ITライフハック

サンヨー

サンヨーの底力は伊達じゃない!進化したカーナビ「Gorilla」



デフレによる需要の冷え込みや雇用・所得環境の厳しさが続く一方で、エコカー減税や高速道路料金のETC割引などで、メモリータイプのナビゲーション(PND)は、2009年度は約100万台(前年度比 139.7%)、2010年度は約125万台と更なる拡大が見込まれている。

昨年春に業界に先駆けて8GBのメモリーを採用して詳細市街地図1,157エリアを実現したポータブルタイプのナビゲーション「Gorilla」を発売し、PND市場の伸長に大きく寄与してきたサンヨーは、新たなる一手を打ってきた。

サンヨーは、業界最大16GB SSDを搭載することにより、ナビゲーションとしての基本性能の向上や、使い方・楽しみを広げる「Gorilla」3機種を2010年4月22日より順次発売すると発表した。
価格は、いずれもオープンプライス。

■わずか10秒で自車位置を特定
今回発売される「Gorilla」は、7.0V型ワイドTFT液晶の「NV-SD740DT」、5.2V型ワイドTFT液晶の「NV-SB570DT」5.2V型ワイドTFT液晶の「NV-SB550DT」の3機種。いずれの製品も内蔵メモリーに業界最大16GB SSDを搭載し、地図情報の充実に加え、探索・検索スピードの向上などを実現した。

最大の特長は、素早く自車位置を測位できる点だ。従来のGPSは、測位に必要な情報が多いために、測位完了までに焼く30~数分の時間が掛かった。
新機種では、ナビゲーション起動時にGPS衛星から時刻情報だけを取得することで、測位完了まで約10秒で済ませることができる。これにより、土地感のない場所で駐車し、再出発するような場合でも、自車位置をすぐに把握することが可能だ。

■検索スピードが向上
地図は、道幅地図を全国カバーし、郊外や山間地での道幅表示でより見やすい地図になっている。詳細市街地図は建物の形や道路幅の違いが一目でわかり、類似した建物が隣接する場所でもピンポイントで目的地を検索・表示することができる。新たに詳細市街地図縮尺に5mと50mを追加し、より広域でより細かい詳細市街地図の活用を実現した※。
※詳細市街地図は5/12/25/50mの4段階

●0.53秒でわかる!主な特長
・業界最大16GB SSD搭載、地図情報・ナビ性能・AV機能を強化・進化
・業界初ナビゲーション起動時の自車位置測位を素早く行なうクイックGPS搭載
・音楽/動画/静止画を本体メモリーに保存して楽しめるMyストッカー

カーナビ&カー用品 製品情報
サンヨー

ITライフハック
ITライフハック Twitter

■AV関連の記事をもっとみる
ソニーが嬉しい悲鳴!やむなく液晶テレビの発売延期
3万円台か!薄さ18mmフルハイビジョンテレビが登場
動画も音楽も電子書籍もOK!ポータブルAVプレーヤー
カメラにつけて楽しもう!これが限定「カメラーマン」だ

薄すぎない?世界最小・最軽量の新スタイルムービーが登場

スリムなデュアルカメラ「Xacti」

- 撮影シーンを飛躍的に広げるフルハイビジョン対応のスリムなデュアルカメラ「Xacti」-

三洋電機は2010年01月15日、一台でムービーと写真撮影が可能なデュアルカメラコンセプトをベースに、より携帯性を追求したフルハイビジョン対応のスリムXacti「DMX-CS1」を2010年2月19日より発売すると発表した。
価格は、オープンプライス。ボディカラーは、シルバー、ピンク、グリーンの3色。

同社は、
「このたび、フルハイビジョンカメラの利用拡大に向け、より小型、軽量でスリムなデザインを追及し携帯性を飛躍的に高めたXactiを導入いたします。イベント撮影をはじめ、日常での一コマや感動のシーンを、スナップ感覚で手軽にフルハイビジョン記録ができる新しいスタイルのデュアルカメラとして提案いたします。 」と、コメントしている。

■フルハイビジョンもOK!
一般的なビデオカメラの使用用途がイベント撮影中心であるのに対し、Xactiシリーズは、日常の出来事を手軽に記録するツールというコンセプトの元、いつでも持ち歩いて使用できるよう、コンパクト性を追求した商品開発を進めてきた。

「DMX-CS1」では、さらなる小型化を実現するため、新たにスリムレンズ、薄型センサーモジュールを開発。また、薄型化と使いやすさを両立する独自の新エルゴノミクスデザインを採用。より携帯性に優れた小型(体積:約126cc)、軽量(質量:約142g)、スリムボディー(厚さ:約27mm)により、ハイビジョンムービーの利用 シーンを飛躍的に拡大する新スタイルムービーに仕上がっている。

スーパースリム&コンパクトボディーでありながら、1920×1080画素のフルハイビジョンムービー撮影が可能だ。ムービーフォーマットには、静止画と同じ1ファイル形式でパソコンやネット環境で使いやすい「MPEG-4 AVC/H.264」を採用。本フォーマットは、昨年発売された最新WindowsR OS「Windows 7」において標準でサポートされ、さらに利用環境が広がった。

ムービーファイルを静止画ファイルと同じようにサムネイル表示したり、Windows Media Playerによるダイレクト再生や、Windows Live ムービーメーカーを使用しての編集、デバイスステージへの対応などにより、パソコン上での取り扱いがより快適で便利になった。
液晶パネルを開いた、デュアルカメラ「Xacti」

■0.5秒でわかる!主な特長
・世界最小・最軽量・最薄ボディーの新スタイルムービー
・フルハイビジョンムービーがキレイに撮れて、手軽に利用可能
・シーンに応じて音声がクリアに記録できる「サウンドズーム」機能

「Xacti」製品情報
三洋電機

ITライフハックがブログでもオープン
ITライフハック Twitter

■AV関連の記事をもっとみる
東芝が国内ブルーレイ市場へ!BD内蔵「VARDIA」を発表
目の付けどころがBIGLOBE!フォトポケがchumbyに対応
電源のない場所でOK!東芝、DVD付地上デジ液晶テレビ
見ためだけじゃない!パナ、高画質な液晶テレビを発表

SANYO デジタルムービーカメラ Xacti ザクティ DMX-CG11 ホワイト DMX-CG11(W)
三洋電機 (2009-09-11)
売り上げランキング: 430
おすすめ度の平均: 4.0
4 思い出作り
5 小型軽量で使いやすい
4 便利です
4 あえて640×480にすると、『60fps』動画が撮れる。
3 値段と重さを考えると、全体バランスで、満足

モバイル機器を手軽に充電!スリム&軽量なハンディ電源「eneloop stick booster」

「eneloop stick booster」を手に持ったところ


三洋電機株式会社は2009年11月11日、「eneloop universe products」新商品として、いろいろな場所に自由に持ち運んでモバイル機器を手軽に充電できる、スティックタイプのハンディ電源「eneloop stick booster(エネループ スティックブースター)」を12月1日より発売すると発表した。
スリム&軽量なハンディ電源「eneloop stick booster」

同社は“くり返し使うライフスタイル”を提案する充電池「eneloop(エネループ)」のコンセプトが広がる商品群「eneloop universe products(エネループ ユニバースプロダクツ)」の展開を2006年11月からスタートしている。

「eneloop stick booster」は本体に内蔵したUSB端子により、携帯電話をはじめ、携帯オーディオ、携帯ゲーム機など、モバイル機器を手軽に充電することができる。
携帯電話を充電しているイメージ

乾電池を用いた一般的な携帯電話用緊急充電器は、充電時に大電流を必要とする一部の携帯電話などでは、うまく充電できない場合があるが、出力制御技術で充電電流をコントロールすることにより、iPhoneをはじめとした大電流を必要とする機器へも安定した充電が可能となった。

「eneloop stick booster」本体には、スライド式のスイッチを内蔵し、自在に出力のオン・オフの切り替えができるようになっている。

「eneloop」公式サイト
三洋電機株式会社

ITライフハックがブログでもオープン
ITライフハック Twitter

■AV関連の記事をもっとみる
写真で見る!リコー、ユニット交換式デジタルカメラ「GXR」
ニコンダイレクト、Fマウント50周年記念キャンペーンを実施
新垣結衣さんと中高生が夢の競演!ウォークマン「歌え、10代。」プロジェクト
手軽に楽しめるデジタルガジェット「カラオケchumby」が登場

ITライフハックやlivedoor ニュースのIT記事をサクサク読めてシェアできるアプリ

  • iPhone版はこちら
  • Android版はこちら
カテゴリ
月別アーカイブ
配信メディア
ITライフハックは以下のニュースサイトにも記事を配信しています。
記事検索
このサイトについて

ITライフハックで原稿(有償原稿)を執筆したいというプロのライターさんからの売り込みも受け付けていますので、興味をもっていただけましたら、これまでの実績等を含めてお気軽にご連絡ください。ただし、必ずお返事するわけではありません。執筆依頼は編集部から行います。また必ず校正及びファクトチェックが入ります。

>>詳しくはこちらへ

ITライフハック代表
関口哲司

日本大学大学院理工学研究科後期博士課程修了。理学博士。日本物理学会会員。データサイエンティスト協会会員。IT系記事を中心に著書多数。原稿の依頼歓迎。

>>詳しくはこちらへ

連絡先:itlifehack【at】mediabank.jpn.com
プレスリリース:press【at】mediabank.jpn.com
【at】は@
Twitterアカウント:@ITlifehack
  • ライブドアブログ