ITライフハック

トキハナ

トキハナ、提携式場数が全国で500件を突破!宿泊付 那須リゾートフォト前撮りプレゼントキャンペーン

main

LINEでできる式場探し『トキハナ』を運営する株式会社リクシィは、トキハナの提携式場数が500件を突破した。トキハナの提携式場の利用者に感謝するとともに、記念として那須でのリゾートフォト前撮りプレゼントキャンペーンを実施する。

■トキハナとは
トキハナは、LINEでできる式場探しサービス。結婚情報誌ではわからないリアルな見積もりや評判などをLINEで気軽に元ウエディングプランナーに聞くことができるので安心!「式場探し何から初めていいかわからない」そんな人はトキハナのWedding診断を使うとあなたにピッタリな式場を提案してくれるのでおすすめだ。
結婚式場検索サービスに関する満足度調査では総合満足度No.1+8冠を達成!

sub1
出典:https://tokihana.net/articles/65197/


■トキハナの提携式場について
トキハナは、業界を熟知した元ウエディングプランナーによって厳選された顧客満足度の高い式場のみと提携し、掲載している。
・営業が強めな式場
・契約後に金額が大幅UPしやすい
・相談しても「規則で出来ません」の一点張り
上記のような営業方針の異なる式場は掲載を断っているので、安心して式場選びができる。

sub2


■追加提携エリア一覧
▼東京/神奈川/埼玉/千葉/大阪/愛知/兵庫に加えて新たに提携式場が追加されたエリア
北海道、宮城、秋田、茨城、富山、石川、岐阜、滋賀、奈良、岡山、徳島、福岡、熊本

〇トキハナ利用者からのコメント
「トキハナさんで色々と前もって教えていただいたおかげで、スムーズに式場選びを進めることができました。ありがとうございました!」
「トキハナさんで見学予約させて頂いたことで、ドレスの持ち込み料無料や、様々な特典をつけていただけました。本当にありがとうございました」
「費用に懸念がありましたが、トキハナさんいたことで、その不安が解消されました。トキハナさんがいなければ100%、120% 結婚式は考えてませんでした。本当に感謝です。」

〇トキハナと提携している式場からのコメント
「トキハナからのお客様は会場の特徴を非常に理解してくださっているので、ご来館されてからのギャップがほぼなく、お客様のやりたい結婚式を実現させやすいです。」
「トキハナのアドバイザーの方がお客様の好みを正確にヒアリングして頂いており、かつ式場の知識もとても豊富なので、ご紹介して頂けることありがたく思います。」

<500件突破記念キャンペーン詳細>
プレゼント内容:宿泊付 那須リゾートフォトウエディングプラン
約100カット、全データ込+ログコテージ「フィンランディア」宿泊1泊プレゼント
当選人数:限定1組
利用期限:2024年2月末までのご利用 *撮影は平日のみ可能
応募期間:〜1/11(木)

sub3


〈応募はこちら〉
https://liff.line.me/1656474014-8rNmP1eO/landing?follow=%40608xvfyd&lp=KjZ04j&liff_id=1656474014-8rNmP1eO

トキハナ

ITライフハック
ITライフハック X(旧Twitter)
ITライフハック Facebook

カルチャーに関連した記事を読む
まるでとろけるプディング!アールグレイ専門店が作る、新作「クラウドフレンチトースト」
懐かしくて新しい、ときめき満点のコラボが実現!「SWIMMER×SANRIO CHARACTERS」
お部屋やスタイルにフィット!「ちょいスペース」が作業効率を上げるL字デスク
日清焼そばU.F.O.×ラプラス・ダークネス!『その濃さに刮目せよ!?holoX総帥が電撃コラボ!』
琉球アスティーダ 早川周作社長がビジネスおたくチャンネルに出演!エグゼクティブサロン(オンライン)の特別招待を20名様限定で提供






2024年の結婚式はどうなる!?トキハナ、令和婚のトレンド予測を公開

main

LINEでできる式場探し『トキハナ』を運営する株式会社リクシィは、今年トキハナLINEに寄せられた多くの花嫁の声を参考に、要望の多かったものを取りまとめた「2024年のウエディングトレンド予測」を発表した。

結婚式の需要がコロナ禍前の水準に戻り、今年もトキハナは数多くの花嫁の式場探しをサポートした。そんな中で気付いた「花嫁が求める理想の結婚式像」を、式場の探し方から演出の分野まで、2024年のウエディングトレンドとして紹介する。

sub1


■2024年のウェディングにおけるトレンド予測
1.「まずは絶対にドレス選び!」
-ドレスを軸にする式場探しが増加-

令和のプレ花嫁はSNSでドレスの情報を集めるのがスタンダード。式場よりも先にドレスに注目するケースが多く、気になるブランドやデザインを決めてから、選んだドレスが着ることができる式場を選ぶ、というこれまでの常識とは逆のパターンが増加している。それに伴い、最初からドレス持ち込みが可能な式場を選ぶ人も多くなっている。

2.「トレンドはくすみカラー!」
-脱パステルの流れが加速-

ドレスや装飾は、パステルカラーよりも、グレーがかった大人のくすみカラーに注目が集まっている。日常ファッションの延長線にあるようなスモーキーなカラードレスや、ドライフラワーを使ったアレンジなど、はっきりしすぎないニュアンスカラーの人気がさらに高まっている。

3.「定番の演出はイヤ!」
-しきたりより自分らしさを追求-

「定番だから」「人気だから」ではなく、より「自分らしさ」「意味」を求める新郎新婦が増える今、2024年は花嫁の手紙やケーキ入刀といった演出は今年以上に減りそう。逆に、新郎新婦次第では、新郎からの手紙や新婦の謝辞などは増えるかもしれない。

4.「愛犬と一緒に誓いをたてたい!」
-ペット婚や会費婚など、結婚式にも多様なスタイルが加速-

愛犬と一緒に誓いをたてるペット婚や、ゲストの金銭的な負担が少ない会費制、親族と友人に分けて行う2部制など、かつては珍しいと言われていた結婚式のスタイルが増加し、定番化の兆しを見せてきた。また、一方でコロナ禍により結婚式の出席経験が乏しい20代カップルからは王道のウェディングスタイルを望む声も多く、結婚式の多様化が加速傾向になっている。

トキハナLINEに寄せられた多くの花嫁の声を参考に、4つのウエディングトレンドを予測した。
トレンドにもある「ドレス持ち込み」「ペット婚」「会費婚」など多様な結婚式のニーズを叶えるため、トキハナでは元プランナーがLINEでパーソナルに式場探しをサポートする。

トキハナブランドマネージャー 神田裕子
ウェディング業界歴17年、結婚式のエキスパート。全国各地の多様な式場でトッププランナーとして活動し育成や新店立ち上げを多数経験する。不透明な見積もり、規制ずくめのドレス選び、紛らわしい広告表現など、結婚式にまつわる問題や新郎新婦にとって違和感だらけの慣習を変え、本当に価値ある結婚式場に出会ってもらいたいという強い想いを胸に2020年5月「トキハナ」を立ち上げる。

式場選びをサポートする元プランナーを統括する立場でもあり、これまで結婚式関連のお手伝いをしたカップルは5,000組以上。
講談社「FRaU」での連載や講演などにも多数登壇。
https://gendai.media/list/author/kanda%20yuko

ssub3


LINEでできる式場探し『トキハナ』

ITライフハック
ITライフハック X(旧Twitter)
ITライフハック Facebook

カルチャーに関連した記事を読む
小さな写真展『妖精 Audrey Hepburn(オードリー・ヘプバーン)』【Art Gallery M84】
年末年始限定、紅白カラー!バーガーキング『23/24 T.O.P.(ザ・ワンパウンダー 23/24)』
BS日テレ「ドランク塚地のふらっと立ち食いそば ゆく蕎麦くる蕎麦 年越しそば三昧SP!」放送決定
公式アプリで2週間限定配信!ワッパーセット5種の300円引きクーポン
『荒野行動』×『東京リベンジャーズ』!マイキー&黒川イザナの新衣装、過去コラボのアイテム復刻も



結婚一年生 新装版
入江 久絵
サンクチュアリ出版
2023-12-08



スマホで完結!式場選びのパーソナルサポート「トキハナ」を運営するリクシィ

26883877_l

『トキハナ』を運営する株式会社リクシィは、朝日メディアラボベンチャーズ2号投資事業有限責任組合をリード投資家とし、株式会社アスカネット、ユナイテッド株式会社からシリーズAラウンドとしてエクイティ・デット総額約1.9億円の資金調達を完了した。今回の調達資金を、トキハナのプロダクト強化・全国展開・マーケティング投資に活用し、ユーザーファーストな結婚式場の支援と消費者主導の産業への変革を推進する。

main


■トキハナとは?
トキハナは花嫁の不安を“トキハナツ” 式場探しをコンセプトに、新郎新婦と結婚式場をオンラインでマッチングするサービスで、式場414、ベンダー135が参画している(2023年7月11日現在)。

・消費者にとってのメリット
「即決不要の最低価格保証」「持ち込み自由」等の特別な条件に対応できる式場だけを紹介。営業重視の式場は対象外とすることで、従来の式場探しで見られる「不透明な見積もり」「即決条件の割引」「不自由なドレス選び」「持ち込みの制限」などの不安からトキハナたれる。45名以上のウェディングプランナー経験者による無料パーソナルサポートをLINEやZOOMで受けられるので、結婚情報誌ではわからない実際の費用やリアルを手軽に理解でき、自分達にマッチする式場を安心して選べる。

・結婚式場にとってのメリット
高精度にマッチングされた送客で成約率も高く、成果報酬型の報酬体系でリスクもないため、結婚式場の成功に必要とされてきた「媒体への大量出稿」「強い営業姿勢」からトキハナたれる。ユーザーファーストで顧客満足の高い対応ができれば自然と顧客を増やすことが可能になる。

・ウェディングプランナー経験者にとってのメリット
結婚や出産等のライフイベントにより結婚式の仕事を諦めざるを得ない構造からトキハナたれる。全国どこにいてもスキマ時間で勤務できるので、仕事とプライベートの両立をしながら自身の経験を活かすことができる。

sub2


■資金調達の背景と目的
リクシィは、消費者ニーズを真に満たすプラットフォームで産業構造を変革し、結婚式実施率の上昇により縮小市場を拡大市場に転換したいと誕生した。コロナショック直後の2020年5月にローンチした「トキハナ」は式場探しのオンライン化ニーズをうけて成長し、月間GMVは約5億円に到達、累計60億円を突破した。

sub1


一方で、結婚式場は人手不足からDXは進まず、十分な広告宣伝費も捻出できない中、人手不足や物価高、少子化などの脅威にスピーディに対応する必要がある。

そこで産業構造の変革を速めるため、朝日メディアラボベンチャーズ2号投資事業有限責任組合をリード投資家とし、株式会社アスカネット、ユナイテッド株式会社、金融機関の融資により約1.9億円の資金調達をシリーズAラウンドとして実施した。

DXを強力かつ明確に推進するためオフラインの式場相談機能を廃止し、23年6月1日に事務所もシェアオフィスに縮小移転している。

今後、朝日メディアラボベンチャーズのPR・マーケティングに関する知見、アスカネットのウェディング業界へのネットワークとフォトアルバムに関する豊富なプロダクト、ユナイテッドの既存産業DXに関するノウハウを借りながら、トキハナを全国へ拡大し、「消費者の負の解消」と「結婚式場の効率化」に寄与するとしている。

■投資家からのコメント
・朝日メディアラボベンチャーズ2号投資事業有限責任組合 パートナー 山田 正美氏
ブライダル業界は、新型コロナウィルスの影響で大きな逆風を受けました。しかし、リクシィが展開するトキハナは、オンラインでの式場探しが受け入れられ、コロナ以前に比べて何倍もの成長を遂げています。また結婚式場のDXへの意識の変化や式場探しの負を解消するコンセプトへの共感で参画式場も増え続けています。コロナ以外にもたちはだかる少子化による市場の縮小。大手既存サービスの存在。そこで思考停止せずに、業界の課題と消費者に向き合い、アップデート/成長し続けているリクシィには期待しかありません。

・株式会社アスカネット 代表取締役社長 松尾 雄司氏
人生の中で最も大きなイベントの一つである「結婚」。アスカネットはその大切なシーンを世界で初めて一冊から写真集にするサービスを展開してまいりました。この度リクシィ社との提携により、「トキハナ」の拡大をサポートするとともに、これから結婚されるお二人の想いをかたちにする事を目指し、結婚生活がスタートした後もアスカネットとお付き合い頂ける新たなサービスを創造していきたいと考えております。

・ユナイテッド株式会社 代表取締役社長 早川 与規氏
リクシィは新郎新婦や式場、ウェディングプランナーなど、ブライダル業界における各ステークホルダーのあらゆる課題を解決する事業を展開しており、ユナイテッドのパーパスである「意志の力を最大化し、社会の善進を加速する。」との親和性を強く感じております。
安藤代表はブライダル業界への愛が非常に強く、これまでのご経験やご知見を活かして業界をアップデートしていただけることに期待し、この度出資を決めました。

■株式会社リクシィ 代表取締役社長 安藤 正樹氏のコメント
2020年4月、コロナによる緊急事態宣言の発令から単月売上90%減という危機的な状況で、社員に「リクシィは倒産しかけの会社になってしまった」と話した時のことを鮮明に覚えています。

そのような環境の中、2021年9月に資本参加くださった5名の個人投資家の皆さま、退職することなく可能性を信じて残ってくれている12名の社員、そして、応援を続けてくださった既存投資家の皆さまには感謝しかありません。

朝日メディアラボベンチャーズさん、アスカネットさん、ユナイテッドさんは、いずれもリクシィの成長に必要なアセット・知見をお持ちで、理想的な出会いに嬉しく思っています。リクシィとウェディングの未来に賭けてくれた感謝を成長で返していきます。

ウェディング市場も回復の兆しが出てきました。ただ、真の脅威は少子化による市場縮小であり、従来の結婚式体験の負の克服と質の向上は待ったなしの状況にあります。トキハナに参画くださっている結婚式場の皆さまと一緒に必ず実現していきます。

式場選びのパーソナルサポート「トキハナ」

ITライフハック
ITライフハック Twitter
ITライフハック Facebook

カルチャーに関連した記事を読む
スガキヤ×鬼頭明里!コラボレーションキャンペーン開催へ
エビもビーフも楽しめる!バーガーキング「シュリンプワッパー」3商品を発売
夏の定番、新作3種が登場! 和カフェ Tsumugi、天然水の削り氷シリーズ
NASやHDD、ルーターなどの小型機器の設置、保管に最適な機器収納ボックス
整理しやすく、膨らみにくい!4ポケット仕様のガジェットポーチ






結婚手続きパーソナルサポート「トキハナOne」リリース!前撮りプレゼントキャンペーン開催

main

株式会社リクシィは、結婚手続きパーソナルサポート「トキハナOne」を立ち上げた。元ウエディングプランナー45名が、結婚を控えるカップルを結婚手続きに関わる煩雑な作業からトキハナつ。

■新たな人生のスタートをよりスムーズに迎えることができる
結婚手続きには、さまざまな面倒な問題がつきものだ。しかし、トキハナOneを利用することで、手続きのストレスからトキハナたれ、新たな人生のスタートをよりスムーズに迎えることができる。

<トキハナOneの主なメリット>
・自分に必要な手続きが分かる
トキハナOneは、結婚に必要な手続きを簡単に理解できるようにサポートしてくれる。LINEを用いた分かりやすいインターフェースと迅速な情報提供により、手続きの内容や順序を確認することができる。

・必要な書類が一式届く
申し込み後、必要な書類一式をメールか郵送でお届けする。面倒な手続きや書類の収集作業から解放され、時間と労力を節約できる。

・相談も郵送もすべて0円
トキハナOneを利用する際の相談や郵送にかかる費用は一切かからない。元ウエディングプランナーがあなたの質問や悩みに対応し、手続きに関する不安を取り除く。

sub1


<トキハナOneの利用手順>
・トキハナLINEに登録:専用のQRコードからトキハナLINEに登録のこと
・必要な手続きの診断:質問に答えるだけで自分にあった手続きのリストが届く、不明点も何でも相談することができる
・書類のチェック:提供された書類リストから、必要なものを選ぶことができる
・書類の配送:選択した書類一式が届きます、面倒な手続きのための貴重な時間と労力を節約できる

また、結婚式場を探している方にはトキハナから無料で提案をもらえる。どのように式場を選べばいいかから、ニーズにあった結婚式場の紹介まで、元ウエディングプランナーのサポートでお得で安心の式場選びが可能だ。

<リリース記念キャンペーン>
リリースを記念し、期間中にトキハナで式場を決定されたお客様から抽選で1組に前撮りをプレゼントする。提供は年間4万組の撮影実績を誇るウェディングフォトのトップランナー「ラヴィファクトリー」。ぜひ、この機会に利用よう。
※条件:指定のQRコードからトキハナLINEを登録し2023年8月6日までにトキハナ経由で式場決定すること

■代表 安藤正樹氏のコメント
「トキハナOne」は、在宅勤務の元ウエディングプランナーが対応します。結婚手続きに関するあらゆる質問や相談に応じ、プロフェッショナルなアドバイスと的確なサポートにより、結婚手続きにおける不安を解消し、結婚式場選びまでサポートさせていただきます。

今後は、元ウエディングプランナーのホスピタリティをデジタルで拡張し、結婚手続き以外にも、プロポーズ方法の相談、顔合わせ場所の相談など、結婚前や結婚準備のタイミングで起きる様々な悩みからトキハナたれるパーソナルサポートサービスとして発展させ、少子化対策にも寄与できるよう努めてまいります。

詳細については、トキハナOneのウェブサイトをご覧ください。

式場選びのパーソナルサポート『トキハナ』

ITライフハック
ITライフハック Twitter
ITライフハック Facebook

カルチャーに関連した記事を読む
スガキヤ×鬼頭明里!コラボレーションキャンペーン開催へ
エビもビーフも楽しめる!バーガーキング「シュリンプワッパー」3商品を発売
夏の定番、新作3種が登場! 和カフェ Tsumugi、天然水の削り氷シリーズ
NASやHDD、ルーターなどの小型機器の設置、保管に最適な機器収納ボックス
整理しやすく、膨らみにくい!4ポケット仕様のガジェットポーチ

結婚の技術
植草美幸
中央公論新社
2022-10-07





カテゴリ
月別アーカイブ
配信メディア
ITライフハックは以下のニュースサイトにも記事を配信しています。
記事検索
特集



l

























このサイトについて

ITライフハックで原稿(有償原稿)を執筆したいというプロのライターさんからの売り込みも受け付けていますので、興味をもっていただけましたら、これまでの実績等を含めてお気軽にご連絡ください。ただし、必ずお返事するわけではありません。執筆依頼は編集部から行います。また必ず校正及びファクトチェックが入ります。

>>詳しくはこちらへ

ITライフハック代表
関口哲司

日本大学大学院理工学研究科後期博士課程修了。理学博士。日本物理学会会員。データサイエンティスト協会会員。IT系記事を中心に著書多数。原稿の依頼歓迎。

>>詳しくはこちらへ

連絡先:itlifehack【at】mediabank.jpn.com
プレスリリース:press【at】mediabank.jpn.com
【at】は@
Twitterアカウント:@ITlifehack
  • ライブドアブログ