ITライフハック

スパコン

東北大学、スーパーコンピューティングシステムの愛称を募集

東北大

東北大学金属材料研究所計算材料学センターは、2018年度に運用を開始する新しいスーパーコンピューティングシステム(以下、スパコン)の愛称を募集する。

スパコンは多様な課題を解決するための超大規模シミュレーションを超高速で実行する能力を持った大型計算機。2018年8月より同センターに導入されるスパコンは、エネルギー問題を解決するための材料技術の創製や、我が国の国際競争力を強化するデバイス・エレクトロニクス材料の開発に活用される。さらには、持続可能な安全・安心社会を実現するための社会基盤を支える新材料の創出も目的としている。豊かで暮らしやすい未来社会を創造するため、スパコンはこれらの課題解決の実現に貢献することが期待されている。

■募集要項
募集期間:2018年3月7日(水)まで
応募方法:Webサイトの申込みフォームより募集
http://www.ccms.imr.tohoku.ac.jp/Jpn/nickname/
対象:国内在住の方であれば、参加資格は特になし
商品:金5万円(税込)
主催:東北大学金属材料研究所計算材料学センター
その他詳細については、金属材料研究所ウェブサイトを参照。


ニュースリリース

ITライフハック
ITライフハック Twitter
ITライフハック Facebook

カルチャーに関連した記事を読む
東京さくらトラム(都電荒川線)フォトコンテスト開催
月の表面を3Dプリンターで再現した「LUNA LIGHT -ルナライト-」が発売
山手線が“走るアートミュージアム”に。“TOKYO”をテーマに東京造形大学が「山手線グラフィック展」を開催
日本ゲーム大賞2018 アマチュア部門作品募集のテーマは「うつす」
DMM.comから動きに合わせて音楽を奏でるモーション楽器ガジェット「SoundMoovz」登場






理研と富士通、スパコン「京」による測定結果で「性能指標(HPCG)」世界第1位を獲得

top

理化学研究所(理研)と富士通株式会社は2016年11月16日、スーパーコンピュータ「京(けい)」による測定結果で、産業利用など実際のアプリケーションで用いられる共役勾配法の処理速度の国際的なランキング「HPCG(High Performance Conjugate Gradient)」において、世界第1位を獲得したと発表した。

ランキングは、HPC(ハイパフォーマンス・コンピューティング:高性能計算技術)に関する世界最高峰の国際会議であるSC16で発表されている。

HPCGは、連立一次方程式の処理速度を競うLINPACKや、グラフ解析の性能を競うGraph500とは異なる視点で性能を評価する指標で、スーパーコンピュータの性能をより多くの視点から評価するための新しい国際的なベンチマークとして、2014年からランキングが発表されている。前回、2016年6月のランキングでは、「京」は第2位を獲得していた。

今回の測定には、「京」が持つ全計算ノード82,944台を用いている。2014年の最初のランキング発表時と比べて、さらに進んだチューニングを行ったことで、602TFLOPS(テラフロップス)という高いベンチマークのスコアを達成した。

このスコアはLINPACKで「京」より上位のスーパーコンピュータよりも高いことから、CPUの演算性能のみならずメモリやネットワークも含めたシステム全体としての性能バランスを重視して設計開発された「京」が、産業利用など実際のアプリケーションを非常に効率よく処理し、高い性能を発揮することを証明している。

今回のHPCGでの第1位の獲得と、同じくSC16において発表されたTOP500 第7位とGraph500第1位という結果と合わせて、幅広い分野のアプリケーションで成果を創出する「京」の総合性能の高さが、改めて実証された。

スーパーコンピュータ「京」

ITライフハック
ITライフハック Twitter
ITライフハック Facebook

カルチャーに関連した記事を読む
Apple Designの20年を振り返る「 Designed by Apple in California」
旅行の最新スタイルは、海外で人気の「ステイケーション」、エクスペディア調べ
AbemaTV、ピコ太郎が自身初のテレビCM出演で初のアレンジバージョンを披露
キングジム、ぬりえ感覚でオリジナルシールを作れる「マスリエ」発売へ
子どもに取り組ませたいスポーツ、「テニス」が「野球」を上回る。ジャストシステム調べ







志望校選びのポイントに各大学のスーパーコンピューターの更新予定をチェック【デジ通】



NVIDIAが中心となるGPUコンピューティング会議「GTC Japan 2013」が日本で開催された。GPUコンピューティングによって作られるスーパーコンピューターは、国内の大学などに導入されている。たとえば東京工業大学のスーパーコンピューターである「TSUBAME」が有名だ。TSUBAMEは処理能力向上のために2.0から2.5へアップグレードされ、今後もアップデートを繰り返していくことになる。

同様に国内の各大学のスパコンも定期的にハードウェアが更新され処理能力を向上させていく。そんな各大学のスーパーコンピューターの現状および、今後の更新予定がGTC Japanで公開された。大学に入ったら少しでも高速なスパコンを利用して研究したいと考えるような受験生やそうした受験生を抱えるお父さんお母さんには注目の情報だろう。

続きを読む

高速なだけじゃない!NEC、次世代ベクトル型スパコンを開発



NECは、ベクトル型スーパーコンピュータ「SXシリーズ」の次世代モデルの製品化に向けて開発を開始したことを発表した。

ベクトル型スパコンは、汎用CPUを多数搭載するスカラー型に比べ、大規模データの超高速計算に優れており、気象予報や地球環境シミュレーション、流体解析、さらには新素材の研究開発などの分野で高い性能を発揮する。

続きを読む

1秒間に1京回の演算達成!スパコン「京」が世界最速を更新



理化学研究所と富士通は、共同で開発中の京速コンピュータ「京(けい)」において、LINPACK性能10.51ペタフロップス(毎秒1.051京回=10,510兆回の浮動小数点演算数)を達成したことを明らかにした。

続きを読む

ITライフハックやlivedoor ニュースのIT記事をサクサク読めてシェアできるアプリ

  • iPhone版はこちら
  • Android版はこちら
カテゴリ
月別アーカイブ
配信メディア
ITライフハックは以下のニュースサイトにも記事を配信しています。
記事検索
このサイトについて

ITライフハックで原稿(有償原稿)を執筆したいというプロのライターさんからの売り込みも受け付けていますので、興味をもっていただけましたら、これまでの実績等を含めてお気軽にご連絡ください。ただし、必ずお返事するわけではありません。執筆依頼は編集部から行います。また必ず校正及びファクトチェックが入ります。

>>詳しくはこちらへ

ITライフハック代表
関口哲司

日本大学大学院理工学研究科後期博士課程修了。理学博士。日本物理学会会員。データサイエンティスト協会会員。IT系記事を中心に著書多数。原稿の依頼歓迎。

>>詳しくはこちらへ

連絡先:itlifehack【at】mediabank.jpn.com
プレスリリース:press【at】mediabank.jpn.com
【at】は@
Twitterアカウント:@ITlifehack
  • ライブドアブログ