ITライフハック

サウンドバー

ワイヤレスサブウーハーとHDMI対応!サウンドバースピーカーセット

main

サンワサプライ株式会社が運営している直販サイト『サンワダイレクト』では、最大200Wの高出力でBluetooth接続にも対応した超スリムでシアターバーとサブウーハーのセット「400-SP094」を発売した。

■スリムデザインで高音質/高出力
本製品は、スリムデザインで高音質/高出力なサウンドバースピーカーとワイヤレス接続のサブウーハーのセット品だ。
sub2

サブウーハーは、サウンドバーとはワイヤレスで接続され、自由な位置に設置できる。
sub9

そして、高さ約45mmのスリムデザインのサウンドバーで、テレビのデザイン性やリモコン機能などを阻害せず設置することができる。
sub6

サウンドバーは実用最大出力100W(ウーハー部/12.5W×4、ツィーター部/25W×2) 、サブウーハーの実用最大出力100Wの合計200W。サウンドバー部の高音域用ツイーター2基と中低音再生用のウーハー4基、低音再生専用のワイヤレスサブウーハーの組み合わせで迫力の高音質を再現する。
sub7

sub8

HDMI/ARC対応で対応機器のARC機能を利用しサウンドバースピーカーから出力させることができる。
sub10

AUX(3.5mmステレオジャック)入力、光デジタル/同軸デジタル入力、RCAピンプラグ(赤白)入力にも対応しており様々な音声入力に対応している。Bluetooth Ver2.1~4.2にも対応しているので、スマートフォンやタブレットの音楽をワイヤレスで伝送し高音質で音楽を楽しむこともできる。
sub12

本製品のサイズは、サウンドバー/約W900×D86×H45mm、サブウーハー/約W150×D220×H320mmで、重量はサウンドバー/約2kg、サブウーハー/約2.8kg。

シアターバーとサブウーハーのセット「400-SP094」

ITライフハック
ITライフハック Twitter
ITライフハック Facebook

デジタル家電に関連した記事を読む
ボタンを押すと好きな飲み物が出てくる!大人のインテリア「自動販売機型冷温庫」
スマートフォンやタブレットを急速充電!Type-Cポート搭載のAC充電器
6台のカメラで接触事故を防ぎ同時記録!死角モニターになる業務用6カメラドライブレコーダー
強力サイクロン式で見える吸引力!「電動カーペットクリーナー」
ミーティングテーブルに最適!平型タイプのUSB充電ポート付きタップ






アンカー・ジャパンからDolby Atmos&2.1ch対応で立体感のあるサラウンドサウンドを実現したサウンドバー第3弾「Soundcore Infini Pro」

main

アンカー・ジャパンは、オールインワンタイプのDolby Atmos対応サウンドバー「Soundcore Infini Pro」を発売した。Anker公式オンラインストアでの価格は22,990円(税込)。

サウンドバー第3弾となる本製品は、 2019年5月に発売された「Soundcore Infini」のアップグレードモデル。最大の魅力は、没入型サウンドの代表的な音声フォーマットのひとつと評されるDolby Atmosに対応していること。これにより、水平方向のみではなく高さも含めた立体感のあるサラウンドサウンドを楽しめる。

また、ツイーター、サブウーファー、バスレフポートを2個ずつ搭載したオールインワンタイプになっており、 120Wの迫力サウンドを実現した。

映画の中にいるような臨場感を出すムービーモード、サウンドに奥行きを出す音楽モード、会話が聞き取りやすい音声モードの3つのサウンドモードを搭載しており、再生コンテンツに合わせて選択することができる。

お気に入りの映画やゲームの世界観にじっくりと浸り、家でのエンターテイメントの時間をさらにパワーアップさせたい方にオススメだ。

■製品仕様
入力 100-240V 50 / 60Hz 0.5A オーディオ出力 最大120W(フロントスピーカー30W ×2、サブウーファー60W)
サイズ 約930×120×61mm 重さ 約3.3kg
無線通信方式 Bluetooth 5 Bluetooth動作範囲 約10m
パッケージ内容 Soundcore Infini Pro、電源コード、リモコン、単4形電池×2、 HDMIケーブル、壁取り付け用ブラケット×2、壁取り付け用ネジ ×4、壁取り付用テンプレート、安全マニュアル、取扱説明書
※注意事項 - ご使用のテレビがHDMI ARC対応でない場合、光デジタルケーブル(別売り)を利用のこと。
- Dolby AtmosはHDMIケーブル経由でのみ使用可能。
- Dolby Atmosを再生するには、再生コンテンツと使用機器(Blu-rayプレーヤー等)の両方がDolby Atmosに対応している必要がある。


sub1


Anker公式オンラインストア

ITライフハック
ITライフハック Twitter
ITライフハック Facebook

デジタル家電に関連した記事を読む
保冷&保温の両対応!ドリンクの温度を長時間維持!1本用の卓上温冷ホルダーデスクで使える「温冷ドリンクカプセル」
アイリスオーヤマから、より自然で鮮やかな映像を実現した4Kチューナー内蔵の液晶テレビ「LUCAシリーズ」4機種登場
大画面ディスプレイを 6月8日(月)までお手頃価格で提供!JAPANNEXTから大きな75型4K液晶ディスプレイ「JN-IPS7500TUHD」
専用アプリでJBLサウンドを簡単にベストチューニングできる高音質完全ワイヤレスイヤホン「JBL LIVE300TWS」
6月4日まで4万円以下の特価中、デジタルサイネージ利用も可能なJAPANNEXTの43型4K液晶ディスプレイ「JN-VT4302UHD」






ソニーから大画面テレビに合わせてサラウンド音場を拡大し、より没入感のある立体音響を再現する3.1チャンネルサウンドバー『HT-G700』が登場

01

ソニーは、大画面テレビに合わせてサラウンド音場を拡大し、より没入感のある立体音響を再現する、「Dolby Atmos(ドルビーアトモス)」「DTS:X」に対応するサウンドバー『HT-G700』を発売する。価格はオープンプライスで、店頭予想価格は6万円前後(税別)。

『HT-G700』は、高さ方向の音を表現する独自のバーチャルサラウンド技術「Vertical Surround Engine(バーティカル サラウンド エンジン)」の信号処理に加え、前後左右のサラウンドを表現するデジタル音場処理技術「S-Force PROフロントサラウンド」を搭載。これにより、サラウンド音場の拡大を実現し、より没入感のある立体音響を再現する。

また、「S-Force PROフロントサラウンド」の高さ方向の拡張とセンタースピーカーの搭載により、音像の定位を上げることで、映画やドラマのセリフ、ニュース番組のナレーションなどを明瞭に届けることができる。

さらに、付属のワイヤレスサブウーファーを組み合わせることで、クリアな高中域と深みのある豊かな低音を楽しめる。

ニュースリリース

ITライフハック
ITライフハック Twitter
ITライフハック Facebook

デジタル家電に関連した記事を読む
アナログレコードの良さを再認識したいならオーディオテクニカのベルトドライブターンテーブル『AT-LPW50PB』はいかが?
パナソニックからお風呂やキッチンなどの水場でもテレビが楽しめるお役立ち防水テレビプライベート・ビエラ「UN-10E10」を発売
ドライブ中でも背中やお尻の汗をす早く乾かし快適にしてくれる8ファン搭載で快適な「爽快空冷シートカバー」
ニキシー管風LEDを使ったアナログ風時計のDIYキット上海問屋の「DN-915964」
眼前にあるのはフルHDの120インチスクリーン!サンコーから動画もゲームも大画面で楽しめる高画質ディスプレイゴーグル「EYE THEATER FOCUS」






ソニー、テレビ前にも手軽に置けるサウンドバー2機種を発売

HT-S200F_Front_B_20180115_PIA0001016696

ソニーは、テレビ前の限られたスペースにも手軽に置けるスリムなサウンドバー「HT-S200F」、「HT-S100F」の 2機種を発売する。価格はいずれもオープンプライスで、店頭予想価格は「HT-S200F」が2万8,000円前後、「HT-S100F」が2万3,000円前後(税別)。

本製品は、バースピーカーのみでテレビ台やラックにもすっきりと設置し、テレビの音や持っているスマートフォンなどの音楽をより豊かに楽しめるスピーカー。両機種ともに、テレビの前に置きやすいスリムなサイズ。高さは 6.4cm、奥行きは 10cm 未満を実現した。このため限られたスペースにも設置可能だ。

また、ARC 対応のHDMI端子を搭載し、テレビと HDMI ケーブル1本で接続することができる。HDMI機器制御(CEC)に準拠しており、使っているテレビリモコンから音量調整などの操作が可能だ。

HT-S200F_Situation_B_20180115_PIA0001016717


ニュースリリース

ITライフハック
ITライフハック Twitter
ITライフハック Facebook

デジタル家電に関連した記事を読む
360度+105度撮影のドライブレコーダー「ミラー型360度全方位ドライブレコーダー リアカメラ付き」
ローランド、カリモク家具と共同開発した天然木の木目を活かした「シアーブラック」を限定販売
カシオ、NIGO×K.IBE G-SHOCK35周年記念スペシャルコラボレーションモデルを発売
最速1秒で解錠 カードキーをかざすだけで解錠する「RFID式解錠U字ロック『ピッとゴー』」
USBでウェットシートやおしり拭きを温める、冷やっとしない「USBウェットシートウォーマー」





ソニー、スマホやテレビの音を臨場感あふれるサウンドで聴けるサウンドバー2機種を発売

HT-MT500_Main_OneColor_20170125_PIA0001014651

ソニーは、スリム&コンパクトで、インテリアに調和するデザインを採用したサウンドバー「HT-MT500」、「HT-MT300」の計2機種を2017年3月11日に発売する。価格はオープンプライスで、店頭予想価格はHT-MT500が7万円前後、HT-MT300が3万3,000円前後(いずれも税抜)。

本製品は、部屋の限られたスペースにも手軽に置きやすいサイズで、テレビの音やスマートフォンなどの音楽を臨場感あふれるサウンドで楽しめるというもの。両機種ともに、バースピーカーとサブウーファーを従来機に比べて大幅に小型化した。バースピーカーとワイヤレス接続するサブウーファーは、縦横どちらでも置き方を選べ、ソファの下にも置きやすい薄型サイズとなっている。

また、曲線を用いたデザインや、インテリアに調和する温かなカラーリングを採用し、ユーザーのリビングに一層溶け込むたたずまいを実現した。音質においては、原音を忠実に再生するソニー独自のデジタルアンプを搭載。さらに、高精度なデジタル音場処理技術「S-Force PRO フロントサラウンド」に対応、前方のスピーカーだけで仮想的にサラウンド音場を再現してくれる。

サブウーファーがソファの下に設置された場合を想定し、新たにソファモードも搭載した。ソファのクッション部分の影響で変化する帯域や、バースピーカーとの音のずれを補正。最適なサウンドを楽しめる。

HT-MT300_Main_B_20170125_PIA0001014652

HT-MT300_Main_W_20170125_PIA0001014653


ニュースリリース

ITライフハック
ITライフハック Twitter
ITライフハック Facebook

デジタル家電に関連した記事を読む
ゲーム好きの著名人、文化人、クリエーターがPlayStation VRの最新ニュースを発信
富士フイルムがミラーレス新モデル「X-T20デビューキャンペーン」を開始!
無音部分を自動的にデータカット!ライン入力でカセットなどのアナログ音源をMP3に変換できるプレイヤー
サンコー、場所を取らないコンパクト「ミニ洗濯機」を発売
65年型マスタングのインパネとロゴをデザインしたメディアプレイヤー「Mustang LP BK」









ITライフハックやlivedoor ニュースのIT記事をサクサク読めてシェアできるアプリ

  • iPhone版はこちら
  • Android版はこちら
最新記事
QRコード
QRコード
カテゴリ
月別アーカイブ
配信メディア
ITライフハックは以下のニュースサイトにも記事を配信しています。
記事検索
このサイトについて

ITライフハックで原稿(有償原稿)を執筆したいというプロのライターさんからの売り込みも受け付けていますので、興味をもっていただけましたら、これまでの実績等を含めてお気軽にご連絡ください。ただし、必ずお返事するわけではありません。執筆依頼は編集部から行います。また必ず校正及びファクトチェックが入ります。

>>詳しくはこちらへ

ITライフハック代表
関口哲司

日本大学大学院理工学研究科後期博士課程修了。理学博士。日本物理学会会員。データサイエンティスト協会会員。IT系記事を中心に著書多数。原稿の依頼歓迎。

>>詳しくはこちらへ

連絡先:itlifehack【at】mediabank.jpn.com
プレスリリース:press【at】mediabank.jpn.com
【at】は@
Twitterアカウント:@ITlifehack
  • ライブドアブログ