界文化遺産 ジッダ歴史地区 を見渡すアルバイン・ラグーンのほとりに常設される。

■境界のないアート群による「地図のないミュージアム」
チームラボボーダレスは、アートコレクティブ・チームラボの境界のないアート群による「地図のないミュージアム」。アートは、部屋から出て移動し、他の作品と関係し影響を受け合い、他の作品との境界線がなく、時には混ざり合う。チームラボボーダレスは、そのような作品群による境界なく連続する1つの世界だ。人々は、境界のないアートに身体ごと没入し、「境界なく連続する1つの世界の中で、さまよい、探索し、発見する」。

中東初となるジッダのチームラボボーダレスは、「Borderless World(ボーダレスワールド)」「運動の森」「学ぶ!未来の遊園地」「ランプの森」「EN TEA HOUSE - 幻花亭」によって構成され、独立しながらも複雑に関係し合う約80の作品群を展示する。


sub14
チームラボ《Untitled》 © チームラボ


sub1
チームラボ《Untitled》 © チームラボ


Borderless World(ボーダレスワールド)
人は自らの身体で自由に動き、他者と関係性を持ち、身体で世界を認識する。そして身体は時間を持ち、頭の中での考えは、他の考えと境界が曖昧で影響を受け合い、時には混ざり合う。アートも、部屋から出て、自ら動き出し、人々と関係性を持ち、身体と同じ時間の流れを持つ。作品は、他の作品とコミュニケーションし、影響を受け合い、他の作品との境界がなく、時には混ざり合うのです。そのような作品群による、境界のない連続する1つの世界「チームラボボーダレス」。

人々は、世界をさまよい、意思のある身体で探索し、他者と共に新しい世界を創り、発見していく。

sub14
チームラボ《Untitled》 © teamLa


sub2
チームラボ《Untitled》 © teamLab


sub3
チームラボ《人々のための岩に憑依する滝》、《花と人、コントロールできないけれども共に生きる – A Whole Year per Hour》、《追われるカラス、追うカラスも追われるカラス:境界を越えて飛ぶ》© チームラボ ※参考画像


sub4
チームラボ《Light Vortex》© チームラボ ※参考画像


sub5
チームラボ《Infinite Crystal World》© チームラボ ※参考画像


sub6
チームラボ《The Way of the Sea:虚空の宇宙》© チームラボ ※参考画像


運動の森
「身体で世界を捉え、世界を立体的に考える」をコンセプトに、脳の海馬を成長させ、空間認識能力を鍛える新しい「創造的運動空間」。複雑で立体的な空間で、強い身体性を伴って、身体ごとインタラクティブな世界に没入する。

sub7
チームラボ《つぶつぶの地層のふわふわな地形 - A Whole Year per Year》 © チームラボ


sub8
チームラボ《あおむしハウスの高速回転跳ね球》 © チームラボチームラボ


sub10
チームラボ《イロトリドリの群れの中のエアリアルクライミング》 © チームラボ


学ぶ!未来の遊園地
共同的な創造性、共創(きょうそう)をコンセプトにした教育的なプロジェクトであり、他者と共に自由に世界を創造することを楽しむ「遊園地」。

sub9
チームラボ《つながる!積み木のまち》 © チームラボ


sub11
チームラボ《スケッチオーシャン》 © チームラボ


ランプの森
sub12
チームラボ《呼応するランプの森 - ワンストローク, Fire》© チームラボ ※参考画像


EN TEA HOUSE - 幻花亭
チームラボボーダレス内にあるティーハウス。一服の茶を点てると、茶に花が生まれ咲いていきます。花々は茶がある限り無限に咲き、器の中の茶は、花々が咲き続ける無限の世界となる。その無限に広がる世界をそのまま飲むティーハウス。

sub13
チームラボ《小さきものの中にある無限の宇宙に咲く花々》© チームラボ ※参考画像


この度ジッダにオープンするチームラボボーダレス ジッダは、チームラボとサウジアラビア王国文化省の共同プロジェクトとして、ジッダ歴史地区の歴史的・文化的な都市中心部を、王国の多様な歴史を反映した活気ある文化中心地として保存することを目指している。

sub15
紅海沿岸の都市ジッダに位置するチームラボボーダレス ジッダは、ユネスコ世界文化遺産 ジッダ歴史地区 を見渡すアルバイン・ラグーンのほとりに常設される。© JHD Photography


teamLab Borderless Jeddah(チームラボボーダレス ジッダ)
https://www.teamlab.art/jp/e/jeddah/
#teamLabBorderless
Culture Square, Jeddah Historic District, Jeddah

開館日
2024年夏

teamLab Borderless Jeddah(チームラボボーダレス ジッダ)

ITライフハック
ITライフハック X(旧Twitter)
ITライフハック Facebook
ITライフハック YouTube

カルチャーに関連した記事を読む
世界を魅了してきた日本発の“未来型花火エンターテインメント”、『STAR ISLAND 2024』追加詳細情報を公開
Z世代から人気の『なえなの』のギャップに驚き、お笑い芸人三四郎『小宮』は史上最高にきれいな小宮?!に。#美しき豹変を果たした2人のビジュアルが解禁
3日間限定、オープンイベントを開催!“無人”のカフェ『セルフカフェ』、天満駅徒歩3分にグランドオープン
ついに海外進出!ホリエモン発案エンタメパン屋、「小麦の奴隷」がバンコクに上陸
マリオット・インターナショナルとHMIホテルグループ、複数の施設をコンバージョンする戦略的パートナーシップを締結

人類を前に進めたい チームラボと境界のない世界
宇野常寛
PLANETS/第二次惑星開発委員会
2019-11-20





ギネス世界記録を達成!マンガプロダクションズ、世界最大の「グレンダイザー」像を公開

ssub1

マンガプロダクションズは、サウジアラビア首都リヤドで「UFOロボ グレンダイザー」の世界最大立像を公開したことを発表した。立像の公開に先立ち、マンガプロダクションズはダイナミック企画株式会社と「UFOロボ グレンダイザー」の中東でのゲーム・アミューズメント施設・イベントにおけるキャラクターの利用等を含む、IPライセンスに関する戦略的パートナーシップ契約を締結し、その最初の取り組みとして、グレンダイザー像をサウジアラビアのセラ社と共同制作した。この「グレンダイザー」像は、世界最大の架空のキャラクターの金属製彫刻としてギネス世界記録に認定された。

■全高33.7mの「グレンダイザー」像がそびえ立った
2022年11月21日のオープン以来、世界各地から観光客やメディア関係者などの30万人以上が訪れた「ブールバード・ワールド」に、全高33.7mの「グレンダイザー」像がそびえ立った。

smain


マンガプロダクションズCEOイサム・ブカーリ氏は、「アニメは、国内外の観光客をターゲットにしたイベントや観光地の活性化に有効であるため、『UFOロボ グレンダイザー』の域内外における人気は、世界最大の像を皮切りに、あらゆるエンターテイメントの強化に繋がることとなります。『UFOロボ グレンダイザー』のプロジェクトは、マンガプロダクションズのビジネス分野における重要なマイルストーンであるため、すべての『UFOロボ グレンダイザー』ファンにとって比類なきエンターテインメント体験となるこのパートナーシップを是非とも実現させたいと思っておりました。弊社はこれまでにも、日本の複数の企業と様々なプロジェクトでパートナーシップを組んでまいりました。」とコメントした。

ssub3
ドローンで上から撮影


ダイナミック企画株式会社 取締役副社長 永井一巨氏は、「世界最大の架空のキャラクターの金属製彫刻『UFOロボ グレンダイザー』立像としてギネス世界記録に認定を嬉しく思います。今後とも中東でマンガプロダクションズと共にイベントを通じたエンターテインメントを展開できるよう努めてまいりたいと思っております。」と今後の抱負を述べた。

マンガプロダクションズ マーケティング・流通・ビジネス開発担当ディレクター、アブドルアジーズ・アルナグムーシ氏は、「リヤドの中心部での『グレンダイザー』像の立ち上げは、マンガプロダクションズのライセンス、流通、マーケティング分野を最高レベルに引き上げることに貢献するものであり、我々は、ライセンスと流通分野の質的飛躍を喜ばしく思います。弊社は、サウジアラビアのクリエイティブ産業において、屈指の機会を創出しております。」と語った。

マンガプロダクションズ

ITライフハック
ITライフハック Twitter
ITライフハック Facebook

カルチャーに関連した記事を読む
専門店の味を自宅で、年越しも千切り!東京とろろそば「年越しそばセット」を販売へ
ヘアケアブランド「フィーノ」が意識調査を実施!ヘアドネーションへの関心の高さに反して、約8 割が「ハードル」を感じていることが明らかに
デカボという新しい選択肢を!「第2回 Earth hacks マルシェ」レポート
17インチまでのノートパソコンを省スペースに収納・管理!鍵付きのノートパソコン保管庫
冬のごちそう!デミハンバーグが「からやま」にやってきた






カテゴリ
月別アーカイブ
配信メディア
ITライフハックは以下のニュースサイトにも記事を配信しています。
記事検索
特集



l

























このサイトについて

ITライフハックで原稿(有償原稿)を執筆したいというプロのライターさんからの売り込みも受け付けていますので、興味をもっていただけましたら、これまでの実績等を含めてお気軽にご連絡ください。ただし、必ずお返事するわけではありません。執筆依頼は編集部から行います。また必ず校正及びファクトチェックが入ります。

>>詳しくはこちらへ

ITライフハック代表
関口哲司

日本大学大学院理工学研究科後期博士課程修了。理学博士。日本物理学会会員。データサイエンティスト協会会員。IT系記事を中心に著書多数。原稿の依頼歓迎。

>>詳しくはこちらへ

連絡先:itlifehack【at】mediabank.jpn.com
プレスリリース:press【at】mediabank.jpn.com
【at】は@
Twitterアカウント:@ITlifehack
  • ライブドアブログ