ITライフハック

ジェイ・リスティング

サバゲー好きの肉食女子に直撃取材!瞬発力が広報の仕事に役立った【美人広報】



企業の情報を発信する広報担当者は、受付担当者と同様に会社の顔でもある。そうした広報担当者の中には、女性の担当者もおり、「どこどこの広報は美人だ」という噂が流れることもある。そうした美人の広報担当者に会社の紹介や仕事のノウハウを教えてもらう連載が「美人広報」だ。

記念すべき第一回目は、検索エンジン登録と検索連動型広告で急成長を遂げている企業、ジェイ・リスティングで広報活動をしているアライアンス推進部 佐藤はる奈さんにお話をうかがった。

続きを読む

ついに10万ダウンロード突破!機能をアップしたAndroidアプリ「Appmax」の魅力



OSにAndroidを採用したスマートフォンを使っている人の中には、Androidアプリのランキングや、おすすめのアプリを知りたい人もいるだろう。そうした人に向けて開発されたアプリが「Appmax」だが、新たな展開があった。

ライブドアは2011年10月5日、Androidアプリ「Appmax」が10万ダウンロードを突破し(9月末集計時点)、同日より機能をバージョンアップしたことを発表した。

続きを読む

ディレクトリ検索の逆襲!賢い企業は、ここで稼ぐ



100年に一度と言われる不況下の中、ネットビジネスに参入する企業が激しく増加している。ネットビジネスなら、少ないコストで素早く成果を生み出せるからだ。

しかし、一攫千金を狙ってネットに進出、サイトをオープンしたものの、それだけで成功するほどネットビジネスは甘くはない。

知名度、信頼性を獲得できなければ成功に結びつかないことは、ネットビジネスであっても同じだからだ。ただ違うことは、ネット世界のほうが知名度・信頼性のアップを遙かに早く獲得できることだ。

つまり、スタートダッシュで躓いたとしても、やり方次第で成功させることは可能なのだ。
では、どうすれば、新規のサービスやプロダクトなど認知度・信頼性を高めることができるのだろうか。

■サイトの高信頼度と高評価を獲得しよう
さて、具体的にサイトの認知度・信頼性を高める為にはどうすれば良いのか、Jエントリー担当の小川氏に伺ったところ、下記のようなアドバイスをいただいた。
「大手ポータルサイトやメディアに、自分のサイトを外部リンクとして登録してもらう事が、サイトの認知度向上や信頼性の向上に繋がります。
大手サイトが自身のサイトに外部リンクを登録する際は、登録対象サイトの信頼性や評価などを確認しながら登録しています。信頼性の高いサイト条件として『トラブルのないサイトであること』『サポートが整っているサイト』という事が重要視されています。これはすなわち、大手サイトにリンクされているサイトは『トラブルが無く、サポートもしっかりしているサイト』という事になるため、大手サイトからのリンクはサイト価値の上昇に繋がるというわけです。」

■成功への鍵は、ディレクトリ検索
では具体的に、大手サイトに外部リンクとして登録してもらうためにはどうすればいいのかについて説明しよう。

Jエントリー担当の小川氏によると、Jディレクトリーなどのディレクトリ型検索エンジンに、自分のホームページが登録される事が、大手ポータルサイトに外部リンクとして登録される事に繋がるという。

検索エンジンには、Googleをはじめとするロボット型検索エンジンと、Jディレクトリーなどディレクトリ型検索エンジンの2種類がある。ディレクト型検索エンジンで検索後に表示されるデータは、全て人の手でサイト情報を審査・分類、登録されたデータで、集められたデータベースへの信頼性とサイト品質が高く、大手サイトからも評価されていると言う。

実はこのJエントリーをはじめとするディレクトリ型検索エンジン、多くの大手サイトで採用されている。つまり、この「ディレクトリ型検索エンジン」に自分のサイトを登録できれば、大手サイトに外部リンクを登録できた事になるのである。

■審査して登録しているからこその信頼度
ではこのディレクトリ型検索エンジンを実際に登録する為には、具体的にどうすればよいのかを説明しよう。このたび上記の内容を紹介してくれた小川氏のJエントリーを活用する例で見てみると、Jリスティングの公式サイトからエントリーの手続きを進める事ができる。
ただ、注意して欲しいのはどんなサイトでも登録できるというわけではなく、ディレクトリ型検索エンジンへの登録となる為、担当者がしっかりとしたサイトかどうか確認のうえ、審査が通った場合に初めて自分のサイトがディレクトリエンジンに登録される。

申請する側から見ると、少し面倒くさいと思われてしまうかも知れないが、この審査があるからこそ大手のサイトも安心して、自社サイトの検索結果としてJエントリーのディレクトリ検索エンジンを導入できるのだと言う。

また、Jエントリーの特徴として、ただ審査するだけでなく、審査の結果登録が出来ないサイトだと判断された場合でも、なぜ登録ができなかったかなどのアドバイスも行っており、サポート体制がしっかりしている事も特長だ。
基本的にこういったディレクトリ登録サービスを利用する際は、人の手で運営していることなどから審査料金が発生するが、ディレクトリサービスによっては審査でNGが出たら最後、NG理由は非公開で審査前に支払った審査料は戻ってこないというサービスもある。
この場合、再度申請内容を改善したとしても、新たに審査料金がかかるためリスクが大きい。
ただしJエントリーであれば、例え一度登録がNGになっても新たな審査料金は発生せずに、上記のサポートを活用しながら自分のサイトが登録されるまで、一緒に内容を改善していく事ができる。
登録審査をする過程で、サイトの品質向上にも一役買っているそうだ。

Jディレクトリーでは、au one、Fresheye、livedoorなどの国内有数のポータルサイトから、西日本新聞、函館新聞、佐賀新聞などニュースメディアにも良質なWEBサイト情報を提供している。またPC向けのほかにも、携帯電話などの環境にあわせたモバイル版も用意されている。

Jエントリー担当の小川さんは、質の高いリンク集を人力でつくりあげているから高い信頼性と本当に必要な人に訴求できるのだと言う。

■提携パートナーの増加がさらなる成功の可能性を広げる
Jエントリーの提携パートナー

多くの良質サイトから、多くの外部リンクを獲得する事が、自分のサイトの価値を向上させることは上記の通りだが、Jリスティングの特徴として「国内最多のパートナー」がいる事があげられる。
Jディレクトリーのパートナーは、au one、Fresheye、livedoorなどの国内有数のポータルサイトから、西日本新聞、函館新聞、佐賀新聞などニュースメディアまで、数多くのパートナーがいる。またPC向けのほかにも、携帯電話環境にあわせたモバイル版も用意されており、こちらも良質なサイトがパートナーとなっている。

最後にJエントリー担当の小川氏は言う
「地道な審査と登録が評価されたことにより、提携パートナーが増えたことは嬉しく思っています。より多くのサイトとネットビジネスの成功に貢献していきたいです」
ディレクトリ登録サービスに関する詳しい情報はこちら

ジェイ・リスティング株式会社

ITライフハックやlivedoor ニュースのIT記事をサクサク読めてシェアできるアプリ

  • iPhone版はこちら
  • Android版はこちら
カテゴリ
月別アーカイブ
配信メディア
ITライフハックは以下のニュースサイトにも記事を配信しています。
記事検索
このサイトについて

ITライフハックで原稿(有償原稿)を執筆したいというプロのライターさんからの売り込みも受け付けていますので、興味をもっていただけましたら、これまでの実績等を含めてお気軽にご連絡ください。ただし、必ずお返事するわけではありません。執筆依頼は編集部から行います。また必ず校正及びファクトチェックが入ります。

>>詳しくはこちらへ

ITライフハック代表
関口哲司

日本大学大学院理工学研究科後期博士課程修了。理学博士。日本物理学会会員。データサイエンティスト協会会員。IT系記事を中心に著書多数。原稿の依頼歓迎。

>>詳しくはこちらへ

連絡先:itlifehack【at】mediabank.jpn.com
プレスリリース:press【at】mediabank.jpn.com
【at】は@
Twitterアカウント:@ITlifehack
  • ライブドアブログ