ITライフハック

デジタル耳栓

気になる騒音を抑えて、集中力をアップさせる!デジタル耳栓

main

サンワサプライ株式会社が運営している直販サイト『サンワダイレクト』は、騒音を低減することで仕事や勉強に集中できるようにする、アクティブノイズキャンセリング機能を搭載したデジタル耳栓「400-MMEP1」を発売した。

■アクティブノイズキャンセリング機能を搭載したデジタル耳栓
本製品は、騒音を最大22dB低減するアクティブノイズキャンセリング機能を搭載したデジタル耳栓だ。
sub3

空調の稼働音や電車の走行音を抑えられるので、仕事や勉強、読書などに集中したいときに便利に使用できる。
sub8

通常の耳栓と異なり、人の声や着信音などは聞き取れるので、大事な音を聞き逃す心配はない。
sub9

デジタル耳栓本体を収納ケースから取り出すと自動で電源オン、しまうと電源オフになる。
sub13

収納ケースに入れるとデジタル耳栓を充電できる。
sub14

本製品のサイズは約W20×D25×H37mm、 重量は4g(いずれも片耳の数値)。

アクティブノイズキャンセリング機能を搭載したデジタル耳栓「400-MMEP1」

ITライフハック
ITライフハック Twitter
ITライフハック Facebook

デジタル家電に関連した記事を読む
しっかり乾かせる!室内干しでも速乾「ヒーター付物干スタンド」
スマートフォンからも操作できる!Bluetooth内蔵の電動上下昇降デスク
デスク下に取り付けて足元をやさしく温めるパネルヒーター
強力噴射で隅々まで掃除ができる!AC電源タイプの電動エアダスター
無人でもセンサーに反応して簡単な音声案内ができる音声再生プレーヤー






パソコン工房 AKIBA STARTUP にて アクティブノイズキャンセル付き耳栓「QuietOn」を販売

img_134270_2

ユニットコムは、2017年7月28日(金)に秋葉原にオープンするパソコン工房 AKIBA STARTUPにて、QuietOnのアクティブノイズキャンセル付き耳栓「QuietOn」の展示・試用・販売を開始する。価格はパソコン工房 AKIBA STARTUP出展記念特別価格(10%オフ)として2万816円(税別)。

「QuietOn」は米国のクラウドファンディング「INDIEGOGO」で約136万ドル(日本円で約1億5千万円)、国内クラウドファンディング「makuake」で約470万円の支援を達成。また、フィンランドのフラッグシップ航空会社であるフィンエアーの機内販売も開始されている。

「QuietOn」は、通常の耳栓ではブロックしきれない騒音を、アクティブノイズキャンセル機能を利用して減少させる次世代の耳栓アクティブノイズキャンセルは、特に低周波騒音と呼ばれる飛行機のエンジン音、交通騒音、室内のエアコン音などを減少させることに効果的だ。

人の話し声や目覚まし時計の音などは、「QuietOn」のイヤーチップ部分で確実に耳穴をふさいでいることで遠くから聞こえてくるように感じ、小さくなって聞こえるようになる。完全にブロックすることはないので、目覚まし音、飛行機内や駅でのアナウンスを聞き逃す心配はない。

高性能なアクティブノイズキャンセル機能を搭載した「QuietOn」は、 コードレスで、 耳にすっぽり収まるほど小さく、使い方も簡単、1回の充電で最大50時間分使用が可能だ。

■製品内容
キャリーケース、QuietOnイヤープラグ1セット(右・左)、充電用Micro-USBケーブル、COMPLY社イヤーチップ1セット(右・左)、シリコン製イヤーチップ大サイズ1セット(右・左)、小サイズ1セット(右・左)、説明書


QuietOn

ITライフハック
ITライフハック Twitter
ITライフハック Facebook

デジタル家電に関連した記事を読む
さりげない猫耳がキュートなヘッドホン「ピンクキャットヘッドホン」を発売
つけるだけでエルフ耳になれる「妖精に変身!エルフ耳イヤフォン」
HDD/SSDをセットして大量の動画を内蔵できる「SSD/HDD対応 液晶付きすごいメディアプレイヤー」
ヤマハ、新たなバーチャル3Dサラウンド技術に世界で初めて対応した、サウンドバー2モデルを発売
冷凍冷蔵庫VEGETAと“ドラゴンボール”べジータコラボ企画第2弾を実施





ITライフハックやlivedoor ニュースのIT記事をサクサク読めてシェアできるアプリ

  • iPhone版はこちら
  • Android版はこちら
カテゴリ
月別アーカイブ
配信メディア
ITライフハックは以下のニュースサイトにも記事を配信しています。
記事検索
このサイトについて

ITライフハックで原稿(有償原稿)を執筆したいというプロのライターさんからの売り込みも受け付けていますので、興味をもっていただけましたら、これまでの実績等を含めてお気軽にご連絡ください。ただし、必ずお返事するわけではありません。執筆依頼は編集部から行います。また必ず校正及びファクトチェックが入ります。

>>詳しくはこちらへ

ITライフハック代表
関口哲司

日本大学大学院理工学研究科後期博士課程修了。理学博士。日本物理学会会員。データサイエンティスト協会会員。IT系記事を中心に著書多数。原稿の依頼歓迎。

>>詳しくはこちらへ

連絡先:itlifehack【at】mediabank.jpn.com
プレスリリース:press【at】mediabank.jpn.com
【at】は@
Twitterアカウント:@ITlifehack
  • ライブドアブログ