ITライフハック

サコッシュ

岡山デニムを使用し豊岡で作った!日本製サコッシュバッグ2色

sub1

サンワサプライ株式会社が運営している直販サイト『サンワダイレクト』は、撥水コーティングした岡山デニムの生地を使っていて汚れや色落ちを防ぐので普段使いしやすいサコッシュバッグをブラックとネイビーの2色展開 で「200-BAG178」を発売した。

■岡山デニムを使用し豊岡で制作
本製品は、岡山デニムを使用し豊岡で制作した日本製のショルダーバッグ/サコッシュ。

sub3


素材は、パワフルな使用にも耐えるデニム生地を採用し撥水コーティングでサラッとした手触りで雨や汚れ、色落ちなども防ぐ。

sub6


国産ジーンズの発祥地とされる、岡山産の児島デニムを使用している。鞄制作の一大産地となる兵庫県豊岡で縫製をしている。

sub5


内装は中身が見やすいオレンジ色の内装だ。メイン収納部は、小物ポケット、ペンポケット、ファスナーポケットを搭載している。前面には、アクセスしやすい外側ポケット付き。

main


付属で服装や動きに合わせて使えるショルダーベルト付き。

sub9


ベルトを外せば、手持ちのサコッシュスタイルにも可能だ。

sub10


本製品のサイズは約W300×D25×H215mm、 重量は約288g。

日本製サコッシュバッグ「200-BAG178」

ITライフハック
ITライフハック Twitter
ITライフハック Facebook

パソコンに関連した記事を読む
後付けで天板を拡張できる!デスクエクステンダー
腕や肩の疲れを軽減!やわらか低反発ウレタン内蔵の抗菌リストレスト
狭いスペースでも使いやすい!超小型・超軽量の静音マウス
写りも画質もこだわる人におすすめ!LEDリングライト付きWebカメラ
ノートPCの画面を拡張できる!コンパクトかつ軽量なモバイルモニター






ミニショルダーバッグ!ジーユー、クレヨンしんちゃんとコラボ【まとめ記事】

sub11

サンワサプライ株式会社が運営している直販サイト『サンワダイレクト』は、小さめのショルダーバッグで、手持ちでサコッシュとしても持ち運びできる東レの「鎧布」を使用したバッグ「200-BAG177BK(ブラック)」「200-BAG177NV(ネイビー)」を発売した。
「YOUR FREEDOM 自分を新しくする自由を。」がブランドメッセージのジーユーは、アニメ「クレヨンしんちゃん」とのコラボレーションコレクションを、2022年3月上旬より、全国のジーユー店舗およびオンラインストアで販売を開始する。

強靭生地「鎧布」を使用!日本製のミニショルダーバッグ
サンワサプライ株式会社が運営している直販サイト『サンワダイレクト』は、小さめのショルダーバッグで、手持ちでサコッシュとしても持ち運びできる東レの「鎧布」を使用したバッグ「200-BAG177BK(ブラック)」「200-BAG177NV(ネイビー)」を発売した。本製品は、東レの「鎧布」を使用し、豊岡で製作した日本製のショルダーバッグ。東レ「鎧布」は、高粘度ポリマーを使用し先端テクノロジーから生まれ、世界最高水準の超高強力生地だ。鞄製作の一大産地となる兵庫県豊岡で縫製をしている。バッグ表面には、弱撥水加工を施しており、ファスナー引手には牛革を採用している。


電源タップと一緒にノートパソコンの収納できる!ケーブルボックス
サンワサプライ株式会社が運営している直販サイト『サンワダイレクト』は、机上をすっきり整理でき、電源タップやスマートフォン、タブレットの設置も可能なケーブルボックス「200-CB038」を発売した。本製品は、ケーブルや電源タップなどが綺麗に収納できる木製の収納ボックス。ごちゃごちゃしがちなケーブルをキレイにし見た目もスッキリさせることができる。天板には、スマートフォンや小物などを設置できるスペース付き。天板にはスリットがありタブレット、スマートフォンスタンド機能搭載している。別途充電器を使用した充電時には底面にセットしたコネクタを接続し、スムーズに充電が可能だ。


石川県かほく市のふるさと納税返礼品!コンパクトで高速なスキャナー「ScanSnap iX1300」
株式会社PFUは、石川県かほく市のふるさと納税返礼品として、「ScanSnap iX1300(白)」が新たに採用されたことを発表した。開始日は、2022年2月21日。PFU創業の地、石川県かほく市で製造されている「ScanSnap iX1300(白)」は、様々なシーンで活躍するコンパクトモデル。A4サイズとほぼ同等のスペースで利用でき、多彩な原稿にも対応する。これまでも返礼品として好評の「ScanSnap iX1600」「ScanSnap iX1400」に続き、昨年10月に発売された「ScanSnap iX1300(白)」が新たに採用された。


ジーユー、今年30周年を迎える「クレヨンしんちゃん」との初のコラボレーション
「YOUR FREEDOM 自分を新しくする自由を。」がブランドメッセージのジーユーは、アニメ「クレヨンしんちゃん」とのコラボレーションコレクションを、2022年3月上旬より、全国のジーユー店舗およびオンラインストアで販売を開始する。今回のコラボレーションではしんちゃんの好きなものや仲間たちのモチーフをちりばめた、まるでしんちゃんの頭の中に入り込んだような楽しいコレクションとなっている。おうちでもしんちゃんの世界を楽しめるラウンジウェアや、親子でお揃いのリンクコーデを楽しめるTシャツ、それぞれのキャラクターをイメージした柄のバッグやポーチといった幅広いラインナップを取り揃えた。


ITライフハック
ITライフハック Twitter
ITライフハック Facebook

カルチャーに関連した記事を読む
人気の限定メニューが復活!からあげ専門店「からあげ縁」に期間限定で「出汁からあげ」登場
『鬼滅の刃 判断が遅い Tシャツ/BLACK』が登場!あみあみにて予約開始
ファミマ×ウマ娘 “美味すぎる” コラボが実現!ファミマ、コラボフード全13種類発売
スマホ&タブレットスタンド付き!コの字型サイドテーブル
天丼てんや、春の風物詩『桜海老天丼』が今年も登場!人気の『ごちそう天丼(春)』も同時販売






強靭生地「鎧布」を使用!日本製のミニショルダーバッグ

sub11

サンワサプライ株式会社が運営している直販サイト『サンワダイレクト』は、小さめのショルダーバッグで、手持ちでサコッシュとしても持ち運びできる東レの「鎧布」を使用したバッグ「200-BAG177BK(ブラック)」「200-BAG177NV(ネイビー)」を発売した。

■豊岡で製作した日本製のショルダーバッグ
本製品は、東レの「鎧布」を使用し、豊岡で製作した日本製のショルダーバッグ。東レ「鎧布」は、高粘度ポリマーを使用し先端テクノロジーから生まれ、世界最高水準の超高強力生地だ。鞄製作の一大産地となる兵庫県豊岡で縫製をしている。

sub4

sub6


バッグ表面には、弱撥水加工を施しており、ファスナー引手には牛革を採用している。

sub7

sub3


メインポケットは、iPadや長財布も入る大きめのサイズ。

sub8


ペンポケットや小物ポケット、ファスナーポケットを装備し、iPhoneやスマートフォン、ペンやモバイルバッテリーなど様々な小物が収納しやすくなっている。外部にもポケットがあり、即座にアクセスしやすくなっている。

sub9


さらに、ショルダーベルト付きで、斜め掛け使用も可能だ。

sub10


本製品のサイズは約W300×D25×H200mm(突起物除く)、 重量は約214g(バッグのみ)。

日本製のミニショルダーバッグ「200-BAG177」

ITライフハック
ITライフハック Twitter
ITライフハック Facebook

カルチャーに関連した記事を読む
人気の限定メニューが復活!からあげ専門店「からあげ縁」に期間限定で「出汁からあげ」登場
『鬼滅の刃 判断が遅い Tシャツ/BLACK』が登場!あみあみにて予約開始
ファミマ×ウマ娘 “美味すぎる” コラボが実現!ファミマ、コラボフード全13種類発売
スマホ&タブレットスタンド付き!コの字型サイドテーブル
天丼てんや、春の風物詩『桜海老天丼』が今年も登場!人気の『ごちそう天丼(春)』も同時販売






期間は12月26日まで!ノートPCやタブレット、デジタル一眼などのガジェット類をすっきり収納できるバッグ「Decode Tech Sling」が「Kibidango」でクラウドファンディング中

main

普段持ち歩くPCやデジカメなどをかばんに入れるとき、邪魔になった経験はないだろうか。「Decode Tech Sling」(デコードテックスリング)は、13インチのパソコンまで収納できるスリングバッグだ。

■バッグ内部の区分をガジェット類に合わせて自由に変更可能
Decode Tech Slingは、内装を自由に変えることができ、必要な物に合わせてカスタイマイズすることで多様なシーンで使用可能。特にパソコンや充電機器、カメラなど、ごちゃごちゃしがちなガジェットの整理整頓にはぴったり。サコッシュのように体にぴったり密着、800gと軽量でコンパクトなので、通勤・通学やサイクリングなどにもオススメだ。

「Decode Tech Sling」は12月26日23:59まで、クラウドファンディングサイト「Kibidango」期間限定で13,500円(税・送料込)より提供している。

Decode Tech Sling

ITライフハック
ITライフハック Twitter

ITライフハック Facebook
カルチャーに関連した記事を読む
ドラえもん50年の歴史で初! 世界初のオフィシャルショップ「ドラえもん未来デパート」がお台場にオープン

令和元年のネットでどんな単語が一番流行した?ニコニコ大百科・ピクシブ百科事典の共同企画『ネット流行語100』で2019年にネットで流行った100単語を公開
山手線でアプリを使ってトレーニング!マッキャンヘルスとJR東日本が電車専用トレーニングアプリ「‘TRAIN’ing」を開発
広島の海の幸を味わい尽くす!三原・竹原・廿日市・尾道を訪ねてきた(後編)
中国で正式に認められた抗がん剤「フアイア(顆粒)」の国内承認を目指す「フアイア」記者会見&セミナーレポート発売






ハードな環境下でも使え、夏フェスにもピッタリ!PAエンジニアが使用する小型ショルダー・バッグ「ヒビノ×横濱帆布鞄 オリジナル・サコッシュ」

_A8A3114

ヒビノは、横濱帆布鞄とコラボレーションし、2019年7月1日から「ヒビノ×横濱帆布鞄 オリジナル・サコッシュ」として、ヒビノエンタテインメントより発売する。価格は9,000円(税別)。

このオリジナル・サコッシュは、同社のPAエンジニアなどコンサートスタッフが実際の現場で使っている小型のショルダーバッグ。夏フェスやライブなどの音楽シーン、スポーツ観戦等これからの季節にピッタリのバッグだ。

サコッシュは、ハードな現場環境に耐えうる素材、作業の邪魔にならないサイズ感、作業効率を考えた機能やカラー等、エンジニアの要望を随所に取り入れている。特に、ショルダーストラップにあるカラビナ装着用のデイジーチェーンは、ヒビノのオリジナルならではの仕様だ。中身の取り出しやすさを考えた広い開口部や資料・筆記具を入れるためのホック付き外ポケットなど、シンプルながら使い勝手を重視している。

素材は、横濱帆布鞄が扱う防水・耐光・耐塩・防炎に優れた森野艦船帆布を採用した。横濱帆布鞄として初めてとなる当オリジナル・サコッシュは、ひとつひとつ丁寧に作られたハンドメイドのバッグだ。

カラーは濃紺、「赤」と「ロイヤルブルー」をアクセントカラーに使い、黒が基調のエンジニアのドレスコードに主張しすぎないこだわりを表現した。ストラップは取り外しができ、バッグ・イン・バッグとしての利用もできる。

■仕様
本体サイズ:W220 x H150 x D50mm
本体素材:森野艦船帆布3号(ビニロン繊維帆布に両面塩化ビニールコーティング)
ショルダーベルト:20mm幅アクリルテープ・長さ700mm-1300mm長さ調整可能
製品重量:本体140g ショルダーベルト50g
生産国:日本製
付属品:現場必須アイテムのカラビナ(HIBINOのロゴ入り/70mm)1個


_A8A3122

_DSC0790


オンラインショップ

ITライフハック

ITライフハック Twitter

ITライフハック Facebook



カルチャーに関連した記事を読む

プログラムであそぼう!Nintendo Switch用「プチコン4 SmileBASIC」発売
「必死こいて半世紀」週刊少年チャンピオン 創刊50周年記念企画「週刊少年チャンピオン 創刊50周年大感謝祭」でお披露目!
日本ダービー×「ゴルゴ13」の超A級コラボが実現!オリジナルゲームやスペシャルコミック、豪華声優を起用した動画も公開!
冷凍標本を世界初公開!日本科学未来館の企画展「マンモス展」展示内容発表!
ヴイストンが発売するWi-Fi対応の二足歩行ロボットが、Webブラウザからプログラミング可能に






ITライフハックやlivedoor ニュースのIT記事をサクサク読めてシェアできるアプリ

  • iPhone版はこちら
  • Android版はこちら
カテゴリ
月別アーカイブ
配信メディア
ITライフハックは以下のニュースサイトにも記事を配信しています。
記事検索
このサイトについて

ITライフハックで原稿(有償原稿)を執筆したいというプロのライターさんからの売り込みも受け付けていますので、興味をもっていただけましたら、これまでの実績等を含めてお気軽にご連絡ください。ただし、必ずお返事するわけではありません。執筆依頼は編集部から行います。また必ず校正及びファクトチェックが入ります。

>>詳しくはこちらへ

ITライフハック代表
関口哲司

日本大学大学院理工学研究科後期博士課程修了。理学博士。日本物理学会会員。データサイエンティスト協会会員。IT系記事を中心に著書多数。原稿の依頼歓迎。

>>詳しくはこちらへ

連絡先:itlifehack【at】mediabank.jpn.com
プレスリリース:press【at】mediabank.jpn.com
【at】は@
Twitterアカウント:@ITlifehack
  • ライブドアブログ